愛情の法則 その1

7月31日(木)

『愛情の法則を大事にしていくことも愛。』実祝プランニング語録

愛は本当に、相手を自分の身を呈して

守る勇気を持っている。

今年の5月にあった、本当のお話。

アメリカのカリフォルニア州で、4歳の男の子が

家の外に出て遊ぼうとした。

すると、そこに凶暴な野良犬が現れ、

4歳の男の子に襲いかかろうとした。

そこに、男の子が飼っていたネコちゃんが、

男の子の危険を察し、物凄い鳴き声と勢いで飛び出してきて、

自分の身を顧みず、野良犬に逆に攻撃を仕掛けた。

野良犬は、ネコちゃんの2倍以上ある大きさ。

しかし、野良犬のほうが、ネコちゃんの気迫の強さに圧倒された。

野良犬は大慌てで逃げて行った。

これは、一瞬の出来事である。

ネコちゃんが助けに来なければ、男の子は大怪我を負っていただろう。

愛情というのは、人間と動物のように

生体が異なっても、言葉が通じなくても

存在している。

本当の愛情は、相手を守り、幸せにしていくという

単純だが厳粛な法則を持っている。

「愛情には一つの法則しかない。

 それは愛する人を幸福にすることだ。

  (スタンダール)」

f:id:happy-ok3:20140726203448p:image:w360


愛、愛、と言葉を発するなら、この法則に

則っているかどうかを、確認していくと、

さらにお互いが幸せになれる力が

増していくのでは?と思う。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

殻から脱し優しさを学ぶ

次の記事

愛情の法則 その2