具体的な感謝

1月9日(金)

『親切に気づける幸いが、感謝を実践に。』 
 実祝プランニング語録

あたたかい心で親切な事をしてもらった時に

気づける人は幸いだ。

どうぞと何かを先に出来るように譲ってもらったとか、

分からないことを聞いたら、懇切丁寧に教えてくれたとか、

こういう事柄の時は、知っている相手様なら、何かの時に

ほんのちょっとした「何か」をおすそ分けするとか。

お返しが出来ない相手様なら、その時に心からの

御礼の言葉と、あなたの信じる神という

大いなる存在に、祝福を祈ってあげるとか。

さて、いつも良くしてくれている、ある方に

百貨店の商品券を使い、喜ばれそうな物を贈った。

事前にその方には、商品券を使うため、

気を使わないようにと、知らせている。

自分の物を購入すればいいのに・・・と言う人もいるが、

私は同じ商品券を使うなら、このほうが嬉しい。

「親切にされたときには気づくこと

 そして親切にしてくれた人には

 具体的に感謝しましょう

 (G・ウィトセット)」

f:id:happy-ok3:20150108172036j:image:w360

具体的な感謝は、物やお金だけではない。

応援することや相手に何か手を差し伸べることも感謝のうち。

感謝出来ないような事をされる時もあるかもしれない。

そう言う時は、落ち着いたらその相手への、嫌悪を流して、

「こんな時にまで、重荷を与えてくるような貴重な体験を

させてもらって、ありがとう。」と。また感謝。

感謝していくという訓練は一生続くものなのかもしれない。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2015実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 1月9日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20141231150722p:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

四知を尊ぶ

次の記事

幸せは副産物