今日を幸せな時間に

1月10日(金)

『今日を幸せな時間にする。』実祝プランニング語録

環境が変わった、体調を崩した、給料が減った、やりだしたことが上手くいかなくなった、等など。

いつもと違う日常に置かれると、どうしても悩んでしまうことが多い。

悩んでもいいと思う。

ただし、悩み続けないこと。

その中だからこそ、良いことが芽生えていることを、自分で信じる「希望」をいつも持つ。

「わたしたちは

踏みなれた生活の軌道から放りだされると、

もうだめだ、と思います。

が、実際はそこに、

ようやく新しいものが始まるのです。

生命のある間は幸福があります。

(トルストイ)」

どんな所にも幸福という名の花は咲いている。

何か変化が起きたということは、自分自身への挑戦の時期と捉えたい。

挑戦の時期になったのだよ、という成長の証。

いつも下を向いて、他者への恨みつらみを持っていては、その絶好のスタートから走ることもできない。

私は、そのスタートを走っていきたい。

全ては自分の責任と受け留める強さを持つ。

今日という一日を幸せな時間にしたいから。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

資質は皆もっている

次の記事

夢を大事にする