立ち上がる希望

10月3日(金)

『立ち上がり希望を持つ。』 実祝プランニング語録

私の同級生に走るのが好きで、足の速い子がいた。

いつもリレーでは、トップかアンカーをつとめていた。

ところが、あるときから膝を痛めてしまった。

走るどころではなくなり、ドクターストップがかかってしまった。

医者も精密検査をしても、原因が分からないというらしい。

体育の授業も、いつも見学になり、毎日泣いていた。

自分の夢がすべて崩れたと。

しかし、あるとき、このままでは自分は、かがんだままだ。

自分で努力してみようと頑張った。

夜は夏でも、パジャマの上からタオルケットを腰から足に巻き、

身体を温めた。

身体を温める食べ物も取り入れた。

奇跡が起きたという。ある朝、身体と足が軽い感覚を持った。

飛び跳ねても、痛みは全く感じられなくなったという。

そこから、彼女は復活した。

「忘れないで いつも身をかがめていたら

 何も拾いあげられないんだよ

 (チャップリン)」

f:id:happy-ok3:20141002222305j:image:w360

1年以上走っていなかったのに、走る速度は不思議と

落ちていなかった。

リレーでも、選手に選ばれるだけでなく、信頼されてアンカーを任された。

彼女はバトンを受け取った。

2人を抜いて、みごとに1番でテープを切った。

彼女は、希望を拾い上げ、周囲にもそれを配れた。

胸を張って努力とあきらめない気持ちがその、力を生んだ。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 10月1日から、更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

未来は今日から

次の記事

幸せはどこから