黒煙から命の救出&女性に支援&マスク作り

2020年 6月17日(水)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「善意は、人を支え助ける

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

 

【処理水の海洋放出反対を・宮城県漁協、国と県に要望】

 

●東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水を巡り、

宮城県漁協は15日、政府小委員会が有力な処分方法に挙げた海洋放出を行わないよう

働き掛けることを県と県議会に要望した。

 

要望書は、消費者の信頼を得るため水産物の放射性物質検査を継続する現状を報告。

 

「海洋放出は風評被害を再燃させ、復旧復興に向けた漁業者の

9年間の努力が水の泡になる」と断固阻止を求めた。  

 

海洋放出への反対を求めた要望書を

村井知事(右)に手渡す丹野会長

(写真:河北新報様)

 

 

村井知事は「県民、漁業者の理解が得られない中では、絶対に実施すべきではないと

国に強く申し上げている。県は漁業者に寄り添った形で対応しなければならない」と。  

 

海洋放出への自身の考えについて、村井知事は「認める、認めないは私が決めること

ではない。県民の代表として意見を国に申し上げることが私の役割だ」言及を避けた。

 

 

【4か月ぶり、小児病棟に笑顔が戻る・名古屋】

 

●クラウン(道化師)が小児病棟を訪ねる「ホスピタル・クラウン」を行う

名古屋市のイベント会社「プレジャー企画」が16日、

国立病院機構名古屋医療センター(同市)でメンタルケアを再開した。

 

小児病棟を訪れ、子どもにバルーンアートを手渡す

ホスピタルクラウンの大棟耕介さん

16日午後、名古屋市の国立病院機構名古屋医療センター

(写真:共同通信様)

 

新型コロナウイルスで中断していたホスピタル・クラウンを同センターが

受け入れるのは約4カ月ぶり。久しぶりのクラウンの芸に子どもたちに笑顔が戻った。

 

 

【コロナで頑張る病院と隣接学校がエールのリレー】

 

●「コロナに負けるな」「みなさんはわたしたちのヒーロー」

那覇市立病院近隣の松島中学校と松島小学校で、新型コロナウイルス感染症に

立ち向かう医療従事者に向けた感謝のメッセージが掲げられている。

 

松島中学校に掲げられた医療従事者に

向けたメッセージ=3日、那覇市古島

(写真:沖縄タイムス様)

 

 

「励みになった」と話す市立病院職員らは病院の窓に「応援ありがとう」

「ともに頑張ろう」のメッセージを掲げて学校や地域に感謝を示し、

エールのリレーが続いている。

 

 

【冷やした夏用マスク、自動販売機で、岡山】

 

●岡山県倉敷市児島地区にある「児島ジーンズストリート」で、冷やした夏用布

マスクを売る自動販売機が人気を呼んでいる。

 

冷気は持続しないが、洗って繰り返し使えるといい、ピンクや青、緑、グレーなどの

ものが、大きさごとに400円~850円で販売され、多いときで1日約300枚に。

 

冷やした夏用布マスクを販売する自動販売機

岡山県倉敷市児島味野2で2020年6月4日午後2時2分

(写真:毎日新聞 益川量平様撮影)

 

 

マスクは外側にガーゼ、内側にシルクを使った構造で、ポリエステルや不織布で

作られた標準的なマスクよりも涼しく、蒸れが少ないという。  

自動車シートの縫製などを手がける「渋谷商店」が、生産。

 

 

【水で濡らして冷感マスク、京都】

 

●京都府南丹市八木町のクッション・手芸用品メーカー「有限会社クレスト」が、

水に濡らして使用する冷感マスク「濡らしてヒンヤ~リマスク」を発売した。 

マスクはポリウレタン製で灰色。満遍なく水で濡らし、固く絞って使う。

 

水に濡らすとひんやりした着け心地になる

「濡らしてヒンヤ~リマスク」(南丹市八木町)

(写真:京都新聞様)

 

 

 

一度濡らすと15~20分程冷感が持続する。

マスクは3枚セット千円。同社の自動販売機などで販売する。

問い合わせは0771(43)0300。

 

 

【大阪小児医師会が、児童のフェィスシールドに待ったの声】

 

●6月15日から多くの学校で通常授業が再開し、一部の自治体では児童らに

『フェイスシールド』の着用を求めていたが、大阪の小児科医の団体は

「児童らの着用は不要」と提言。

 

実際に着けた児童からは「反射して見にくい」や「声が届きにくい」などの声。

 

(写真:MBSニュース様)

 

 

 

 

大阪の小児科医が加盟する『大阪小児科医会』が、

フェイスシールドの着用に“待った”の声を。

 

大阪小児科医会は、フェイスシールドはあくまでウイルスが目に入らないように

守るためのもので、熱中症のリスクが高まったり、物がゆがんで見えるなどして

授業に集中できなかったりするなど、トラブルが心配されると呼びかけた。

 

 

【470の児童クラブに感謝、マスク、体温計、慰労金贈呈・三重】

 

●三重県は15日、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために小学校が臨時休校と

なった期間中、児童を受け入れていた県内の放課後児童クラブに謝意を示し、

 一施設当たりマスク100枚と非接触の体温計などを贈った。

 

慰労金として、支援員1人当たり5千円分の電子マネーも支給。

 

おやつタウンの松田好旦社長からの寄付金や企業・団体からの支援物資を活用した。  

 

県庁で贈呈式があり、鈴木英敬知事が「感染が拡大する不安の中でご尽力賜った」と。

 

鈴木知事(中央)から感謝状などを受け取った

藤田会長(左端から2人目)=三重県庁で

(写真:伊勢新聞様)

 

 

藤田会長は「支援員や保護者には感染リスクにさらされながらも子どもたちのために

安全な生活を提供できるように尽力いただいている。

個人や団体からの支援でなんとか(クラブを)開くことができた」と述べた。

 

 今月下旬に470施設に発送する。

 

 

【炊き出しを再開、3ヵ月半ぶりに散髪も・福岡】

 

●ホームレスや生活困窮者を支援・福岡市博多区のNPO法人「美野島めぐみの家」が

拠点とする同区のカトリック教会・美野島司牧センターで炊き出しを再開している。

 

福岡市博多区の美野島司牧センターで、カレーや

卵焼きをよそう「美野島めぐみの家」のメンバー

(写真:西日本新聞様)

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染防止のため、3月から炊き出しの場を公園に移し、弁当を配布。

今月2日からは、約3カ月ぶりに“ホーム”に戻り、再び温かい食事の提供が始まった。

 

敷地内では3カ月半ぶりに散髪も実施。炊き出しは毎週火曜日。

瀬戸紀子理事長は「やっぱり温かい食事を食べてもらいたかった」と再開を喜ぶ。

 

 

【途上国へマスク寄付・神戸国際支援機構がマスク募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

マスクの寄付は誰でも可能で、既製品や郵送代金の支援も受け付けている。

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●6月16日15時36分頃 震度2 根室半島南東沖

●6月16日09時27分頃 震度3 千葉県南部

●6月16日07時28分頃 震度2 茨城県沖

●6月16日01時55分頃 震度3 福島県沖

●6月16日00時24分頃 震度1 石垣島近海

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

6月16日は 9歳の人権抗議&2歳の仲良し&猫の救出と責任 で 差別をしないを

 

 

 

 

 

命に差はない。

 

善意が行動に移されると、支える力となる。

 

横浜市で物流会社を経営する、本山雅俊さんは、5月11日、横浜市中区にある

会社の事務所にいた際、近くのマンションで煙が上がっているのを発見した。

 

すぐに現場に駆けつけ、逃げ遅れた人がいると知った本山さんは、

黒い煙で前も見えない部屋の中から、倒れていた女性を助け出したという。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ神奈川様)

 

本山さんは

「『お母さんがいる』と言う言葉に自然に身体が動いて、運よく助けられただけで、

 その後で気が付くのが…、いくら仕事とはいえ、消防士の方々は大変だなあと」

 

 

 

 

 

(写真:テレビ神奈川様)

 

横浜市中消防署の味上署長は、

「積極的かつ冷静な対応に感謝します。また本山さんをきっかけに、地域の人が

 お互いに助け合っていく地域づくりをもっと進めてもらえたら嬉しい」と。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ神奈川様)

女性と本山さんにケガはなかった。

 

黒い煙が充満し、前も見えない部屋に向かっていった本山さん。

 

中々、出来る事ではないし、助け出したからと言っても、運が良かっただけで、

消防士さんの仕事はもっと大変だと仰る、謙遜な言葉に頭がさがる。

 

お互いが助け合うという「行動」は、地域をより善い場所にしていく…。

 

        ★★★★★★★★★★

 

新型コロナウイルスの影響で、苦しかった暮らしがより困窮し、追い詰められていた

2児の母で20代の妊婦ミサさん(仮名)

 

今年2月に、やむなく夫と別居し、新型コロナのあおりで職を失い、所持金も底を突き

外出自粛で登園や外遊びができない娘2人がいる。

 

小さな子どもとずっと一緒で、ストレスで怒鳴ったり、たたいたりしてしまう

罪悪感に苦しんでいた。

 

沖縄タイムス紙が5月24日にミサさんの苦しさや孤立を報じていた。

 

沖縄タイムス紙を読んだ、心優しい人たちから

「力になりたい」との申し出が相次いでいるという。

 

ミサさんは2日、沖縄県内の医療機関で第3子となる3800グラムの元気な女児を出産。

 

予想などしていなかった支援の広がりに感謝し、将来の希望を込めた名前を付けると。

 

「うれしくて鳥肌が立つことがあるんだと知りました。

 頑張って、いつか恩返しします」とミサさんは、話している。

 

沖縄タイムス紙や支援団体「thanksmama(サンクスママ)」の元麻美さんを通し、

6月15日までに約10人から現金や洋服、食料などが届いたという。  

 

今回の記事をきっかけに、同居する義母とも今後について話し合えたと。

 

これからも先の見えない不安は尽きないが、

「恥ずかしさとか、変なプライドとか、いろんな気持ちがあって困っていることを

 口にしづらかったけれど、『助けて』と言ってみると、本当に気持ちが楽になった」  

 

支援を申し出てくれた人には、できる限り出産前に元さんと、

直接出向いたりしてお礼を伝えた。

 

本島に住む30代男性は

「新聞で子どもへの食事提供などの活動を知り、自分も誰かのために何かをしたいと

 思っていた時に、記事を読んだ」と言い、

 

給料から2万円をミサさんへ、もう2万円を別の困っている誰かに、

とサンクスママへ寄付された。  

 

沖縄タイムス紙に匿名で現金書留を寄せた女性の一人は、自分も慣れない子育てに

孤独を感じてつらかった経験があり、添えられた手紙に

 

「ミサさんは少し前の私です。私もまたいつそのような状況になってもおかしくない。

 このお金で少しでも、水の一滴もあるかないかくらいでも、

 ミサさんの心が軽くなればうれしい」と。

 

ミサさんに、お金や物資を寄贈した人たちは、決して有り余る中からではないと思う。

まして、今の時期は「コロナ禍」で、みんな苦しいのである。

 

私も、動物園に、お金を送ったり、色んな所に、ささやかながら支援物資を

送付させて頂いているが、有り余る中からではなく、大河の一滴であっても、

支援になって、喜びが、力になって頂ければ嬉しいからだ…。

 

助け合う尊さを、心と身体で知る人は、幸せだと思う!

 

            ★★★★★★★★★

            

「善意が土台の行動は

 人の心と命を支える

 そこに愛が満ち

 感謝が広がる

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

自分に出来る事で、誰かの支えになれば!

 

大きな事でなくても、毎日、心をそのような方向に向けていれば、

「させていただくきっかけ」が、必ず見つかるし、行動できる。

 

また、本気で人に尽くす人達と一緒に学ぶと、尽くす喜びを体験できるのでは?

 

埼玉県の熊谷市ジュニアリーダースクラブという中学生以上で構成されている

ボランティア活動と研修がメインのクラブがある。

 

このたび、男女中高生270人が手作りマスク約1200枚を熊谷市に寄贈した。

 

手作りマスクを寄贈した(左から)林代表、

野原涼平会長、槙山さん、笹川さんと富岡市長

熊谷市役所市長室

(写真:埼玉新聞様)

 

マスク確保の手助けをしようと5月初旬に研修会の一環として呼び掛け、

わずか3週間で千枚以上が集まったという。  

 

ある中学3年の女子は自分の浴衣を解いて立体マスクにした。

「型紙から裁断、ミシン縫製と1枚作るのに1日かかりました」・・・と。

 

富岡清・熊谷市長は、「熊谷の中学生は思いやりにあふれ素晴らしい。

マスクは子育て支援拠点などで活用してもらいたい」と。

 

しかし、善意や厚意が、踏み潰されたり、利用する人もいたり、

バッシングしてくる人もいたりする事実も中にはある。

 

そんな事に、くじけてはいけない。

善意は天に放たれているのだから、善い事の事実は見えない所で祝される。

 

善意による行動は、人の心と命を支える!

 

今日も、私は、福島大学の学生さん達が、支えられるよう、お祈りさせていただく。

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

善意の行動は、尊い

 

善意は、心と命を支える。

 

今日も【善意を放つhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 6月17日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

暑くなってきましたが、私の所は、ペットヒーターは、取り外しません。

現在は、点けていませんが、障がいのある誉くんなどは、寒がる時があります。

 

ペットヒーターのそばに居ると、寒い証拠。

そういう時は、20W のペットヒーターを誉くんだけ

点けてあげたりします。

 

夏は、エアコンをつけますが、部屋は、涼しくしても、それぞれの様子を見ながら

20W をしばらく、点けたりしてあげます。

 

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

黒煙から命の救出&女性に支援&マスク作り” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    >【大阪小児医師会が、児童のフェィスシールドに待ったの声】

    よかったとおもいました。
    こどもさんたちがフェイスシールドをつけている
    写真をみているだけでも痛々しくて。

    きょうのおはなしの本山雅俊さん、
    しぜんにからだが動いたとおっしゃっていますが
    すごいことだとおもいます。
    おんなの方も本山雅俊さんもぶじで
    ほんとうによかったです(#^.^#)。

    2児の母で20代の妊婦ミサさん(仮名)の
    おはなしもとってもよかったです。
    助けてと、声をあげられてほんとうによかったです。
    ぶじに出産もできてホッとしました。

    >埼玉県の熊谷市ジュニアリーダースクラブという中学生以上で構成されている
    ボランティア活動と研修がメインのクラブがある。

    すてきな活動をなさっているのですね(#^.^#)。

    >自分に出来る事で、誰かの支えになれば!

    happyさんやみなさんのようには
    とうていできないわたしですが、
    どんなときも、えがおだけはわすれずにいたいと
    あらためておもいました(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもじょうずにコメントできなくてごめんなさい。
    いつもすぐにことばにならないのです。

    happyさんちの鳥さんたちはしあわせですね(#^.^#)。
    ほんと、鳥さんは環境の変化に敏感です。
    いきものさんたちはみんなそうだとおもいます。
    なんにもいえないから、きをつけてあげないとといつもおもいます。
    わたしもペットヒーターは鳥カゴにとりつけたまんまにしています(#^.^#)。
    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、おはようございます。いつも感謝します。

      今日は曇りの予報です。(#^.^#)

      大阪小児医師会が、児童のフェィスシールドに待ったの声をあげたようですね。

      目には、負担がかかる気がしますが…。大阪小児医師会の方の意見なので、親御さんにとっても心強いですね。

      本山雅俊さんは、すごい方だと思います。中々出来ないです。それなのに、消防署員の方々のことを気遣われて、人間的に素晴らしい方だとおもいます!

      >「助けてと、声をあげられてほんとうによかったです。
      ぶじに出産もできてホッとしました。」

      良かったですよね。
      今、全国的に、ひとり親の方々への支援が広がっています。

      声を出せないでいるかたもいるでしょうから、声をあげること、受け留めて支援して下さる方がいて、
      そこから、元気がでて、感謝が湧いて、前に進めるように思います!

      埼玉県の熊谷市ジュニアリーダースクラブに属している人たちは、ボランティアに積極的になって行かれるでしょうし、学んで、今回も、マスクを作られて、素晴らしいですね。
      素敵な大人になられるでしょうね。(#^.^#)

      スフレ様も、ホームドア様に、マスクなど送付下さっています。

      私は、いつも心から感謝しています。
      有難うございます。

      >「わたしもペットヒーターは鳥カゴにとりつけたまんまにしています」
      そうなのですね。(#^.^#)

      誉くんは、よく見てないと、寒がります・・・。

      鳥たちにも、私は、至らぬところが多いと思うのですが、みんな良い仔で、有難いです。

      今日も鳥たちのこと、有難うございます!

      まだ、寒暖の差が大きくなるようです。
      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  2. リボン より:

    原発のために福島などの漁師さんは汚染されるは不漁で困窮しています、そういうなかでブログで教えてくださってる方です。
    https://ameblo.jp/kin322000/entry-12604762011.html
    コロナでDVや虐待で苦しむ人が多いです、
    昨日の夕刊にも壮絶な虐待で小学生の時に15キロしかなかった男性の話が載っています。義母にたたかれたり食事をもらえなかったり。
    消防士のお仕事は本当に命かかり大変、もっと手当や人員が増えないと。
    今日もありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボン さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「コロナでDVや虐待で苦しむ人が多いです」

      緊急事態が解除されても、あるようですね。
      哀しいですね・・・。

      消防士のお仕事は、命がけだともいます。
      尊いお仕事ですね。

      URL有難うございます。

      いつも本当にありがとうございます。

  3. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    本山さんのお話、すごいですね。
    その瞬間は、自分の身のことも忘れて救出に動いたのでしょう。
    そして、2人とも無事で本当に良かったです。

    沖縄のミサさんのお話。
    ぎりぎりまで追い詰められて、救いの手が差し伸べられて安心されたことと思います。
    3人目、無事出産されてよかったですね。
    もちろんまだまだ大変でしょうが・・・。
    やっぱりどうしても支援に頼らなくてはいけない状況の人もいて、そうした人たちがいつかまた支援する側に回ってということなんだなと感銘を受けました。

    「決して有り余る中からではない」
    実際そうかもしれません、私も思っていなかった出費が続いたりすると、寄付どうしようか、これは試されているのか、とかいう念が出ます(笑)

    誉君、夏でも体が冷えたりするのでしょうか。
    心配は尽きないでしょうが、happy-ok3様の細やかな気遣いで体調をキープできているのですね。
    誉君とは逆で、私は汗が出ないので夏は炎症が強いです。
    体の弱さに負けないで頑張ってほしいとお伝えください。

    今日もありがとうございました^^善きことを日々行っている人がこんなにいることに励まされます。どうぞご無事でありますようお祈りします。それでは、また。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「その瞬間は、自分の身のことも忘れて救出に動いたのでしょう。」
      すごいと思います! 思いやりのある方なのでしょうが、すごいです。

      >「ぎりぎりまで追い詰められて、救いの手が差し伸べられて安心されたことと思います。」

      救いの手が差し伸べされて、本当に良かったです!
      >「そうした人たちがいつかまた支援する側に回ってということなんだなと感銘を受けました。」
      仰る通りですね。

      決して有り余る中からではない

      そうなのですが、有り余るから、多くの方もしていないと思います。
      心が動かされて・・・・だと思うのですが・・・。(#^.^#)

      >「誉君、夏でも体が冷えたりするのでしょうか。」

      身体が、今も雛くらいの大きさなので、冷えるようです。

      MT さまのお言葉、伝えましたよ!
      もう、今は、お休みシートはかけていますが、分かっていると思います。

      明日も、もう1度伝えますね。喜んでいると思います。

      >「善きことを日々行っている人がこんなにいることに励まされます。」

      私も、励まされ、勇気を頂けます。(#^.^#)

      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。