被災地の報告~神父の命と愛&ミラー磨き

 

2020年 3月26日(木)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 災害が増え、報告が多いです。

 

「今、出来る善い行動を喜びをもって。」

 

日々変化する、復興の事を少し報告。

happy-ok3の、日記の記事は被災地の報告の下に。

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止されたり、

復興の様子の報道が少なくなっている。

 

 

【台風19号 2019・10】

 

●台風19号で被災した宮城県丸森町が再生へと歩むシンボルにしようと、

同町の伊具高の3年生3人が24日、町役場の敷地に桜の苗木7本を植樹した。

 

桜の苗木を植樹する3年生たち

(写真:河北新報様)

 

 

 

 

 

在学中に受講した「まちづくりゼミ」で発案し、計画を知った宮城農高から

苗木の寄付があった。町職員らも植樹に加わり、桜の成長に復興への願いを託した。

 

寄付された苗木は計50本で、町役場の他に町内各所に植えられる予定。

 

 

【熊本地震・2016】

 

●JR九州は24日、熊本地震で被災した豊肥線の不通区間(肥後大津-阿蘇 27.3キロ)

復旧した後の収支改善策を盛り込んだ「長期運行計画」の概要を発表した。

 

沿線自治体と連携して訪日外国人の利用促進や南阿蘇鉄道との接続強化と

いった取り組みを進め、利用促進を図る。

 

同社は不通区間の運行再開時期を2020年度内としており、青柳俊彦社長は

これまでの取材に今秋の再開を目指す意向を示している。(熊本日日新聞様)

 

 

【東日本大震災 2011・3】

 

●東日本大震災の津波で全壊した、女川原子力発電所の事故発生時の拠点施設

「女川オフサイトセンター」が再建され、3月24日、内部が公開。

 

「オフサイトセンター」は、原発で事故が発生した際の拠点施設で、

全国22カ所に設置。

 

 

 

 

 

(写真:仙台放送様)

新しい女川オフサイトセンターは鉄筋コンクリート造りの3階建てで、

高台に整備され、震度7の揺れにも対応する免震構造となっている。

 

内閣府や原子力規制庁など48カ所の関係機関とテレビ会議ができるシステムも備える。

 

 

 

 

 

(写真:仙台放送様)

「女川オフサイトセンター」は4月1日から正式に運用を開始。

 

 

東京電力は24日、福島第1原発構内でたまり続ける処理水の処分方法に関する

検討素案を公表した。

 

処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度を、国の基準を大幅に下回るまで

希釈した上で、海洋か大気に放出する。

 

廃炉が終了する2051年までに処分を完了する方針も盛り込んだ。

 

東京電力福島第1原発

(写真:河北新報様)

 

 

 

第1原発にはアルプスで取り除けないトリチウムなどを含む水が119万トンあり、

構内の979基のタンクにたまっている。

 

東電は137万トンまでため続ける計画で、22年夏ごろに満杯になるとされる。

 

 

【マスク・消毒液】

 

●未就学児用のマスクの生産が県の委託を受け、山口県防府市の園児用の制服を

製造・販売している防府市の「中村被服」工場で始まっている。

 

 

 

(写真:テレビ山口様)

 

 

未就学児用を中心にマスク12万枚を生産し、幼稚園や保育園などに

1人当たり2枚を配る。全国でも初めての取り組み。

 

「中村被服」はふだん、マスクを生産していないが、素材はエプロンに使われる

布生地で、100回洗っても99.7パーセント以上の抗菌力がある。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山口様)

マスクは、来月中旬までに県内300か所の園や施設に配られる。

 

 

中国駐日大使館は24日夜「愛知県豊川市のマスクが不足していることを

ニュースで知った中国側友好都市の江蘇省無錫市新呉区は至急マスク五万枚を調達し、

「今日から順次郵送します。これこそ中日友好の底力です」と表明。

 

 

(写真:J-CASTニュース様)

 

 

 

 

市の備蓄マスクは5月には底をつく見通し。

 

 

●滋賀県と友好協定を結ぶ中国・湖南省から24日までに

医療用マスク2万枚が県庁(大津市)に届いた。

 

滋賀県はマスクが不足している県内の児童福祉施設や障害者支援施設などに近く配布。

 

滋賀県は中国国内で感染が拡大していた2月下旬、同省の省都・長沙市の病院に

医療用手袋1万枚を届け、省政府が返礼として送ってきた。

 

滋賀県が友好協定を結ぶ中国・湖南省から

届いたマスク(大津市・県庁)

 

(写真:京都新聞様)

 

 

 

 

中国語で「友人同士はどんなに離れていても心はそばにある」というメッセージが

添えられた段ボール11箱が空輸されてきた。
 

滋賀県によると、湖南省では先月末から新たな感染者は確認されていないという。

 

 

●兵庫県西脇市の服飾加工会社・ユタックスがマスク3000枚を作り、

多可町の児童や生徒1500人に寄贈。

 

ユタックスは特殊な生地を用いて縫い目のない下着やスポーツウエアなどの

製造販売を手掛ける会社。

 

 

 

 

 

(写真:サンテレビ様)

ユタックスはこれまでにも西脇市に6600枚のマスクを寄贈し、今回は多可町の

小中学校に通う児童や生徒1500人に3000枚のマスクを寄贈した。

 

寄贈されたマスクは布製で洗濯して繰り返し使用できるという。

 

 

●障害者が働く栃木県茂木町茂木の「ともだち作業所」は、町社会福祉協議会の

依頼を受け、学童保育の児童向けに新型コロナウイルス対策用の布製マスクを

製作し24日、提供した。

 

須藤小の学童保育教室にマスクを届けた

ともだち作業所の指導員(左)と

利用者男性(左から2人目)

(写真:下野新聞様)

 

 

同協議会が運営する町内4小学校の学童保育教室に計157枚を届けた。

 

須藤小の学童保育教室にマスクを届けた

ともだち作業所の女性指導員と男性利用者(右)

(写真:下野新聞様)

 

 

 

 

 

指導員の女性は「町のために何かできることはないか考えてきた。こんな時に力に

なれて子どもたちの笑顔が見られてよかった。利用者はそれを励みに仕事をした」と。

 

男性利用者も「うれしいです」と笑顔を見せた。

 

 

●マスク不足の中、困っている妊婦のために役立ててほしいと、世界遺産平泉

PRキャラクターの「ケロ平(ひら)」を題材としたグッズを作っている女性が

平泉町にケロ平がデザインされた手拭いを使った布製マスクを寄贈した。

 

ケロ平の手拭いを使った布製マスクを手にする小宮さん。

寄贈されたマスクは町保健センターを通じて

町内の妊婦へ配布される予定。

 

(写真:岩手日日新聞様)

 

 

 

青木町長は「マスク不足で困っている人が多い中、繰り返し洗って使える布製マスク

を頂きとてもありがたい。新型コロナの邪気もケロ平で払っていければいい」と。

 

 

●出産を控えた妊婦や高齢者に使ってもらおうと、マスク3600枚が静岡県伊東市の

医師会に贈られた。

 

民間企業でつくる「おもいやりプロジェクト」運営委員会は、

子供たちを感染から守ろうと無料でマスクの配布をしている。

 

 

(写真:テレビ静岡様)

 

 

 

マスクは伊東市医師会を通じて、市内の産婦人科や呼吸器内科など病院に配布。

 

 

●シルク製品の企画・販売を手掛ける「鶴岡シルク」は、絹100%のマスクを開発。

 

抗菌作用があり、洗って繰り返し使うことができ、24日から同市内の店舗や

インターネットで本格販売をスタートさせた。

 

本格販売が始まるシルクマスク。

柔らかな手触りが特徴で、

洗って繰り返し使うことができる。

 

(写真:山形新聞様)

 

 

現在は1日100枚程度を製作。先週から首都圏の百貨店で試験的に販売し、好評。

インターネット販売では、関西圏などから予約が相次ぎ、1週間待ちの状況。

 

鶴岡市の松ケ岡開墾場2番蚕室内の「kibisoショップ」で扱う。

1枚1980円。問い合わせ同社0235(29)1607。

 

 

●ストッキングメーカーのレヴアル(熊本県)は、新型コロナウイルス感染症の

拡大防止に役立ててもらおうと、タイツ素材を使ったマスクを開発した。

 

今月末から、同社のインターネット通販サイトで販売する。

 

タイツ素材を使ったマスクを手にするレヴアルの

宰川文明常務(左)と竹崎一成町長=芦北町

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

タイツ用の生地を二重にし、1枚ずつ手づくり。

伸縮性があり、洗って何度でも使用できる特長がある。

 

23日、同社の宰川文明常務らが町役場を訪れ、竹崎一成町長に1000枚を贈った。

竹崎町長は「窓口業務の職員らに配布するなど、有効活用したい」と。

 

「ほとんど利益は出ないが、世の中の景気が動くように少しでも貢献したい」と。

同社TEL0966(86)0373

 

 

●滋賀県高島市に伝わる綿織物「高島ちぢみ」を素材にした洗えるマスクを、

東京の服飾会社が開発した。

 

 

「高島ちぢみ」で作られたマスク=滋賀県高島市で

(写真:毎日新聞 塚原和俊様撮影)

 

 

 

 

青い生地を2枚重ね「洗濯50回に耐える」という抗菌処理も施した。

1枚で税込み2200円。

 

 

●環境衛生管理のシモダアメニティーサービス(長崎市、SAS)は

新型コロナウイルス対策として、オゾン脱臭・除菌装置を取引先に無償貸与。

 

「自社製品で多くの人の健康と命を守りたい」病院や老人施設、ホテル、旅館、

レストラン、幼稚園など、感染拡大を懸念する取引先に在庫を配ることにした。

 

約100平方メートルの空間に対応するタイプなら定価は23万円。

購入希望者は増えているが「困っている所に」と無償提供数は約40台に上る。
 

離島航路・九州商船(長崎市)は本土と五島列島を結ぶ全航路10隻に設置する予定。

既に19日から、ジェットフォイルや高速船の計3隻に取り付けた。

 

ジェットフォイルへのオゾン脱臭・除菌装置の

設置状況を説明する船舶部長石垣氏と

下田社長(右)=長崎港

(写真:長崎新聞様)

 

 

下田社長は「感染拡大が収束するまで置いていただく」としている。

 

 

【ニセモノに注意】

 

●イータックは広島大学の教授らが商品化した抗菌剤の一種で、およそ10年前に

特許を取得。キャンパスメディコで商標を管理している。

 

今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて需要が増大。

そんな中で、同じ抗菌効果があるとうたって、イータックの偽物がインターネットで

売られているという。ネット上に知らない商品が出回っているとのこと。

 

商品の紹介欄には、特許番号が無許可で記載されている。

 

キャンパスメディコではウェブサイトなどで注意喚起し、偽物の販売元に

販売とりやめの通知書を送ったが、今のところは返答がないという。

 

コロナウイルスの影響で偽物も出ている。 (Jタウンネット様)

 

 

【地震】

 yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

 ●3月25日20時13分頃 震度2  トカラ列島近海

 ●3月25日16時51分頃 震度1  父島近海

 ●3月25日11時49分頃 震度1  北西太平洋

 ●3月25日02時57分頃 震度1  茨城県南部

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

3月25日は 被災地の報告~15歳・ホームレスへの支援 で温かい支援を。

 

 

 

 

 

ホームレスの人へのコロナウィルス防止に、15歳の高校生が立ち上がった!

 

自分が、今できる、愛の行為を喜んで行える人は素晴らしい!

 

イタリア北部ロンバルディア州ベルガモ司教区にあるカスニーゴの町で司祭長を

務めていた『72歳のジュゼッペ・ベラルデッリ神父』

 

ジュゼッペ・ベラルデッリ神父は、以前から呼吸器系の病気を患っていたため、

信者さんたちが購入した人工呼吸器を、自分よりも若い人に使って欲しいと譲った後、

3月15日に、ローヴェレの病院で亡くなったという。

 

人工呼吸器は若い人に……譲ったイタリア人神父、

15日に、新型ウイルスで死去。
(写真:(c) BBC News様)

 

 

 

このロンバルディア州は、イタリアでも特に感染被害の多い地域である。

 

イタリアでは少なくとも50人の司祭が、新型コロナウイルスによって死亡したという。

 

ローマ教皇庁の教皇フランシスコは24日、亡くなった医師や司祭のための祈りを唱え、

「病める者に尽くすこと、で英雄的な手本となったことを神に感謝」すると。

 

カトリック教会イエズス会のアメリカ人神父ジェイムズ・マーティン司祭は、

「(信者たちが自分のために買ってくれた)人工呼吸器を自分より若い患者に

 (知らない相手に)譲った72歳のベラルデッリ神父が、亡くなった」ことに対し、

 

「友のために命を投げ出すほど大きい愛はない」という新約聖書の言葉を引用した。

 

イタリアは、3月8日以来、外出禁止令など行動制限が実施されており、

さらに21日からは1人で屋外で運動することも禁止になり、厳しい制限となっている。

 

       このため

 

感染拡大を防ぐため集会や外出が厳しく制限されているイタリアでは現在、

葬式を開くことができないのだ…。

 

神父の棺が翌日、埋葬に運ばれる際、地元の人たちが窓から拍手したという。

 

ジュゼッペ・ベラルデッリ神父は、本物の信仰をもたれている

素晴らしい神父さんだ!

 

説かれる言葉を、実践される、本物・・・。

 

 

         ★★★★★★★★

 

栃木県那須塩原市東原、スクールバス運転手、55歳の友利欣智さんは、

2013年に東京都から市へ移住してきた。

 

ところが、生活していくうちに、びっくりすることをいくつか発見!

 

一時停止線で止まらない車や歩行者を優先しない車など危ない運転…。

またバスの勤務時間中に、汚れでよく見えないカーブミラーを複数発見…。

 

       そこで

 

「自分にできることから始めよう」と、

昨年夏ごろから塩原市内と、那須町内のミラー磨きを始めた。

 

3月中旬、ミラー磨きのため、友利さんは市内で事前にチェックしていたミラーの

前に行くと、安全に作業するため周囲に、カラーコーンのパイロンを置いた。

 

自分で持って来た脚立に登って高さ3メートルほどのミラーに腕を伸ばして、

ぬれたぞうきんで黙々と拭き始めた。

 

腕を上げたまま拭き続け、この日は計6カ所のミラーを磨き上げた。

 

 

(写真:下野新聞様)

 

 

 

 

友利さんは、「市を交通マナー、ナンバー1の都市にしたい」

市や那須町で月に2、3回、ミラー磨きの活動している。

 

今年の1月にはチラシを作り、仲間の募集を始めた。

 

活動の回数などは決めていないが

「脚立を支えてもらえると安心する。何人かで数カ所磨くだけでも結構な

 数になるはず。1人でも多くの方に参加してほしい」と呼び掛けている。

 

スクールバス運転手という仕事柄、事故を防ぎ

「市を交通マナー、ナンバー1の都市にしたい」と目標を掲げて、奉仕されている。

 

「自分にできることから始めよう」とコツコツと。

 

 

「今、自分に出来ることで

 役立ち喜ばれる事を実行

 ひとりひとりの善い行動は

 人を支え大きな影響を及ぼす

    (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米ケンタッキー州のベシア知事は24日、若い人たちのグループによる

「コロナウイルスパーティー」でパーティーの参加者は「ウイルスに負けない」と

他人との接触を避ける州の呼びかけを、わざと守らずに、

参加者の中で、少なくとも1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 

州内の感染者の53%が18歳から49歳であり、

知事は、このこのパーティの実施に、怒りを覚えるとも語った。

 

善い行動とは、逆の位置にある行動では?

 

ひとりひとりの行動が、大きな影響を及ぼすことにつながる。

 

行う行動により「よろしくない結果」か「人に役立ち、助ける結果」に分かれる。

 

今、自分が出来る「善い事」を喜んで行える人は幸い!

 

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今、自分に出来ることをコツコツと

 

人に役立ち、助ける結果になる行動は尊い。

 

今日も【善い結果を導くhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

毎日の被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 3月26日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

生きる道を選んで下さい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

今日も朝とお昼間の気温の差が大きいです。

お身体、大事になさってくださいね。

 

さて、先日、ショッピングモール内のスーパーで買い物をし、カートに荷物を積んで、

エレベーターで駐車場に向かいました。

 

同じエレベーターに、買い物をしたお母さんが、5~6歳の男の子と乗っていました。

 

降りるのは、同じ駐車場の階なのですが、男の子は、私が先に降りれるようにと、

エレベーターが閉まらないよう、ボタンを押してくれているのです。

 

男の子に「ありがとう!」と言うと‥‥

「どういたしまして」と言う言葉が返って来て、びっくりするやら嬉しいやら!

お母さんもにっこりと。(#^.^#)

 

この優しい行動は、男の子のいつもの行動なのだなあ…。

その後は、ずっと、心がポカポカ温かい時間が続きました。

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

 

命の歌(歌詞つき)素晴らしい歌!↓

 

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

 

被災地の報告~神父の命と愛&ミラー磨き” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    みなさんマスクを作られたりり寄贈なさったり
    ほんとうにえらいになぁっておもいます。
    やさしくて前向きなみなさんにげんきを
    もらいました(#^.^#)。

    72歳の神父さんのジュゼッペ・ベラルデッリさんの
    おはなしもほんとうによかったです。
    ジュゼッペ・ベラルデッリさんも生きていてほしかったなぁと
    おもいました。
    どんないのちも尊さはおんなじだからです。

    スクールバス運転手、55歳の友利欣智さんの
    おはなしもとってもよかったです。
    カーブミラーのよごれに気づかれて
    ごじぶんでみがいていらっしゃるなんて
    ほんとうにすごいとおもいます。
    そしていつもきれいなカーブミラーは
    だれかがみがいてくれていることにも
    きづかせてもらいました。
    まいにち、暮らせているかげには
    たくさんの人たちの見えない働きがあることを
    あらためて感じました。
    みなさん、ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    happyさんのエレベーターでのおはなしも
    とってもすてきですね(#^.^#)。
    きっとおとこのこのおかあさまやまわりの
    人たちもやさしいかたなのですね。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもすてきなえがおをほんとうにありがとう!  (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    みんなげんきでいてください(#^.^#)。

    きょうはあったかくなりそうです。
    くれぐれもおからだに気をつけてくださいね。
    良いいちにちになりますように(#^.^#)/

    1. happy-ok3 より:

      スフレ さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「みなさんマスクを作られたりり寄贈なさったりほんとうにえらいになぁっておもいます。」

      心ある方たちの、優しい行動、本当に素晴らしいですね。

      >「ジュゼッペ・ベラルデッリさんも生きていてほしかったなぁとおもいました。」

      でも、この姿勢は、本物の信仰の姿ですね…。
      こう言う方が、長く生きられて、多くの方をもっと励まして欲しかったと思います。

      >そしていつもきれいなカーブミラーはだれかがみがいてくれていることにもきづかせてもらいました。

      本当に、陰にあって、多くの方々の素晴らしい奉仕があるのですね。
      私も、倣いたいです。

      >「きっとおとこのこのおかあさまやまわりの人たちもやさしいかたなのですね。」

      仰る通りですね。いつもの行動なのだと思います。

      今日はお昼間は暖かいですね。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  2. riboni より:

    人工呼吸器は若い人に……譲ったイタリア人神父、アウシュビッツでも同様なことがありましたね、泣けてきます。中国からのマスクありがたいです。いつもありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「人工呼吸器は若い人に……譲ったイタリア人神父、アウシュビッツでも同様なことがありましたね、泣けてきます」

      仰る通りですね。
      何かがある時、その方の心や信仰が、見えてきますね…。

      >「中国からのマスクありがたいです。」
      日本では、足りないので、ありがたいです。

      いつも本当に有難うございます。

  3. miyotya より:

    こんにちは。
    今、マスクは大事な必需品ですね。
    様々な会社がマスクの製造を始め、他にも心ある皆さんが
    色々工夫してマスクを作って寄付しておられて心を打たれました。
    私も今までは使い捨てにしていましたが、コロナウィルス感染が
    いつ終息するか分からないので、使ったマスクを丁寧に洗って
    再利用することにしました。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「様々な会社がマスクの製造を始め、他にも心ある皆さんが
      色々工夫してマスクを作って寄付しておられて心を打たれました。」

      おっしゃる通りですね。

      子どもたち、施設、高齢者、医療従事者、必要な所に、まずという優しい心の方々の行動は素晴らしいですね。

      >「使ったマスクを丁寧に洗って再利用することにしました。」

      私もいまは、ガーゼのマスクを洗って使っています。

      いつも本当に有難うございます。

  4. GAEI より:

    女川は随分変わったでしょうね。この春は久しぶりに岩手の沿岸部を歩いてみたいと思っていたのですが、難しいです。あちこちでマスクを手作りする活動が広がっていますが、いろいろな「使い捨て」を見直す好機になれば、不自由も意味あるものになりますね。

    1. happy-ok3 より:

      GAEI さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「女川は随分変わったでしょうね。」
      そうでしょうね・・・。また、行かれることがあったら、教えてくださいね。(#^.^#)

      >「いろいろな「使い捨て」を見直す好機になれば、不自由も意味あるものになりますね。」
      本当に、そうですよね。
      企業さんが、作っているマスクも、洗って使えるものが増えていますので、大事に使いたいですね。

      色んな方の、マスクの寄贈、消毒の寄贈、素晴らしいです。

      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    洗えるマスクが供給されるようになれば、かなり安心ですね!
    企業の皆様に感謝したいです。

    イタリアの神父さんは、本当に信仰心を持った方だったのですね。痛ましいです。
    感染力が非常に強く、ウイルスが進化しているという話もありますがいったいどこまで猛威を振るうのか想像もできません。
    薬やワクチンができることがいちばんの望みでしょうか、祈ります。

    小さな善いことをやった時には心が少しさわやかになる気がします。
    継続して黙々とできる方は素晴らしい、見習いたいです。

    鳥さん、特に2枚目の写真はものすごく晴れやかな笑顔なんですが^^幸せなんですねえ。

    今日もありがとうございました^^またよろしくお願いします。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「洗えるマスクが供給されるようになれば、かなり安心ですね!」
      ほんとうに!(#^.^#)心強いですね。

      >「イタリアの神父さんは、本当に信仰心を持った方だったのですね。」
      聖書のお言葉を実践された、すごい方ですね。

      >「薬やワクチンができることがいちばんの望みでしょうか、祈ります。」

      世界で、開発を頑張っているようですが、まだ、時間がかかりそうですね…。

      >「小さな善いことをやった時には心が少しさわやかになる気がします。」
      仰る通りですね。(#^.^#)

      >「鳥さん、特に2枚目の写真はものすごく晴れやかな笑顔なんですが^^幸せなんですねえ。」
      放鳥時、嬉しいのでしょうね。
      幸せでいてくれると、私も嬉しいです!(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

  6. 親方 より:

    日々祈るしかない、祈ります😭

    1. happy-ok3 より:

      親方さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「日々祈るしかない、祈ります」

      本当に・・・。
      祈り、大事ですね。

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。