大事な生

8月26日(火)

『生を尊ぶことの大切さ。』実祝プランニング語録

生きていくというのは、長さではなく質だと、多くの方が言われる。

動物にとっても、同じだと思う。

私の所には、小さな鳥たちがいる。

先日、小さな雛をお迎えした。

ブリーダーさんは「丈夫で元気だ。」と言われたが

私は、直ぐに獣医さんの所で必ず健診を受けさせることにしている。

すると、お腹に病気があり、それが随分きついことが判明。

餌も食べないし、消化も悪い。

生き物は、返品など出来ないし、私はしない。

雛は、私には初対面から、ものすごくなついた。

再度、病院に連れて行き、「点滴」を打ってもらった。

そして私は、愛情を注ぎ続けている。

人であっても、動物であっても、いずれは生を終えなければいけない。

動物の場合でも、治療の甲斐なく、

本当に悲しいのだが、短い命を閉じることがある。

とても悲しいが、短くても一緒に愛情を注ぎ、精一杯の事をして

ともに過ごせたという、その時間が、尊いのだと思う。

「その賞は ”生”です

 (アウグスト・クリ)」

f:id:happy-ok3:20140825212819p:image:w360

生が閉じるときは、天が定めたもの。

私は、小さな小さな雛を、その仔の生命力を信じたい。

大事なことは、どれだけ命を慈しみ愛し、命が喜んだか?

それを大事に想いたい。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

素晴らしい命とは

次の記事

価値ある命を大事に