事故処理&ほっとカフェ&献血600回&不思議

2022年 5月22日(日

 

温かい人たちの事実と、被災地の報告と、新型コロナウィルスの内容も。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

このブログでは、お金は発生しません。

 

「人を心から大切に思い助ける幸い。

 

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

 

 

【阿部知事、御嶽山噴火災害の慰霊碑に献花、】

 

●移動知事室のため、19日から木曽地域を訪れている長野県の阿部知事。

 

20日午前には、2014年に起きた御嶽山噴火災害の慰霊碑を訪れ、

花を手向けて犠牲者の冥福を祈りました。噴火災害では58人が亡くなり、

今も5人の行方が分かっていない。

 

 

 

 

 

(テレビ信州様)

 

長野県と木曽町はそれぞれ、今年の夏に、噴火の記録や最新の火山防災情報などを

伝えるビジターセンターをオープンする予定。

 

 

(テレビ信州様)

 

 

 

阿部知事は、地元の観光局や、御嶽山の研究を続ける

名古屋大学大学院の教授などと意見を交わし、

 

 

 

 

 

(テレビ信州様)

 

災害の教訓を引き継ぎ、御嶽山の魅力を広めるため、協力を求めた。

 

 

(テレビ信州様)

 

 

 

御嶽山火山マイスターについてはボランティアではなく財政支援も検討。

 

 

【小林製薬、仙台に「医療品工場」増設】

 

●小林製薬(大阪市)は20日、製造子会社の仙台小林製薬(宮城県大和町)に

「医薬品工場」を増設すると発表した。

総投資額は200~250億円で、6月1日着工。2025年内に操業を開始する。

 

医薬品工場の完成イメージ(左奥は既存工場)

(河北新報)

 

 

 

輸出向け医薬品の製造拠点と位置付け、中国で本格販売を始めた消炎鎮痛剤

「アンメルツ」などを生産拡大する。  

小林製薬は20日、村井嘉浩知事らを招いて現地で起工式を開いた。

 

 

【福島県南相馬市に工場完成、アイリスオーヤマ

 

●生活用品大手アイリスオーヤマのグループ会社アイリスプロダクト(本社・仙台市)

が福島県南相馬市原町区の市復興団地に建設していた南相馬工場が完成し、

20日、竣工(しゅんこう)式を行った。  

 

 

完成した南相馬工場(福島民報)

 

 

 

 

式には大山健太郎会長ら関係者19人が参加し、神事を行った。

井出孝利副知事が「福島の復興に貢献したいという熱意が形になった新工場から

地域経済がさらに活性化するものと期待している」とあいさつした。

 

式の後に大山健太郎会長が報道陣の取材に応じ、

「ものづくりから福島の復興に貢献したい。今後も雇用を創出し、

(2025年をめどに)売り上げ150億円、人の採用を目指す」と話した。

 

 

【福島・浪江町でサバの陸上養殖場】

 

●プラント大手の日揮(横浜市)は、浪江町の北産業団地でサバの陸上養殖を始める。

 

水産会社のいわき魚類(いわき市)と新会社「かもめミライ水産」を設立し、

陸上養殖の技術開発と生産実証、販路構築を進める。

 

浪江町に建設されるサバの陸上養殖場の

完成イメージ図

(写真:福島民友新聞様)

 

 

今冬に養殖場の建設を始め、2024年2月ごろから生産を開始する。

 

浪江町は「町内には請戸漁港があり、浪江駅ではエビの養殖事業も始まっている。

今回のサバの陸上養殖により、一層の浪江の漁業再興を図っていきたい」と期待。

 

日揮の担当者は「浪江の水産業復興の一翼を担いたい」としている。

 

 

【福島、県民割プラス、6月30日まで延長する方向】

 

●福島県は、県内の宿泊施設を利用する際の宿泊費の一部を補助する

「県民割プラス」について、6月30日宿泊分まで期間を延長する方向で

調整を進めている。

 

県によると、県内の新型コロナウイルスの感染状況などを見極めた上で、

来週中にも正式に判断する方針という。  

 

県民割プラスは、県民のほか北海道・東北地方、北関東など

10道県の住民を対象に実施している。

 

県民は最大1万円、それ以外の住民は最大5000円が宿泊額から割り引かれる。  

 

県民割事業の本県との相互利用が可能な10道県のうち、北海道、岩手、山形、

 

群馬、新潟の5道県は20日、それぞれの県民割事業について期間を延長すると発表。

県民が県外の宿泊施設を利用する際は最大5000円が割り引かれる。

(福島民友様)

 

 

【震災の影響で閉校する中学校、小学校の最後の合同運動会

 

 

 

(写真:東北放送様)

 

 

 

 

(写真:東北放送様)

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:東北放送様)

 

 

 

【使用済み核燃料の取り出しは、2027年度から

 

●20日東京電力は44年かけて行う福島第二原発の廃炉作業のうち、

今後10年間の具体的なスケジュールを示した。

 

福島第二原発の使用済み核燃料プールでは約1万体の核燃料を保管している。

 

使用済み核燃料取り出しは2027年度から

福島第二原発の今後10年間の廃炉計画で

1号機から始めると発表

(写真:福島中央テレビ様)

 

計画では早ければ2027年度に1号機から取り出し、

翌2028年度には4号機でも着手する計画だ。

 

取りだした核燃料は敷地内に設けた施設に一時的に保管し、

その後、再処理事業社へ譲り渡すとしている。

 

 

相馬署に相談悪質商法が発生

 

●悪徳商法とみられる相談が福島県相馬市の相馬署や国見町に複数寄せられている。

 

相馬署には「壊れているところはないか」など不審な電話に関する

複数の相談が寄せられた。

 

国見町にも、屋根瓦の点検修理の名目で契約を迫られたなど複数の相談があったという。  

 

福島県消費生活センターによると、24日現在、今回の地震に関係する相談はないが、

昨年2月の本県沖地震後には33件の相談があった。

 

「業者が訪ねてきて契約したが、後で高額を請求された」など屋根瓦などの

修理関係の内容が半数以上だったという。  

 

県瓦工事組合連合会会長の桂山武さんは被害に遭わないためのポイントとして

 

〈1〉不審に思う業者などを屋根に上げない

〈2〉身分証明書の提示を求める

〈3〉見積もりの金額や内容を確認する

〈4〉一人で決めずに周囲に相談する     

(福島民友様)

 

熱海で被災した猫たちの里親に

 

●静岡県熱海市で起きた大規模な土石流被害から4カ月以上が経過。

 

土石流被害に遭った被災者のペットの保護活動などを続けている熱海市の

NPO法人「くすのき」は、民間災害時動物救済本部(CDCA、東京) と連携し、

同地区に取り残されたに猫を中心に、100匹以上を3カ所のシェルターで保護。

 

保護した猫の中には、災害で亡くなった住民が飼っていたり、被災により飼い主が

飼い続けることができなくなって託されたりした猫もいるという。

 

静岡・熱海の土石流で被災した猫たちの里親に

東京で保護猫の譲渡会

(写真:OVO様)

 

 

くすのきと、国内の大規模災害支援を専門とする民間の緊急支援チーム

公益社団法人「Civic Force」(東京)による猫の譲渡会「ねこざんまい」が、

 

5/22(日)6/5(日)、6/19(日)、7/3(日)、いずれも12時~16時、

東京都中央区立産業会館で開催される。

 

予約・申し込み不要で参加できる。  

 

「ねこざんまい」は毎月2回、東京・東日本橋で開催され、飼い主を失った猫と

里親をつないでいる。

 

くすのきでは、オンライン譲渡会なども開催し、里親探しを加速させていく計画。

 

また、譲渡されるまでの間、猫が安心して暮らせる場所と健康的に過ごすための

フードを確保し、必要に応じて医療を提供。

 

猫の飼育や譲渡会の様子、被災地の復旧・復興状況などの情報をホームページや

SNSで定期的に発信していくという。

 

問い合わせは:NPO法人「くすのき」☎ 0557-28-0126

 

 

 【トンガへ救援基金】

 

 

 

支援物資は今はお控え下さいとの事。

 

【ウクライナへ支援】

 

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)にて支援を受け付け。

 

 

 【5月21日は、全国で3万5922人、東京3461人感染】

 

●5月21日は全国で3万5922人の感染。

 

また、東京都で7人、大阪府で6人、埼玉県で3人、京都府で2人、岡山県で2人、

沖縄県で2人、北海道で1人、宮城県で1人、山形県で1人、岐阜県で1人、

福岡県で1人、群馬県で1人、青森県で1人、鳥取県で1人、鹿児島県で1人の

全国で合わせて31人の死亡の発表。

 

東京は、21日、3461人の感染。

 

 

 

 

 

 

 

(写真:東京新聞様)

 

 

【コロナ禍の中、命を大切に、相談を】

 

自殺ネットワーク風 では、各地域に相談窓口の電話がある。

👆 電話をしてほしい。  また、👇も。

 

 

 

 

 

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●5月21日21時35分頃  震度2   京都府南部

●5月20日16時03分頃  震度2   山梨県東部・富士五湖

(日本気象協会様)

 

5月21日は、窓から救出&異変を察知&象の叫び&コウノトリで命を。

 

 

 

 

 

勇気と優しさが命を救う!

 

    ★★★★★★★★★★

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

 

       ★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:読売新聞様)

 

 

 

 

 

 

早藤晴樹署長(右)から感謝状を受け取る関さん(19日、宇都宮東署で)

 

車にはねられた少年を適切に救助し、二次被害も防いだとして、

栃木県警宇都宮東署は19日、関康平さんに感謝状を贈呈した。

 

 

この機転、素晴らしい!

いったん事故が起きると、2度・3度と轢かれてしまう事がある。

助かる命が助からなくなる。

 

事故が起きた後の対応なども、教習所や免許更新センターで

指導されると良いのにと思う。

 

関さんは、知識があるので、とっさの行動が出来たが

運転する者たちは(私も含め)こういう事を、学んでいきたい。

 

       ★★★★★★★★★★

 

神奈川県川崎市の武蔵小杉駅の南西に位置する中原区今井南町の一角に

5月11日、今井南町の自治会がカフェをオープンした。

 

コロナ禍で恒例の行事などが中止となる中、交流の場を作ろうと

女性会員を中心に開設。

心が落ち着ける場所になるようにと「ほっとカフェ」と名付けた。

 

カフェは、主に同町住民を対象に無料でコーヒーやお茶、菓子などを提供。

運営費は自治会費で賄う。

 

代表を務める小泉公子さんが、麻生区の事例を参考に企画し、

賛同した地元の事業者が事務所を無償で貸し出すなど会員らで手作りした。

 

小泉さんは

「気軽に立ち寄りお喋りできる空間にしたい」といい、

「定着すれば若者と高齢者とのつながり、

 災害時の助け合いにもつながってほしい」と期待した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りのカフェで談笑する人々(写真:タウンニュース様)

 

オープン初日となった11日は、午前10時の開店から、

人々が立ち寄り談笑する姿が見られた。

 

カフェを訪れた80代男性は、

「近所に住んでいてチラシを見て立ち寄った。普段あまり出会いが無いので、

 いろいろな人とお知り合いになれたらうれしい」と話していた。

 

カフェは毎月第2水曜日、午前10時から正午、午後1時から3時までオープン。

場所はサライ通り商店街の大谷商事。

 

最近は、ご近所との付き合いが希薄になっている。

マンションなどでは、扉を閉めると、どんな人がいるのか?分からない。

 

同じ町内で、お顔を合わせ、語り合う時間は、お互いが楽しいし、

この交流から、善い計画なども生まれやすい。

 

大谷商事さんや、小泉さんが温かく手を差し伸べているからこそ出来る。

温かい善意は、人を生かす!

 

 

       ★★★★★★★★★★

 

山梨県甲府市の山下修身さん。

「今日は600回目、最後の献血に参りました。」

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

70歳の誕生日の前日、甲府市の献血ルームを訪れた。

国の基準で献血ができるは70歳未満であるため、この日が山下さんの最後の献血。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

どうです待ってる時間は? 

「体を整えるというか気持ちを整えるその時間になりますね」

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

数多くの献血カードが山下さんの人生を物語る。

 

献血を始めたきっかけは高校2年の春休みの出来事。

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

「同級生の一人がバイク事故を起こして命に係わる大けがをしている、

 A型の血液が大量にいるのでA型の方は協力していただけないか」

 

ということで 献血の甲斐もあり一命を取り留めた同級生の母親から、

山下さんは感謝を伝えられた。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

「 あぁ、こうやって人助けというか、人の役に立つことが出来るんだなぁと

 思ったんですよね」

この時から献血を続けた山下さん。

 

血液中の血小板などを採取し大量に出血した時などに使われる「成分献血」に

してからは2週間に1度の頻度で献血を行った。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

その総量は348リットルにのぼる。 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

「もちろん(輸血した人の)名前も教えてくれないし会うこともない。

 でも助けていることもあるんだなと。」

 

「 献血後、1週間くらいしたらセンターから(血液結果の)通知が来るんですね。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

 自分の体を整えないと献血ってできないんだと思って。

 それから食べるものを気を付けて。

 人のためだったけど自分のためになったのが非常に助かりました。」

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

通算600回目最後の献血。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

看護師

「600回ですね 」

「そうですね、もう最後だ、寂しいですよ。」

「たくさん来ていただいて。」

 

県内の必要な献血量はコロナ禍で依然厳しい状況。

県赤十字血液センターは積極的な協力を呼びかけている。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

甲府献血ルーム 深澤仁司さん

「山下さんはじめ、繰り返しご協力いただく方多いので、

 これからも多くの方に加わっていただければ。

 本当に長い間、健康にご留意してご協力いただき感謝申し上げます。」

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

最後の献血は1時間。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

名残惜しい気持ちもあったようだがどこか達成感でいっぱいの表情が伺えた。

「 自分の健康管理にも役立ったし、人助けの実感も得られたし、

 献血の歴史にも立ち会えたし、本当に良かった。」

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

600回の献血は山下さんの人生の目標でもあった。

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

「『献血は世のため、人のため、自分のためだよ』って言って、

 それを他の人に勧めたりしています。

 今後もPRの方を頑張ってやっていきたいと思っています。」

 

 

52年間でなんと!献血600回を達成!

素晴らしい!

多くの人の命が、この献血によって救われているだろう。

お人のためにさせて頂いているようで、自分のためにも活かされた。

 

食べ物、飲み物にも、注されただろう。

献血をするには、健康であってこそ。

 

献血と言う「目標」に対し、ご自身の身体を健康に保つ事へと努力された。

食べ物、飲み物にも、注されただろう。

その姿勢が素晴らしい!

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

「生かされている時間を

  周囲の人たちを支えるために

  活かすと幸せに出会う

  愛と幸せは心で

  与え受け取る

                       by happy-ok3」

 

 

 

       

      

 

 

 

 

              ★★★★★★★★

 

もう、5月も下旬にさしかかった。

微力ながら、私は今、6月度の支援物資の準備をさせていただいている。

 

ずっと、微力であるが、支援を続けさせている中で、不思議な事がよく起きる。

 

天(神)は、人の上辺を判断せず、人の腹の底、心の底を、全てご覧になっている。

上辺と言うのは、耳触りの良い言葉や、団体や肩書など・・・。

 

       すると

 

お人よしの私に、ご自分の得になるように利用しようと近づいてくる人や団体、

上手に誤魔化したり、陰でよろしくない事がある人や団体の事が、なぜか、

ひょんなことから、解ってしまうことがある。

 

解ったときは、唖然とするが、交流は続かなくなる。

 

私は霊能者ではないので、最初からは、解らないが、

不思議に天(神)が教えて下さるのだ。

 

悲しかったり、ショックだったり、腹が立つ事はあっても…。

 

何かがあるとき、天(神)は、よろしくない場や人から助け出し

さらに善い場や人へと、善い事をする力が生かされるよう導かれているからだ。

 

支援物資と一緒に、カードを制作して送付させて頂いているが、

そのカードを心から用いて下さる方々の周囲では、すごく素敵な事が起きている。

 

ここ数日、すごく不思議な体験をした。

また、続きは、明日。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

下記に、相談機関も載せているし、前に進む道は、他にも見つかるから、

命を大事にしてほしい!

 

コロナの感染が、随分、増えて、毎日、被災地よりコロナが優先になってきた。

 

医療関係の方々が、支えられますように!と祈り、

そして、復興は半ばである被災地を応援させて頂きたい!!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今日も【命を支える】happyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

今日の1日の時間の中、あなただけの素晴らしい光を輝かせて欲しいと祈ります!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        お誕生日

今日 5月22がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
私たちへの素晴らしい贈りもの、辛い事があっても、今日の生を大切に。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 

月水木金の14:00~18:00 18:30~22:30(受け付けはどちらも30分前まで)

●生きづらびっと LINE@yorisoi-chat  

月火木金日の17:00時~22:00 水曜は11:00~16:00

 

2022年度創設の広域通信制高校「やまと高等学校」

#学校ムリでもここあるよ

定時制高校

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

はてなブログにいる方は「あなたのお誕生日によせて」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」の更新が入ります。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き心から感謝します。感想、よければコメント頂けたら嬉しいです。

 

昨日は、誉くんは、私と遊んでほしくて、カゴから飛び出し

追っかけっこをしていました。

それが楽しいのでしょうが、器用に動くので、私は大変です。

 

誉くんは、生まれつき障がいが沢山あり、

全く飛べませんでしたが、奇跡が起きました。

有難いことです。

 

みなさま、お身体だいじになさってくださいね。

今日が、笑顔の1日でありますように。

 

えがお~。

 

 

(晴ちゃんです)

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

なかよしは、思いやり!

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

事故処理&ほっとカフェ&献血600回&不思議” に対して1件のコメントがあります。

  1. すふれ より:

    おはようございます、happyさん。
    すふれです。

    けさもコメントをかかせてもらう時間がなくなってしまいました。ごめんなさい。
    遅くなるかもしれないのですが、またあとでよませてもらってコメントも
    書かせてもらいます。
    よろしくおねがいします(#^.^#)。

    誉さん、ほんとうにすごいですね! (#^.^#)。
    happyさんの愛情のおかげだとおもいます。

    おからだに気をつけて下さいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)/。

    1. happy-ok3 より:

      すふれさま、おはようございます。

      お忙しい中、ありがとうございます!!!

      誉くんとのおっかけっこは、大変です。

      私も、忙しくて、遅くなりました、ありがとうございます。

      お身体大事になさってくださいね。

      素敵な1日になりますように。

      1. すふれ より:

        こんにちは、happyさん。
        すふれです。

        きょうもたくさんのいろんな記事を
        いっしょうけんめいにかいてくださって
        ほんとうにありがとうございます。

        >【小林製薬、仙台に「医療品工場」増設】
        >【福島県南相馬市に工場完成、アイリスオーヤマ】
        >【福島・浪江町でサバの陸上養殖場】
        被災地での企業の進出はうれしいですね(#^.^#)。
        企業でないとできない支援もあるとおもいます。
        ほんとうによかったとおもいました。

        きょうも新型肺炎の状況をありがとうございます。

        >事故が起きたのは宇都宮市道場宿町の県道交差点。

        このおはなし、ハラハラしながらよんでいました。
        少年のいのちがたすかってほんとうによかったです。
        関康平さん、ほんとうに冷静でやさしく勇気のあるかたですね。

        >神奈川県川崎市の武蔵小杉駅の南西に位置する中原区今井南町の一角に
        5月11日、今井南町の自治会がカフェをオープンした。

        「ほっとカフェ」というなまえもすてきです。
        このような交流はちいきの活性にもつながるし、
        なによりもやさしい町になるようにおもいます。

        >カフェを訪れた80代男性は、
        「近所に住んでいてチラシを見て立ち寄った。普段あまり出会いが無いので、
         いろいろな人とお知り合いになれたらうれしい」と話していた。

        すてきですね(#^.^#)。
        人と人が知り合えると、また新しい発見もできるとおもいます。

        >山梨県甲府市の山下修身さん。
        「今日は600回目、最後の献血に参りました。」

        600回も! ほんとうにすごいです!
        たくさんのみなさんを救ってこられたのですね。
        ごじぶんの健康管理もしっかりされていて、
        人のためだとおもうと、かえってきちんと健康管理ができると
        おっしゃるところがほんとうにすばらしいです!
        ほんとうにやさしい山下修身さんです(#^.^#)。

        > ここ数日、すごく不思議な体験をした。
        また、続きは、明日。

        どのようなことなのかなぁ(#^.^#)。
        きっと、善いこころのまわりには善いことがおきるのですね。

        きょうもコメントがすくなくて
        ほんとうにごめんなさい。

        誉さんの奇跡、ほんとうにすごいですね! (#^.^#)。
        おかげさまで、メイはずいぶん良くなっています(#^.^#)。

        晴さん、誉さん、たつきさん、
        きょうもかわいいすがたとえがおを
        ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
        いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
        しあわせなきもちになってにっこりしています(#^.^#)。
        みんなげんきでいてくださいね!

        happyさん、
        くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
        良い午後になりますように(#^.^#)。

        1. happy-ok3 より:

          すふれさま、こんばんは。いつも感謝します。

          >「被災地での企業の進出はうれしいですね(#^.^#)。
          企業でないとできない支援もあるとおもいます。」

          仰るとおりです。
          企業が協力すると、雇用も増え、地域の産業が活発になります。

          >「少年のいのちがたすかってほんとうによかったです。
          関康平さん、ほんとうに冷静でやさしく勇気のあるかたですね。」

          すごい方ですね。若いのに。

          >「「ほっとカフェ」というなまえもすてきです。
          このような交流はちいきの活性にもつながるし、
          なによりもやさしい町になるようにおもいます。」

          立ち上げた方、協力された方、皆さん素晴らしいですね。

          これから、温かい交流が生まれますね、

          >「600回も! ほんとうにすごいです!
          たくさんのみなさんを救ってこられたのですね。
          ごじぶんの健康管理もしっかりされていて、
          人のためだとおもうと、かえってきちんと健康管理ができると
          おっしゃるところがほんとうにすばらしいです!」

          500回を超えた頃から、600回を目標にされてきたようです。

          確かに、健康であってこそ、献血ができますね。

          不思議すぎてびっくりしましたが。(#^.^#)

          今日も鳥たちの事感謝します。

          みんな喜んでいます。

          お身体大事になさってくださいね。

          いつも本当にありがとうございます。

  2. ぷ~たん より:

    こんにちは
    happy-ok3さま
    ぷ~たんです

    今日も福島で地震がありましたね。
    何時になった被災地が平穏に暮らせる日が来るのかと思いました。
    復興途中でまた地震は気持ちが重くなりますよね。

    そして関さんの判断が素晴らしいです。
    動かしてダメだろうと分かっても車が来るから。
    尻込みしてしまう。

    ささっと
    適切な対応凄いと思います。

    本日もたくさんの情報ありがとうございます

    暑くなりました
    とりちゃん達もhappyさんもご自愛ください

    1. happy-ok3 より:

      ぷ~たんさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「今日も福島で地震がありましたね。
      何時になった被災地が平穏に暮らせる日が来るのかと思いました。」

      仰る通りです。

      復興にむけて、企業さんたちも頑張っている中なのに、悲しくなります。

      >「そして関さんの判断が素晴らしいです。」

      まだ、若いのに、すごいです。

      私たちも、こういう事ができるようにしたいです。
      男の子、命が助かって良かったです。

      明日はまた気温が上がるようです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  3. ちろ より:

    こんにちは
    小林製薬は仙台に医薬品工場を増設、
    アイリスオーヤマは南相馬市に工場を
    復興に貢献しているのですね
    これで地域が潤うと良いですね
    サバの陸上養殖は浪江町の水産業復興へ
    これも頑張ってほしいですね
    閉校する小学校と中学校の最後の合同運動会、
    生徒数が合わせても5人なのですか
    最後と言われると寂しいですね
    25歳の関さん、若いのに機転がすごいです
    冷静に状況を判断されたのですね
    >事故が起きた後の対応なども、教習所や免許更新センターで指導されると良いのに
    これは本当にそうです。そうなれば事故で慌てることも減るでしょう
    ほっとカフェ素敵です~楽しそうに談笑していますね
    色んな方と知り合う機会を提供しているのですね
    甲府市の山下さん、52年間で600回!の献血凄すぎます
    人助けにも自分のためにもなって良いことばかりですね
    人生の目標が達成できて素晴らしいです
    誉ちゃんと追いかけっこ、なんだか楽しそう
    今日もありがとうございます
    happyさんもお身体には気をつけてくださいね(^^)

    1. happy-ok3 より:

      ちろさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「小林製薬は仙台に医薬品工場を増設、
      アイリスオーヤマは南相馬市に工場を
      復興に貢献しているのですね」

      企業の協力は復興への大きな力ですね。

      >「サバの陸上養殖は浪江町の水産業復興」
      このこともすばらしいです!

      >「閉校する小学校と中学校の最後の合同運動会、
      生徒数が合わせても5人なのですか」

      震災の影響で、人数が減ったようです。
      最後にいい運動会でしたね。

      >「25歳の関さん、若いのに機転がすごいです
      冷静に状況を判断されたのですね」

      すごいです。

      そうなのです。事故を起こさない事が大事ですが、起きた時の対応なども、
      学ぶ必要があるように思います。>「>「

      >「ほっとカフェ素敵です~楽しそうに談笑していますね」

      喜びが伝わってきますね!

      >「甲府市の山下さん、52年間で600回!の献血凄すぎます
      人助けにも自分のためにもなって良いことばかりですね」

      すごいです!!!!びっくりです!

      >「誉ちゃんと追いかけっこ、なんだか楽しそう」
      ちょっと、疲れますが。(#^.^#)

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)