HAPPYの集積力

1月27日(火)晴れ
「素敵なことを生み出すHAPPYの集責力」
実祝プランニング語録

仕事を、一緒にやってると、相手のいろんなことが見えてくる。が、隠れている部分もある。
これが、ボランティアになると、それが継続されていくものほど、お互いのことが見えてくる。

損得勘定抜きで、ご自分の持ってる心の素敵なものを出しきれる人はHAPPYだ。

それが、継続されていく時、見えない何かが積み上げられていくと、信じている。

この間、ある場所で、あることが開催されたが、私はその時間は仕事で行く事はできない。
でも寒い時期なので、身体を温める何かがあって疲れが取れたらいいのにと考えた。
お汁粉を作ることにした。朝くらいうちから起きて、沢山つくって、この時のためにと買った2本のポットにつめて、暗いうちに会場に持って行った。
それが開催されるのに、殆どの人はぎりぎりくらいの時間に来られる。そこにある電気ポットのお湯のセットもし、トイレも掃除して(いつも掃除はしているが)又直ぐ戻ってきた。
そうしたら、似たようなことをする人もいた。忙しい、あるひとが、自分は行けないが、~は~したらどうでしょうと、前日にわざわざ来られて、連絡ノートにメモを残していた。
私はその人に、自分にできない色んなことをお願いする。するときちんと器用にしてくださる。
どんなことにも責任があると思う。2人とも、鍵を預かっているからだ。

後日、顔を合わせたとき、真っ先にお互い笑顔が出た。
そういう関わりはとてもHAPPYだと思う。

それをしたからといって、名誉やお金が与えられるわけでもない。交通費も自分持ちである。
しなくても誰からも怒られることもない。
しかし、そんな関わりを大事にしたいと思う。
小さな事でも、HAPPYはとても大きくなった。

HAPPYの集積はどんなHAPPYになるのかは、わからないが、素敵なものを生み出す力がキットあるはずだ。楽しみにしたい。
Copyright2009 実祝(みのり)プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

汗のHAPPY