美味しいスープは栄養と癒し

9月29日(月)

『美味しいスープのような音楽』実祝プランニング語録

先日、ご近所の方が夫婦揃って、粗品を持って「すみません」とお詫びに来た。

別に私は、何も迷惑をかけれていない。

その家には、小学校低学年の女の子がいる。

お母さんがピアノが上手で、女の子もお母さんといつもピアノを弾いている。

丁度、裏手の立派な家。場所的には私の所が1番聴こえてくるはず。

けれど私が庭に出ると聴こえてくる程度である。

しかし、音にはそれぞれの感覚があるから、誰かが何かを言ったのだろう。

その家の女の子は、何かの弱さを持っていると、以前に聞いたことがある。

であるなら、余計のこと、誰かに何かを言われたことで、楽しく弾いているピアノが

怖くなっては可哀そうだ。

その日の夜、女の子の家に、女の子への手紙と可愛いシールを

持って行った。目的は女の子のピアノを励ましたいから。

その子のお母さんに手紙とシールを渡すと、泣かれた。

とても嬉しいと。

お母さんも辛いことがあるのだろう。

近所でも深い事情は知らないし、立ち入らない。

だけど、女の子にとってはピアノが友達で、

純真に向き合える楽器なのだ。

上手になって、楽しんでほしい。

「純粋な心だけが
 
 美味しいスープを作る

 (ベートーベン)」

f:id:happy-ok3:20140928202958j:image:w360

素晴らしい音楽は、技術を越えて、心に栄養と癒しを

届けてくれる。

この女の子のピアノが、弱さにめげず、自分にも周囲にも

栄養と癒しをもたらす、「美味しいスープ」のような

そんな音色になって欲しいと願わされた。

そして、今後も少しずつでも機会を見て、まだ会ったことのない女の子だが、

お母さんを通して励ましていける、それが私は嬉しい。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 9月27日、ちょっとだけ、更新しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

人の役に立てる幸せ

次の記事

優しい心と意地悪な心