何を希望するか

10月6日(月)

『幸せは、毎日が穏やか』 実祝プランニング語録

さて、猫が4匹になってしまった友人宅。

後から引き取った3匹のうちの1匹は、目が悪かったようだ。

小さな小さな子猫の時から、獣医さんにかかっていた。

ところが、目の玉を取らないと、

命にかかわる病気だったらしい。

そして手術をして目を取ってしまった。

術後の経過も良く元気になっていったが、

目は見えなくなった。

だけど、広い家の中、自由に動き回る。

椅子やベッドの上に飛び乗って飛び降りることもできる。

ご家族みんなで、その猫ちゃんを可愛がっている。

私がそこにお邪魔しても、猫ちゃんはちゃんと出迎えてくれる。

ただ、目を取ってしまったため、顔を見ると、びっくりする人もいるらしい。

しかし、一緒に住んでいない私でさえ、その猫ちゃんがそばに来ると

何だか、心の中が暖かくなり、嬉しい気持ちになる。

ご家族には、どれほどの幸いを届けている事かと思う。

「幸福の根本は

 何をするか 何を愛するか

 何を望むかの3つである

 (アラン・カプロ)」

f:id:happy-ok3:20141005215341j:image:w360

勿論、手術や入院で、様々、大変だったと思う。

でも、友人たちも猫ちゃんも、皆幸せで過ごしている。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 10月5日少しだけ更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

リスクを負う勇気

次の記事

良い方向に向かわせる