もみ殻が燃料&猫が病院に&笑う犬&支援物資

2022年11月24日(木

 

あなたのお誕生日によせてでもお誕生日は載せています。

       ↓

   青い文字をクリックしてください。

 

温かい人たちの事実と、被災地の報告と、新型コロナウィルスの内容も。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

このブログでは、お金は発生しません。

 

「愛は、笑顔を生む

 

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

@houujyu 多くの方に被災地に思いを寄せて頂ければ幸いです。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村

 

【宮崎・高鍋町、内水氾濫事業、完了】

 

●今年9月に県内を襲った台風14号では、雨の量に対して排水が追い付かない

ことで発生する内水氾濫の被害が相次いだ。

 

 

 

 

 

 

(写真:宮崎放送)

 

こうした内水氾濫を防ぐために高鍋町でおととしから進められていた

対策事業が完了し、23日、完成式があった。 

 

 

 

 

 

 

(写真:宮崎放送)

 

今年9月の台風14号の際には、新たな排水機場はすでに稼働していて、

宮越地区では、浸水被害は発生しなかったという。

 

【台風被害から2カ月、まだ手付かずのワサビ田も

 

●2か所で栽培している約12万本のワサビのうち、半数ほどが大雨により

土砂などで押し流されてしまった。

 

このワサビ田では、ボランティアの協力もあり2か月かけて土砂を撤去。

1年後の収穫に向け、約2万本の苗を植え直したという。

 

 

 

 

 

 

(写真:静岡第一テレビ)

 

一方で、もう1か所のわさび田を案内してもらうと。

ワサビ農家 出雲さん「重機が入らないので、大きい石もあるのでどうするか、

割っていくしかないが。1年2年では(復旧は)ちょっと無理なのかな」

 

 

 

 

 

 

(写真:静岡第一テレビ)

 

被害が大きかった このわさび田には、いまだ流木や大きな石が

手つかずのまま残っており、復旧の見通しは立っていないという。

 

静岡市の生産者団体「安倍山葵業組合」によると、組合に加入する

約80軒のうち2割が被害を受け、被害額は「億単位になる見込み」だという。

 

 

 

 

 

 

(写真:静岡第一テレビ)

 

栽培する半数のワサビが被害にあった出雲さんは

「早く良いワサビを消費者に届けたい」と話す。

 

【道のえき、さんさん南三陸、オープンから2カ月】

 

●宮城県南三陸町が東日本大震災からの復興の集大成と位置付ける道の駅

「さんさん南三陸」が10月1日にグランドオープンして間もなく2カ月。

 

大勢の来客でにぎわう週末の

南三陸さんさん商店街。

奥が南三陸311メモリアル

(写真:河北新報)

新しい震災伝承施設「南三陸311メモリアル」と既設の南三陸さんさん商店街に

大勢の人が訪れているが、一層の魅力アップを望む声もある。

持続的なにぎわいづくりができるかどうかが問われる。

 

【希望の鶴、復興支え10年

 

●特殊な形状の折り鶴を販売して東日本大震災からの復興を支援する

「希望の鶴」の活動が10年を迎え23日、記念の催しが東京都内で開かれた。

 

これまで約20万羽が全国や世界へ羽ばたき、1羽につき100円が折り手の

被災者の収入となった。

 

「希望の鶴」の活動が10年を迎え、

記念の催しで折り鶴を手にする

福田康夫元首相の妻貴代子さん(中央)

23日午後、東京都千代田区

(写真:共同通信)

 

活動を支えた福田康夫元首相の妻貴代子さんは「これからも多くの鶴が

希望を乗せて飛んでいってほしい」とあいさつした。  

 

当時、復興ボランティアをしていた元小学校長の故・落合早苗さんが興味を持ち、

2012年に貴代子さんを石巻市に招いて仮設住宅の女性を集め、折り方を教わった。

落合さんは被災者の自立につながるとして販売を発案した。

 

 

【震災発生前後の被災地の変貌、復興の歩み紹介

 

●東日本大震災・原子力災害伝承館の企画展「地図と写真でみる東日本大震災」

は23日、福島県双葉町の同館で始まった。来年3月21日まで。

 

震災発生前後の被災地の変貌や、復興の歩みを紹介している。  

被災地の同じ場所で異なる時期に作成・撮影した地図や空中写真を再編集し、

展示している。

 

地図や写真で震災発生前後の被災地の

変貌を伝えている企画展

(写真:福島民報)

 

 

 

浪江町請戸地区の空中写真は、1975(昭和50)年と2018(平成30)年の

町並みを比較。密集していた住宅が震災の津波で失われ、

災害の悲惨さを伝えている。  

 

須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」の決壊前後の様子など中通りにも

焦点を当て、福島第一原発周辺を捉えた約3㍍四方の巨大な空中写真などもある。

 

 

【震災後、仮設住宅の交流にと始まったダーツ交流会

 

●震災後、仮設住宅で過ごした住民同士の交流を広げようと、ダーツ交流会が

23日、多賀城市内で開かれた。

 

23日午後、宮城野区の高砂市民センターで開かれた「ダーツ大会」

参加者の多くは震災後に仮設住宅で過ごした人たち。

 

 

 

 

 

 

(写真:ミヤギテレビ)

 

被災者同士のコミュニケーションを広げようと、市民団体が2012年から

それぞれの仮設住宅で始めた「ダーツ交流会」。

 

 

(写真:ミヤギテレビ)

 

 

 

仮設住宅から引っ越したあとも、地域ごとに交流会は続き、

今年で開催回数は、延べ1800回を超える。

 

 

 

 

 

 

(写真:ミヤギテレビ)

 

23日は年に一度、様々な地域の参加者が一つの会場に集まる記念大会が開かれ、

ダーツのスコアを気にしながらも、仮設住宅での生活を共にした

知人との交流を楽しんでいた。

 

 

【福島・やながわ希望の森公園、四季桜の花

 

●伊達市梁川町のやながわ希望の森公園で、四季桜が愛らしい花を咲かせている。

 

四季桜は春と秋に咲く二季性の桜で、公園内の「わんぱく広場」に

約40本植えられているほか、入り口駐車場にもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛らしい花を咲かせる四季桜=伊達市・やながわ希望の森公園(写真:福島民友新聞)

 

夏と厳冬を除き、穏やかな気候が続くと淡いピンク色をした花を咲かせる。  

管理棟は冬季閉鎖中だが、公園内は散策できる。

さく開いた花が散歩などで訪れた人たちの目を楽しませている。

 

 

聴導犬の育成に支援を、コロナ禍でピンチ

 

●協会は、クラウドファンディングを利用して協力を求めている。

目標金額は750万円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:日本聴導犬協会)

日本聴導犬協会では、寄付の形もある。

 

 

【義援金、村上市、松戸市

 

村上市、義援金

◆第四北越銀行 村上支店

口座番号=普通5053899

 

◆大光銀行 村上支店

口座番号=普通3521551

 

◆村上信用金庫 本店

口座番号=普通0408854

 

◆新潟県労働金庫

口座番号=普通5728196

 

◆にいがた岩船農業協同組合

口座番号=普通0010969

 

上記口座名義

村上市災害義援金 村上市会計管理者

(ムラカミシサイガイギエンキン ムラカミシカイケイカンリシヤ) 

 

受け付け=2023年5月31日まで。

 

松戸市、義援金

◆三井住友銀行東京公務部支店

口座番号=普通0162529

口座名義=(福)中央共同募金会災害義援金口

 

◆りそな銀行東京公務部支店

口座番号=普通0126781

口座名義=(福)中央共同募金会

 

受け付け=2023年3月31日まで。

 

【義援金、石川県、小松市

 

●石川県、義援金

◆北國銀行 県庁支店

口座番号=普通024206

口座名義=石川県8月大雨災害義援金

 

●小松市、義援金

◆北國銀行 小松支店

口座番号=普通62986

口座名義=小松市災害義援金

 

●台風15号静岡義援金

◆静岡銀行 本店営業部

口座番号=普通182706

口座名義=令和4年台風第15号災害 静岡県義援金

 

受け付け=12月28日まで。

 

【11月23日は、全国で13万3361人、東京1万2850人感染】

 

●11月23日は全国で13万3361人の感染。増えています。

東京は、11月23日は、1万2850人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:NHKニュース)

 

 

【コロナ禍の中、命を大切に、相談を】

 

自殺ネットワーク風 では、各地域に相談窓口の電話がある。

👆 電話をしてほしい。  また、👇も。

 

 

 

 

 

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●11月23日23時08分頃   震度2  秋田県内陸北部

●11月23日17時32分頃   震度1    徳島県北部

●11月23日15時56分頃   震度1  宮城県沖

●11月23日11時33分頃   震度1  父島近海

●11月23日11時28分頃   震度1  父島近海

●11月23日03時09分頃   震度1    青森県津軽北部

(日本気象協会様)

 

 

    ★★★★★★★★★★

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

 

          ★★★★★★★★★★

処分に困っているコメ農家も多いもみ殻を有効利用しようと、青森県平川市の

津軽バイオマスエナジーを始め3つの企業が、バイオマス発電を計画し

燃料を製造している。

 

 

 

 

 

 

(写真:青森テレビ)

 

原料となるもみ殻は、鶴田町の農家から無償で回収、専用の機械で圧縮して

バイオマス発電の燃料「モミガライト」にする。

 

 

 

 

 

 

(写真:青森テレビ)

 

22日、関係者が製造状況を確かめ、農家が処分に困り野焼きをすることもある

もみ殻を有効活用できる取り組みに手ごたえを感じていた。

 

 

 

 

 

 

(写真:青森テレビ)

 

「モミガライト」は全部で600トン作られ

2023年度、津軽バイオマスエナジーで燃料として使われる予定だ。

 

素晴らしい取り組みだ。

処分に困っているもみ殻が、素晴らしい燃料に生まれ変わる!

 

電気代も上がっている中、廃棄する材料を用いる事を考えた方は、すごい!

知識はこういう事に、生かされると、みんなが助かる!

 

             ★★★★★★★★★★

『The Dodo』『Ensonhaber』の報道から。

 

トルコのビトリス県にあるタトヴァン州立病院の救急救命室(ER)に

11月17日、脚を骨折した野良猫が助けを求めてやって来たというニュースが

多くの関心を集めている。

 

病院が公開した監視カメラの映像には、後脚をかばいながら

飛び跳ねるようにして病院内を歩く猫の姿があった。

 

幸いにも猫は病院から追い出されることはなく、同病院に勤務する

看護師のアブザー・オズデミールさんに保護されて治療を受けることとなった。

 

「(病院内を)猫が歩いているのを見て唖然としました」

とのちにアブザーさんは振り返っているが、猫を抱き上げると

後脚が骨折していることに気づき、そのまま治療室に連れて行ったそうだ。

 

アブザーさんは猫に骨折した箇所を固定するための副木を当てて、

包帯を巻いてあげた。

 

『Ensonhaber 2022年11月17日付

「Bitlis’te kedi, kırık için devlet

hastanesine gitti」(iHA)』

(TechinsightJapan)

 

 

 

 

すると猫は自分のために治療していることが分かっているかのように、

大人しくしていたという。

 

治療が終わると痛みが和らいだのか、しばらくして猫は自分が来た道を

戻って外に出ていった。

 

ところが猫は、治療したその日のうちに再び病院に戻ってきたそうだ。

そして医療スタッフによって骨折した脚を再検査してもらったという。

 

病院のスタッフはそんな猫に愛着を感じて『ダヴショ』と名前をつけて

可愛がり、その後も病院に現れると副木を当て直すなどして治療を続けていた。

 

ダヴショはその後、骨折したおかげで野良の生活を終わりにすることができた。

 

同病院の主任医師であるギョクメン・レイハンル氏は

メディアのインタビューに応じ、

 

「私たちの友である救急医療スタッフの思いやりに感謝します。

 スタッフの一人である看護師がこの猫の怪我に気づき、最初の治療を行い、

 その後この猫を飼うことにしたのです」

 

と話しており、ダヴショはアブザーさんの家族の一員になったものと思われる。

 

ダヴショは、すごく賢い!

しかしまた、この病院に優しい人がいることが、わかったのだろう。

優しい飼い主さんも見つかり、骨折も回復し、いいことづくめ!だ。

 

 

          ★★★★★★★★★★

『The Dodo』の報道から。

 

米国ノースカロナイナ州ウェイク郡の動物シェルター「SPCA of Wake County、

以下SPCA」に、1歳の保護犬『ピーティ』がやってきたのは今年10月のこと。

 

ピーティはもともと同郡の別の施設で保護されていたが、

新しい飼い主が見つからぬまま滞在が1年超と最長を記録、

収容能力が限界に達した同施設SPCAに

 

「どうかピーティに温かい家族を見つけてあげて欲しい」と助けを求めた。

 

そんな切羽詰まった願いを二つ返事で受け入れたSPCAのスポークスマン、

サマンサ・ランレットさんはピーティについてこのように語っている。

 

「私たちのシェルターにやってきたピーティは、悲しむどころか

 新しい友達に会いたくてうずうずしているようでした。

 そしてシェルターの入り口までやってくると、ドアの向こう側に

 行きたくて物凄い勢いでリードを引っ張り始めたのです。」

 

「私たちスタッフは最初、そんなピーティの明るく元気な性格に

 圧倒されたものです。

 なぜならピーティは前の施設で何度も、多くの人が自分の前を素通りし、

 他の犬たちを引き取っていくのを見てきたはずですから…。」

 

「そして初日からフレンドリーで遊び心に溢れたピーティを見て、

 私たちは『どうして誰もこの子を望まなかったのだろう』と

 信じられない思いでいっぱいになりました。」

 

なおSPCAのスタッフは、ピーティがシェルターに到着するとすぐに

写真をウェブサイトに投稿して新しい飼い主の募集を開始したそうだが、

サマンサさんは

 

「実を言うと最初は、ピーティはまた誰からも

 関心を持たれないのではないかと心配したのです。

 施設では小型犬ほど人気がありますからね」と。

 

ところが約1か月後、サマンサさんの心配をよそにピーティに

運命の出会いが訪れる。

 

シェルターのウェブサイトを見たという一家が

「ピーティを見た瞬間、この子はうちに来る運命だと思った」

と言って連絡を取り、ピーティの長いシェルター生活に

終止符が打たれることが決まったのだ。

 

サマンサさんによると、ピーティが新しい環境に慣れるのに

そう時間はかからなかったそうで、今ではもう1匹のオス犬や

ピーティを心から愛してくれる家族とともに第二の人生を満喫しているようだと。

 

特にピーティが大好きなのは、裏庭で

「取ってこい」の遊びをすることや家族にハグやキスをすることで、

一日が終わると温かいベッドに横になり笑顔を浮かべて眠るそうだ。

 

『SPCA of Wake County 2022年11月15日付

Facebook「This adoption update just

melted our hearts!」』

(TechinsightJapan)

 

 

 

 

 

 

そんなピーティの嬉しそうな寝顔はSPCAのFacebookに投稿されており、

スタッフの心がこもったこんな言葉が添えられている。

 

「これは『僕はお家にいるんだよ』と分かっている犬の笑顔よ!」

 

「ピーティの心は愛で満たされているの…。

 でもピーティとその新しい家族のストーリーは、まだ始まったばかりなのよ!」

 

ちなみに新しい家族ができたピーティには、

「本当に素敵な家族と巡り合ったのでしょうね。だって安心しきっているもの!」

「微笑んで眠る写真は、私の一番のお気に入りよ」「なんて可愛いの!」

「嬉しくて仕方ない寝顔よね」「純粋な愛!」

「この子を引き取ってくれてありがとう! 素敵な家族で良かった」

といったコメントが届いている。

 

嬉しいことや楽しいことを考えると、知らないうちに笑顔になるが、

笑顔を浮かべて眠るピーティは、幸せで、その姿はまた、

多くの人の心をほっこりさせている。

 

      ★★★★★★★★★★

 

「関心を持ち

 愛を注いだ支援は

 新しい創造を生む

 人を支え

 笑顔を増やす

       by happy-ok3」

       

      

              

 

        

        

 

    

         

        

         ★★★★★★★★★★

 

12月度の子どもたちへの、支援物資を送付させて頂いた。

子どもたち、25人に。

物資はChrist(キリスト)様にお贈りする気持ちで精一杯のことをと。

 

★ケーキ  2個

★ミニマドレーヌ 2個

★子どもクリスマスカード 1部 

★25セット

 

 

★大人カード 83部

★子どもカード 58部 (25部と合わせ83部)

 

 

 

 

 

★他の贈り物も入れている。

 

 

 

 

 

 

支援物資の品物は、地元で購入する事にしている。

ここは、カードをすごく尊く用いてくださる!

 

12月は、クリスマスがあるため、私はケーキをお届けさせて頂きたいと考えた。

 

 

12月度の全ての支援物資はいつもに増して、

Christ(キリスト)様への贈り物とさせて頂きたい。

 

クリスマスは、キリスト教の大切な「神事」である。

 

Christmasは、プロテスタントでも、カトリックでも

Christ(キリスト)の降誕を、mas(ミサ= mass)礼拝する日である。

 

神事を、ぼ〇〇く 事は避けた方が良い。

神道でも仏教でも、神事をぼ〇〇く したら、怖い?のではないか?

 

クリスマス・ツリーの由来は、色々あるが、今日はその1つを紹介。

 

8世紀のドイツでの出来事。

 

当時のドイツには、ドルイド教を信じる村人たちがいた。

彼らは、樫の木(オークの木)を崇拝し、※幼児犠牲をささげていた。

※(子どもをいけにえとしてささげること)

 

イングランドからの伝道者・聖ボニファティウスが、それを廃止しようとした。

 

聖ボニファティウスが、このオーク=樫の木、

(トールのオーク=北欧の雷神トールと呼ばれている)を切り倒そうとした。

 

聖・ボニファティウスは、その時こう語った。

「もし、この木が『聖なる木』であるのなら、私に雷を落としなさい!」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

挿絵:トールのオークを倒したボニファティウス(作:Emil Doepler/出典:wikipedia)

 

切り始めると、まるで奇跡のように、突然大突風が起きた!

そして、突風は、オークをなぎ倒したという。

 

雷神のトールが怒って雷が落ちるという事はなかった。

村人たちは、びっくり仰天!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挿絵:トールのオークの倒伏を見るボニファティウス(出典:wikipedia)

 

村人たちは、聖・ボニファティウスの言葉に耳を傾け、キリスト教に改宗した。

 

さて、倒れたオークのそばには、なんと、モミの若木が芽生えていた。

 

聖・ボニファティウスは、モミの木を「奇跡の木」と言い伝え、

それを記念して、ドイツではモミの木をクリスマスに植えるようになったという。

 

さてさて、倒されたオークの木は、この地に、礼拝堂を建てるため使われた。

 

現在は底にフリッツラー司教座聖堂が建てられ。聖堂前には

聖・ボニファティウスの銅像が建てられている。

実在した聖人である。

 

モミの木がクリスマスツリーに使われるのは、

北欧は寒さが厳しく、そのなかでも元気に緑の葉を茂らせている

常緑樹のモミの木は希望であるからだ。

 

そのため「永遠の命の象徴」として、特別な存在なのだ。

 

強い生命力があり、一年中葉を茂らせている、モミの緑は、永遠を表現し、

神様の愛や、イエス・キリスト様が与える「永遠の命」を象徴している。

 

またクリスマス・ツリーの飾り付けの1つ1つにも、キリスト教の意味があるのだ。

単なる飾りではない!

 

続きは、また、明日。

 

さて、2023年度の「盲導犬を育てる会のカレンダー」

 

 

 

 

 

 

 

 

壁掛け式と卓上の2種類。どちらも、1冊¥1000(税込み)

送料は別途

 

☎0721・72・0914 FAX 0721・72・0916

ホームページからも購入できる

 

また、「盲導犬を育てる会のカレンダー」も毎年、紹介していると、

毎年、続けて購入され、協力して下さる方が増えてきた!

また、グッズを購入して下さる方も!(#^.^#)

ありがとうございます。

 

コロナ禍のため、募金活動があまり出来ない。

協力を頂けたら、幸いです!

 

命を守る、素敵な1日になりますように!

 

微力ながら、支援物資を送付させて頂くのも、顔も知らない方々だが

その方々の命を愛するから。

 

@houujyu ☚ ここでも、被災地のこと載せています。

被災地の事を知って応援いただければ、頂ければ幸いです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

下記に、相談機関も載せているし、前に進む道は、他にも見つかるから、

命を大事にしてほしい!

 

復興は半ばである被災地を応援させて頂きたい!!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今日も【命を支える】happyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝します。

 

今日の1日の時間の中、あなただけの素晴らしい光を輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        お誕生日

今日 11月24日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
私たちへの素晴らしい贈りもの、辛い事があっても、今日の生を大切に。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 

月水木金の14:00~18:00 18:30~22:30(受け付けはどちらも30分前まで)

●生きづらびっと LINE@yorisoi-chat  

月火木金日の17:00時~22:00 水曜は11:00~16:00

 

2022年度創設の広域通信制高校「やまと高等学校」

不登校特例校「西濃学園高校」

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

はてなブログにいる方は「あなたのお誕生日によせて」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」の更新が入ります。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き心から感謝します。感想、よければコメント頂けたら嬉しいです。

昨日のたつき君のかくれんぼの技はすごかったです。

タオルの中に入って、どこにいるのか?分かりにくい。

 

でも、病院に行く時は、透明のプラケースなので、丸見えなのです。

誉くんにはすぐわかりますから、タオルから出して、

上手に遊んであげていました。(#^.^#)

 

寒くなってきました。

みなさま、お身体だいじになさってくださいね。

今日が、笑顔の1日でありますように。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

なかよしは、思いやり!

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ
にほんブログ村

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

もみ殻が燃料&猫が病院に&笑う犬&支援物資” に対して8件のコメントがあります。

  1. すふれ より:

    おはようございます、happyさん。
    すふれです。

    きょうもたくさんのいろんな記事をこころをこめてかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます。
    happyさんにおつかれがでませんように。

    >【福島・やながわ希望の森公園、四季桜の花】

    四季桜さん、きれいですね! (#^.^#)。
    お花さんはほんとうにいいです。
    なんにもいわずにみんなにげんきをくれます。
    たくさんのみなさんが訪れてくださいますね(#^.^#)。

    >処分に困っているコメ農家も多いもみ殻を有効利用しようと、青森県平川市の

    津軽バイオマスエナジーを始め3つの企業が、バイオマス発電を計画し

    燃料を製造している。

    これ、ほんとうに良いですね! (#^.^#)。
    処分してしまうよりずーっとすてきです。
    いままで処分していたいろんなものも、こんなふうに
    再生利用できるのかもしれないとおもいました。
    たくさんのみなさんの研究や製造のおかげですね。

    >『The Dodo』『Ensonhaber』の報道から。

    ねこのダウジョさん、ほんとうにえらいですね(#^.^#)。
    トルコはねこさんをたいせつにするお国柄だときいたことがあります。
    やさしい飼い主さんにもめぐりあえて、ほんとうによかったです!
    治療をうけているダウジョさん、かわいいですね(#^.^#)。

    >『The Dodo』の報道から。

    このおはなしもほんとうにすてきですね! (#^.^#)。
    ピーティさんはすなおであかるいいぬさんですね。
    ピーティさんが抱っこされている写真をみてると
    うれしいきもちでいっぱいになります。
    いいなぁ(#^.^#)。

    happyさんの支援のしなものも、ちろさんとのカードも
    みなさんほんとうによろこばれるとおもいます!
    毎月毎月ほんとうにすごいです!! (#^.^#)。

    モミの木のおはなし、はじめてしりました。
    ありがとうございます。

    きょうも鳥さんたちのかわいいようすをありがとうございます。
    晴さん、誉さん、たつきさん、
    きょうもかわいいえがおをほんとうにありがとうございます! (#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね。

    happyさん、くれぐれもおからだに気をつけて下さいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)/。

    1. happy-ok3 より:

      すふれ様。こんばんは。いつも感謝します。

      >「きょうもたくさんのいろんな記事をこころをこめてかいてくださって
      ほんとうにありがとうございます。」

      ありがとうございます。

      >「四季桜さん、きれいですね! (#^.^#)。
      お花さんはほんとうにいいです。」

      福島の復興のあと押しになればいいですね!!!

      >「処分してしまうよりずーっとすてきです。
      いままで処分していたいろんなものも、こんなふうに
      再生利用できるのかもしれないとおもいました。」

      素晴らしいです。
      捨てるものが、有効な燃料になるとは!

      >「ねこのダウジョさん、ほんとうにえらいですね(#^.^#)。
      トルコはねこさんをたいせつにするお国柄だときいたことがあります。
      やさしい飼い主さんにもめぐりあえて、ほんとうによかったです!」

      賢くて、可愛いですね。この猫ちゃんなら、飼ってあげたくなりますね!
      優しい方に出会えて、離れたくなかったのでしょうね。(#^.^#)」

      >「ピーティさんはすなおであかるいいぬさんですね。
      ピーティさんが抱っこされている写真をみてると
      うれしいきもちでいっぱいになります。」

      なぜ?向こうでは、引き取り手がなかたのでしょうね。
      1歳ですから、これから、長い?時間の中で、沢山の幸せを頂き、ずっと笑顔でいられますね!!!

      >「happyさんの支援のしなものも、ちろさんとのカードも
      みなさんほんとうによろこばれるとおもいます!」

      ありがとうございます。

      喜ばれていると嬉しいです。

      今日も鳥たちのこと、ありがとうございます。
      みんな喜んでいます。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  2. chancepapa より:

    happyさん、こんにちは。
    モミガライトいいですね。
    北海道の感染者はすごいことになってます。東京都と変わらないほど増えるのはやはり旅行者なのかと思ってしまいます。
    ブレーキ(ワクチン)を掛けながらアクセル(旅行奨励)を踏むような対策には呆れるしかありません。

    1. happy-ok3 より:

      chancepapa さま、こんばんは。

      いつも感謝します。

      >「モミガライトいいですね。」
      いいですね。

      こういうことが、全国に広がってほしいですね。

      >「北海道の感染者はすごいことになってます。東京都と変わらないほど増えるのはやはり旅行者なのかと思ってしまいます。」

      すごい増え方ですね・・・。

      気をつけないといけないですね。

      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当にありがとうございます。

  3. ちろ より:

    こんにちは
    四季桜というのは知りませんでした
    とってもきれいですね
    春も秋も桜を見れてラッキーですね
    >バイオマス発電の燃料「モミガライト」
    もみ殻を焼いたり処分したりするよりずっといいですね
    うちの方でもよくもみ殻焼いているので
    こんな風に活用できると嬉しいですね
    >知識はこういう事に、生かされると、みんなが助かる
    本当ですね。争っている場合じゃないですよね
    トルコのERにやってきた野良さん
    賢いですね~ちゃんと治療してもらって家族まで見つかって
    病院のスタッフさんに感謝ですね
    ピーティさん、幸せになってよかったね
    飼い主さんとラブラブな様子が伝わります
    サマンサさんも優しい方です
    カードの絵が少しでも癒しになるなら嬉しいです
    たつきちゃん技を磨いてるんですね(^^)ああ可愛い
    今日もありがとうございます
    happyさんもお身体には気をつけてください

    1. happy-ok3 より:

      ちろさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「四季桜というのは知りませんでした
      とってもきれいですね」

      美しいですね。
      復興のあと押しになってほしいです。

      >「うちの方でもよくもみ殻焼いているので
      こんな風に活用できると嬉しいですね」

      こういうことが、全国に広がるといいですね。

      >「本当ですね。争っている場合じゃないですよね」

      正しい知識の用い方をしてほしいです。

      >「トルコのERにやってきた野良さん
      賢いですね~ちゃんと治療してもらって家族まで見つかって
      病院のスタッフさんに感謝ですね」

      野良猫さん、良かったです。
      これから、幸せになりますね。

      >「ピーティさん、幸せになってよかったね
      飼い主さんとラブラブな様子が伝わります」

      これから、沢山の時間、笑顔で過ごせますね。(#^.^#)

      >「カードの絵が少しでも癒しになるなら嬉しいです」

      すごく喜ばれています!!!

      >「たつきちゃん技を磨いてるんですね(^^)ああ可愛い」
      毎日、頑張っております!(#^.^#)

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  4. リボン より:

    物資はChrist(キリスト)様にお贈りする気持ちで精一杯のことをと。ありがとうございます!
    犠牲、、グリム童話などは結構怖い話であり、関係あるのでしょうか。あるいは貧しくて、子供を捨てる(・・?日本でも間引きなどありましたが。
    動物は賢いですね。いつもありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「物資はChrist(キリスト)様にお贈りする気持ちで精一杯のことをと。ありがとうございます!」

      それが贈りものだとおもいます。(#^.^#)

      昔、日本でも、水の中に犠牲の柱として子どもを埋めたりなどあったようですが・・・。

      怖いですね・・・。

      >「動物は賢いですね。」

      敏感ですね。

      幸せになって良かったです。

      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)