見えない場での勇気と正直

10月21日(火)

『見えない場所での正直さ。』 実祝プランニング語録

ネットやスマホが普及し、その中で、顔も見たことが無く、

ほとんどネットでもやり取りもしたことが無い人に向かって

事実と異なる事を、誹謗中傷する人がいるらしい。

誰かを陥れるために、意識的に、嘘を吹聴することや

ひやかしのように煽ることは、とても怖い事だ。

さて、アメリカであったお話し。

ある老婦人に、メル友ができた。お相手も、同年代くらいの老婦人のようだった。

名前はわかっていたが、どちらも、外に出る機会が少なくそのままの状態が続いた。

ところが、片方の老婦人が亡くなってしまった。

同じ時期、近所で葬儀があった。

近所なので、仕方なく出席すると、家族がメル友の事を葬儀で紹介した。

メールで励まし合ってきたが、本心を言えば実際に会い、

もっと心を出して、語り合いたかったと。

何と、その亡くなった老婦人がお相手だったのだ。

葬儀に出席した老婦人は号泣した。

「わたしも、会ってお話しがしたかった。直ぐ近所だったのに・・・。」と。

「自分自身を理解し 悟り

 自分の存在を認めていくためには

 勇気を持つことと 正直であることが

 必要です

 (バレンタイン・デ・スーザ)」

f:id:happy-ok3:20141020195712j:image:w360

ネットでは、顔も本当の名前もわからないことが多いが、

会うことは勇気が要るし、自分を正直に出せる機会。

勇気と正直さは、1歩前に踏み出す力と

人を活かすことができるようだ。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 10月21日、少しだけ更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

約束を守る誠実さ

次の記事

誠実を保てる強さ