セラピー馬&減量した犬&見つかったご位牌

2020年 8月30日(日)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

 

「善い出会いは、善い結果を生む

 

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が限られている。

 

なりわい再建支援補助金の申請、31日から

 

●熊本県は31日から、7月の豪雨で被害を受けた事業所の施設や設備の復旧費を

補助する「なりわい再建支援補助金」の申請受け付けを始める。

 

複数回に分けて募り、第1次の公募期間は9月18日まで。  

 

復旧費の最大4分の3を補助する従来のグループ補助金を拡充し、事業者ごとに

申請できるようにした。

 

補助事業計画書などは31日から県のホームページでダウンロードできる。

 

申請は県商工振興金融課への郵送で受け付けるが、相談窓口への持ち込みも可。  

 

県は第1次公募で受け付けた分について審査後、10月末をめどに交付決定したいと。

各地の相談会は予約制。県商工振興金融課TEL096(384)8880。

(熊本日日新聞様)

 

 

芦北町で公費解体の受付開始

 

●熊本豪雨で大きな被害を受けた住宅の解体を市町村が代行する「公費解体」の

受け付けが28日から芦北町で始まった。

 

役場の窓口では朝から公費解体を希望する住民の申請受け付けを開始。

 

 

 

 

 

(写真:くまもと県民テレビ様)

申請には罹災証明書や被災状況が分かる写真が必要で、すでに住民が解体した

「自費解体」の住宅については、解体業者に支払った金額と市町村が算定した

解体金額のうち低い方の額が支払われる。

 

 

 

 

 

(写真:くまもと県民テレビ様)

公費解体は12月28日まで、自費解体は10月30日までを予定している。

 

公費解体の受け付けは津奈木町がすでに始めていて、他の市町村でも

来月上旬から中旬にかけて始まる方針。

 

 

【豪雨被害のスーパーで窃盗疑い、復旧作業の4人】

 

●九州豪雨で被災した大分県日田市のスーパーマーケットから商品を盗んだとして、

日田署は福岡県の男4人を窃盗容疑で大分地検日田支部に書類送検した。20日付。

 

4人は7月10日、日田市北友田の「スーパーセンタートライアル日田店」で

営業再開のための復旧作業に当たっていた業者で、家電や雑貨約50点を車1台に

積み込み、盗んだという。  

 

大分県警本部=大分市大手町で2019年

(写真:毎日新聞 田畠広景様撮影)

 

 

 

 

不審な動きに気づいた同店の従業員が日田署に通報、駆けつけた署員に確保された。

4人は容疑を認め、4人はそれぞれ別の業者に勤務しており、

復旧作業のため被害店舗に集まっていた。

 

 

【長野市で初の、夏のきずな村、生活困窮者に無料配布】

 

●新型コロナの影響で生活が苦しくなっている人などを支援しようと、

長野市で食料などを無料提供する催しが開かれた。

 

「夏のきずな村」は、労働組合や市民の有志でつくる「反貧困ネット長野」が主催し、

長野市の広場で開かれた。

 

 

 

 

 

(写真:信越放送様)

会場では市民や企業から集められたコメやレトルト食品、みそなどが、

無料で配られ、受け取った人たちは「助かる」と。

 

 

 

 

 

(写真:信越放送様)

近くの公民館では、弁護士やソーシャルワーカーによる相談会も行われ、

生活や健康の悩みに対するアドバイスなどをしていた。

(長野県は、昨年の台風も被害が大きく、8月22日の突風とひょうでも大きな被害が)

 

 

【佐賀豪雨から1年、今も仮住まいの人も】

 

●佐賀県内に大きな被害をもたらした「佐賀豪雨」から28日で1年。

 

 

 

 

 

(写真:NHKサガニュース様)

県によると、大町町では工場から5万4000リットルの油の流出で被害を受けた

農地については土を入れ替えるなどして、今年6月から田植えが再開されたほか、

被災した住宅については応急的な修理はひととおり完了したと。

 

 

 

 

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

一方で、今も住宅再建ができず、公営住宅などに仮住まいしている人は

7月30日現在で37世帯にのぼる。

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

 

 

 

佐賀県は被災者に対し、引き続き、きめ細かい支援を続けていく。

 

 

【佐賀豪雨、油流出の鉄工所、対策が完了】

 

●佐賀豪雨では大町町にある佐賀鉄工所の工場が浸水し、大量の油が周辺に流出。

 

工場では、平成2年の集中豪雨でも油の流出事故が起き、再び、

同じような事故を起こさないよう、対策を進めている。

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

 

 

 

油が保管されている工場東側の敷地全体を、高さ約2メートルのコンクリート製の

壁で囲ったほか、工場内にたまった雨水を排水する大型のポンプを設置。

 

 

 

 

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

さらに、去年の豪雨で水があふれた工場脇の用水路にセンサーを設けて監視し、

水位のレベルに応じて、5段階の警戒態勢をとる防災マニュアルを新たに整備。

 

 

 

 

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

今週中には、工場西側の敷地を囲う防水壁の建設も終わり、計画していた

20項目におよぶ一連の対策工事は、おおむね完了したと。

 

(写真:NHKサガニュース様)

 

 

 

 

マニュアルに基づいた防災訓練をこれまでに十数回実施し、

会社では28日を「防災の日」と定めて、再発防止に向けた社員教育を行うと。

 

 

【熊本地震で倒壊、出水神社、完成祝う】

 

●2016年の熊本地震で倒壊した熊本市中央区の出水神社社殿前の鳥居が、

4年4カ月ぶりに再建され、28日に現地で除幕式があった。

 

関係者や地域住民らが真新しい鳥居をくぐり、完成を祝った。

 

祭神が歴代細川家当主であることから、扁額[へんがく]の文字は

第18代当主の細川護熙[もりひろ]さんが手掛けた。  

 

出水神社社殿前に再建された鳥居

熊本市中央区

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

新型コロナウイルスの影響で出席できなかった細川さんからは

「鳥居の完成は熊本地震からの復興の象徴。多くの人々の守り神として

末永く栄えてほしい」と祝辞が届いた。

 

神社の表参道と北参道に1基ずつあった鳥居も地震で倒壊、来年中の復旧を目指す。

 

 

豪雨募金は、通信欄に「熊本豪雨災害支援」と明記の上、

郵便振替 00170-7-23723、三井住友銀行飯田橋支店(普)1198743「公益財団法人日本YWCA」

(銀行振り込みの場合は、必ずメールにてoffice-japan@ywca.or.jpまで、

①振込日、②金額、③名前、④住所、「熊本豪雨災害支援」と要連絡)。

 

 

【義援金受け付け、日本赤十字社】

 

●日本赤十字社は九州を襲った大雨の被災者に贈る義援金の受付けを始めた。

 

「令和2年7月豪雨災害義援金」被災した県を通じて全額被災者に現金で届けられる。

ゆうちょ銀行や郵便局の窓口での受け付けで振替手数料は免除。

振込先は「日赤令和2年7月豪雨義援金口座番号00110-8-588189」12月28日迄。

(山口テレビ様)

 

【現在必要とされている物資】

 

●人吉市災害対策本部総務班・井本浩司さんからは(ランドセルは足りています)

「暑さの影響があり特にお願いしているのが水、お茶の500ミリリットルの

ペットボトル。物資以外に関しては災害見舞金、支援金、義援金の皆様の

ご協力をお願いしたい」

 

豪雨から1か月半。被災地が必要とするものは日々変化している。

 

 

【途上国へマスク寄付・熊本の炊き出し用物資も 募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

また、熊本へ食料物資として、お米や野菜も募集 している。

 

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●コロナ禍で、住む場所を失う方もおられます。

ホームレスの支援団体「認定NPO 法人 Homedoor」様に支援物資を。

 

支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●8月29日20時55分頃 震度1  釧路沖

●8月29日16時14分頃 震度1  大分県中部

●8月29日10時24分頃 震度1  千葉県東方沖

●8月29日03時07分頃 震度2  鹿児島県薩摩地方

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

8月29日は 犬の救助犬&バケツスタンド&ペンギン配信 で命の支援

 

 

 

 

 

命を支援させて頂く幸い

 

    ★★★★★★★★★★

 

ロイター通信から。

 

8月20日、チェコの首都プラハで「セラピー馬」たちが病院を訪れ、

高齢者の患者たちに癒しをもたらした。

 

 

 

 

 

(写真:ロイター通信)

 

病院のスタッフは、

「病院の環境は患者によい影響は与えない。彼らは不安でさみしい。

 動物はストレス軽減や、患者が再びコミュニケーションをとるのを

 手助けしてくれる。

 患者に元気を与えてくれる」 と言う。

 

高齢患者への訪問が制限されている現在、病院は「ヒポセラピー」と

呼ばれる馬を使った療法を活用した。

 

 

 

 

 

(写真:ロイター通信様)

「セラピー馬」のアイデアは大成功。

 

 

 

 

 

(写真:ロイター通信様)

 

その後も、病院は自己負担となるにもかかわらず、制限緩和後も

馬の訪問を続けている。  

 

 

 

 

 

(写真:ロイター通信様)

85歳の患者、ナタリーさんは

「美しい馬たちだ。馬の乗り方を知っていたら乗馬ができるのに。

 今は無理だけれど。馬が好き」と語った。

 

コロナの事があり、高齢者の多い病院や施設では、面会が制限されている。

不安や寂しさを抱え、入院している人たちを、訓練された馬たちが癒している。

 

セラピーをする動物たちは、欲望や邪念をもたない。

寄り添う優しさがある。

 

        しかし

 

セラピー馬たちを育て、お世話しているのは、やはり「優しい人間」なのだ。

人間の優しい気持は、動物にも伝わり、その動物たちがまた、人間を癒している。

 

本当の優しさは循環していくものだと思う。

 

    ★★★★★★★★★★

 

カナダ在住のある飼い主は10歳オスのゴールデン・レトリーバーを 

「犬が太りすぎて動けない。かわいそうだけど、安楽死させたい」と言い

動物病院に連れてきた。

 

犬の名前はカイ。

オスのゴールデン・レトリバーの平均体重は29~34キロだが、2018年3月に、

この飼い主に連れられて獣医を訪れたカイの体重は何と、その2倍以上の79キロ。

 

       しかし

 

肥満以外は極めて健康で、安楽死させる理由などない…。

 

そこで、動物病院のスタッフが地元アルバータ州のアニマルレスキューに連絡をし、

保護犬や猫を一時預かる「フォスター」として登録していた

現在の飼い主であるパムさんと出会えた。  

 

パムさんが初めてカイを見た時は…。

 

「あんなに肥満な動物を見たのは人生で初めて。

 カイの大きさには本当に驚きました。

 でも、あれだけ太っていても、とても幸せそうで優しい目をしていました。」

 

ダイエット前は動くとすぐに息が切れてしまっていた

(写真:パムさん提供)

(まいどなニュース様)

 

 

 

 

 

保護しようと決めた理由については…。

 

「体重減量に対するカイの決意にインスピレーションを受けました。

 どんなに大変でも運動やダイエットに励み、毎日一緒に過ごしていたら

 手放したくない存在になっていました。」

 

初めて家に来た日は、

数歩歩くのにも30分かかっていた

(写真:パムさん提供)

(まいどなニュース様)

 

 

 

 

体重を減らすために、どんなダイエットや運動をさせたかについては…。

 

「たった1年で48キロの減量に成功しました。現在の体重は31~32キロ。

 健康的な平均体重です。ここまで痩せさせるのはとても大変でした。

 

 肥満で動けず、立ち上がったり歩くのにもひと苦労。

 体の重さに足が耐えきれず、元気もありませんでした。  

 

 それでも毎日のお散歩は欠かさず行い、獣医師に勧められた体重管理用の

 ドッグフードを与え、水治療法を始めました。

 

 週に一度、6週間の水治療法を終えると、ペット階段を使って自分で車に

 のぼれるようになりました。いまでは自由に走ったり、ジャンプもできますよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

1年間で48キロも体重が減った(写真:パムさん提供)(まいどなニュース様)

 

すっかりシェイプアップに成功したカイをドッグパークに連れて行くと、

ほかの犬ではなく、飼い主に興味を持たれたという。

 

以前は大人2人でカイを

車に乗せていたが

今ではこんなにスリムな体に

(写真:パムさん提供)

(まいどなニュース様)

 

 

 

そこで、パムさんは、カイをセラピードックとして登録することにした。

 

カイは、賢く、様々なテストに合格し、パンデミックが落ち着いたら国際空港の

セラピードックとして活躍する予定だという。  

 

一歩ずつ前に進み、減量に成功したカイの姿を見ると、どんなに大きな目標でも

少しずつ努力すれば達成できるということを教えられると語る。

 

 

私は、カイ君が太っていた時の写真を見た時は、前の飼い主さんが、飼う事に

責任と管理を怠った結果なのに、安楽死をと? カイ君がかわいそうになった。

 

獣医さんも、死なせる事を選ばず、その後、パムさんに出会えて良かった!

 

ダイエットといっても、最初は数歩かせるのにも、30分もかかったと。

水治療という治療は、獣医の指導のもとで行うため病院に通い、

エサも、ダイエット用のものなので、費用も労も大変だったと思う。

 

賢く優しいカイ君は、セラピードッグとしての資質を持っていた。

 

動物も、また人間も、どんな人と出会い、交流していくか?によって

ある意味、その後の歩みに影響する。

 

   ★★★★★★★★★

 

厳しい暑さの、昨日、8月29日、車いすユーザーたちで作るNPO法人

「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」が全国の仲間に呼び掛け、

兵庫県神戸市の須磨海岸や神奈川県の湘南海岸など、

11ビーチで約230人が参加し、クリーン活動が、一斉に行われた。

 

厳しい残暑の中、約30人が

クリーン活動に参加した

須磨海岸

(まいどなニュース様)

 

 

 

 

代表の木戸俊介さんは、交通事故で脊髄損傷を負い、車いすに。

 

しかし「やりたいことを諦めたくない」と、3年前から須磨海岸で仲間たちと

波打ち際までビーチマットを敷き、障害者やその家族、友人や一般参加の市民達も

一緒に水遊びを楽しんだり、水陸両用の車いすを体験したりする活動を始めた。

 

コロナ禍の今年は、全国の主だった海水浴場が閉鎖され、須磨でも海水浴は禁止。

 

ビーチプロジェクト自体はできなくなったが、代わりに「心と海は繋がっている」

をキャッチフレーズに、テレビ会議アプリを利用して各地をつなぐ企画を発案した。

 

オンラインで各地のビーチと結んだ=須磨海岸

(まいどなニュース様)

 

 

 

 

「やろうと思えば今まででもできたかもしれないが、コロナ禍の今だからこそ

 皆の気持ちが一つになった」と。  

 

29日は、午前9時に開始し、車いすユーザーを含む約30人がビニール袋や

トングを手に浜辺へゴミの収集に。

 

そんな中で見つかったのが、白木の位牌だったという。

 

見つかったご位牌

須磨海岸

(まいどなニュース様)

 

 

 

 

 

波打ち際に流れ着いていたといい、見つけた男性は

 

「一目で、位牌だと分かった。なんでこんな所に…。もしかしたら豪雨の

 被災地から流されたのかも、と思うと…。できればご遺族に届けたいんですが、

 どちらの方かも分からず…」と話す。  

 

位牌は白木で、女性の故人に贈られる「大姉」の戒名が書かれていた。

この女性は今年3月、100歳で亡くなったと記されていた。  

 

「7月に清掃活動をしたときには、豪雨で流されたとみられる流木やゴミが

 浜辺にいっぱい打ち上げられていた。今日もプラスチック製のゴミ箱の

 残骸などが見つかったし…」と代表の木戸さん。

 

 

 

 

 

 

 

ゴミの山=須磨海岸 (まいどなニュース様)

 

位牌は交番に届けた。心当たりがある方は、須磨警察署(078-731-0110)へ。

 

昨日、全国の11ものビーチで、クリーン活動が行われ、善い方に

「ご位牌」を見つけて頂いた。

 

海や浜辺を美しくする活動から、ご位牌が見つけられたのは、優しく善い方々に

見つけてもらうのを待っていたのかもしれない。

 

やはり、ご位牌も、見つけて頂く方を選んだのかも?しれない。

ご遺族のもとに、戻れますようにと祈る。

 

       ★★★★★★★★★

 

「本当の優しさは

 循環する

 善い出会いは

 善い結果を生む

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      ★★★★★★★★★★

 

動物も、人も、ご位牌も、どんな人間と出会うかによって、

その後が左右されるのでは?と思った。

 

上記に記したが、長野の「夏のきずな村」で、食料を無料配布している。

長野は、昨年の台風や、この8月22日の突風やひょうで、多くの方々も大変なのだ。

 

昨日、先日食料支援を送付した「フードバンク ぎふ」様からお礼状が届いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その報告によると、

コロナの影響で、休職や失業、などの方が急激に増え、支援を求める

切実な声が沢山寄せられていた。

 

日常的に支援をしている方に加え、緊急に支援物資を必要としている方も増えたと。

食品の企業さんのような事は出来かねるが、私が、節約し、お役に立てたらと。

 

私が「フードバンク ぎふ」様に送付するのは、お電話でお話ししても

「温かさ」を感じたからだ。

 

そして、必ず、受け取ったと言う感謝と報告を、お手紙で下さる。

善いと思う事でも、どのような方と協力するか?は大切なのでは?

 

子どもたちの姿勢も、どんな人と出会うか?によって、左右されるのでは?

 

善い人との出会いは、善い教育でもあるとも、思う。

 

今日の食を支え、命を守り、癒す事は、生きる力となる。

 

善い出会いは、幸せにつながる!

 

今日も、被災地を応援させて頂きたい!

 

東日本大震災も、熊本地震も、九州北部豪雨も、西日本豪雨も、大阪北部地震も、

台風19号も、その他も、復興は半ばであることを覚えたい…。

 

被災地の方々が、支えられるよう祈っています!

 

最前線で頑張っている医療従事者の方に、感謝と敬意をこめた言葉と行動を!

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

純粋な気持ちからの行動は、癒しを運ぶ。

 

癒しは、日々の力になる。

 

今日も【善い出会いを届けるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 8月30がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

はてなブログにいる方は「お誕生日おめでとうの happy-ok3の日記」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」のULRを記しています。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。感想、よければコメント頂けたら嬉しいです。

 

セラピー馬も、これからセラピー犬として活躍するカイ君も

動物たちの力は、すごいなあと思います。

 

私の所に来てくれる鳥たちは、なぜか、みんな弱さを抱えています。

弱さがあっても、他の部分で、素晴らしい能力を持っています。

マイナスがあれば、プラスも大きい!

そして、私が笑顔でいると、鳥たちも笑顔になってくれます。(#^.^#)

 

まだ暑さが続きます、皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

熱中症には、気をつけてくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

セラピー馬&減量した犬&見つかったご位牌” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます。

    >【熊本地震で倒壊、出水神社、完成祝う】

    鳥居さんが再建されてほんとうによかったです(#^.^#)。
    かみさまたちもこれからもっともっと
    地域のみなさんをまもってくださいますね。

    きょうのセラピー馬さんたちのおはなしも
    ほんとうによかったです(#^.^#)。

    馬さんのひとみはほんとうにおおきくて、うつくして、やさしいです。
    さわるとあったかくってしあわせなきもちにあります。

    ゴールデン・レトリーバーのカイさんのおはなしに
    むねがいっぱいになりました。
    やさしいお医者さまとやさしいあたらしい飼い主さんに
    であってほんとうによかったです(#^.^#)。
    おだやかでやさしいひとみのカイさんは
    りっぱなセラピー犬さんになりますね(#^.^#)。

    「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」さんたちのおはなしも
    ほんとうによかったです(#^.^#)。
    きっと車椅子にのってのごみの回収だったから
    ご位牌をみつけられたのだとおもいます。
    車椅子だと、ゆっくり、じっくり、まわりを見て回収できるからです。
    そしてみなさん海がほんとうにすきだからだとおもいました。
    持ち主さんにぶじにもどれますように。

    >純粋な気持ちからの行動は、癒しを運ぶ。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもちゃんとコメントできずにごめんなさい。

    >そして、私が笑顔でいると、鳥たちも笑顔になってくれます。(#^.^#)

    だから鳥さんたちみんないつもえがおなのですね(#^.^#)。
    鳥さんたちはしあわせですね(#^.^#)。

    晴さん、たつきさん、誉さん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになってにっこりしています(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    happyさんも
    くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
    良い一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ さま、おはようございます。いつも感謝します。

      出水神社が、再建されて良かったですね。
      >「かみさまたちもこれからもっともっと地域のみなさんをまもってくださいますね。」
      仰る通りです。

      スフレ様も嬉しいでしょうね!

      >「馬さんのひとみはほんとうにおおきくて、うつくして、やさしいです。」
      本当にそうですね。(#^.^#)

      海外では、馬やロバが、セラピーの動物として頑張っています。

      >「やさしいお医者さまとやさしいあたらしい飼い主さんにであってほんとうによかったです」

      カイくん、パムさんと出あえ、生きていくこと、それも健康な体に戻り、セラーピー犬としても活躍できるなんて、幸せですね!

      「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」さんたち、素晴らしい働きですね。
      ご位牌を見つけるなんて・・・。
      ご位牌は、この優しい、海を大事にされる方々に見つけてもらいたかったのだと思います。
      >「車椅子だと、ゆっくり、じっくり、まわりを見て回収できるからです。」
      暑い中、本当にみなさん、尊い働きです。

      純粋な気持ちからの行動は、癒しを運ぶ。と、私は思うのです。

      鳥たちの寿命は、長いとはいえません。
      せっかく、私の所に来てくれたのですから、弱さがあっても、障がいがあっても、
      笑顔でいてほしいです。

      今日も鳥たちのこと有難うございます。

      いつも伝えたら、喜んでいます。

      今日も暑いようです。
      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  2. リボン より:

    「長野市で初の、夏のきずな村、生活困窮者に無料配布」国のトップが外交と称し夫婦で豪華な海外旅行を楽しみ、米国、ロシアなどに莫大な金ばらまいてるからこうなります。使えない欠陥兵器や金だけ貢いで影響に還えりそうもない北方領土や、拉致被害者。国内では子供食堂!ホームレスは住民票ないから10万円も手に入らない、貧困にあえぐ庶民。この7年でめちゃめちゃになりました。どれだけの人が殺されたか。赤木雅子さんの言うように血も凍る思いです。
    中曽根、小泉もひどかったがあの人はどれだけ嘘ついても良心が痛まない希有な人、。
    動物には癒やされます、動物も人間も大事にされないと上記上記の人のようにろくな事にはなりません。
    今日もすいません。

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「ホームレスは住民票ないから10万円も手に入らない、」

      本来なら、こういう方に必要なのだと思います。

      長野のきずな村、素晴らしい取り組みですね。
      長野は、台風被害、この22日の被害、コロナ禍で、大変な方が多いと思います。
      善い方々の善い取り組みは、命を支えますね。

      >「動物には癒やされます、動物も人間も大事にされないと上記上記の人のようにろくな事にはなりません。」

      カイ君…びっくりしました。可哀想に・・・。
      今は、表情がちがいますね。

      これから、素晴らしいセラピー犬として活躍が期待されますね。(#^.^#)

      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  3. れん より:

    こんにちは
     昨日はコメント頂き、有難うございました。
    長野市の「夏のきずな村」素晴らしい活動ですね。
    8月22日にひょうや突風被害に遭われたということで、減農薬のりんごを長野県産を購入しているのですが、昨日のhappyさんのコメントを頂き、早速、楽天ショップさんへ感謝の言葉を述べたく、電話しました。
    そちらは被害は無かったようですが、本当に自然を相手にされてる農家さんの大変さがわかりました。
    何時も、購入側でおいしいやら見た目やらしか気にしてませんでした。
    感謝の念が湧きました。
    有難うございます。

    1. happy-ok3 より:

      れん さま、こんにちは。いつも感謝します。

      長野は、台風の被害、大きかったです。
      そして、ようやく・・・というときに、22日の突風とひょうで、また、農家さんが大変な被害を受けておられます。リンゴ園も。

      >「本当に自然を相手にされてる農家さんの大変さがわかりました。」

      仰る通りですよね。
      私も、お野菜や果物、感謝をして頂きます。

      感謝して食べると、さらに美味しいと思います。(#^.^#)

      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  4. byronko より:

    超肥満だったゴールデンレトリバーの元飼い主さんは、餌に気をつけたり、散歩に連れて行ってあげたりを怠っていたのかな?と疑問に思いました。
    仮に、カイ君が体質的に太りやすく肥満になってしまったとすると、元飼い主さんは「生きるのが大変そうだから、安楽させたほうが良い」と思ったことになります。
    それって、人間の安楽死にもつながる考え方のような気がします。
    獣医さんがあきらめず、新しい飼い主さんが頑張ってくれたおかげで、第2の人生を始めることができたカイ君。
    きっと、素晴らしいセラピー犬になるでしょうね。

    「フードバンク ぎふ」さんの電話での対応、お手紙から温かさが感じられるということは、とても良い団体なのだろうなぁと思います。
    happy-ok3さんの送った物が、誰かのお役に立っていて素敵なことですね!
    私は物品を直接送るのが難しいので、子ども食堂をサポートしている「むすびえ」さんに寄付を行いました。
    経済大国の日本で、食事に困る人がコロナ禍でさらに増えていて、胸が痛みます。

    1. happy-ok3 より:

      byronko さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「超肥満だったゴールデンレトリバーの元飼い主さんは、餌に気をつけたり、散歩に連れて行ってあげたりを怠っていたのかな?と」

      私も,そう感じました。

      >「獣医さんがあきらめず、新しい飼い主さんが頑張ってくれたおかげで、第2の人生を始めることができたカイ君。」
      本当に良かったです!!!

      嬉しそうな表情ですね。

      >「私は物品を直接送るのが難しいので、子ども食堂をサポートしている「むすびえ」さんに寄付を行いました。」
      寄付も素晴らしいです。
      byronko さまの寄付は、大きく用いられると思います。

      私は、食品が欲しいという事を伺っていますので、簡単に食べられ、おいしいものをと、いつも気になって、購入するのです。
      大したことはできませんが、心を込めています。

      >「経済大国の日本で、食事に困る人がコロナ禍でさらに増えていて、胸が痛みます。」

      今増えています・・・。
      私も、心が痛いです。なので、出来る事で協力をと・・・。

      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは! いつもたくさんの素晴らしい記事、感謝します。

    セラピー馬、セラピー犬、とてもいいアイディアというか、人間にとってありがたい存在ですね!
    心を病んだ人とか高齢者とか、そういった動物が身近にいればとても安らげると思います。
    前には、若い受刑者であっても動物の世話をするうちに人格が変わっていったという話も聞いたような気がします。

    それにしても、犬を食べさせ過ぎて運動させないとえらいことになるものですねえ。
    前の飼い主さんの元を離れることができて本当によかったです。
    動物もいい出会いで運命が変わりますね。

    フードバンクぎふ、電話応対やお礼状といった部分に運営スタッフの姿勢が表れていて気持ちがいいですね。
    意外と電話の声というのは相手の人柄が伝わるという人もいますが、姿が見えなくても電話の際にはちゃんとしていないといけないなと思いました。

    今日もありがとうございました^^これから日本経済は苦しくなるでしょうが、happy-ok3様のような生き方に賛同する人も増えることでしょう、それは楽しみです。残暑、お気をつけくださいね。では、また。

  6. happy-ok3 より:

    MTさま、こんばんは。いつも感謝します。

    >「心を病んだ人とか高齢者とか、そういった動物が身近にいればとても安らげると思います。」
    仰る通りですね。

    アメリカで、受刑者の方々に犬の世話を任せたら、責任や、命の尊さが、深く分かって、変わっていかれたようです。

    >「前の飼い主さんの元を離れることができて本当によかったです。
    動物もいい出会いで運命が変わりますね。」

    散歩にも行く事が出来るようになり、嬉しそうなカイ君ですね。

    >「フードバンクぎふ、電話応対やお礼状といった部分に運営スタッフの姿勢が表れていて気持ちがいいですね。」
    本当に、気持がいいです。(#^.^#)

    今は、多くの方が、しんどいです。

    お互いに支え合うこと、大事な気がします。
    私は、大きな事は出来かねますが。

    まだ、暑いです。
    お身体大事になさってくださいね。

    いつも本当に有難うございます。

  7. 白魔女 より:

    30日のブログに大切なこと掲載させていただきました、とコメントくださいましたが、どのことをさしているのかよくわかりません。すみません。だって、happy-ok3さんのブログはいつも、大切なことだらけなんですもの。世界中の人がみんな貴女のように他人を思いやる優しいかたばかりだったら、世界は平和で住みやすくなるのだろうなと思います。私もほんの少しでも、貴女を見習って、人のためになるような生き方をしたいです。いつもありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      白魔女さま、こんばんは。
      いつも感謝します。

      ご位牌の事です。

      ご位牌が、ご家族のもとに、戻りますように。

      豪雨で流されたであろうご位牌が、善い方に見つけて頂けました。

      私は、大きな事は出来かねますが、でも、口先だけの都合のいいこと、ではなく
      少しでも…と思うのです。

      世の中には、卑怯な事をしていても、それをすり替える方もいます。
      苦しい中、努力している方が、悪く言われることも。

      そこに忍耐が必要なのだと。

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。