置き去りの犬&松戸市の宣言&心肺停止を救助

2020年 8月5日(水)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 

 

「命を尊ぶ人は、平和を作る

 

豪雨災害の報告が増えました。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が限られている。

 

【土砂に埋まった家々、復旧遠い地域】

 

●7月4日に県南部を襲った豪雨から1カ月。復旧は遠い。

 

◆八代市坂本町の球磨川左岸に位置する合志野[おおしの]集落は、

「ボランティアは順番待ち。2日前から近所の人たちに手伝ってもらい、やっと

前へ進めます」集落は45世帯101人。「地域で助け合って何とかしのいでいる」

 

地元の若者の助けを借りて、水に漬かった服や家具を

片付ける森岩昭子さん方=2日午前10時50分ごろ、

八代市坂本町の合志野集落

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

◆上流右岸の大門[おおかど]集落。県道が崩壊し、車の通行が再開したのは

10日ほど前。ボランティア派遣を申請しているが、まだ誰も来ない。

 

集落には33世帯59人が暮らしていた。畳やたんすが散乱したままの家が何軒も。

「1人暮らしの高齢者が多く、親戚宅に避難したまま戻って来ていない人も多い」。

 

◆球磨村北部に位置する神瀬[こうのせ]地区に車で入れるようなったのは、

被災から3週間以上たった7月27日。

 

被災民家で泥を出すボランティアの大学生=2日午後1時15分頃

球磨村の神瀬2区集落

(写真:熊本日日新聞 後藤仁孝様撮影)

 

 

 

 

 

◆球磨川の右岸沿いで24世帯57人が暮らしていた集落には、柱がむき出しになり、

土砂が流入したままの家が何軒も。道路の端には家財道具が積み重なる。

 

集落内の国道にも約2メートルの高さまで土砂が積み重なっていた。

川沿いに数軒ある住宅は1階部分が全て埋まったまま。

 

被災前、10世帯18人が暮らしていたが辺りには時間が止まったような光景が広がる。

自宅に戻る住民の姿もない。

 

 

【避難所には、なお1408人】

 

●人吉市や球磨村など9市町村の避難所になお727世帯1408人が身を寄せており、

県は仮設住宅の建設など被災者の生活再建を急ぐ。

 

朝もやに包まれた球磨村渡地区。水位が下がった

球磨川には流された橋桁が横たわり、橋脚がぽつんと

残っていた=3日午前6時45分すぎ、同村

(写真:熊本日日新聞 高見伸様、小型無人機で撮影)

 

3日現在の住宅被害は9014棟。全壊は223棟で、八代市が170棟を占めている。

罹災[りさい]証明書の申請は2日現在、23市町村が計6068件を受け付けた。

 

被災した自宅などに避難する人も多数いるとみられる。

 

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

 

道路や河川など土木施設の被害額は7月20日現在、約1352億円。

農林漁業の被害は判明分だけで約761億円。水稲や野菜などの作物に加え、

農道や水路といった農地被害も膨らんでいる。

 

 

【くま鉄道復旧費97% 県と沿線市町村、支援制度活用】

 

●熊本豪雨で鉄道橋が流失するなど甚大な被害が出た第三セクター・くま川鉄道

(人吉市)について、復旧費の97・5%を国が実質負担する支援制度の活用に

向けて県と沿線市町村が協議入りしたことが3日、分かった。

 

実現すれば事業者負担はゼロになるため、県は早期復旧につながるとみている。

 

くま川鉄道は30年連続で営業赤字。

利用者の約8割は通学客が占め、現在はバスで代替輸送。

 

県は「利用が朝夕に集中している。鉄道を廃止すると多くのバス台数が必要で、

運転手の確保を含めて運行コストがかさむ恐れがある」と鉄道復旧を後押しする考え。

(熊本日日新聞様)

 

 

【ボランティアに地域差、受け入れ側に人手不足】

 

●被災地で、浸水家屋の片付けを支えるボランティアの活動に地域差が生じている。

球磨村では、現地での受け入れを担う村社会福祉協議会の人手が不足。

 

作業がその日に終わるケースは少なく、110件を超す要望のうち対応を終えたのは

40件程度だ。住民たちは見通しが立たない中、心細く作業を続けている。

 

道路事情が悪く活動先への送迎にも時間がかかり「受け入れは1日50人程度が限界」

 

一輪車など泥出しや片付けに使う道具を軽トラックに

積み込むボランティア参加者ら=2日、人吉市

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

芦北町の受け入れ態勢は整っているものの、ボランティアの参加者は減少傾向。

 

 

【災害ゴミ、復旧の足かせ】

 

●復旧の“足かせ”になっているのが、大量に発生した家具や家電、畳などの災害ごみ。

 

「くまもと友救の会」を中心とする

ボランティアの力で重機を使った災害ごみの

分別撤去が進む人吉市下新町の“置き場”

2日、人吉市(写真:熊本日日新聞様)

 

 

市町村が設けた仮置き場まで運ぶための人手や車の不足に加え、

被災者にはごみの分別が負担に。不法投棄も増えている。

 

 

【農作物、施設被害16億円超、福岡久留米市】

 

●田畑が広範囲で冠水した久留米市では、稲作やイチゴ、葉物野菜などの農作物、

農業施設・機械被害が2412ヘクタール、16億2700万円(7月26日現在の市の速報値)。

 

大雨の影響で冠水した福岡県久留米市城島町。

右は茶色く濁った筑後川(本社ヘリから)

(写真:西日本新聞様)

 

 

 

市は「最終的には2018年の西日本豪雨(25億3千万円)を超える恐れもある」とみる。  

県によると、道路損壊は八女市で191件、大牟田市で180件、みやま市で136件。

 

 

【山形・高校生のボランティアも】

 

●山形県の被災地では4日、ボランティアが炎天下の復旧作業を手伝った。

夏休み中の高校生が活躍する姿も多く見られた。

 

山形県大石田町の駒籠地区で、災害ごみをトラックに

積み込むボランティア=4日

(写真:共同通信様)

 

 

 

 

 

町内3カ所で最上川が氾濫した大石田町でも、汚れた家財道具や流れ着いた

ごみを運び出し、泥の入った土のうをトラックに積み込んだ。

 

 

【山形県、農作物も大きな被害】

 

●最上川など河川の氾濫が相次いだ山形県内では、収穫間近だった特産のスイカが

冠水するなど、農作物にも大きな被害が出た。

 

西部選果場ではこの日、センサーで「規格外」と判定された

スイカが集められていた=4日、山形県大石田町

(写真:産経新聞 柏崎幸三様撮影)

 

 

 

 

 

今年は日照不足だったこともあり、大雨との“ダブルパンチ”に、

地元の農業関係者は危機感を募らせている。

 

 

【ボランテァ延べ799人、岐阜県、高山市のセンター閉所】

 

●高山市の要請で市社会福祉協議会内に設置した「市災害ボランティア支援センター」

は災害がほぼ収束できたとして、2日、閉所した。  

 

復旧作業に取り組むボランティア

高山市朝日町西洞

(写真:岐阜新聞社様)

 

 

 

センターは7月10日に設置。8月2日まで、大雨警報などが発令され

活動できなかった5日間を除き、17日間で延べ74団体、

799人が、83の派遣件数に対応した。

 

 

募金は、通信欄に「熊本豪雨災害支援」と明記の上、

郵便振替 00170-7-23723、三井住友銀行飯田橋支店(普)1198743「公益財団法人日本YWCA」

(銀行振り込みの場合は、必ずメールにてoffice-japan@ywca.or.jpまで、

①振込日、②金額、③名前、④住所、「熊本豪雨災害支援」と要連絡)。

 

 

【義援金受け付け、日本赤十字社】

 

●日本赤十字社は九州を襲った大雨の被災者に贈る義援金の受付けを7日から始めた。

 

「令和2年7月豪雨災害義援金」被災した県を通じて全額被災者に現金で届けられる。

ゆうちょ銀行や郵便局の窓口での受け付けで振替手数料は免除。

振込先は「日赤令和2年7月豪雨義援金口座番号00110-8-588189」12月28日迄。

(山口テレビ様)

 

 

【途上国へマスク寄付・熊本の炊き出し用物資も 募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

また、熊本へ食料物資として、お米や野菜も募集 している。

 

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●コロナ禍で、住む場所を失う方もおられます。

ホームレスの支援団体「認定NPO 法人 Homedoor」様に支援物資を。

 

支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●8月4日23時03分頃 震度2  福島県沖

●8月4日20時03分頃 震度2  房総半島南方沖

●8月4日11時56分頃 震度1  浦河沖

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

8月4日は カメの恩返し&甲羅を洗う&踏切で老人を救助 で命の尊さを

 

 

 

 

 

命への感謝は素晴らしい。

 

    ★★★★★★★★★

 

米国のカリフォルニア州ロサンゼルスで活動する、動物保護団体「Hope For Paws」

この「Hope For Paws」に保護の依頼があった。

 

職員たちが到着した家の庭には、何と!柱にリードでつながれた1匹の犬がいた。

 

どうも飼い主が引っ越しの際に、置き去りにしたらしい。

 

それに気付いた近所の男性が、数カ月の間エサを与えていたのだが、

置き去りにされ、神経質になっているのか、犬は触らせてもくれなかったようだ。

 

 

 

 

 

(写真:Hope For Paws) (ねとらぼ)

 

毛がぼうぼうに伸び、放置された期間の長さがうかがえる犬。

 

        しかし犬は

 

自分に助けが来たことを理解したようで警戒を解き、無事に保護できた。

 

職員たちは犬に「コナ」と名付け、伸びきった毛を施設で刈ってあげた後、

汚れやノミを落とすためにシャンプーをした。

 

 

 

 

 

(写真:Hope For Paws) (ねとらぼ)

 

疲れていた事もあり、コナは、それをおとなしく受け入れ、

シャンプー後は、まるでお姫様のようにきれいになった。

 

 

 

 

 

(写真:Hope For Paws) (ねとらぼ)

 

さて、2週間後、少し毛が生えてきてふわふわしたコナが元気に走っていた場所は、

職員さんが見つけてくれた里親さんのお家の中。

 

 

 

 

 

(写真:Hope For Paws) (ねとらぼ)

 

優しそうなお母さんと、かわいい3人の娘さんたちに囲まれて、

とっても幸せそうなコナ。

 

 

 

 

 

(写真:Hope For Paws) (ねとらぼ)

 

もう置き去りにされる心配もなく、暖かいお家の中で優しい家族に囲まれて、

これからはずっと幸せに暮らせる!

 

動物を飼うのなら、最期まで責任を持つ覚悟が必要だ。

 

コロナの自粛で、動物を飼う人が増えたようだが、写真や動画は可愛い姿でも、

臭いや、しつけ、鳴き声などは、生活してわかる事が多い。

 

また、病院代もかかるため、出費もある。

そして、動物も「老い」が来るので、看護というお世話も必要になる。

 

ペットも命であり、心も魂も、持ち合わせている事を忘れてはいけない。

 

コナの、幸せそうな姿は、目にした人がみんな、笑顔になる!

 

    ★★★★★★★★★★

 

新型コロナウィルスの報道感染者数の増加は、連日続く。

 

千葉県松戸市は「人権尊重緊急宣言」を発表した。

 

 

松戸市の「人権尊重緊急宣言」

(写真:BuzzFeed 様)

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症は、日本国内のみならず、世界で猛威を振るい続けています。

本市においてもその影響は甚大であり、国の緊急事態宣言は解除されたものの、

感染者数は都市部を中心に再び増加に転じ、依然として予断を許さない状況になっています。

このように、新型コロナウィルス感染症への対応が長期化する中、感染された方や

そのご家族及び市民の健康を守るために最前線で懸命に闘っている医療・介護関係者を

はじめとして社会生活を支えるため日々奮闘している多くの関係者やそのご家族に対する

差別・偏見やいじめなどが社会問題となっています。

人権は、いかなる場合でも尊重されるべき基本的な権利であり、

このような差別や偏見は決して許されるものではありません。

感染のリスクは誰にでもあります。偏見や差別的な言動に同調せず、

正しい情報と知識に基づいた行動をとることが何より大切です。

闘う相手は人間ではなくウィルスです。新しい生活様式を守りつつ、一日も早い

新型コロナウィルス感染症の終息を願うとともに、新型コロナウィルス感染症に関する

「差別・偏見やいじめ等のないまち、まつど」を目指し、市民と市が一丸となって

邁進していくことをここに宣言します。

令和2年8月1日 松戸市

 

岩手県では、最初の感染者への非難に達増拓也知事は、こう述べた。

「感染者を誹謗中傷、デマ、差別などから守るためには、鬼になる必要もありです」

 

鳥取県米子市では「新型コロナウイルスに関する人権侵害を防ぐ、3つの宣言」を。

1・感染者を非難しない

2・感染者の出た職場や家族を非難しない

3・風評被害を防ごう

 

法務省は、電話での人権相談窓口(みんなの人権110番:0570-003-110)を設置

インターネットでも人権相談を受け付けている。

 

コロナへの恐怖や不安が、誹謗中傷という攻撃になっているのかもしれないが、

感染のリスクは、みんなあるのだ。

 

誹謗中傷などで、人を傷つける事より、感染しない対策に心を注ぎ

医療従事者の方々を励ます事に時間を使うほうが素晴らしいのでは?

 

 

    ★★★★★★★★★★

 

7月12日午後、西田めぐみさんは、自宅付近の路上で自転車に乗っていた女性が

横転するのを目撃した。

 

めぐみさんは、すぐに駆け付け、救急車が到着するまで心臓マッサージを行った。

女性の顔は青ざめ、心肺停止状態だったという。  

 

また、転倒した女性は幼い子どもを自転車に乗せていて

「同じ母親としてとにかく助けなければと必死だった」と、めぐみさん。

 

元看護師の経験を生かして、片手でマッサージをしながら119番通報し、

小学2年の娘の彩華さんに「大人を呼んできて」と頼んだ。

 

救助状況を再現する西田めぐみさんと長女の彩華さん

西宮署

(Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.)

(写真:神戸新聞様)

 

 

彩華さんは近所の家のインターホンを押して助けを求めたが、不在だった。

 

しかし、彩華さんは諦めずに広い道に出て通りかかった警察官に状況を知らせ、

警察官を現場まで連れて行ったという。  

 

8月3日、兵庫県警西宮警察署は、西田めぐみさんと長女の苦楽園小学校2年、

彩華(あやは)さんに県の善行賞「のじぎく賞」を贈った。

 

難波宏明署長らは「迅速な処置がなければ非常に危ない状態だった」と感謝した。

 

賞を受け取っためぐみさんは「女性が回復したと聞いて涙が出るほどうれしかった」

彩華さんも「お母さんすごい」と笑顔でたたえたという。

 

今は、看護師から退いていても、「命を助ける使命」を持っているめぐみさん。

とっさに、そして適切な心臓マッサージをしつつ、片手で119番とは、すごい!

娘の彩華さんも、警察官を現場まで連れてきた…。

 

近くを警察官が歩いている事も少ないし、

これらは、偶然ではなく、命を救うための必然だった気がする。

 

          ★★★★★★★★★

 

「心から命を大切に思う人は

 誹謗中傷やイジメはしない

 命を助け守る事に心を注ぎ

 幸せと平和を祈る

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

      ★★★★★★★★★★

 

本当に命を大切にする方々は「誹謗中傷」「デマ」「差別」「いじめ」等を

されない!

 

また、誤った情報や不確かな情報をむやみに拡散しないようにする事は大切。

ネットでは顔が見えない。

 

誹謗中傷やいじめをする人たちは、新型コロナウイルス以外の事でも、

同じような事をされていないだろうか?

 

動物も人間も「心」「魂」を持ち、「感情」が起きる。

 

卑怯な事や、嘘、誹謗中傷、上手ないじめ、良くない意味で利用する、などは、

ご自身の心と魂と身体に、混沌とした暗い色を増すだけでは?

 

命を大切にし、人を助け励ます中では、心と魂と身体に、平安が増していく。

 

教育は、命を大切にするための知識や行動が、沢山語られ体験されてほしい。

 

命を尊び、平和を作る人は、幸せ。

 

今日!平和を作り、笑顔を増やす時間を!

 

東日本大震災も、熊本地震も、九州北部豪雨も、西日本豪雨も、大阪北部地震も、

台風19号も、その他も、復興は半ばであることを覚えたい…。

 

被災地の方々が、支えられるよう祈っています!

 

最前線で頑張っている医療従事者の方に、感謝と敬意をこめた言葉と行動を!

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

命は心、魂も、持ち合わせている

 

命を助ける人は、平和を作る。

 

今日も【平和をつくるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 8月5日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

読者登録のボタン?ですが、更新のお知らせ機能はないとの事です。

 

はてなブログにいる方は「お誕生日おめでとうの happy-ok3の日記」

の読者登録されると「happy-ok3の日記」のULRを記しています。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

最近は、お休みシートをかける前、誉くんをカゴから出して

一生懸命、励まします。

 

両足にも障がいを抱えつつ、何でもないような顔をして、飛んで、

たつき君と遊んでいます。

 

ファイターですが、シャイなので。(#^.^#)

 

昨日も、道を歩いていると、寿命が尽きたセミがいましたので

歩道の端の踏まれない所に、移動させました。

 

暑くなりました、皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

置き去りの犬&松戸市の宣言&心肺停止を救助” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます。

    >【山形県、農作物も大きな被害】

    規格外とされたスイカさんたち、
    ジュースにするとか、なにかをして、たべてあげることが
    できないのかなぁとおもいました。
    せっかくこんなにおおきくそだってくれたのに、と
    かなしくなりました。

    きょうのおはなしの「Hope For Paws」さんの動画は
    YouTubeでまいにち観させてもらっています(#^.^#)。
    チャンネル登録もしています(#^.^#)。
    この「コナ」さんの動画もなんかいも観ました。
    「Hope For Paws」のみなさんや動物病院のみなさん
    そしてまわりのみなさん、
    なによりも助けられてゆく、
    こころをひらいてゆく、
    どうぶつさんたち
    (鳥さんや、うさぎさん、こねこさん、いろんないきものさんもいました(#^.^#))
    のようすにいつもむねがいっぱいになります(#^.^#)。

    >千葉県松戸市は「人権尊重緊急宣言」を発表した。

    とってもすてきだなぁっておもいました(#^.^#)。

    西田めぐみさんのおはなしも
    ほんとうによかったです(#^.^#)。
    看護師さんをされていたのですね。
    むすめさんの彩華さんもえらいなぁって
    おもいました。
    おんなのかたがぶじでほんとうによかったです(#^.^#)。

    >近くを警察官が歩いている事も少ないし、
     これらは、偶然ではなく、命を救うための必然だった気がする。

    たくさんのいろんなかたたちのいのちが守られますように。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもきちんとコメントできずにごめんなさい。

    誉さんはファイターで、シャイなのですね。
    とってもかわいいです(#^.^#)。
    晴さん、たつきさん、誉さん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになってにっこりしています(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    happyさん
    くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
    良い一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます。いつも感謝します。

      山形県の収穫が間近だった、多くのスイカが、水に浸かり、廃棄となっています。
      悲しいですね。

      農家の方々の落胆を思うと、胸が痛いです。

      >「Hope For Paws」のみなさんや動物病院のみなさん
      そしてまわりのみなさん、なによりも助けられてゆく、こころをひらいてゆく、どうぶつさんたち」

      尊い働きですね。

      コナちゃん、素敵な里親さんの所で、幸せですね。

      心が通じる人との出会いは、幸せに通じますね。

      千葉県松戸市の「人権尊重緊急宣言」は、素晴らしいですね。
      毎日、コロナの感染者が増える中、市としての、このような宣言は、多くの方に語りかけますね。

      西田めぐみさん、とっさの時に、身体が動いて心臓マッサージ。
      心臓マッサージがなければ、命は危険だったと思います。

      今快復に向かわれて、良かったですね。

      命を守るために、必然的な出会いがあるのですね。

      >「誉さんはファイターで、シャイなのですね。とってもかわいいです」

      そうなのです。伝えますね。喜びます!

      今日も鳥たちのこと、有難うございます。
      今日も、お言葉伝えますが、みんな喜びます!

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  2. しおん より:

    happy-ok3さま、今日はコメントいただき、有難うございました。まさにタイムリーな、コロナ感染者への誹謗中傷のお話、じっくり読ませていただきました。
    改めて、人間の醜さ、軽さに憤りを覚え、自分も言われる立場になる可能性があり、また嫌いな人がいたとしたら中傷しかねないな、と思いました。心して気をつけたいです。
    しかし、軽はずみな行動で感染者を増やしている人もいるようですね。何を考えているのだろう、と不可解です。

    また、外国のワンちゃん。救われてよかったですね!犬の心がやっと落ち着いて信じられる対象ができ、そこで初めて幸せになるのだなあ・・とじ~んとしました。
    お寺では、散歩ができない日があるかもしれない、留守をする(托鉢などで)場合の責任を考え、犬は飼いません。
    でも、こうした優しい人たちのお陰でワンちゃんたちが救われているのだと、心温まります。

    熊本県などの被害後の大変さ、改めて伝わりました。何ができるか、考えながら、少しでも応援出来たらいいなと思います。
    また、はてなの☆マーク、いくらつけてもついてないことが多く、申し訳ありません。いつもhappyさまには7つぐらい漬けているのですが・・・

    暑さ極まる時季、どうぞお身体にお気をつけて・・。合掌

    1. happy-ok3 より:

      しおんさま、こんばんは。コメント感謝します。

      >「改めて、人間の醜さ、軽さに憤りを覚え、自分も言われる立場になる可能性があり、また嫌いな人がいたとしたら中傷しかねないな、と思いました。心して気をつけたいです。」

      仰るとおりですね。
      コロナは、気をつけていても、感染する可能性があります・・・。

      >「軽はずみな行動で感染者を増やしている人もいるようですね。」
      こういう方が、もっと気をつけてほしいですね。

      >「外国のワンちゃん。救われてよかったですね!犬の心がやっと落ち着いて信じられる対象ができ、そこで初めて幸せになるのだなあ」

      動物にも心と魂がありますから、コナちゃん、いいご家族に出会えて良かったですね。

      >「熊本県などの被害後の大変さ、改めて伝わりました。」
      有難うございます。
      今、出来る事で、支援が出来たらと、私も、いつも思います。(#^.^#)

      お気遣い、感謝します。大丈夫です。(#^.^#) しおん様とは、長いお付き合いです。

      しおん様も、お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  3. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは! いつもたくさんの素晴らしい記事、感謝します。

    コナ、よかったですねえ。
    それにしても恐ろしい、犬をつなぎっぱなしにして引っ越していってしまうとは・・・。
    人間は誰しも心に善と悪が同居しているとは思いますが、その割合によって鬼や悪魔を体現してしまいますね。
    自分ではまったく気づいていないでしょうが・・・。
    コロナ差別も結局そういうことになっていますね。

    私はこの間入院して、看護師さんの働きぶりには感心もし感謝もしていました。
    手際が非常に良く、心身を常に強く保っている人ばかりでした。
    強い使命感がないとできないですね。ありがたかったです。
    職場以外でも命を救うことは忘れていないでしょう。

    今日もありがとうございました^^たつき君、日々不自由なことをこらえて一生懸命なのですね。これからもずっとファイターであってください。happy-ok3様が見守っておられますし^^
    それでは、どうぞお気をつけくださいますように。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      コナちゃん、保護されるまでも、近所の方がエサをあげてなかったら、飢えていたでしょうね。

      >「人間は誰しも心に善と悪が同居しているとは思いますが、その割合によって鬼や悪魔を体現してしまいますね。」

      善の割合いが増えるように・・・善い事がおきるようにと願います。

      >「私はこの間入院して、看護師さんの働きぶりには感心もし感謝もしていました。
      手際が非常に良く、心身を常に強く保っている人ばかりでした。」

      素敵な看護師さんばかりで、よかったですね。

      鳥たち、それぞれ、弱さをもっていますが、みんな頑張っています。

      励ましを感謝します。
      暑い日が続いています。
      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  4. ぴーちゃん より:

    こんばんは。
    こちら愛知県は緊急事態宣言が明日出されます。
    前回程、厳しくはないのですが、病床数が少ないのと、
    お盆にまた感染が広がるのを防ぐ為のようです。

    コロナに感染したことによる誹謗中傷、問題になっていますね。
    こちらでも感染した人で、中傷を受け、引っ越しされた若い方もみえます。
    感染者が100人越えているのに、大声を出してワイワイ飲み会をやる人達、
    「自分たちが若いから感染しても無症状か軽症で済むだろう」と周りへの迷惑を考えない人は
    良くないと思いますが、
    たまたま感染した人には罪がなく、風邪やインフルエンザに罹ってしまったのと同じだと思います。
    小さい子ですと学校で「あの子がコロナに罹った」とイジメに遭う可能性もありますよね。

    今週からお盆に向かって猛暑になりそうです。
    どうぞご無理されないように、お身体にお気をつけ下さいね。

    1. happy-ok3 より:

      ぴーちゃんさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「こちら愛知県は緊急事態宣言が明日出されます。」
      そうですか・・。
      今はもう、自治体が、頑張っていますよね。

      >「コロナに感染したことによる誹謗中傷、問題になっていますね。
      こちらでも感染した人で、中傷を受け、引っ越しされた若い方もみえます。」

      そうなのですね・・・。
      中傷は、ひどいイジメと同じレベルだと思います。

      >「小さい子ですと学校で「あの子がコロナに罹った」とイジメに遭う可能性もありますよね。」
      子どものイジメは、かわいそうですね・・・。

      本当に暑くなりました。お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  5. リボン より:

    「命を尊ぶ人は、平和を作る。」「心から命を大切に思う人は 誹謗中傷やイジメはしない
     命を助け守る事に心を注ぎ幸せと平和を祈る」おしゃる通りです。それが障害者は生きてる価値がないと殺傷したり、
    全盲の方が線路に落ちそうになっていても注意しないとか、助けなかったり、とんでもない時代になっています。
    動物の力は偉大ですが飼うとなったら覚悟がいりますね。費用も忍耐も時間も必要です。うちの親猫ももうすぐ15才です、猫を迎えたときは5年旅にも行ませんでした。今日も勝手なコメントですいません。

    1. happy-ok3 より:

      リボン さま、こんばんは。いつも感謝します。

      「命を尊ぶ人は、平和を作る。」「心から命を大切に思う人は 誹謗中傷やイジメはしない
       命を助け守る事に心を注ぎ幸せと平和を祈る」

      そう思います。

      >「全盲の方が線路に落ちそうになっていても注意しないとか、助けなかったり、とんでもない時代になっています。」

      悲しいですね…。

      >「動物の力は偉大ですが飼うとなったら覚悟がいりますね。費用も忍耐も時間も必要です。うちの親猫ももうすぐ15才です」

      仰るように、覚悟が必要です。
      もう15歳、大事にされていますね。

      幸せですね!!!

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。