66年続く寄付&小児がんの少女&命を救った犬

2022年 1月14日(金)

 

温かい人たちの事実と、被災地の報告と、新型コロナウィルスの内容も。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

このブログでは、お金は発生しません。

 

「生かされている時間、命のために支援を。

 

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

【諏訪之瀬島で爆発27回、噴煙の高さ1100メートル】

 

●十島村諏訪之瀬島の御岳で12日、午後11時までに爆発が27回あった。

 

福岡管区気象台によると、観測できた噴煙の高さは最高1100メートル。

大きな噴石が南東に700メートル飛んだ。

 

 

噴煙を上げる諏訪之瀬島の御岳

十島村(鹿児島地方気象台提供)

(南日本新聞社)

 

 

 

気象台は警戒レベル3(入山規制)を継続している。

【真備から神戸へ、復興のメッセージ】

 

 

 

 

 

 

(写真:岡山放送様)

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真:岡山放送様)

 

 

 

 

 

 

 

1月17日に神戸市役所前の公園で開かれる震災の集いに届けられる。

 

 

【兵庫県の復興住宅233カ所で、昨年の孤独死62人】

 

●阪神大震災の被災者らが入居する兵庫県内の災害復興公営住宅233カ所で、

昨年1年間に1人暮らしで死亡した「孤独死」は前年比9人減の62人。

 

兵庫県警の検視結果をもとに産経新聞がまとめた。

 

孤独死者数の集計は平成12年から始まり、27年は過去最少の33人となったものの、

翌28年に66人まで増え、令和元年は75人、2年は71人だった。

 

孤独死した入居者が、震災の被災者だったかどうかは確認できていない。

全体の43.5%にあたる27人が推定死亡日から1日以内に発見されたという。

産経新聞様)

 

 

【水中ロボに不具合、炉格納容器の調査見送り】

 

●東京電力は12日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内の調査のため

投入する予定だった水中ロボットに不具合が見つかり、投入開始を見送ったと発表。

再開時期は未定。  

 

12日正午に格納容器内に通じる投入口前でロボットに電源を入れた際、

モニターに線量計のデータが正しく表示されなかった。

 

 

廃炉作業が続く東京電力福島第1原発1号機。

下は2号機=2021年2月

(写真:河北新報様)

 

 

 

 

六つの内蔵カメラのうち、進行方向を確認するためのカメラの時刻表示が

止まるエラーも見つかった。  

 

東電によると、昨年12月17日に実施した最終動作確認の際は線量計も

カメラも表示に異常はなかったといい、不具合の詳しい原因は分かっていない。  

 

水中ロボットは計6種類あり、半年間かけて順次投入する予定。

 

溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況確認や超音波を使った内部の

3Dマッピング(立体映像投影)化、堆積物のサンプル採取などを目指す。

 

 

【三河地震から77年、犠牲の8人の児童を追悼】

 

●マグニチュード6.8。

2306人が犠牲となった1945年の三河地震の発生から、13日で77年。  

 

 

(写真:CBCテレビ様)

 

 

 

本堂が倒れ、名古屋から疎開中の児童8人が犠牲となった愛知県西尾市の安楽寺。

 

 

 

 

 

(写真:CBCテレビ様)

 

毎年この日に追悼法要が営まれ、13日も地元住民ら約15人が参列。

 

 

 

 

 

(写真:CBCテレビ様)

 

三河地震は、戦時下の情報統制のため、被害が詳しく伝えられることはなかった。    

 

 

 

 

 

(写真:CBCテレビ様)

 

安楽寺・伊奈祐諦前住職は

「次の世代の私たちは、あの地震の体験を今日の課題としてどう学んでいくか、

 大事なことが問われています」

 

 

(写真:CBCテレビ様)

 

 

 

寺は、戦争と地震という二重の悲惨な体験を風化させないよう、

法要を続けていきたいとしている。

 

 

熱海で被災した猫たちの里親に

 

●静岡県熱海市で起きた大規模な土石流被害から4カ月以上が経過。

 

土石流被害に遭った被災者のペットの保護活動などを続けている熱海市の

NPO法人「くすのき」は、民間災害時動物救済本部(CDCA、東京) と連携し、

同地区に取り残されたに猫を中心に、100匹以上を3カ所のシェルターで保護。

 

保護した猫の中には、災害で亡くなった住民が飼っていたり、被災により飼い主が

飼い続けることができなくなって託されたりした猫もいるという。

 

静岡・熱海の土石流で被災した猫たちの里親に

東京で保護猫の譲渡会

(写真:OVO様)

 

 

くすのきと、国内の大規模災害支援を専門とする民間の緊急支援チーム

公益社団法人「Civic Force」(東京)による猫の譲渡会「ねこざんまい」が、

 

1/23(日曜)、2/6(日曜)、2/20(日曜)、12時~16時に、

東京都中央区立産業会館で開催される。

 

予約・申し込み不要で参加できる。  

 

「ねこざんまい」は毎月2回、東京・東日本橋で開催され、飼い主を失った猫と

里親をつないでいる。

 

くすのきでは、オンライン譲渡会なども開催し、里親探しを加速させていく計画。

 

また、譲渡されるまでの間、猫が安心して暮らせる場所と健康的に過ごすための

フードを確保し、必要に応じて医療を提供。

 

猫の飼育や譲渡会の様子、被災地の復旧・復興状況などの情報をホームページや

SNSで定期的に発信していくという。

 

問い合わせは:NPO法人「くすのき」☎ 0557-28-0126

 

 

【福岡島弁護士会、無料の電話相談】

 

●福岡県弁護士会は豪雨の被災者に対する法的支援を行うため、無料の相談窓口を

県内18か所の法律相談センターに開設した。

 

 

(写真:福岡弁護士会様)

 

 

 

 

 

 

弁護士会によると、過去の豪雨災害の時には「自宅の屋根が崩れ、

隣の家の窓ガラスを割ってしまった」

「浸水して店の商品がダメになってしまった、どうすればよいのか」などの相談が。

 

 

(写真:福岡放送様)

 

 

 

無料の法律相談は事前の予約が必要で、

電話番号は0570-783-552。

 

福岡県弁護士会は「豪雨に関するトラブルは、なんでも相談してほしい」と。

 

 

【義援金を募集】

 

●熱海土石流の義援金

振込先は 三島信用金庫熱海支店 普通預金「1198255」

名義は「熱海市災害義援金」

 

丹波篠山火災義援金

振込先は 三井住友銀行篠山支店 普通預金「4001856」

名義は「丹波篠山市義援金」

 

●令和3年8月大雨災害青森県義援金 8月18日(水)~令和3年12月28日

振込先は 青森銀行 県庁支店 普通預金 「3049150」

名義は「令和3年8月大雨災害青森県義援金

 

振込先は  みちのく銀行 青森支店 普通預金 「2861912」

名義は「令和3年8月大雨災害青森県義援金

 

●佐賀県豪雨被害義援金 8月23日(月)~来年3月31日(水)

 

 

 

 

 

 

 

振込先は 佐賀銀行 県庁支店 普通預金「3074492」

名義は「佐賀県 健康福祉部福祉課 課長 野田英雄」

 

振込先は 佐賀銀行 県庁支店 普通預金 「344860」

名義は「社会福祉法人 佐賀県共同募金会 会長 陣内芳博」

 

●武雄市義援金(武雄市にダイレクトに届く)

振込先は ゆうちょ銀行 

口座番号「00920-2-277185」

名義は「武雄市災害義援金(タケオシサイガイギエンキン)」

 

振込先は 佐賀銀行 武雄支店(店番655) 

口座番号 普通預金「2109798」

名義は「武雄市災害義援金(タケオシサイガイギエンキン)」

 

●大町町義援金(大町町にダイレクトに届く)

振込先は 佐賀銀行 大町出張所 

口座番号 普通預金「3024490」

名義は「大町町災害義援金(オオマチチョウサイガイギエンキン)」

 

振込先は ゆうちょ銀行 

口座番号「00930-6-238697」

名義は「大町町災害義援金(オオマチチョウサイガイギエンキン)」

 

 

 【1月13日は、全国で1万8859人、東京3124人感染】

 

●1月13日は全国で1万8859人の感染。

広島県で2人、千葉県で1人、東京都で1人の合わせて4人の死亡の発表。

(写真:NHKニュース様)

 

 

 

東京では、13日、新たに3124人が感染していることが確認された。

 

 

【コロナ禍の中、命を大切に、相談を】

 

自殺ネットワーク風 では、各地域に相談窓口の電話がある。

👆 電話をしてほしい。  また、👇も。

 

 

 

 

 

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●1月13日15時26分頃  震度3 大隅半島沖

●1月13日00時48分頃  震度1  種子島近海

●1月13日00時46分頃  震度2  種子島近海

 

【南海トラフ地震、40年以内の発生率、90%程度に引き上げ】

 

 

 

(写真:読売新聞様)

 

 

 

 

 

 

 

 

1月13日は、命を守る決意&バリアフリー&パンの希望&支援で支えを。

 

 

 

 

 

支え合うとき、命が守られる。

 

    ★★★★★★★★★★

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

     ★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ長崎様)

 

寄付をしたのは ASグループ基金で、

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ長崎様)

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ長崎様)

 

 

 

 

 

 

 

(写真:テレビ長崎様)

 

 

 

(写真:テレビ長崎様)

 

 

 

 

 

1956年に長崎県警に「300円」を送ったとあるが、

何だ、300円かと思わないでほしい。

 

66年前の300円は、今の5000円くらいの、

お金であり、100円はお札 だった。

 

(写真:日本銀行様)

 

 

 

1953年に板垣退助の肖像の100円券が発行され、1974年に停止された。

 

3人からの寄付はこれまでに126万円を超えているとあるが、

 

単純計算すると、お一人あたりが、毎年6000円くらいのお金を

寄付し続けていると言う計算になる。

 

1956年に17歳だったが、現在のお歳は85歳になる。

 

私の母も、ずっと「恵まれないこどものために」と、

毎月、支援のお金を送付していたことを思い出した。

 

続けての支援は、大きな力と助けになる。

 

     ★★★★★★★★★★

 

アメリカ・コネチカット州在住で、9カ月の女の子の赤ちゃんと、

8歳のボストン・テリア「ヘンリー」と暮らすジェフ&ケリー・ダウリング夫妻。

 

(Twitter@KayAyDrew)

(COSMOPORITAN)

 

 

 

 

 

 

先日、この家族に起きた出来事が話題になっている。

 

深夜、赤ちゃんが子ども部屋で一人で寝ているときに、何度も押しかけて

赤ちゃんを起こそうと奇妙な行動を始めたボストン・テリアのヘンリー。

 

母親のケリーさんは当時の様子を<グッドモーニング・アメリカ>にこう語った。

 

「ヘンリーは子ども部屋のドアを頭突きで開けて、娘の部屋に入って

 そこから離れませんでした。

 私がヘンリーを部屋から連れ出すたびに、彼はすぐに戻ってきたんです」

 

 

(Twitter@KayAyDrew)

(COSMOPORITAN)

(写真真ん中の上にヘンリーの顔が小さく)

 

 

 

 

ヘンリーの度重なる行動に、夫妻は娘の様子を改めて見に行くことにした。

すると、風邪を引いていた娘が呼吸困難になっているのを発見したという。

 

「娘は気道を確保できていなかったんです。

 どんどん青くなり、硬直し始め、息ができない状態でした」

 

ジェフさんとケリーさんはすぐに娘を地元の病院に連れていき、

赤ちゃんは、医師の処置により九死に一生を得たという。

 

その日の夜、家族は病院から帰宅し、ヒーローであるヘンリーに感謝を伝えたと。

 

(Twitter@KayAyDrew)

(COSMOPORITAN)

 

 

 

 

 

 

「私たちは、娘の命の恩人であるヘンリーに感謝の気持ちも込めて

 より多くの愛情を注いでいます。

 昨夜はみんなと同じベッドで寝ることを許されましたし、

 大好物もあげようと思っています」

 

現在は赤ちゃんの体調も回復した。

 

ボストン・テリアは、小型犬である。

 

 

(写真:いぬのきもち様)

 

 

 

「いぬのきもち」によると、ボストン・テリアは、

温和な性格で「アメリカ犬界の紳士」という異名をもらうほど。

 

人なつこく、愛嬌があり、優しい性質で、相手を傷つけることを好まず、

人間との交わりを好むとある。

 

8歳と言うから、今まで愛され、大切に育てられてきたのだろう。

お互いの命を大切に愛する行為は、お互いを幸せにする!

 

     ★★★★★★★★★★

 

福岡市内に11日、新しい駄菓子屋がオープンした。

店の名前は『ちとせや』。

 

 

店の隅に飾られた少女の写真は、添田さんの二女・千歳さん

 

 

(写真:福岡放送様)

 

 

 

店長の娘で、7歳で亡くなった女の子の名前「千歳」から付けられた。

 

千歳さんが白血病を発症したのは3歳の時。

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

2年半におよぶ治療を経て、一時体調は落ち着いた。そして。

 

千歳さんの父親・晃さん 「千歳が緊張しています。」

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

楽しみにしていた小学校の入学式を迎えることができた。

 

しかし4か月後、病気が再発し、この年の夏以降、学校に通うことはできなくなった。

 

そんな中、闘病中の千歳さんが、お母さんにあてた手紙は

 

「結婚記念日なのに、何もできなくてごめんね。

 また美味しいご飯作ってね。ママ大好きだよ。」

 

 

 

 

 

 

一緒に添えられていたのは駄菓子だった。

 

 

 

 

 

 

自宅から約7キロ離れた場所に住む祖母が営んでいた駄菓子屋は、

千歳さんがお気に入りの場所だったという。

 

添田さんは

「とってもうれしかった、そのころは、治療法がないと言われて、

 不安が大きくて、自分たちの結婚記念日なんて、

 これっぽちも覚えていなかったし、そんな中、千歳は

 病気のことだけじゃなくて、心も成長していた。」

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

闘病生活の中で千歳さんは、人の役に立ちたいという思いを抱く。

 

 

(写真:福岡放送様)

 

 

 

自宅療養を続けていた2年生の夏、小児がんの子どもへの街頭募金活動に参加。

そして、その1週間後に旅立った。

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

千歳さんが抱いた周囲への感謝の思いを形にしたい。

 

母親の駄菓子屋を継いでいた添田さんは、地域の子どもの居場所になればと

自宅近くに新たな駄菓子屋を開くことを決めた。

 

千歳さんの思いを忘れずにつないでいくという意味を込めて、

店名は『ちとせや』にした。

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

「大きくなった。」 千歳さんの同級生も訪れた。

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

小5男児

「思い出した。一緒に遊んだ、鬼ごっことか。(また)来たい。」

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

「(千歳から)周りの人にありがとうという気持ちを持って頑張ってね、

 と言っているような気持ちがする。

 ふと立ち寄りたくなる場所というかそこに行けばきっと笑顔に会える誰かがいて、

 話ができるそんな、ほっとできる居場所であれば。」

 

 

 

 

 

(写真:福岡放送様)

 

千歳さんが見守る中、新たな地域の居場所として生まれた駄菓子屋は、

亡き娘の思いとともに添田さんは1歩を踏み出した。

 

2年生の千歳さんは、亡くなる1週間前の夏、

小児がんの子どもへの街頭募金活動に参加していた。

 

闘病生活の中で人の役に立ちたいという思いを抱いたことを実行したのだ!

 

ご自分の思いどうりにならない、ご自分と意見が違うと言っては

人を悪者に仕立てあげ、嘘と誹謗中傷を流す大人達がいる。

 

また、学校内での、イジメは増えるばかりだ。

 

命が生かされている今日、千歳さんのように

「命を助けるための活動」ができたら幸いだ!

 

     ★★★★★★★★★★

 

さて、微力ながら、毎月、何カ所かの団体に、支援物資を送付させて頂いている。

 

NPOや学校ではないのだが、阪神・淡路大震災の時、お仲間を支援された事が

きっかけで、その後、20年にわたり、ホームレスの方々を支援し続けている方々の

責任者とお話しが出来た。

 

近日、そこにも、微力だが、支援物資を送付させて頂こうと準備をしている。

 

衣類なども必要だと仰ったが、友達にその事を話していると、偶然?なのか

新品だが、ご主人が着ない冬もの衣類があるので、私に託けると…。

 

有難く、感謝な事だ。

 

この寒さが厳しい中、守られるよう、祈っている。

 

  ★★★★★★★★★

 

「命への愛情を持つ人は

 謙遜であり誠実

   命への愛情は

 人を救う大きな力を

 発揮させる

       by happy-ok3」

 

 

 

       

      

 

 

 

 

              ★★★★★★★★

 

今日、支えられている命に心から感謝!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

下記に、相談機関も載せているし、前に進む道は、他にも見つかるから、

命を大事にしてほしい!

 

コロナの感染が、随分、増えてきた・・・。

 

医療関係の方々が、支えられますように!と祈り、

そして、復興は半ばである被災地を応援させて頂きたい!!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今日も【生かされている命を支援するhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

今日の1日の時間の中、あなただけの素晴らしい光を輝かせて欲しいと祈ります!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        お誕生日

今日 1月14がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
私たちへの素晴らしい贈りもの、辛い事があっても、今日の生を大切に。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 

月水木金の14:00~18:00 18:30~22:30(受け付けはどちらも30分前まで)

●生きづらびっと LINE@yorisoi-chat  

月火木金日の17:00時~22:00 水曜は11:00~16:00

 

●ホームレス支援団体

抱樸館の担当=093(883)7708

Home door=06(6147)7018 

 

#学校ムリでもここあるよ

定時制高校

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

はてなブログにいる方は「あなたのお誕生日によせて」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」の更新が入ります。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き心から感謝します。感想、よければコメント頂けたら嬉しいです。

 

シャイな誉くんは、カゴに戻る時、1度呼んだだけでは、戻りません。

私が手を伸ばすと、高い所や、その他の所に、いったん止まります。

それから、カゴの上に降りてくると、私の手にくっついて抱かれます。

そして、カゴの中に、入れられます。

このパターンが、お気に入りのようです。(#^.^#)

 

寒くなりましたから皆様も、お身体だいじになさってくださいね。

新しい年が、素敵な1年になりますように。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

66年続く寄付&小児がんの少女&命を救った犬” に対して1件のコメントがあります。

  1. uribouwataru より:

    uribouです。happy さん、おはようございます。
    おかげさまでだいぶ元気になりました。

    >真備希望プロジェクト 平野将代表は 「神戸の皆さんで、まだあの時の記憶、心の傷が癒えずに当時のことを語り切れないという方々がいると耳にしている。
    一緒に力強い町を作っていこう」

    ⇒経済的、精神的に傷を負った方が、立ち直るきっかけになってくれれば、すばらしいことです。これからも頑張って欲しいと思います。

    >阪神大震災の被災者らが入居する兵庫県内の災害復興公営住宅233カ所で、昨年1年間に1人暮らしで死亡した「孤独死」は前年比9人減の62人。

    ⇒以前として高い水準ですね。近年は、地域との関わり合いが薄れてくる高齢者が増えているのではないでしょうか?
    happyさんが、ご紹介されているような成功例のニュース。
    例えば、地域の子供たちとの関わりや地域の方々とのふれあいの強化など、出来ることが少しでも試みられると良いのではと思います。
    難しいことかもしれませんが、少しでも孤独死が減ってくれればと願うばかりです。

    >3人からの寄付はこれまでに126万円を超えているとあるが、単純計算すると、お一人あたりが、毎月6000円くらいのお金を寄付し続けていると言う計算になる。
    1956年に17歳だったが、現在のお歳は85歳になる。
    私の母も、ずっと「恵まれないこどものために」と、
    毎月、支援のお金を送付していたことを思い出した。

    ⇒素晴らしいことですね。継続して行うことは、多くの方を動かす力になると思います。私も継続してできるよう頑張りたいです。

    >「私たちは、娘の命の恩人であるヘンリーに感謝の気持ちも込めてより多くの愛情を注いでいます。
    昨夜はみんなと同じベッドで寝ることを許されましたし、
    大好物もあげようと思っています」

    ⇒すごいことですね。動物と人間の目に見えない心の絆を感じます。

    >2年生の千歳さんは、亡くなる1週間前の夏、
    小児がんの子どもへの街頭募金活動に参加していた。
    闘病生活の中で人の役に立ちたいという思いを抱いたことを実行したのだ!
    ご自分の思いどうりにならない、ご自分と意見が違うと言っては人を悪者に仕立てあげ、嘘と誹謗中傷を流す大人達がいる。
    また、学校内での、イジメは増えるばかりだ。
    命が生かされている今日、千歳さんのように
    「命を助けるための活動」ができたら幸いだ!

    ⇒ほうとうに大切なことは、何かをわかっているから、自分が大変でも他人のために活動できたのではないでしょうか。
    必ず見ている人は見ているものです。
    happyさんも、信念を貫いて下さいね。

    今日もありがとうございました。私も体に気を付けて無理を
    しないようにします。
    happyさんもお体、ご自愛ください。

    1. happy-ok3 より:

      uribouさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「おかげさまでだいぶ元気になりました。」

      良かったです。引き続き大事になさってくださいね。

      >「経済的、精神的に傷を負った方が、立ち直るきっかけになってくれれば、すばらしいことです。これからも頑張って欲しいと思います。」

      阪神・淡路大震災は、きつかったです。悲しみは消える事が無いですから。

      >「以前として高い水準ですね。近年は、地域との関わり合いが薄れてくる高齢者が増えているのではないでしょうか?」

      それはあると思います。
      仰るように、地域として、働きかけがあればいいのですが、こちらの地域はマンションが増えました。

      普通にマンションに住んでいても、親しい関係には・・・。
      でも、あいさつしたり、外に出たりがありますから、色んな方との交流はもてます。

      でも復興住宅などに住むと、生活は落ち着いても、他の方との交流がへります。
      結果、部屋から出ない、と言う事が増えていきます。

      県とか市のレベルではなく、町で祖言うことがあればいいのですが、
      課題として、自治体でも、考えて頂けたらありがたいですね。

      >「素晴らしいことですね。継続して行うことは、多くの方を動かす力になると思います。私も継続してできるよう頑張りたいです。」

      66年も継続!というのがすごいです。
      私もお手本にさせて頂きます。

      >「すごいことですね。動物と人間の目に見えない心の絆を感じます。」

      おっしゃるように、素晴らしい絆ですね。

      >「ほうとうに大切なことは、何かをわかっているから、自分が大変でも他人のために活動できたのではないでしょうか。
      必ず見ている人は見ているものです。
      happyさんも、信念を貫いて下さいね。」

      千歳さん、すごいです。
      亡くなる1週間まえに、募金活動を!
      病気の苦しみが分かるからですね。

      お身体、調子が戻って良かったです。
      大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  2. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    昨日がは1月14日だと勘違いしていて
    happyさん、きょうは更新がずいぶん遅いけれど
    どうされたのかなぁ、とすごく心配していました。
    そうしたら
    今日が1月14日なんだって今、気づいて、びっくりしました。
    わたしがぼんやりしすぎていました。
    ほんとうにごめんなさい。
    なので、今朝もコメントを書かせてもらう時間が
    なくなってしまいました。ごめんなさい。
    また後で読ませてもらってコメントも書かせてもらいますね。
    よろしくおねがいします。

    きょうもすごーく寒いです。
    お体に気をつけてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)/。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます。いつも感謝します。

      コメント、こうしてありがとうございます。

      私は、スフレ様のお身体の調子でもよくないのかと、心配していました。

      ほっとしました。

      今日も寒いです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます

      1. スフレ より:

        おはようございます、happyさん。
        スフレです。

        きょうもたくさんのいろんな記事を
        いっしょうけんめいにかいてくださって
        ほんとうにありがとうございます。

        >【真備から神戸へ、復興のメッセージ】

        今回で3回目になるのですね。
        これからもずーっとつづけてゆかれるのだとかんじました。
        被災地のみなさん同士にだから、わかりあえることが
        たくさんあるとおもいます。
        一筆一筆におもいをこめられたメッセージが書かれている
        竹灯籠はたくさんのみなさんのこころにのこるとおもいます。

        >【三河地震から77年、犠牲の8人の児童を追悼】

        戦争と地震、なくなられたこどもさんたちのことを
        わすれてはいけないです。
        じょうずにいえなくて、ごめんなさい。

        きょうも新型肺炎の状況をありがとうございます。

        >親から子へ志を受け継ぎながら、半世紀以上寄付を続けている人たちがいる。

        すごいことだとおもいました(#^.^#)。
        継続してずーっとつづけていらっしゃるのは
        きっと、しっかりとした思いがあるからなのだとおもいます。
        親戚のみなさんも加わって、ほんとうにみなさん
        心根のやさしいかたたちのなんだなぁとしみじみおもいます。

        >私の母も、ずっと「恵まれないこどものために」と、
        毎月、支援のお金を送付していたことを思い出した。

        happyさんのおかあさま、すばらしいかたですね(#^.^#)。

        ボストン・テリアのヘンリーさん、ほんとうにえらいですね! (#^.^#)。
        あかちゃんが無事でほんとうに良かったです。
        おはなしできないから、ヘンリーさんもいっしょうけんめいに
        おしらせしていたのですね。

        千歳さんのおはなしにむねがいっぱいになってしまいました。
        天に帰られる寸前までみんなのためにがんばってくれていたのですね。
        駄菓子屋の「ちとせや」は千歳さんのやさしいこころでいっぱいのお店ですね。

        happyさんのお友達のみなさんはやさしいかたたちばかりですね(#^.^#)。
        そしてhappyさんを信頼されているのがよくわかります(#^.^#)。

        きょうもコメントがすくなくて
        ほんとうにごめんなさい。

        誉さん、かわいいです。
        happyさんにあまえているのかなぁ(#^.^#)。

        晴さん、誉さん、たつきさん、
        きょうもかわいいすがたとえがおを
        ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
        いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
        しあわせなきもちになってにっこりしています(#^.^#)。

        冷たい風です。
        happyさん、
        くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
        良い一日なりますように(#^.^#)。

        1. happy-ok3 より:

          スフレさま、こんばんは。いつも感謝します。

          >「今回で3回目になるのですね。
          これからもずーっとつづけてゆかれるのだとかんじました。
          被災地のみなさん同士にだから、わかりあえることが
          たくさんあるとおもいます。」

          これからも、ずっと、続いてほしいです。

          被災地の者たちだから分かり合える、その通りだと思います。

          >「戦争と地震、なくなられたこどもさんたちのことを
          わすれてはいけないです。」

          戦争の事で、大きな支援も出来なかったのでは?と思います。
          忘れないでいたいですね。

          >「継続してずーっとつづけていらっしゃるのは
          きっと、しっかりとした思いがあるからなのだとおもいます。

          66年も続くってすごいです。

          >「happyさんのおかあさま、すばらしいかたですね(#^.^#)。」

          小さな頃から、その姿を見てきました。有難いです。

          >「あかちゃんが無事でほんとうに良かったです。
          おはなしできないから、ヘンリーさんもいっしょうけんめいに
          おしらせしていたのですね。」

          そうですね、
          お話ができないから、行動で、一生懸命示していたのですね。

          素晴らしいですね。

          >「千歳さんのおはなしにむねがいっぱいになってしまいました。
          天に帰られる寸前までみんなのためにがんばってくれていたのですね。」

          すごいです。2年生ですよ!
          いまもきっと、ちとせや を通して、皆さんを見守って下っているでしょうね。

          >「happyさんのお友達のみなさんはやさしいかたたちばかりですね(#^.^#)。」

          優しい方ばかりで、ほんとうに有難いです。
          いつも本当にありがとうございます。

          >「誉さん、かわいいです。
          happyさんにあまえているのかなぁ(#^.^#)。」

          そうだとおもいます。(#^.^#)

          毎日、寒いです。
          お身体大事になさってくださいね。

          いつも本当にありがとうございます。

  3. ぷ~たん より:

    おはようございます

    happy-ok3さま
    ぷ~たんです

    何でも継続することは大変な事だと思います。
    寄付、支援、見守ること、happyさんのように災害情報の記事。
    凄いことだと思います。
    見習いたいとおもいます。

    そして千歳さんは病のなか自分で出された考えを実行されたことは凄いこと。
    私たち大人はこの記事をみて考えさせられる事はたくさんあると思います。
    自分がしたこと、ほんの少しの事でブチブチ言ったり。
    人の気持ちがわからない、自分がされたら嫌なこと。
    心が洗われるようです。

    そしてペットがお子様助けた記事
    ワンちゃんは敏感に臭いや気や音で以上を察知すると聞きます。
    人が怒ったり悲しんだりすると臭いや出している気が分かるので
    寄って来なかったり横に寄り添ってくれたり。
    飼っていたらすごく分かりす。
    大切に飼われていたことが伺えます。
    お子様が助かって良かったと思います。

    本日もたくさんの情報ありがとうございます。

    今日も一日元気に笑って過ごします。
    uribouさまが元気になられて良かったです♪

    1. happy-ok3 より:

      ぷ~たんさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「何でも継続することは大変な事だと思います。」

      66年も続けておられるって、すごいですね。

      >「そして千歳さんは病のなか自分で出された考えを実行されたことは凄いこと。
      私たち大人はこの記事をみて考えさせられる事はたくさんあると思います。」

      亡くなる1週間まえに、小児がんの募金活動!
      本当は、身体もしんどかったのでは?と思います。

      >「心が洗われるようです。」

      仰るとおりですね。

      >「ワンちゃんは敏感に臭いや気や音で以上を察知すると聞きます。
      人が怒ったり悲しんだりすると臭いや出している気が分かるので
      寄って来なかったり横に寄り添ってくれたり。
      飼っていたらすごく分かりす。」

      犬は敏感ですね。

      >「お子様が助かって良かったと思います。」

      あと少し発見が遅れたら、大変でしたよね。

      >「今日も一日元気に笑って過ごします。」

      私も、そうさせていただきます。
      (#^.^#)

      uribouさまが元気になられ、私もほっとしました。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます

  4. HANA より:

    happyさん、こんにちは。
    コロナが終息する兆しが見えず、特に低温、乾燥するこの時期は増えつつあり、不安です。

    ・継続は金、と言いますが、それほど尊く、貴重なことだと感じます。
    ・動物の本能的な勘は、人間が察知できない不思議な感覚なのでしょうね。
    ・つい最近、知人が交通事故でこの世を去りました。
    与えられた命も、いつ何が起きて終わりを迎えるかわかりません。

    今日もhappyなやさしい気持ちで1日を大切に過ごしたいと思います(*^-^*)

    1. happy-ok3 より:

      HANA さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「コロナが終息する兆しが見えず、特に低温、乾燥するこの時期は増えつつあり、不安です。」

      その通りですね。

      急激に感染者も増えました・・。

      >「継続は金、と言いますが、それほど尊く、貴重なことだと感じます。」
      66年ですから。中々できる事ではないですね。

      >「動物の本能的な勘は、人間が察知できない不思議な感覚なのでしょうね。」
      犬は特に嗅覚がすぐれているので、わかるのでしょうね。

      知っている方が、この世を去るのは、悲しいですね。

      お悼み申し上げます。

      ほんとうに、いつ何が起きるか分からないから、1日を大事に過ごしたいですね。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  5. byronko より:

    1956年に17歳のお二人が作ったASグループ基金。
    友人、娘さん、親戚の人も加わり、現在も寄付が続いているのが感動的です。
    一つのことを続けるのは非常に難しいことですが、思いやりのバトンが続いているのですね。

    闘病生活中に小児がんの募金活動に参加した千歳さん。
    自分も大変な思いをしているのに、他の苦しんでいる子どもを思いやれる、とても心の優しい女の子だったのだと思います。
    亡くなってしまったのはとても悲しいことですが、ご家族やお友達に大きな影響を与え続けていますね。
    この子のように、自分が苦しい時でも他人を思いやれる人でありたいと思いました。

    1. happy-ok3 より:

      byronkoさま、こんばんは。

      >「友人、娘さん、親戚の人も加わり、現在も寄付が続いているのが感動的です。
      一つのことを続けるのは非常に難しいことですが、思いやりのバトンが続いているのですね。」

      66年ですから…。素晴らしいです。

      >「自分も大変な思いをしているのに、他の苦しんでいる子どもを思いやれる、とても心の優しい女の子だったのだと思います。」

      素晴らしい娘さんですね。

      きっと今は、天から、皆さんを見守っていますよね。

      >「この子のように、自分が苦しい時でも他人を思いやれる人でありたいと思いました。」

      仰るとおりです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  6. ぴーちゃん より:

    そういえばもうすぐ震災の日ですね。
    特に被災された方には忘れられない日ですね。

    白血病の女の子も、良い治療法で生き延びる事ができなったのが残念です。
    亡くなる1週間前まで募金運動までしていたとは・・・自分の事で精一杯のはずなのに
    思いやりにあふれる子でしたね。

    昨日今日とこちらは雪が降って寒くなりました。
    コロナの感染者はどこまで増えてしまうのでしょう?
    かかりつけの病院の先生や職員さんも来月早々、3回目のワクチンでドキドキしている人も
    いるようです。

    1. happy-ok3 より:

      ぴーちゃんさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「そういえばもうすぐ震災の日ですね。
      特に被災された方には忘れられない日ですね。」

      一生、忘れられない日です。

      >「亡くなる1週間前まで募金運動までしていたとは・・・自分の事で精一杯のはずなのに
      思いやりにあふれる子でしたね。」

      周囲の方々も、この思いやりに支えられてこられたのでしょうね。

      >「かかりつけの病院の先生や職員さんも来月早々、3回目のワクチンでドキドキしている人も
      いるようです。」

      副反応が、こわごわ・・・という感じですね。

      コロナ、早く収束してほしいです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)