動物の恩返し

9月2日(火)

『命を大事にできる、その心が奇跡を呼ぶ。』実祝プランニング語録

動物の恩返しということは実際にあるようだ。

知人のご主人が、煙草も吸わないのに「肺癌」になってしまった。

治療を受けていたが、癌が「脳」にまで転移。

知人のご両親は、病気回復のお守りを、神社でもらってきたが、

もう、皆が諦めかけた。

さて、ご主人が病気になる少し前に、13年飼っていた病弱な犬が、亡くなった。

ずっと病弱で、いつも知人が毎日のように、動物病院に連れて行っていたほど。

癌の発症から、一年が過ぎた。

驚くことに、知人のご主人の癌が、脳も肺も

全く消えていたというのだ。

「不思議な奇跡だ!ありえない!」とお医者様が驚いたほど。

私は、「きっと犬が恩返ししてくれたんだ。」

そう確信し、知人に伝えた。

犬を病院に連れて行く回数が多くなるほど、時間も労もお金もかかる。

けれど、いつも本気で心配し、元気でいてくれるようにと

知人は、犬に出来うることを全力でしてきた。

また、知人は、人にも優しい本当に良い人なのだ。

「《恩》という字は 

 《口》と《大》と《心》から 成っている

 《口》は環境 

 《大》は人が手足を伸ばしている姿

 何のおかげで このようにして手足を

 伸ばしておられるのかと思う《心》が

 《恩を知る》ということである

 (藤原秀昭)」

f:id:happy-ok3:20140831194726p:image:w360

動物、人を大事にする人には、何か不思議なことが

沢山おきている事を良く聞く。

小さな出来事、全てに今日も感謝することが、

《恩を知る》

そして気づかない所に奇跡が起きていく事につながっていく。
Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com
n>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

あたたかい心

次の記事

価値ある生き方