素敵な残り香を

3月16日(月)

『優しさや愛情からは素敵な香りがただよう。』 実祝プランニング語録

バラにはトゲがあるではないか?というかもしれないが、

トゲは、バラの芽がのび出した時点でついている。

寒い地域のバラはトゲが大きいので、寒さをしのぐ

服のような役目をはたしているらしい。

誰かを傷つける役目ではなさそうだ。

バラの花を贈るときは、どんな時だろうか?

相手に対し、喜びを届けたり

愛情を届ける現れとして、贈る事が多い。

愛情は見えない部分から、優しさとなって届けられていく。

「バラの花を与える手には

 常にほのかな残り香が

 ただよう

 (中国のことわざ)」

f:id:happy-ok3:20150316014922j:image:w360

陰で誰かのために、良い事、愛情を注ぐとき

名前や顔を出さなくても、何かしらの「香り」が残る。

「残り香」は、隠せないのだ。

自分自身がいつも、優しさや思いやりを心がけていくと

そのことが習慣となり、香水よりも素敵な

見えない部分での、喜ばしい香りを放っていく。

「残り香」が笑顔があふれるものであれば、幸いだ。


今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2015実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 3月16日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20141231150722p:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

分かち合う喜び

次の記事

第一志望と最良の道