9歳の人権抗議&2歳は仲良し&猫の救出と責任

2020年 6月16日(火)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「平和を愛する人は、命を尊ぶ

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

 

【台風19号で被災、あぶくま公園運動場を廃止・宮城、亘理町】

 

●宮城県亘理町は、昨年10月の台風19号で被災した同町逢隈田沢の阿武隈川

河川敷にある「あぶくま公園運動場」の廃止を決めた。

 

廃止されることが決まった「あぶくま公園運動場」

(写真:河北新報様)

 

 

 

復旧に多額の費用が見込まれ、今後も台風や豪雨による被害が想定されるため。

近年は地域住民の利用が少なく、地域住民は東日本大震災後に造成された

「おおくま防災広場」を活用することが多いという。  

 

町は構造物を撤去し、本年度内に東北地方整備局に返還する方針。

 

 

【被災地の岡山、倉敷・今年も田植え】

 

●田植えシーズンは、西日本豪雨から2年を迎える被災地、倉敷市真備町にも 到来。

先祖代々の田んぼを守ってきた男性は、2020年も苗を植えた。

復興が進む倉敷市真備町。街のあちらこちらで田植えが始まっている。

 

 

(写真:岡山放送様)

 

 

 

被災した2018年のコメの収穫量は例年の半分ほど。

2019年は8割、2020年は9割を目指す。

「急いだり焦ったりしてもいいことないから、ぼちぼちとやっていきます」

 

 

【カナダ代表のために手作りマスクを・青森】

 

●東京パラリンピックに出場する車いすラグビーのカナダ代表の選手たちに

使ってもらおうと、事前合宿を行う三沢市の子どもたちがマスクを作った。

 

マスクは三沢市内の就労支援事業所4か所と市民団体で製作が進められている。

 

14日、市民団体「ミサワアートプロジェクト」に 小学生9人が集まり、布製の

マスクにハートや星などの刺繍を。

 

 

 

 

 

(写真:青森放送様)

車いすラグビーカナダ代表は東京パラリンピックが

来年に延期された影響で、ことし8月の三沢市での事前合宿を見送った。

 

三沢市は交流の一環としてカナダでも不足しているマスクを200枚作り、

メッセージカードを添えて7月上旬、カナダ代表に贈る。

 

 

【防護服に身を包み気管切開、コロナ特定病院の奮闘】

 

●新型コロナウイルス対応の要となる拠点・特定病院の一つ、神戸市立医療センター

中央市民病院(同市中央区)が15日、重症者を治療する救急病棟などの状況を

5月に撮影した資料動画を公開した。

 

 

 

 

 

(写真:神戸新聞様)

感染の可能性がある救急患者を受け入れる流れや、エーロゾル(微粒子)を

警戒しながら気管切開する様子、レッドゾーン(汚染区域)と

グリーンゾーン(非汚染区域)を明確に分けた内部の状況などが記録されている。

 

 

 

 

 

(写真:神戸新聞様)

また気管切開する際、エーロゾルを含む飛沫が飛び散る可能性を警戒し、

白い厳重な防護具に身を包んだスタッフが、患者の顔にビニールを

掛けて処置する姿も。

 

 

 

 

 

(写真:神戸新聞様)

症状が改善した患者が救急病棟から車いすに乗せられ、

9階の感染症病棟に専用エレベーターで移る様子も。

 

 

【高校生のボランティア・食料品集め寄付】

 

●新型コロナウイルスの影響で困窮している人に食料品を提供し、支援しようと、

高校生有志らが結成した「学生ボランティアゆがふ」が6、7の両日、

イオンモール沖縄ライカムで食料品の寄付を募る「フードドライブ」を実施した。

 

今回が2回目。新型コロナの影響で仕事を失うなどして困窮し、食事が十分に

取れない人がいることを知った那覇国際高校3年の平敷雅さんが企画した。

 

寄付される食料品を受け取る学生ボランティア(右)

7日、イオンモール沖縄ライカム

(写真:沖縄タイムス様)

 

 

 

今回は、2日間で県内の学生約50人がボランティアとして参加。大学生も参加。

 

6日には、米やレトルト食品、缶詰、調味料など約600個の食品が集まった。  

集めた食料品は、NPO法人フードバンクセカンドハーベスト沖縄に提供される。

 

 

【医療従事者などに誹謗中傷相次ぐ・熊本】

 

●医療従事者や患者などが、誹謗中傷や不当な扱いを受けたとして法務局や熊本県、

熊本市に寄せられた相談は今年2月から6月5日までに47件に上っている。

 

熊本市では医療従事者やその家族、感染者が確認された温浴施設の利用者などから

10件の相談があったという。

 

 

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

「家族に医療従事者がいて会社から出勤しないでほしい」といわれたケースや

「感染者が確認された温浴施設の利用者は施設を利用しないでほしいと張り紙があった」

という相談も。

 

熊本市では風評被害を取り締まるネットパトロールも行っていて、今後、著しい

人権侵害があればネットの接続業者に書き込みの削除依頼を要請する方針。

 

 

 

 

 

(写真:熊本県民テレビ様)

 

熊本市は「ネット上の誤った情報に惑わされず不確かな情報をSNSに

広めないでほしい」と呼び掛けている。 誹謗中傷などで相談がある場合は

「みんなの人権110番」0570-003-110で 受け付けている。

 

 

【途上国へマスク寄付・神戸国際支援機構がマスク募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

マスクの寄付は誰でも可能で、既製品や郵送代金の支援も受け付けている。

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●6月15日22時50分頃 震度1 島根県沖

●6月15日22時47分頃 震度1 石垣島北西沖

●6月15日17時42分頃 震度1 大阪府南部

●6月15日12時01分頃 震度1 石垣島北西沖

●6月15日04時26分頃 震度1 与那国島近海

●6月15日02時28分頃 震度1 与那国島近海

●6月15日02時28分頃 震度1 日向灘

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

6月15日は 障がいを持つ犬からの励まし&子ガモの救出 で 動物の命を

 

 

 

 

 

命を大切に思う人は、命に責任を持つ。

 

命の尊さを訴えるには、平和と足の行動が必要。

 

米国FOXニュースが、6月11日に伝えた。

 

シカゴに住む、9歳のエイデン・ケリー君は、6月6日、自宅前の歩道に愛と希望を

訴えるイラストとメッセージをカラフルなチョークで描き、

静かに「BLM(黒人の命は大切だ)」のメッセージボードを持って歩いた。

 

イラストはハートを形作る両手や太陽などが描かれ、ハートの中には「愛を選ぼう」、

そばには「彼は両手の中に世界を持っている」というメッセージが…。  

 

そばに立てられたボードには、イラストに何かメッセージか、新たなイラストを

描いてほしいという呼びかけが書かれている。

 

エイデン君の近所の住民

「Petite Avocate-o」さんのツイッターから

(日刊ゲンダイ様)

 

 

 

多くの大人たちが、これを知って感動した!

 

「たとえその声がどんなに小さくても、変化を起こすことがあるんだね」

「小さな男の子に希望をもらった。見ているよ、ちゃんと見ているからね」

 

エイデン君はこう話した。

「僕もみんなと同じように支援をしたかったんです。

 ここ何日かクレージーなことばかり起きているから、

 みんなにハッピーになってほしいんです」

 

小さなヒーローの抗議である。

 

9歳の男の子は、黒人の命が奪われた事や、最近の暴動を見て、考えたのだろう。

差別、暴動や暴力、破壊、盗みなどから、幸せな結果は生まれない。

静かに、勇気をもって行動する大切さを、9歳の男の子が行っている。

 

        ★★★★★★★★★★

 

黒人と白人の子どもが道端でお互いに駆け寄って、熱いハグを交わす心温まる映像が。

 

実はこの動画は、2019年にSNSに投稿されたもので、当時も大きな話題を集めた。

 

黒人のフィネガン君と白人のマクスウェル君は当時2歳。

2人は会うたびにハグを交わし、時にはその勢いで衝突してしまうこともあるとか。

 

ハグをする黒人のフィネガン君(左)と

白人のマクスウェル君(右)

2019年 2人とも2歳。

(写真:FINDERS様)

 

 

 

「CBS NewYork」の取材に対し、

 

マクスウェル君の父親である白人のマイケル・シスネロスさんは

「2人の絆は本当に特別なものです」と答えている。

 

ニューヨーク州マンハッタンのワシントンハイツに住むこの2つ家族は、地元の

レストランで出会って意気投合した。

 

それからは、一緒に誕生日を祝ったり、休暇中一緒に泳ぎに出かけたりするほどの

家族ぐるみで交流し合う仲になったという。

 

シスネロスさんは、

「アメリカだけでなく世界中で人種差別問題は起きており、とても大きな問題です。

 この2人の子どもたちはお互いの持つ違いについて見向きもしていません。

 彼らはお互いのありのままを愛しており、それこそがあるべき姿なのです」と。

 

今年5月31日に、ミネアポリスに住む人気DJ Kam Bennettさんが「決して忘れない」

とSNSに、この動画を投稿した。動画は現在1900万回以上も再生されており、

 

「素晴らしい動画をありがとう」「私は今号泣しています」

「生まれた時には憎み合ってなんかいなかった」という声が多く寄せられ、

黒人のフィネガン君と白人のマクスウェル君、2人の友情が称賛されている。

 

フィネガン君とマクスウェル君が、仲が良いのは、どちらの両親も、

肌の色に関係なく、お互いを思いやり尊敬している、

その心が、子ども達にも伝染しているのではないだろうか?

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

6月13日、岩手県の金ケ崎町西根本町地内で、朝からカラスが騒がしく、

何かな?と、住民が高さ約20メートルのマツを見上げると、

松の木のてっぺん付近で、カラスに威嚇されている猫がいた。

 

近所の人たちも駆けつけて、カラスは追い払ったが、猫を助けたくても、

松の木が高すぎて、どうすることもできない。

 

        そこで

 

住民が正午すぎ消防へ連絡し、水沢消防署のはしご車が出動した。

猫は網を使って救出されたが、おびえて救助隊にかみつくありさま。

 

住民が用意したケージに入っておとなしくなると、周囲から拍手が湧き上がった。  

 

松の木から下りられなくなり救出された猫

(写真:岩手日日新聞様)

 

 

 

 

 

 

首輪がなく野良の子猫とみられ、この松の木がある家の、79歳の高橋テルミさんが

避妊・去勢手術も含めて、責任をもって、ご自身が保護することに決めたという。

 

高橋さんは

「これまで近所では見たことのない猫。

 近くに犬もいたので、怖がって訳が分からずに、

 木の上まで登ってしまったのではないか。

 消防の皆さんが救出してくれて本当にありがたい」と。

 

 

金ケ崎町西根本町の方々も、みんな優しい!救出されると喜びの拍手まで!

 

松の木の持ち主、高橋さんは、責任をもって、この猫を飼うと仰る。

愛を持った優しい人とは、責任を果たし、行動を続けられる人でもある。

 

            ★★★★★★★★★

            

「平和を愛する人は

 命を尊び

 愛を行動に移す

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

上記の神戸国際支援機構様から、お礼状と支縁というニュースレターが届いた。

 

 

 

☜ 真ん中あたりに、兵庫県知事の井戸敏三氏の

寄稿もある。

 

 

 

 

神戸国際支援機構様は、東日本大震災の後も、石巻市に90回近く訪問されたり、

2016年の熊本地震、2017年の北九州豪雨、2018年の西日本豪雨、

2018年の北海道胆振東部地震の後も、ボランティアに向かわれている。

 

今はコロナの影響で、途上国に手作りのマスクが必要とのこと。

救援金でもOK=郵便振替:0090-8-58077 加入者名:一般社団邦人神戸国際支縁機構

 

 

先日、happy-ok3にと、AAAさんを通して、私の存じ上げない

『ある方』から、手作りマスクが送付されてきたので、ここに送付させて頂いた。

 

AAAさんにも、お礼状の事と内容を伝えると、

「『ある方』にも伝えておきます。役立つ物があれば、また送付しますね」と。

 

善い支援の「ご縁」が(お顔も存知ないのに)広がって嬉しい!

『ある方』には、私はお礼を認め、AAAさんを通し心ばかりの品と一緒に託けた。

 

医療従事者の方々に、差別やイジメをしたり、ネットでの誹謗中傷、

肌の色が異なるからと差別やイジメ、命を奪う暴力は、大人のする事だろうか?

 

9歳の男の子や、フィネガン君マクスウェル君や、猫を助けた金ケ崎町の方々のように

 

平和を望み、笑顔を増し、命に責任を持つ人が、尊いのでは?

 

 

命を尊ぶ人は、動物も人も大切な存在として接する。

 

今日も、私は、福島大学の学生さん達が、支えられるよう、お祈りさせていただく。

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

平和的な解決が、笑顔を生む

 

命を尊び、大切に接する。

 

今日も【平和を愛するhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 6月16日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

日曜日は、4基のカゴを丸洗いしました。

カゴを一番汚すのは、よしき君です。

食べるのが大好きなのに、食べ方が上手ではありません。

仕方がないです。(#^.^#)

元気で、毎日、ハッピーでいてくれたら、それが私の喜びです。

 

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

9歳の人権抗議&2歳は仲良し&猫の救出と責任” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんまめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    >復興が進む倉敷市真備町。街のあちらこちらで田植えが始まっている。

    >「急いだり焦ったりしてもいいことないから、ぼちぼちとやっていきます」

    こころの底から出たすてきなことばだとおもいました。

    9歳のエイデン・ケリーさんのおはなしも
    2歳のフィネガンさんとマクスウェルさんのおはなしも
    ほんとうによかったです。
    だきついているお写真のいおかおが
    ほんとうにうれしそうで、わたしもにっこりしました(#^.^#)。

    みんながこんなふうになれますように(#^.^#)。
    きっとなれるとおもいます。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもじょうずにコメントできなくてごめんなさい。
    いつもすぐにことばにならなくて。

    >善い支援の「ご縁」が(お顔も存知ないのに)広がって嬉しい!
    『ある方』には、私はお礼を認め、AAAさんを通し心ばかりの品と一緒に託けた。

    happyさんの気配りには、いつもすごいかただなぁって
    おもってしまいます。
    ぼんやりしているわたしにはとてもできないです(#^.^#)。

    4つのかごの丸洗いはほんとうにたいへんだと
    おもいます。
    happyさんの鳥さんたちへの愛ですね(#^.^#)。
    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    きょうも晴れるようです。
    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます!いつも感謝します。

      倉敷市真備町で街のあちらこちらで田植えが始まっているというのは、農家の方にとっては「希望」だと思います。
      あの水害から、立ち直られて・・・・。
      お米が沢山、収穫できますように!!!!

      9歳のエイデン・ケリーくん、9歳とは思えませんね。

      立派ですよね!!!人を思いやるこころ、平和への思い、すばらしいです!

      2歳のフィネガンくんとマクスウェルくん、仲良しは微笑ましいですね!

      同じ人間です。肌の色より、ハート!ですよね。(#^.^#)
      ご両親も、素晴らしいです。

      善い支援の「ご縁」って素晴らしいです。
      支え合い、助け合うことが、善意で広がっていくって、素敵です!

      >「4つのかごの丸洗いはほんとうにたいへんだとおもいます。」
      気合!です。(#^.^#)

      鳥たちのこと、今日も有難うございます。
      伝えたら、いつも、喜んでいます。

      今日は、少し暑いようです。
      スフレ様、お身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  2. ururundo より:

    ururundoです。

    黒人のフィネガン君と白人のマクスウェル君を見ていると、差別、偏見は大人によって後から植え付けられると、つくづく思う。

    救助隊によって助けられた猫と、責任を持ってこの猫を飼うと言う人。
    反面、猫が道を歩いてるだけで「猫がいる」と怒る人(経験しました)がいる。
    人生でどちらが幸せでしょうか?

    小鳥ちゃん達、今日も元気でね!

    1. happy-ok3 より:

      ururundo様、こんにちは!いつも感謝します。

      >「黒人のフィネガン君と白人のマクスウェル君を見ていると、差別、偏見は大人によって後から植え付けられると、つくづく思う。」

      仰るとおりですね。

      大人たちの偏見?などが、伝わってしまうのですね。

      みんな同じ人間です・・・。

      猫や昨日のように子ガモの救出とか、優しい方々の周囲には優しい方が集まりますね。

      心の持ち方が、幸せを決め、導くのですね・・・。

      いつも本当に有難うございます。

  3. ちかすぃ より:

    こんにちは!
    人々、動物たち、仲良くしている様子がとても微笑ましく、こちらも心がほっとします。
    わずか9歳の男の子の問題意識、素晴らしいですね。
    表では多様性を語っていながら、実際というと・・・。
    多様性が本当の意味で認められる(多様性という言葉すら必要のないくらい)世の中になって欲しいです!
    >元気で、毎日、ハッピーでいてくれたら、それが私の喜びです
    本当、元気でハッピーでいてくれたら・・これに尽きますね!
    いつもありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      ちかすぃ さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「わずか9歳の男の子の問題意識、素晴らしいですね。」

      中々、出来る事ではないです。
      穏やかに、そして力強く、訴える。すごいです!

      肌の色や、何かの違いがあったとしても、同じ人間です。

      何とか、お互いの気持ちが、良い方向に、黒人のフィネガン君と白人のマクスウェル君のように
      仲よくなるそんなほうこうに・・・。

      >「本当、元気でハッピーでいてくれたら・・これに尽きますね!」

      ほんとうに!

      いつも本当に有難うございます。

  4. リボン より:

    「平和を愛する人は、命を尊ぶ」ですね。ところが我が国のソーリは戦争が出来る国にしました、反対しても反対しても聞く耳を持ちません、小池も安倍にそっくり、利用できる人は利用し、入らなくなると背後からバッサリ、
    マスコミが報道せず、三権分立ではないから、検事長も買収されていました。

    「わずか9歳の男の子の問題意識」こういう教育をしなければならないのに、日本の教育は物言わぬ羊の群れを作ります。口は出しても教育にケチるから教師は早期退職が多い、心身の病気になります。友人も僧です。
    コロナで一段と仕事が増えました。消毒、部活、動物の世話などは専門の方を雇えば、雇用の道が開かれます。教師には子供の教育第一です。失礼しました。

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんばんは。いつも感謝します。

      「平和を愛する人は、命を尊ぶ」ですね。

      はい。(#^.^#)そうですね!

      >「わずか9歳の男の子の問題意識」こういう教育をしなければならない」
      家庭での教育が大きいのでは?と、思いました。

      >「消毒、部活、動物の世話などは専門の方を雇えば、雇用の道が」
      仰る通りですね。

      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    アメリカなどでの人種差別、日本にいる私には想像もつかないほど根深いのですね。
    とはいえ、日本でもいじめやコロナ差別もありますし、麻生さんのように「民度が違う」などとはとても言えない気はしますが。
    小さい子の方がわだかまりなく分け隔てもなく生きていますね。

    猫、20メートルもの松の木に登れるのですね。
    ただ、降りる方が難しいのでしょうか^^
    高橋さん、年齢を考えると猫を飼うのはけっこう負担かもしれませんが、優しい方だと思いました。

    何度もこのブログに登場するAAAさん、その方からも支援の輪が広がっているのですね。
    happy-ok3様の心遣いが、そうしたご縁をしっかりとつないでいっているのだと思います。
    常に相手側の気持ちになって配慮すること、そこまでなさるのですね。
    私もぜひ心がけたいです!

    よしき君、落ち着いて食べないといけませんよ~
    誰かに取られるといけないからあわてて食べるのでしょうか?(笑)

    今日もありがとうございました^^暑い日でした。どうぞこれからも、お体に気をつけてお過ごしください。それでは、また。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「日本でもいじめやコロナ差別もありますし」
      なんとか、こういう事がなくなってほしいです。

      >「小さい子の方がわだかまりなく分け隔てもなく生きていますね。」
      仰るとおりですね。

      >「高橋さん、年齢を考えると猫を飼うのはけっこう負担かもしれませんが、優しい方だと思いました。」
      私も、そう思いましたが、近所の皆さんが良い方なので、助けてくださると思いました。

      >「何度もこのブログに登場するAAAさん、その方からも支援の輪が広がっているのですね。」
      不思議ですが、色んな支援の輪が広がって、有難いです。

      >「よしき君、落ち着いて食べないといけませんよ~」

      伝えておきますね。喜びます!
      いつも本当に有難うございます。

      暑い中、お身体大事になさってくださいね。

  6. しおん より:

    素敵なニュースを読んで、また心が温まりました。
    小さい子にもちゃんと心があり、むしろ大人より何も悪いことが上書きされていない純粋な💛だからこそ、普通にハグもできるし、皆にメッセージもできるんだ、とそう思いました。
    それを見て号泣する・・・失礼ですがそんな時代がなくなってほしいです。差別さえなければ当たり前のことなんですから。
    でも、自分の中に何か差別や人に対する垣根がないか、ちゃんと見ていないと、いつ出るかわかりません。こうした綺麗な💛の皆さんの行動を知って、いつも内省していたいと思いました。
    うちにも8名のところにたった2枚のマスクが今日届きました。お医者さんなどに差し上げるかもしれません。
    happyさまもどうぞ、季節の変わり目、お身体大切にされてください。今日もありがとうございました。

    1. happy-ok3 より:

      しおんさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「小さい子にもちゃんと心があり、むしろ大人より何も悪いことが上書きされていない」
      仰る通りですね。

      自分の中をいつも見て、お人に、綺麗な心で接したいですね。(#^.^#)

      マスク届いたのですね。
      有効に使われるといいですね。

      しおん様もお身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。