生きていく上でのサービス

7月10日(火)
『見えないサービスは生きる潤滑油。』実祝プランニング語録

見えないところで、何か良いと思われることをしていくのは、素敵だ。

それは、生きていく中でのサービスにつながる。

うちのマンションの廊下。

以前は夜、毎日廊下を掃除していた。
自分の階だけであるが。

他の階までは、その階の人達が逆に気持ち的に負担になると思うからだ。

しばらくお休みしていたが、昨日から再開することにした。

理由はないが、廊下一面が綺麗だと気持ちが良いからだ。

管理人さんは、思い出したときにされる。

毎日する事は良いことではないかと思う。

掃除するのは出来るだけ、見られることが無い時間帯を選んだ。

お互いが気持ちよく生活出来ること。
そこに、誰とは言わずとも感謝が出てくること。

生きていく中、些細なことでもそういう事が大事ではないかと思う。

copyright2012実祝プランニング

尼崎ベンチャービジネス研究会ホームページhttp://ama1975vb.com/

ホームページのトップに、メンバーによる励ましの小さなデザインポスターを掲載。7月に「NO.21太陽に向ってひまわり」
「NO.22よろこびかえるの暑中見舞い」
7月A[七夕」7月B「暑中お見舞い」
7月C「負けるな!中小企業!」を掲載。

17年前、被災した立場から創られています。

JPGでのアップのためブログでは、この画像になりますが、
デザイン 幸せカエルは、http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120526
デザイン お父さんありがとうは、http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120610
デザイン 雨の励まし 紫陽花はhttp://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120617
デザイン ジューンブライドは http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120623
デザイン イジメは痛いは http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

イジメは痛い事実

次の記事

小さな命を大事に