被災地の報告~鉢かづき姫・優しい心


2019年 3月16日(土)

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。

 

「愛情に感謝して進む。」

 

日々変化する、復興の事を少し報告。

 

happy-ok3の、日記の記事は被災地の報告の下に。

 

【西日本豪雨】

 

●豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区で、校舎が当面使用できなくなっている

市立真備(まきび)中の卒業式が14日、一時使用している市立真備東中で行われ、

51回目を迎えた真備中の卒業式は85人の生徒が復興への新たな思いを胸に巣立った。

 

 

 

(写真:産経新聞様)

 

真備東中の生徒は他の市内中学校とともに13日、卒業式を終えている。

 

真備中は発災時、同町箭田の校舎が2階まで浸水して大きく損壊。以降は市内の

倉敷芸術科学大で空き教室を借り、10月から現在のプレハブ校舎に移った。

 

また、地区内の小学校では被災した川辺、箭(や)田の各小が他校敷地内の

仮設校舎を一時使用。両校は、市内各校より3日遅れの今月23日に卒業式を行う。
 

地区内被災校の復旧工事は平成31年度末の完了が予定されている。

 

 

●去年夏の豪雨で村道が崩落した王滝村で、孤立した地区の避難指示が

8か月ぶりに解除された。

 

王滝村の村道は、けさ7時半から通行が可能に。

 

 

 

 

(写真:信越放送様)

地区の9世帯16人が避難生活を続けていた。

 

倉敷市真備町では、いまだに家屋の片付けや土砂の撤去が手付かずの場所もあり、

一日も早い復興を後押しするためにも1人でも多くのボランティアを必要としている。

 

●豪雨の多くの地域でボランティアが必要とされている。

平成30年7月豪雨に関する災害ボランティア・支援情報  ←こちらから

 

3月14日から、ボランティアは完全予約制に変更。

希望日の4日前までにセンターホームページなどから登録する。

当日は倉敷市真備健康福祉館の市災害ボランティアセンター(086―697―0111)

 

【北海道地震】

 

●胆振東部地震の応援部隊で道外から駆け付けた警察官に銭湯を無料開放したと、

苫小牧市浜町の銭湯「松の湯」が、道警本部交通部長から感謝状を授与されることに。

同湯は地震発生翌日の同月7日に営業を再開。

 

同湯は1940年創業。2011年の東日本大震災の際には、宮城県気仙沼市からの

避難者を無料招待した経験も持つ。

 

(写真:苫小牧新報様)

 

 

 

 

無料招待を受けた神奈川県警第1、第2機動隊と同県警危機管理対策課からは、

隊員らの感謝の言葉がつづられた色紙が同湯に送られてきた。色紙には

「疲れた体が癒やされました」「今まで入った中で一番のお風呂でした」などの言葉が。

 

 

●JR北海道のダイヤ改正に伴い、根室線釧路―根室間(花咲線)の初田牛(はったうし)

駅(根室市)が15日、廃止された。来年の駅開業100周年を待たずの廃止。

 

(毎日新聞 本間浩昭様撮影)

横断幕を掲げて駅の廃止を惜しむ地元住民ら

北海道根室市のJR初田牛駅で3月15日14時22分

 

 

1日の平均乗降客が0.2人で「秘境駅」として知られる初田牛駅は1920年に開業した。

地元の資料などによると、70年度には通学など地域の足として1日平均の乗降客が

57人を数えたが、その後は過疎化などで利用者が減少。

 

1日4往復8便が停車していたが、事業見直しで廃止が決まった。

 

厚真町へのふるさと納税←こちらから確認を。

電話でも確認を 0145-27-2481(総務課:財政グループ)

北海道庁への災害見舞金の寄附について ←こちらから

 

JALダイナミックパッケージ ←こちらから

「JALで行こう 北海道ふっこう割」

JALダイナミックパッケージ「北海道義援金ツアー」 ←こちらから

 

●酪農家への義援金

口座名義:中酪胆振地震他災害酪農義援金

金融機関:農林中央金庫本店

口座番号:普通 7509890

 

 

【東日本大震災】

 

「西原(にしっぱら)新聞」を一冊にまとめた冊子。2月、完成したばかり。

 

西原新聞」とは、津波で全世帯が被災した宮城野区中野の西原地区の女性たちが、

震災直後から、仮設住宅などに離れ離れになった元のご近所さんたちの近況を取材し

綴ってきたもの。西原に暮らしたみなさんにとって、この一冊は故郷そのもの。

 

 

 

 

(写真:仙台放送様)

 

「西原」が訛って「西原(にしっぱら)」

「震災後はみんなが、ばらばらだったが西原新聞を見ると『みんな頑張っている!』」

 

 

 

 

(写真:仙台放送様)

津波が襲う前のなつかしい故郷と、震災からの歩みを綴った『西原新聞』。

今は、もう、その景色はなくなった西原地区が、この一冊に詰まっている。

 

 

●東日本大震災復興イベント第8回「花いっぱいIN習志野台」(ともにがんばろう

東日本実行委員会主催)が17日、船橋市習志野台の北習志野近隣公園で開かれる。

募金などを活用して宮城県女川町に桜を送る。

 

イベントは市民らが「被災地の人が困っている。手助けしたい」として、

実行委員会を結成し、実施。

 

東北地方の女川町観光協会や石巻大漁プロジェクト、気仙沼ホルモン同好会、

地元商店街などが出店。

 

実行委員長は「東日本大震災から8年がたったが、被災地の復興に向け、沢山の

市民に来ていただきたい。被災地の方と交流し、物産品を買ってほしい」と。

午前10時~午後3時半。(産経新聞様)

 

 

●気仙沼市内では、土砂災害警戒区域に建設された仮設住宅が大雨の被害を受け、

住民が一時避難を強いられた事例もある。

 

気仙沼市は当時、そうした危険な場所での立地について、用地不足を理由にしたが、

十分に調べずに建設された疑いも持たれている。

 

(写真:東洋経済様)

盛り土かさ上げ工事が終わった気仙沼市内の土地。

左の傾斜地の真下の部分が土砂災害特別警戒区域に

指定されている。

 

復興事業が終わりに近づいている中、今もなお平穏な暮らしを取り戻すことが

できない被災者が少なからずいる。

その理由の1つに、事業の情報が十分に伝えられていないことが挙げられる。

 

マンパワー不足で十分に手が回らない事情はあるにしても、事業を推進する側には

今まで以上に被災者一人ひとりに寄り添い、ともに解決を図る姿勢が求められている。

 

 

●防災の予備知識を身に付け減災につなげようと、日本赤十字社宮城県支部は9日、

石巻市蛇田の石巻赤十字病院で「チャレンジ防災セミナー」を開いた。

 

今回、避難所などで使われる段ボールベッドの組み立てを初めて取り入れた。

 

 

(写真:石巻かほく様)

 

 

参加者は協力して組み立てた後、ベッドの寝心地を確認していた。

参加者には、修了証が手渡された。セミナーは2016年に始まり、今回で7回目。

 

 

●当初のプレハブ仮設建設戸数と比較すれば、1%ほどに減少。

他方で、福島県については、プレハブ仮設より、県外も含めたみなし仮設や知り合い

宅に身を寄せるケースが多いため、避難者数や他の数値と併せて見なくては。

 

全国の避難者約5万2000人の大半は福島の被災者であり、震災直後と比べても、

まだ1割以上が残っている計算。

 

 

(写真:時事通信様)

記事:久保田崇様

 

 

 

 

楢葉町が公表している数値を見ると、2019年2月28日現在の町内居住率は63%程度

(世帯数ベース、人数では53%)であり、避難指示が解除されても、震災前の水準まで

即座に住民が戻るわけではありません(これでもよく戻っている方と言えるかもしれない)

浪江町は居住率を公表していないが、まだ帰還困難区域が残っていることもあり、

数字はもっと低いと聞く。

 

住民が十分に戻っていない(これからどのくらい戻るかも不明確)の状況の中で、

学校や公共サービスの提供範囲や水準を考えなければならず、まちづくりの前途は多難。

 

 

●東日本大震災と東京電力福島第一原発事故によって、八年後の今も関連死が

積み重なる本県だからこそ、あるべき避難の姿を考え、訴えなければならない。

 

大規模災害では建物倒壊による圧死や水死といった直接死だけでなく、避難生活での

既往症の悪化、疲労、精神的ストレスなどが原因で亡くなる災害関連死が起きる。

 

震災関連死」として注目された。その数、岩手県467人(1月31日現在)、

宮城県928人(同)、福島県2271人(3月13日現在)。本県は原発事故で一時期

16万人超にもなった大規模な避難によって、関連死の数は突出してきた。

(福島民報様)

 

 

●東日本大震災の経験を語り継ぎ、防災の在り方を考える

「防災集会とワークショップ」が11日、東松島市矢本二中で開かれた。

 

(写真:石巻かほく様)

 

 

 

参加者たちは震災を通じて得た教訓や考え、取り組みを発表し、

防災の重要性や語り継いでいくことの大切さを再確認した。

 

 

●仙台空港とJR仙台駅を直接結ぶリムジンバスの運行が16日から始まる。

混雑の緩和や災害時の代替手段として期待が高まる。

 

 

 

 

(写真:東北放送様)

アクセス鉄道の沿線では宅地開発が進んでいるため、混雑の解消が課題となっていた。

 

仙台バスは利用状況を見て仙台駅周辺のホテルを経由するルートや

増便も検討していきたいと。

 

 

●2018年度で閉校する宮城県気仙沼市の水梨小学校で、15日に最後の卒業式が。

卒業生の児童7人が、6年間過ごした学び舎に感謝しながら巣立った。

 

水梨小は2018年度末で146年の歴史に幕を下ろし新年度からは松岩小に統合される。

 

 

 

 

(写真:東北放送様)左=水梨小 右=黒松小

 

また、15日は、仙台市立黒松小学校でも卒業式が行われ、92人の卒業生

ひとりひとりに卒業証書が手渡された。

県内の小学校の卒業式は、3月19日がピークで、15日は、63校で行われた。

 

 

【山形豪雨】

 

●山形県最上地方に大きな被害をもたらした去年8月の豪雨が「局地激甚災害」に

指定された。復旧にかかる費用の国の補助率が引き上げられる。

 

 

 

 

(写真:さくらんぼテレビ様)

県によると、補助の対象となる被害額は舟形町が5億7000万円、

大蔵村が2億7100万円、鮭川村が1億7200万円、戸沢村が1億6800万円。

 

吉村知事は「速やかな復旧につながるものと期待している」と。

 

 

【九州豪雨】

 

●日田彦山線は、日豊本線の城野駅(北九州市小倉南区)と久大本線の夜明駅

(大分県日田市)を南北に結ぶ全長68.7kmのローカル線。

 

2017年7月の九州北部豪雨で大きな被害が発生し、現在も南側およそ半分の

添田~夜明間29.2kmで不通が続いている。

 

(乗りものニュース 画像:JR九州様)

土砂が流入した被災直後の日田彦山線 彦山~

筑前岩屋間の釈迦岳トンネル出口付近

 

沿線自治体は利用促進策以外の運行への財政支援はできないとの考えで議論は

平行線をたどり、課題解決には至らず。

 

会議は、引き続き協議が必要である、との結論で終了。4月から5月連休までを期限

として、次回の会議が開催される見通し。

 

 

【熊本地震】

 

●熊本県は14日、熊本地震の住宅被害が大きかった世帯に支給する被災者生活再建

支援金の申請期限を2020年5月13日まで1年延長すると発表した。

 

 

 

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

 

基礎部分(50万~100万円)は6市町村、加算部分(50万~200万円)は20市町村。

 

 

●熊本市は、熊本地震の復旧・復興に関する公文書(震災関連文書)は「地震の

教訓を未来へ残すための重要な資産」として廃棄せず、10年間は全て

保存することを検討している。その後、残すべき文書を選別する考え。

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

そのための経費や場所の確保には課題もあるが、識者は「災害の全容を知る

基礎資料となる公文書を残すのは被災自治体の責務」と指摘している。

 

 

【地震】

【yoshihide-sugiura様】← が地震については、詳しく書かれている。

 ●3月15日22時55分頃 震度1 宮古島北西沖

 ●3月15日19時49分頃 震度1 十勝地方南部

 ●3月15日06時32分頃 震度1 茨城県沖

 

※下記の災害ボランティア情報で、ボランティアの確認を。

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。

関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

3月15日は 被災地の報告~感謝は感謝を呼びこむ で感謝を。

 

 

 

 

 

感謝の力は大きい。

 

※先にお断りさせて頂くが、虐待やDVやイジメ等に感謝しなさいと

誤解されている方がいらっしゃるようで、申し訳なくお詫びします。

 

私は一貫して、虐待やDVやイジメ等からは避難をと、毎日促している。

虐待やDVやイジメ等は、違う問題なので、よろしくお願いします。

 

寝屋川市に伝わる昔話し。(#^.^#)

 

昔昔、河内の国に藤原実高という裕福な、殿様がいた。

 

子どもが中々授からず、奥方が、観音様に毎日お参りし、やっと女の子を授かった。

 

ところが、この姫が13歳の時に、奥方は重い病気に・・・。

「姫が幸せな結婚をするまでは、生きていたかった。」

 

涙ながらに言い、箱に何かを詰めて、姫の頭に乗せ、その上から大きな木で出来た

鉢をかぶせた。

そして、奥方は亡くなってしまった。

 

殿様は、姫の頭にかぶせられた鉢を取ろうとするが、取れない。

頭に鉢を乗せた姫を、周囲は「鉢かづき」と呼び、見下げるようになった。

 

殿様は、それから、新しい奥さんをもらったが、新しい奥さんは、鉢かづき姫を

お城から追い出してしまう…。

 

希望を失った鉢かづき姫は、川に飛び込んで命を絶とうとしたが、

水の中で、木の鉢が浮かび上がり死ぬこともできなかった。

 

そこへ、中将という殿様が通りかかり、かわいそうにと、お城のお風呂番として

お城に住まわせる事にした。

 

鉢かづき姫は、朝から晩まで、真面目に一生懸命働いた。

 

その姿を見ていた、中将の4番目の息子の心の優しい宰相(さいしょう)は、

鉢かづき姫が好きになって、結婚を申し込んだ。

 

        しかし

 

中将の殿様は、鉢をかぶった姫を嫌がった。

 

        そこで

 

3人の兄たちの美しい奥さん達と「嫁比べ」をしようと提案した。

 

鉢かづき姫は、自分のせいで、宰相に恥をかかせるのは辛いと泣いた。

優しい宰相は、それなら城を出て、かけおちしようと。

 

その時!鉢かづき姫の頭から鉢が転げ落ちた!

 

何と!姫は、目のさめるような美しい人だった。

また、鉢の中には、奥方が姫のためにと残した、沢山の宝物が出てきた。

 

宰相と姫は「嫁比べ」の場所に行ったが、まぶしいほどに美しい姫の姿に

みんなは、ボーっと、見とれてしまう。

 

美しいだけでなく、よく働き賢い事は、仕事ぶりからわかっている。

宰相と姫は結婚を祝福され、いつまでも幸せに暮らした。

 

姫の父親の藤原実高が住んでいたのは、現在の寝屋川市の近くといわれがある。

 

姫の名前は、母親がお参りしていた、初瀬山の長谷観音にちなんで付けられた

「初瀬姫」と。

姫はその後、長谷観音様に、感謝して幸せに暮らしたという。

 

「辛い事があっても

 希望を持ち続ける

 希望は闇の中に光を灯し

 幸せの扉を開かせる

   (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭から大きな木の鉢をかぶっていたなら、みんなびっくりするだろう。

けれど、宰相はうわべではなく、心を見れる人だった。

 

元々、姫は美しかったので、お母さんが、本当に幸せな結婚をと願い

何かの願をかけたのではないか?

 

姫の良さを心底理解できる、優しい人を!と願ったのだろう。

人の幸せを願う祈りは、通じていく。

 

昔から海外のお話しにも、多くでるが、なぜ?継母は、

こんなにも意地悪(今でいう虐待のような事)をするのだろう?

 

他のどの昔話しでも、意地悪な継母から離れた後、苦労をしても幸せになっている。

 

毎日被災地の報告を書かせて頂くが、まだ、お辛い状況の中にいらっしゃる方も多い。

でも、前に向かっておられる。

 

災害やイジメ、職場での人間関係の辛さなど、問題はあるかもしれないが、

少しずつ、善い方向にと、私はお祈りしています。

 

苦しくても、あなたの大事な命を、守ってください。

 

心から祈っています!

 

今日も、命の尊さに感謝できる1日に!

 

命がある場所に、笑顔が生まれる! 

 

今日も【希望を見つける】happyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

被災された方々に応援の心と手を!

どうか、心と魂に癒しの力が、届けられますように!

 

イジメによって、命を絶とうとまで、追い詰められるなら、避難して

別の道・方法を探して、どうか命を大切に新しい、しあわせな道へ。

 

被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

毎日変わる被災地情報、コツコツ書いていますが頑張っている被災地の方々のこと、覚えたいです。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

 

★下記に、ボランティア情報、赤十字社、トラブル回避を。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 3月16日がお誕生日の方、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

北海道ボランティア募集 ←こちらから

災害ボランティア情報 平成30年7月豪雨←こちらから 

●日本赤十字社 義援金募集 ←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

通信制の高校ナビ ←こちらから

(全国の通信制高校もここから探せる)

一人で悩まず相談を。←こちらから

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

       お知らせ

★「ひきこもりピアサポートゼミナール」カレンダー ←こちらから

★ホームETM(人を育む英語の歌あそび)←こちらから

お子さん、お孫さんのいるご家族や、子どもたちとかかわる仕事をしている人には、役立ちます。
ETM=Education Through Music
歌で楽しく遊びながら、個性や自立心、協調性や想像力、コミュニケーション能力等を育てる全人教育です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      過労死110番

各地の110番の電話番号は「過労死110番全国ネットワーク」←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

それから、☆も、読者登録機能というものも、ないようです。ごめんなさい。

コメント欄にお名前が出ない事がございます、お名前を記して頂けると嬉しいです。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

拙い言葉でも、命を守っていくお手伝いができたら幸いです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

被災地の報告からお読み下さり今日しかない、1日を、皆様に感謝いたします。

 

昨日は、晴ちゃんは病院に。

 

ところが、なぜ?病院に行くとわかるのでしょう?

カゴから、ひゅ~っと出て、その後は、朝早くから、追っかけバトルです。

 

昨日は、体重が1グラム増えていて、今までの中で最高体重です。

一昨年の夏は、先生も「時間の問題・・・」と言われたくらい

危ない所を通り、昨年の5月~7月までは毎日通院、

その後も10月くらいまで、数日おきの通院。

 

やっと元気になってきて、ほっとし、嬉しいです!

晴ちゃん、その調子!

でも、生まれつき弱いから、定期的には病院に行き、治療ですよ!

 

今日も素敵な1日に。

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

命の歌(歌詞つき)素晴らしい歌!↓

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

被災地の報告~鉢かづき姫・優しい心” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    鉢かづき姫さんのおはなし、なつかしいです(#^.^#)。
    宰相さんはちゃんとこころを観れるひとだったのですね。
    鉢かづき姫さんも心根のきれいなひとなのだとおもいました。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    晴ちゃんがげんきになってほんとうによかったです(#^.^#)。
    happyさんのがんばりのおかげですね(#^.^#)。

    晴ちゃん、誉くん、たつきくん、よしきくん、
    きょうもえがおをほんとうにありがとう! (#^.^#)
    みんなげんきでいてください。

    おからだにきをつけてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)/。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、こんにちは。いつも感謝します。

      宰相さんは心の優しい方だったので、同じように心の優しい、鉢かづき姫に惹かれたのでしょうね。

      晴ちゃん、体重が、1グラム、増えて良かったです!
      嬉しいです。(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

      お身体、大事になさってくださいね。

  2. よんばば より:

    晴ちゃん、体重が増えて良かったですね。もうちょっと楽に病院に通えたら、もっといいですね。
    happyさんご自身も、どうかお体お大切に!

    1. happy-ok3 より:

      よんばば様、こんにちは!いつも感謝します。

      晴ちゃん、少し調子が良くないと、すぐ体重が減ります。

      1グラム増えて、今までで最高体重です!(#^.^#)
      それでも、まだ痩せてはいますが。

      毎日朝と夜、毎日朝だけ~1日おき、1日おき~2日おき、そこから3日おき、と言う具合に、病院に行く頻度を減らしていきました。

      急に具合が???となるので、定期的には病院にいきます。

      ご心配、感謝します。晴ちゃんにも、伝えておきます。
      いつも本当に有難うございます。

  3. カメキチ より:

    おはようございます。
    「晴ちゃん、その調子!」ガンバレ、晴ちゃん。そうですか、たとえちょっとでも、晴ちゃん、体重増えてよかったですね。

    1. happy-ok3 より:

      カメキチ様、こんにちは!いつも感謝します。

      1グラム増えて、今まででの最高体重!なのです。
      中々、晴ちゃんは、体重が増えなくて、調子が???となると、直ぐに減るので、
      先生も私も、体重は気になります。

      カメキチ様が、一緒に喜んで下さり、晴ちゃんも、嬉しいと思います。
      伝えますね!

      いつも本当に有難うございます。

  4. miyotya より:

    こんにちは。
    心に沁みるお話ですね。
    辛いことがあった時、現実をしっかり受け止めてその場から一歩を
    踏み出す努力をすれば必ず光が見えてくると思います。
    私の生きてきた経験からですが、誰しもそれなりに壁に突き当たる
    ことがあると思います。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya 様、こんにちは!いつも感謝します。

      このお話しから・・・なぜ?海外の昔話しも、継母にイジメられるお話しが多いのかな?なんて
      考えてしまいました。
      昔から、あったのでしょうか?

      >「私の生きてきた経験からですが、誰しもそれなりに壁に突き当たる
      ことがあると思います。」

      仰る通り、誰しも、壁にあたる事がございますよね。
      その時に、>「辛いことがあった時、現実をしっかり受け止めてその場から一歩を
      踏み出す努力をすれば必ず光が見えてくると思います。」

      仰る通りですね!(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

  5. 備後あこう浪士 より:

    happyさん、根気よく災害の救援や弱者に目を向けられた活動、頭が下がります。、災害に合われた方などこのような取り組みが励ましになることと思いますな。
    何事も継続が力ですから頑張ってください。

    1. happy-ok3 より:

      備後あこう浪士さま、こんにちは。コメント感謝します。

      私は、大きな事は出来かねますが、こうして発信させて頂く事で、
      災害の事を覚えて、支援をお願いできたら、幸いです。

      大きな災害であるほど、復興には時間がかかります。

      知って頂く事から、始まって行く気がしています。
      励ましていただき、ありがとうございます。

  6. happyさん連日 災害救援や弱者救済の取り組みご苦労様です。
    災害に合われた方など、何よりの励ましとなるでしょう。
    継続は力ですから頑張ってください。

    1. happy-ok3 より:

      備後あこう浪士様、こんにちは。何度も感謝します。

      毎日続けると言うのは、毎日、情報も新しいので、
      厳しいことも、ございますが、

      出来うる範囲で、被災地のこと、お伝えさせて頂ければ、幸いです。

      いつも本当に有難うございます。

  7. byronko より:

    鉢かづき姫のお話は、初めて聞きました。ユニークなお話ですね。

    晴ちゃんが安定していると聞いて、嬉しいです! でも、病院行く前に逃げ回ってるのが、可愛らしいと思いました。我が家の猫も、私と主人が旅行に出かける前に、「様子が変だぞ?」と気づくことがあります。笑

    1. happy-ok3 より:

      byronko さま、こんにちは。いつも感謝します。

      関西のお話しです。(#^.^#)

      病院に行く日の朝は、朝早くから、追っかけバトルが、長い時間続きます!

      何故か?分かるようですね。
      それだけ、元気になって来たという事なのでしょうが。(#^.^#)
      byronko さまのネコちゃんも、変化を察するのですね。

      動物たちはみんな敏感ですね!

      晴ちゃんの事、喜んで下さって、感謝します。

      いつも本当に有難うございます。

  8. とるて より:

    happyさん、こんにちは^^
    いつも被災地のご報告、ありがとうございます。

    やはり生まれ育った土地というのは特別ですよね。1人でも多くの人が戻れることを祈るばかりです。私もいろいろありましたが、現在戻ってこられたので感謝の気持ちでいっぱいです^^

    鉢かづき姫のお話、とても興味深かったです。おっしゃるとおりのお母さんのお気持ちだったんでしょうね。外見で判断せず、内面を見てくれる人のほうが絶対に幸せになると思いますから^^ 読んでいて、こういうハッピーエンドになって本当に良かったです。

    いろいろな情報に惑わされず、心を綺麗に、希望をもって生きていきたいですね。
    晴ちゃん良かったですね!インコちゃんたちにもとても癒されました*^-^*

    1. happy-ok3 より:

      とるて様、こんにちは!いつも感謝します。

      >「やはり生まれ育った土地というのは特別ですよね。1人でも多くの人が戻れることを祈るばかりです。」

      仰るとおりですよね。

      鉢かづき姫は、亡くなったお母さんが、姫に幸せになってほしい!という願いを鉢に託したのかもしれませんね。

      >「いろいろな情報に惑わされず、心を綺麗に、希望をもって生きていきたいですね。」
      そのとおりですね!

      晴ちゃんの1グラムは、大きな喜びです!(#^.^#)

      いつも本当にありがとうございます。

  9. ぴーちゃん より:

    こんばんは。

    この鉢かづき姫のお話、懐かしいです!
    小学生の時に、私の従姉が「何か本を買ってあげようか?」と言ってくれて
    本屋さんへ行った時のこの鉢かづき姫の本も候補に上がりました。
    結局違う本を買ってもらった記憶がありますが、変ったお話というイメージが
    強く残っていて、今回のハッピーさんの記事で思い出しました。
    私も昔はいろんな童話などを読みましたが、確かに白雪姫とか、シンデレラ(これは
    お姉さんですね)とか身内にいじめられるお話が多いですよね。

    朝はまだ冷え込みますね。お身体お大事になさって下さい。

    1. happy-ok3 より:

      ぴーちゃん様、こんにちは。いつも感謝します。

      童話などには、なぜか?継母や意地悪な人が出てくる事がありますね。

      鉢かづき姫は、関西のお話しですが、一風変わっていますね。

      幸せに宰相と結婚出来て良かったです!
      ずっと幸せに暮らしたとか。(#^.^#)

      身体のこと、心配下さり感謝します。
      ぴ~ちゃん様も、お身体大事になさって下さいね。

      いつも本当に有難うございます。

  10. MT6538 より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    鉢かづき姫、私も初めてでした^^知っている方、意外に多いですね。
    自分の不遇にもめげず、一心にできることをしていればきっといいことがあるというのは希望の持てる話でとてもよかったです。

    晴ちゃん、賢いですね!動物には独特な勘が働くのでしょうか。病院は嫌いなのだと思いますが、我慢して通って元気になってきて本当によかったです。

    人の幸せを祈るということ、全然できていません・・・。感謝も忘れがちですし、もう一度よく自分を振り返ってみないといけないなと思いました。昨年よりははるかに元気になったのに、心の状態はむしろ前の方がよかったかもしれません。

    いつも本当にありがとうございますhappy-ok3様のブログでまた考え直す機会にします^^

    1. happy-ok3 より:

      MT6538様、こんばんは!いつも感謝します。

      鉢かづき姫、関西のおはなしです。(#^.^#)

      >「不遇にもめげず、一心にできることをしていればきっといいことがあるというのは希望の持てる話」
      仰る通りですね。

      MT6538様は、優しい方ですね!
      いつも拙ブログを励まして下さり、こちらこそ、感謝しています。

      いつも本当に有難うございます。

  11. 匿名 より:

    鉢かづき姫、すごく懐かしいです、ありがとうございます!絵本もまだ持っています、挿絵が優しく綺麗です。
    その後少年少女世界文学全集買ってもらい最初に読んだのが「ああ無常」レミゼラブルの子供版です、小1でした。
    挿絵も今から見ると有名画家がいっぱい、原爆の図の作者など。これも捨てられません
    リボンhttp://blog.hatena.ne.jp/riboni5235/

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんばんは!いつも感謝します。

      鉢かづき姫、いいお話しですね。

      絵本もお持ちなのですね。
      昔の絵は、凝っていて描写が細かいですね!
      また、いいもの、リボン様、紹介してくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  12. さらさら より:

    happyさんこんばんわ!いつも有難うございます
     
     辛い事があっても
     希望を持ち続ける
     希望は闇の中に光を灯し
     幸せの扉を開かせる

    happyさんのブログはいつも人を幸せな気持ちにさせてくれます(^^

    そして病院嫌いなのは生きとし生けるもの皆同じですね♪

    1. happy-ok3 より:

      さらさら様、こんばんは!いつも感謝します。

      励ましてくださり、有難うございます。

      さらさら様、人様のう〇〇を、丁寧に気持ちを込めて、お世話されて、立派です!
      さらさら様にお世話される方々は、それこそ「幸せ」ですね!

      やっぱり、みんな病院は苦手ですね。(#^.^#)

      それでも、おっかけバトルは、どちらも、大変です。(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

  13. ライダーマン。 より:

    こんばんは、happyさん。
    職業がら根室~釧路間の初田牛駅の廃止を知り寂しさを感じました。
    私の会社もそのような歴史を繰り返し現在は2線のみの営業です。
    人員減少が廃線の原因ですが大きな責任事故を起こすと
    即廃線に追い込まれる小さな会社です。そうならないように営業努力や
    私たちの安全の確保が大切なのですね。
    さて昨日いらっしゃった熊本のブロガーちまきさんも地震の被災者です。
    お家は新しかったので崩れませんでしたが本震で何度も大きく揺れてもうだめだと思ったそうです
    熊本地震で被災された皆様の生活再建支援金が皆様にたくさん行き渡ればいいですよね。
    少しでも早く元の生活に戻れますように・・
    happyさんの晴ちゃん、1グラム体重が増え元気になってきて良かったです。
    お世話した甲斐がありましたね。益々元気になりますように・・
    暖かくなりましたがお互い身体に気を付けましょうね。
    いつも本当にありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      ライダーマン様、こんにちは。いつも感謝します。

      ちまきさんは、熊本地震の被災者なのですね。
      >「生活再建支援金が皆様にたくさん行き渡ればいいですよね。」

      熊本県は上記のように、努力されて、素晴らしいですね。

      どの被災地でも、復興は半ばですね・・・。

      晴ちゃん、1グラム増えました!
      弱さを持った、晴ちゃんには、体重の増加は、嬉しいのです。
      貴重な、1グラムです!(#^.^#)

      お身体、大事になさって下さいね。
      いつも本当に有難うございます。

  14. ururundo より:

    ブログを書いていれば色々な事があったり、言われたりしますね。

    さて、今日の記事で一番心に残ったのは「西原新聞」です。
    離れて暮らす人たちにとって、この新聞はとても嬉しいものだと思う。この新聞を出し続けるのはやはり忍耐と情熱だと思う。

    段ボールベッドの作り方講習。
    冷たい床に布団を敷いて寝るよりも、段ボールベッドなら快適に眠る事が出来る。嬉しい。

    王滝村避難指示、8か月ぶりに解除。これも嬉しいニュース。

    子どもの頃に読んだ「鉢かづき姫」
    大人になり読むと深い意味が含まれている事に気づきます。

    晴ちゃんはちゃんと分かるんですね。うちにいた犬たちも予防接種の日は大変でした。
    みんな元気でね。

    1. happy-ok3 より:

      ururundoさま、こんにちは!いつも感謝します。

      >「ブログを書いていれば色々な事があったり、言われたりしますね。」
      私の表現の仕方が足らずで、上手くお伝えできていないのかもしれず、申し訳ないです。

      「西原新聞」私も、これは嬉しいと思います!どんなにか、皆さんの喜びになっているでしょう。

      被災地では、段ボールベッドは役だったので、良い講習ですね。
      阪神・淡路の時は、ございませんでしたが、災害が起きると、役立つものも、開発されていきますね。

      王滝村は、8か月、畑や家が手つかずだったので、片付けや、動物に荒らされたあとが、大変なようですが、
      それでも、愛する地域に戻られて皆さん、嬉しそうです!

      「鉢かづき姫」ご存知だったのですね。
      仰る通り、大人になって読むと、違う感動がございますね。

      いつも本当に有難うございます。

  15. 匿名 より:

    晴ちゃん、体重が、1グラム増えて最高体重、軽い小鳥さんの体重が1グラム増えるのは大変なことですね。
    よかったですね。私は体重の増減が病気で激しく大人になってから37キロから62キロまで体験しました、甲状腺の病気が治り始めたら何これというほどおなかが出て、病気がわかり始めたときはどんどん痩せて、やせ薬飲んだと疑われました。リボンhttp://riboni5235.hatenablog.com/

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは!いつも感謝します!

      はい、小型鳥の1グラムは大きいです。

      リボン様、そんな事を経験されたのですね・・・・。

      未だ、寒い事がおおいので、お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  16. 梨子 より:

    ハッピーさん、こんにちは。
    晴ちゃん、病院とわかって逃げ回るのですね^ ^可愛いです。
    鉢かつぎ姫の話、まんが日本昔ばなしのシリーズで好きなお話です。
    YouTubeに上がっていたので久しぶりに見て泣いてしまいました。姫比べの場面などはなく、細部は違うようですが良いお話です。
    https://youtu.be/zZkJr5pNnZQ

    1. happy-ok3 より:

      梨子さま、こんにちは。いつも感謝します。

      晴ちゃん、なぜ、病院だと分かるのでしょうね。(#^.^#)

      YouTube、拝見しました。
      関西で、言われて紹介されている筋とはお話しが、違いますね。

      最後は、幸せになって、めでたしめでたしですね!
      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。