両手足のないレスラー その4

4月16日(月)
『甘んじず挑戦することに価値がある。』実祝プランニング語録

両手足の無いレスラー、ダスティン君。
彼が頑張れた背後には、いつも、お兄さんの励ましがあった。

お兄さんがレスリングをしていたことが、きっかけでもある。

周囲からは奇異な目でみられる弟を、恥ずかしくなど思わず、大事に想い、励まし続けた。

また、コーチを申し出てくれた人は、無償で引き受けてくれたのだ。

アマチュアとはいえども、何かを教えてもらうには、有償となる。
大人でもカルチャーセンターに行けば、月謝を払うからだ。

また、何かを教えるといっても、いいカッコばかり言うような、責任が持てない指導者であるなら、彼のコーチなど務まらない。

心がある、素晴らしい人達にも恵まれた。
そういう人達が今は減っていないだろうか?

先進国であり、先進国ならではの問題を抱えるアメリカで、このことが起きているのだ。

まだ、大きな存在は、人の心に働きかけている。
良いことと、善と、人々の愛情を失わないように。

悲しいかな、人を励ますようで、結局はご自分が得をするようにもっていく人達がおられる。

もし、それが、そういう事をしてはいけない立場の人であるなら、その場における善や愛は、
深く浸透していかない。

両手足のないダスティン君は、確かにハンディがあるかもしれない。
けれど、ハンディに甘んじていなかった。

彼は挑戦を毎日続けた。
そして、ハンディを支える勇気や根性、多くの愛に溢れた人達をも、大きな存在は備えて与えてくれた。

レスリングで勝ったことより、挑戦を続けたことのほうが素晴らしい。
勝ったことは、その産物。

今を大事に生きることが、素晴らしいし、挑戦を続ける勇気を持ちたい。

copyright2012実祝プランニング

尼崎ベンチャービジネス研究会ホームページhttp://ama1975vb.com/

ホームページのトップに、メンバーによる励ましの小さなポスターを掲載。

4月に「NO.18春のフリージア」 「3色団子でお花見」を掲載。

17年前、被災した立場から創られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

信頼関係