正々堂々

2月13日(日)
『正々堂々とあたる。』実祝プランニング語録
「よこしまな者は主に憎まれるからである。
 しかし、正しい者は主に信任される。箴言3:32」

人としての大事な事は、聖職者、医者、弁護士、警察官、教師、政治家などという肩書きは関係ない正々堂々を指導できる人が減っている。
減っているからこそ、教えることができない。
教えられないから、正々堂々と事にあたれない。
勉強では身につかない大事なことである。
松尾雄治さんという、元ラグビー選手がいる。
現在57歳。
ラグビーでは有名で、「ミスター・ラグビー」とまで呼ばれ日本史上最初のスタンドオフと言われた方。
明治大学ではラグビーで日本一になった。
その明治大学でラグビーを指導されていたのが北島忠治監督である。
この北島監督は「正々堂々」を何より尊んだという。
勝つことより、ラグビーを聖なるものとし、汚いやり方を何より嫌悪されたという。
それらは、ラグビーというより、人間の生き方をラグビーを通し、教えられたのではと言われる。
どのような生き方であったのか?続きはお楽しみ!
Copyright2011 実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)