マジックの由来

12月20日(金)

『希望はひとりひとりが笑顔を運ぶことから。』実祝プランニング語録

a magic carpet

魔法の絨毯という意味だが、この英語の言葉の意味するところは、

アラビアンナイトなどの魔法の絨毯。この上に座ると希望の場に運ばれる。

そのような意味合いもある。

昨日、私は笑顔は素敵なマジックと書いた。

マジックという意味は、現代では奇術とか、魔術、手品という風に訳され、捉えられている。

ところがマジックの由来は古代ペルシャまでさかのぼる。

祭司を意味する言葉であった。

平たく言えば、知識だけでなく、肩書きを持っているからではなく、人格的にも立派な聖職者、本当の聖職者。

何だか現代は、そのような聖職者が少ない気がすると聞く・・・。

古代の時代はアナログに輪をかけたアナログの時代である。

しかし、大いなる存在や自然の声を聴くこと感じること、畏れることに関しては現代よりはるかに勝っていた。

ラテン語では「magi=マギ」と言われ、人知を超えた知恵や力を持った存在を現す言葉であった。

それが英語のmagicの語源由来となった。

マギが行った奇跡などが、奇術のように不思議に見えたからである。

奇術・手品ならタネを明かせるが、本当の奇跡の力というものはタネあかしが無い。

日本でも、神道やその他、本気で「聖」と向き合った人達は、同じように奇跡を行ったり、悪いものを退治したりしていた。

magicは人の平和や幸いのために本来は存在し活用していく。

漫画や映画では、よくあるストーリーだが、その特異稀な力を、悪いことに用いようとすると、大変なことになる。

欲望・我欲が渦巻くからだ。

そうではなく、魔法の絨毯に、色んな人達の希望を乗せて運ぶことが大きな幸いになる。

魔法の絨毯に笑顔を乗せて運びたい。

Copyright2013実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

笑いは素晴らしい潤滑油

次の記事

誰と過ごすかは大事