愛情が先生

8月8日(月)
『どんなことも愛情をこめて1歩ずつ。』実祝プランニング語録

さて、今マメルリハという南米に生息するインコが、6月の終わりから家族に加わった。

5月生まれなのでやっと生後2ヵ月半。
人間でいうと、まだ3歳児くらいなので、遊びたいさかり。

「勇輝」という名なのだが、この頃は「ユ~ゥキィ~」と自分の名をしゃべるようになった。毎日語りかけているからだろうか?

この仔は普通のインコよりは一回りちいさいのに、くちばしは普通のインコの2・5倍くらいある。

噛む力も半端ではないのだ。

新聞紙など5~6枚重なっていても1噛みで貫通する。木のおもちゃはかじられ1部形がなくなってきた。

遊んでいて、カゴに戻りたくないのに、戻そうとすると、私の手すら噛む。

しかし、いけない事はいけないので、きちんと諭す。

噛まれると痛いし、人を傷つけるためにこのくちばしは存在しないからだ。

何度も、注意され、諭され、くちばしを押さえられて、この頃は理解するようになってきた。

自分のくちばしの威力が強いことを理解させ、噛む物によって加減が少しずつできるように成ってきた。

インコにも性格がある。来た最初の日は環境の変化に戸惑い、餌も食べられなかったので、本当に愛情を注いだ。

2日目から食べだし、今は甘えたで、元気元気。

小さな鳥でも、打算のない本気の愛情を注ぎ、諭していけば、理解してくれるのだ。

3歩進んで2歩下がることもあるが、小鳥でも、1歩ずつ進んでいる。

自我や打算があると、人間のほうが、難しいのかもしれないね。
動物は天性の勘が鋭いので、誤魔化しの愛情や打算は通用しない。

いつも本気で私は向きあっている。

Copyright2011 実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

生き返る物

次の記事

ペットも熱中症