命を守る決意&バリアフリー&パンの希望&支援

2022年 1月13日(木)

 

温かい人たちの事実と、被災地の報告と、新型コロナウィルスの内容も。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

このブログでは、お金は発生しません。

 

「道を見いだす勇気は、人生を導く。

 

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

【諏訪之瀬島で爆発42回、噴煙の高さ1300メートル】

 

●十島村・諏訪之瀬島の御岳で11日、

午後11時までに爆発が42回あった。

 

福岡管区気象台によると、噴煙の高さは最高1300メートル。

大きな噴石が最大で西に400メートル飛んだ。

 

 

噴煙を上げる諏訪之瀬島の御岳

十島村(鹿児島地方気象台提供)

(南日本新聞社)

 

 

 

気象台は警戒レベル3(入山規制)を継続している。

 

 

【阪神・淡路大震災から27年、消防隊員が語る震災の記憶】

 

●高松市の瓦町フラッグでは、阪神・淡路大震災の発災後に

消防などが撮影した写真12枚が展示されている。

 

高松市消防局の日笠利夫さん(59)は阪神・淡路大震災の発生から3日間、

先発隊として救助に当たった。

 

日笠さんは5人の隊員とともに救助工作車に乗って、特に被害が大きかった

神戸市長田区周辺に向かう。

 

高松市消防局 消防防災課/日笠利夫 課長: 「高速が横倒しになっていたり、

一般の車両がどうしても通行できないんで、結構混雑していたような状況でした」  

 

阪神・淡路大震災で先発隊として救助に当たった

高松市消防局の日笠利夫さん

(写真:瀬戸内海放送様)

 

 

日笠さんらが任されたのは生き埋めになった人の救助。

 

建物がさらに崩れる危険があるため、倒壊した家の柱をのこぎりで切り、

人がいるであろう場所の周りをスコップで掘る……機械には頼らず人力による救助。  

 

日本火災学会がまとめたデータによると、阪神淡路大震災では生き埋めになって

助けられた人のうち、救助隊に助けられたのは1.7%。97.5%は自力、

または周囲の人たちが助け出した。

 

日笠さん:「我々だけの活動ではなくてやっぱり市民の方、被災している方と

一緒に活動したというイメージはあります。

 

自助共助の活動によって多くの方が助けられているというのを

再認識してもらって、備えだけはしていただいて、

自分の命は自分で守っていただきたいと切に思いますね」  

 

「防災とボランティア展」は1月13日まで、高松市の瓦町フラッグ8階で。  

 

 

熱海で被災した猫たちの里親に

 

●静岡県熱海市で起きた大規模な土石流被害から4カ月以上が経過。

 

土石流被害に遭った被災者のペットの保護活動などを続けている熱海市の

NPO法人「くすのき」は、民間災害時動物救済本部(CDCA、東京) と連携し、

同地区に取り残されたに猫を中心に、100匹以上を3カ所のシェルターで保護。

 

保護した猫の中には、災害で亡くなった住民が飼っていたり、被災により飼い主が

飼い続けることができなくなって託されたりした猫もいるという。

 

静岡・熱海の土石流で被災した猫たちの里親に

東京で保護猫の譲渡会

(写真:OVO様)

 

 

くすのきと、国内の大規模災害支援を専門とする民間の緊急支援チーム

公益社団法人「Civic Force」(東京)による猫の譲渡会「ねこざんまい」が、

 

1/23(日曜)、2/6(日曜)、2/20(日曜)、12時~16時に、

東京都中央区立産業会館で開催される。

 

予約・申し込み不要で参加できる。  

 

「ねこざんまい」は毎月2回、東京・東日本橋で開催され、飼い主を失った猫と

里親をつないでいる。

 

くすのきでは、オンライン譲渡会なども開催し、里親探しを加速させていく計画。

 

また、譲渡されるまでの間、猫が安心して暮らせる場所と健康的に過ごすための

フードを確保し、必要に応じて医療を提供。

 

猫の飼育や譲渡会の様子、被災地の復旧・復興状況などの情報をホームページや

SNSで定期的に発信していくという。

 

問い合わせは:NPO法人「くすのき」☎ 0557-28-0126

 

 

【福岡島弁護士会、無料の電話相談】

 

●福岡県弁護士会は豪雨の被災者に対する法的支援を行うため、無料の相談窓口を

県内18か所の法律相談センターに開設した。

 

 

(写真:福岡弁護士会様)

 

 

 

 

 

 

弁護士会によると、過去の豪雨災害の時には「自宅の屋根が崩れ、

隣の家の窓ガラスを割ってしまった」

「浸水して店の商品がダメになってしまった、どうすればよいのか」などの相談が。

 

 

(写真:福岡放送様)

 

 

 

無料の法律相談は事前の予約が必要で、

電話番号は0570-783-552。

 

福岡県弁護士会は「豪雨に関するトラブルは、なんでも相談してほしい」と。

 

 

【義援金を募集】

 

●熱海土石流の義援金

振込先は 三島信用金庫熱海支店 普通預金「1198255」

名義は「熱海市災害義援金」

 

丹波篠山火災義援金

振込先は 三井住友銀行篠山支店 普通預金「4001856」

名義は「丹波篠山市義援金」

 

●令和3年8月大雨災害青森県義援金 8月18日(水)~令和3年12月28日

振込先は 青森銀行 県庁支店 普通預金 「3049150」

名義は「令和3年8月大雨災害青森県義援金

 

振込先は  みちのく銀行 青森支店 普通預金 「2861912」

名義は「令和3年8月大雨災害青森県義援金

 

●佐賀県豪雨被害義援金 8月23日(月)~来年3月31日(水)

 

 

 

 

 

 

 

振込先は 佐賀銀行 県庁支店 普通預金「3074492」

名義は「佐賀県 健康福祉部福祉課 課長 野田英雄」

 

振込先は 佐賀銀行 県庁支店 普通預金 「344860」

名義は「社会福祉法人 佐賀県共同募金会 会長 陣内芳博」

 

●武雄市義援金(武雄市にダイレクトに届く)

振込先は ゆうちょ銀行 

口座番号「00920-2-277185」

名義は「武雄市災害義援金(タケオシサイガイギエンキン)」

 

振込先は 佐賀銀行 武雄支店(店番655) 

口座番号 普通預金「2109798」

名義は「武雄市災害義援金(タケオシサイガイギエンキン)」

 

●大町町義援金(大町町にダイレクトに届く)

振込先は 佐賀銀行 大町出張所 

口座番号 普通預金「3024490」

名義は「大町町災害義援金(オオマチチョウサイガイギエンキン)」

 

振込先は ゆうちょ銀行 

口座番号「00930-6-238697」

名義は「大町町災害義援金(オオマチチョウサイガイギエンキン)」

 

 

 【1月12日は、全国で1万3244人、東京2198人感染】

 

●1月12日は全国で1万3244人の感染。

三重県で2人、大阪府で1人、栃木県で1人、静岡県で1人の

合わせて5人の死亡の発表。

(写真:NHKニュース様)

 

 

 

東京では、12日、新たに2198人が感染していることが確認された。

 

 

【コロナ禍の中、命を大切に、相談を】

 

自殺ネットワーク風 では、各地域に相談窓口の電話がある。

👆 電話をしてほしい。  また、👇も。

 

 

 

 

 

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●1月12日21時19分頃  震度1 千葉県東方沖

●1月12日05時17分頃  震度1  父島近海

●1月12日02時19分頃  震度2  父島近海

 

1月12日は、助け隊&スマホを紙芝居で改革&ゴミ&支援で助けを。

 

 

 

 

 

温かい助けは希望。

 

    ★★★★★★★★★★

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

     ★★★★★★★★★★

 

2021年、新型コロナの影響で成人式が中止となった球磨村。

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

 

 

 

1年遅れの晴れの舞台を特別な思いで迎えた男性がいる。

球磨村の臨時職員、糸原樹哉さん。

 

 

 

 

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

 

2020年7月の豪雨で25人が犠牲になった球磨村。

 

 

 

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

 

糸原さんの自宅も2階まで浸水した。

それでも14人が亡くなった老人ホーム「千寿園」に駆けつけ救助活動に携わった。

 

糸原樹哉さんは

「令和2年7月豪雨をきっかけに人命救助をしたいと思ったので、

 今から努力して消防士の道に進めたらと思っている」

 

 

 

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

 

糸原さんの母 は

「被災した自分の部屋は一回も見ることなく千寿園の救助に行っていた」

「人が生きるか死ぬかというのを10代にして味わったというのは…

 それを糧にがんばってくれているのかな」

 

「(豪雨災害が)自分の人生を変えた」 「今年の目標は“努力する”」

災害を経験し決意を新たにした糸原さん。

 

 

 

 

 

 

消防士という夢へ向かって歩み続ける。

 

被災した事によって、生涯の目的、進む道が見えた糸原さん。

 

糸原さんは決意をみんなの前で語ったが、その発言がきっかけで

自分の道や、生きる目標を、新しい視点で考える人も、いただろう。

 

きっと、糸原さんは素晴らしい消防士になると思う!

 

     ★★★★★★★★★★

 

街のバリアフリー化に取り組み去年亡くなった山梨県の男性の遺志を受け継ぐ。

 

南アルプス市の御勅使南公園にある約13センチの段差を一部スロープに変える作業。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

ボランティアで行ったのは、舗装業者などが加盟する山梨県アスファルト合材協会。

 

道路などの段差を解消する事業は、車いすを利用していた山梨県南アルプス市内の

芦沢茂夫さんが2014年から進めていたものだ。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

芦沢さんは誰もが住みやすい街づくりを目指していたが去年73歳で他界。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

新型コロナの感染拡大も重なりこの事業は途切れていたが、

芦沢さんの遺志を受け継ごうと、昨日、1月12日に2年半ぶりに再開された。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

芦沢さんの妻佳津子さんは

「主人の遺志を継いでやってくれる話を聞いてこんなにありがたいことはない。

 (主人は)嬉しいと思っていると思います」と。

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

 

 

また、公園の指定管理者の林さんは

「今までは、ベビーカーを持ち上げて乗り上げていましたが、段差が解消されて

 安全・安心に(赤ちゃんも)登れるようになりました。」

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

山梨県アスファルト合材協会は他の市町村でも要請があれば

ボランティアで協力するつもりだと。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ山梨様)

 

芦沢さんの思いは受け継がれ、新たな第一歩が再び踏み出された。

 

車椅子の生活を送っておられた芹沢さんだから、段差をなくす事を訴え続けられた。

そして、協力を申し出た方々の心が温かい。

 

この作業を、お金を出して依頼したら、いくらになるだろう。

ボランティアをされている、山梨県アスファルト合材協会、素晴らしい!

 

     ★★★★★★★★★★

 

アメリカ・メリーランド州在住のケイシーさんとジョンさん夫婦。

 

2人はメリーランド州からノースカロライナ州に住む家族を訪ねるために移動中、

バージニア州での大雪による渋滞に巻き込まれ、20時間以上も立ち往生。

 

 

(Facebook@CaseyHolihanNoe)

(COSMOPORITAN)

 

 

 

30時間以上何も食べずにいたケイシーさんとジョンさんは、大渋滞の最中、

「シュミット・ベーキング・カンパニー」のパンを運ぶトラックが

すぐ前に止まっているのを発見。

 

2人は同社のカスタマーサービスに電話をかけ、

「トラックに積んでいるパンを自分たちや他の人たちに分けてもらえないか」

とメッセージを残したそう。

 

その20分後、ケイシーさんはオーナーのチャック・パテラキスさんから電話を受け、

「トラックの運転手に、荷台を開けて食べ物を配るように指示している」と。

 

それから2人はトラックの運転手と一緒に、1時間かけて約300個のロールパンを

周囲の車に乗っている人たちに配ったという。

 

 

(Facebook@CaseyHolihanNoe)

(COSMOPORITAN)

 

 

 

 

 

ケイシーさんは当時の状況を<WBAL>にこうコメント。

 

「あまりの寒さに歩けなくなるまで配り続けました。

『ありがとう』という言葉を聞くだけで、信じられない気持ちになったし、

 ようやく車で食事を口にしたとき、ほっとしました。

 本当に信じられない気持ちでしたね」

 

「パンであっても、お腹を満たす機会を持てたことがとても嬉しかったです。

 私にとっては、とてもありがたいことでした」

 

マイナス6度の寒さのなか、一晩中車で過ごした2人。

 

辛い経験だったけれど、「シュミット・ベイキング・カンパニー」からの

思いがけない贈り物が、苦しみを少し和らげてくれたのだとか。

 

 

(Facebook@CaseyHolihanNoe)

(COSMOPORITAN)

 

 

 

「この会社は、パンで利益を上げることができたのに、周囲の人々を

 助けることを選んだんです。

 特に、絶望的な状況にある中で、利益よりも人間らしさを

 優先してくれる人がいるなんて、本当に信じられません」

 

写真のパン、一袋を、300個配られたようだ。

日本では、このパンなら、1200円~1600円位の価格だろう。

 

ケイシーさんが言うように、パンを配った時に、購入と言う形で

お金を頂くこともできたはずだ。

 

大雪の中、寒さ・不安・空腹、と言う状況下で、

パンが無償で配られたことは「頑張ろう」「生きよう」「希望を持とう」

そんな気持ちにさせただろうし、それが「力」になった!

 

     ★★★★★★★★★★

 

さて、微力ながら、2022年度、1月の(困窮した家庭の子ども達を支援している)

団体に、支援物資を送付させて頂いた。

 

★ホームパイ 40枚(3袋) 120枚

★ばかうけ  16枚(4袋)  64枚

 

 

 

 

 

 

★カントリーマアム 20枚(3袋)60枚

★チョコクッキー  17枚(4箱)68枚

 

 

 

 

 

支援物資を毎月送付させて頂くことは、私は喜びである。

しかし、有り余る中からではない。

 

毎月、微力だが、送付させて頂いている。

昨日、この団体の責任者から電話があった。

 

お菓子が着いた事と、子ども達(50人分)への

クリスマスのプレゼントを子ども達がすごく喜んでいた事…。

 

ここは、子ども食堂をされていて、勉強も無料で教えている。

 

家庭の事情が苦しい中、様々な問題を抱えている子どももいるが、

少しずつ、心を開き、今は、子ども食堂に来た子ども同士、

年齢が離れている子どもの面倒を見たり、遊んだりしているとのこと。

 

そして、今後の支援の内容についても、私のアイディアを出し、

良いお話しが出来る関係なので、とても嬉しい。

 

コロナの影響を受ける前までは、クリスマスには、100人の子ども達の家庭に

食料支援やその他、大きな箱のクリスマスプレゼントを配っておられた。

 

コロナの影響で、子ども食堂が開けなくなっても、50食はお弁当を配り

支援を続けておられた。

コロナの影響があり、昨年から、プレゼントも50人分になったが。

 

そんな時も、実際に状況を伺い、ストレスが溜まる子ども達のため、

カルタや、女の子向けの塗り絵、男の子向けのぬり絵などを送付したら、

それらも、すごく喜んで下さった。

 

そして、拙ブログをご覧になっている方は、目にされているが

私は、送付したものを、ブログにて報告させて頂いている。

 

それは、嘘ではないからだ。

文字で上手に書いて、実際はされていない…と言う方もおられるとか聞いた。

 

微力であったとしても、支援の喜びを、共に喜んで頂ける事は幸せだ。

 

  ★★★★★★★★★

 

「本物の勇気は

 より善く生きる事へと

   道がつながっている

 普段の生活の思いと行動に

 勇気を宿せたら幸せ

       by happy-ok3」

 

 

 

       

      

 

 

 

 

              ★★★★★★★★

 

震災や災害を体験したからこそ、解る事があり、使命が新しくされる事がある。

 

上記の、糸原さんも、芹沢さんも、「シュミット・ベイキング・カンパニー」も

ご自分たちが、遭遇した苦難から、善い道を見つけ、努力されている。

 

渡辺和子氏は

【苦しみそのものを決して良いとは思いません。

 思えないから『苦しみ』と言うのです。

 しかし、苦しみにも意味があると知る時、

 苦しみは担いやすくなります。

 私たちの一生の間の絶え間ない課題の一つは、

 この苦しみに意味を見いだす事と言ってもいいでしょう】と。

 

苦しみを通過し、コツコツ、努力している人たちをイジメる人もいるが

私は、応援し、出来る支援をさせて頂くために、行動する事に向かいたい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

下記に、相談機関も載せているし、前に進む道は、他にも見つかるから、

命を大事にしてほしい!

 

コロナの感染が、随分、増えてきた・・・。

 

医療関係の方々が、支えられますように!と祈り、

そして、復興は半ばである被災地を応援させて頂きたい!!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今日も【人を支えるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

今日の1日の時間の中、あなただけの素晴らしい光を輝かせて欲しいと祈ります!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        お誕生日

今日 1月13がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
私たちへの素晴らしい贈りもの、辛い事があっても、今日の生を大切に。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 

月水木金の14:00~18:00 18:30~22:30(受け付けはどちらも30分前まで)

●生きづらびっと LINE@yorisoi-chat  

月火木金日の17:00時~22:00 水曜は11:00~16:00

 

●ホームレス支援団体

抱樸館の担当=093(883)7708

Home door=06(6147)7018 

 

#学校ムリでもここあるよ

定時制高校

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

はてなブログにいる方は「あなたのお誕生日によせて」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」の更新が入ります。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き心から感謝します。感想、よければコメント頂けたら嬉しいです。

 

小さな鳥ですが、心も魂もあります。

うちはみんな弱さを持っているので、大変なこともありましたが、

一緒に頑張れることに感謝しています。

 

寒くなりましたから皆様も、お身体だいじになさってくださいね。

新しい年が、素敵な1年になりますように。

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

命を守る決意&バリアフリー&パンの希望&支援” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます。

    【阪神・淡路大震災から27年、消防隊員が語る震災の記憶】の記事の
    なかの

    >日笠さん:「我々だけの活動ではなくてやっぱり市民の方、被災している方と
    一緒に活動したというイメージはあります。
    自助共助の活動によって多くの方が助けられているというのを
    再認識してもらって、備えだけはしていただいて、
    自分の命は自分で守っていただきたいと切に思いますね」  

    たいせつなことばだとおもいました。

    きょうも新型肺炎の状況をありがとうございます。

    糸原樹哉さんはほんとうにやさしいかたですね。
    命をたいせつにおもっているのがよくわかります。
    ほんと、そうですね! 
    りっぱな消防士さんになられるとおもいます(#^.^#)。

    >街のバリアフリー化に取り組み去年亡くなった山梨県の男性の遺志を受け継ぐ。

    このおはなしもほんとうによかったです! (#^.^#)。
    段差があると車椅子やベビーカーもたいへんです。
    じぶんで車椅子を動かしていらっしゃる方はとくにたいへんだとおもいます。
    受け継いでくださるみなさんのあたたかさがほんとうにうれしいです(#^.^#)。

    >2人は同社のカスタマーサービスに電話をかけ、
    「トラックに積んでいるパンを自分たちや他の人たちに分けてもらえないか」
    とメッセージを残したそう。

    このおはなしもとってもよかったです! (#^.^#)。
    お二人は購入するという前提でメッセージを残されたとおもうのに、
    「シュミット・ベーキング・カンパニー」さんは無料でくばられたのですね。
    ほんとうにやさしいなぁっておもいました。
    いっしょに配られて、どんなにうれしかったでしょう! (#^.^#)。
    写真のおかおをみてそう思いました(#^.^#)。

    happyさんの送られたお菓子、どれも
    あったかいです! (#^.^#)。
    こどもさんたちすごーくよろこびますね! (#^.^#)。

    >それは、嘘ではないからだ。

    はい、happyさんがごじぶんの支援のことを書いていらっしゃる理由も
    わたしなりによくわかっているつもりです(#^.^#)。

    きょうもコメントがすくなくて
    ほんとうにごめんなさい。

    >一緒に頑張れることに感謝しています。

    happyさんちの鳥さんたちはしあわせですね! (#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、
    きょうもかわいいすがたとえがおを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになってにっこりしています(#^.^#)。

    けさも冷たい風がつよいです。
    happyさん、
    くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
    良い一日なりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「たいせつなことばだとおもいました。」

      阪神・淡路大震災のときは、火事もあり、火事がなければ、助け出された命もあったのです。

      西日本豪雨にときも、真備中の生徒さんたちは、後で防災新聞に、自分の命を守ることをかかれていました。

      >「糸原樹哉さんはほんとうにやさしいかたですね。
      命をたいせつにおもっているのがよくわかります。」

      真剣に、考えられたのですね。
      まず、その事がすばらしいです。

      立派な消防士さんになります!ね。

      >「じぶんで車椅子を動かしていらっしゃる方はとくにたいへんだとおもいます。
      受け継いでくださるみなさんのあたたかさがほんとうにうれしいです(#^.^#)。」

      ほんとうに、このボランティアは、本来なら、けっこうなお金がかかります。

      安心・安全のために動かれ、素晴らしいです。

      >「お二人は購入するという前提でメッセージを残されたとおもうのに、
      「シュミット・ベーキング・カンパニー」さんは無料でくばられたのですね。
      ほんとうにやさしいなぁっておもいました。

      寒い中の渋滞は不安です。

      パンを無償で配られた事が、希望につながったとおもいます。

      お菓子、喜んで頂けたら嬉しいです。

      今日も寒いです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  2. uribouwataru より:

    uribouです。
    happyさんおはようございます。

    >日笠さん:「我々だけの活動ではなくてやっぱり市民の 方、被災している方と一緒に活動したというイメージは あります。自助共助の活動によって多くの方が助けられ ているというのを再認識してもらって、備えだけはして いただいて、自分の命は自分で守っていただきたいと切に思いますね」
    ⇒そうなんですね。助け合いと自助努力、肝に命じたいと思います。

    >被災した事によって、生涯の目的、進む道が見えた糸原さん。糸原さんは決意をみんなの前で語ったが、その発言がきっかけで自分の道や、生きる目標を、新しい視点で考える人も、いただろう。
    きっと、糸原さんは素晴らしい消防士になると思う!

    ⇒私もそう思います。糸原さんの目標がかなうことをお祈りいたします。

    >芦沢さんの思いは受け継がれ、新たな第一歩が再び踏み出された。車椅子の生活を送っておられた芹沢さんだから、段差をなくす事を訴え続けられた。
    そして、協力を申し出た方々の心が温かい。

    ⇒素晴らしいことですね。芦沢さんの思いが受け継がれているのがとても嬉しいです。全国的にこのような動きが広がることを切に望みます。

    >「この会社は、パンで利益を上げることができたのに、周囲の人々を助けることを選んだんです。
    特に、絶望的な状況にある中で、利益よりも人間らしさを
    優先してくれる人がいるなんて、本当に信じられません」

    ⇒とっさの機転が多くの人の希望になったと思います。私もいろいろ提案などをしていますが、この企業のような決断を下せる企業は逆に少ないのかもしれませんね。素晴らしいことだと思います。

    >~そして、拙ブログをご覧になっている方は、目にされているが私は、送付したものを、ブログにて報告させて頂いている。
    それは、嘘ではないからだ。
    文字で上手に書いて、実際はされていない…と言う方もおられるとか聞いた。
    微力であったとしても、支援の喜びを、共に喜んで頂ける事は幸せだ。

    ⇒心無い人もいるのですね。そういう人はとても残念ですが、気にされないでくださいね。最近は寛容な心も大切だと思うようにしています。体調がすぐれないからかもしれませんね。

    今日は、これで失礼いたします。
    良い一日をお祈りいたします。

    1. happy-ok3 より:

      uribouさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「そうなんですね。助け合いと自助努力、肝に命じたいと思います。」

      助け合いは大事ですが、危険だと思えば,早めの避難、また、普段からの備えが、大事だと思います。

      >「私もそう思います。糸原さんの目標がかなうことをお祈りいたします。」

      顔つきがちがいます。本気で消防士になって、命を守って下さるでしょうね。

      >「素晴らしいことですね。芦沢さんの思いが受け継がれているのがとても嬉しいです。全国的にこのような動きが広がることを切に望みます。」

      仰る通りです。
      安全な場所が沢山あると、安心ですよね。
      芹沢さんの日々の行動が、確実に実を結んでいるのですね。

      >「とっさの機転が多くの人の希望になったと思います。私もいろいろ提案などをしていますが、この企業のような決断を下せる企業は逆に少ないのかもしれませんね。素晴らしいことだと思います。」

      日本では、このような場合、山崎製パンさんが、されていますよね。

      困っているとき、助け合う事が、命が助かりますね、

      嘘は、哀しいと思います。
      私は、微力ですが、できること、コツコツ・・・と思います。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  3. byronko より:

    大雪で立ち往生となった運転手さん達にパンが振る舞われたのですね。
    似たような日本のニュースも聞いたことがありますが、そのような時はお金よりも食べ物に励まされます。

    コロナ禍でなかなか子ども食堂を開くことができない状況ですね。
    お弁当を配る子ども食堂も少なくありません。
    でも、食べ物と同じぐらい、ふれあいも大切なのだろうなぁと思います。
    今度日本に住む時は、子ども食堂のような活動に参加てみたいです。

    1. happy-ok3 より:

      byronko さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「似たような日本のニュースも聞いたことがありますが、そのような時はお金よりも食べ物に励まされます。」

      日本では、山崎製パンさんが、同じような事を、何度かされています。

      たすかりますね。

      >「お弁当を配る子ども食堂も少なくありません。
      でも、食べ物と同じぐらい、ふれあいも大切なのだろうなぁと思います。」

      コロナの影響で、お弁当になったり、また、子ども食堂を開始できるようになったりと、大変だとおもいます。

      仰るとおり、ふれあいは大事で、その中から、大切なことを学べるとおもいます。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  4. ぷ~たん より:

    こんばんは

    happy-ok3さま

    ぷ~たんです

    今日の記事を読んで全てが人と人の繋がりですね。
    ご近所地域偶然雪で車のなかでのパン屋さんのお話
    やはり最後は人間の力ですね♪

    今日は忙しくこんな時間になりました
    いつもたくさんの情報
    ありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      ぷ~たんさま、こんばんは。
      いつも感謝します。

      >「今日の記事を読んで全てが人と人の繋がりですね。
      ご近所地域偶然雪で車のなかでのパン屋さんのお話
      やはり最後は人間の力ですね♪」

      科学が発達しても、人間の助け合いは、パワーがありますね。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  5. 親方 より:

    たくさんの鳥さんと暮らされていると癒されますよね、鳥さんは私は暮らしたことはないですが、見に行くのは大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)