ヘンリー・ニューマンの賛美歌 その8

5月17日(月)晴れ
『闇夜は明けるときが来る。』実祝プランニング語録
賛美歌288番の続き。
『寂しき夜道歩む』
4節:標(しるべ)となりたまいし 光りよ
   今よりなおも野路に 山路に
   闇夜の明け行くまで
   導き行かせたまえ

私の行く手を示し導く光り。
野道、山道においても、
光りよ、今より更に
暗やみの夜が明けるまで
導きを与えてください。 

暗やみの道を歩く時も、ひと足ずつ踏みしめて歩くことが必要だ。
ひと足ごとに、光りが照り、行く手まで導かれていく。
これほど賢明で確かなことはない。
暗やみの夜は、明けるときが必ず来る。それが希望の本質かもしれない。
『主は、私の光、私の救い、だれを私は恐れよう。聖書詩篇27:1』続きは明日のお楽しみ。
★★★Copyright2010実祝プランニング※アダルト的内容とは一切関係がないのでそのようなコメント及び不適切なものは遠慮をさせて頂きたくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)