障がいを持つ犬からの励まし&子ガモの救出

2020年 6月15日(月)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「命を愛し、救う人は尊い

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

 

【丸森町の手仕事のオンラインショップに佐野地織保存会の商品】

 

●つる細工・竹細工・藁細工など、ひと昔前にはどの地域でも当たり前に存在した

技術を守り、受け継いできた丸森町。

 

しかし、昨年10月に町内を襲った台風19号の影響により、制作・販売の基盤と

なっていた団体が解散し販路を大きく失うこととなった。

 

そんな中、新たな販路を開拓し、丸森町の作り手が受け継いできた素晴らしい技術を

全国に伝えるため、今年4月にオンラインショップ「手しごとのある暮らしmaru」が

プレオープン。

 

 

(写真:STRAIGT PRESS様)

 

 

 

同店は“毎日を少しだけあたたかくする、手しごとの素朴なぬくもり”をコンセプトに

商品を販売しており、7月頃の正式オープンを目指している。

 

「手しごとのある暮らしmaru」が、このたび、丸森町のしるく文化を伝える

ブランド「SILKWa」が、佐野地織保存会の商品の取り扱いを開始!

 

 

(写真:STRAIGT PRESS様)

 

 

 

 

 

 

養蚕業で栄えた丸森町では、現在も5名の養蚕農家が養蚕を営んでいる。

 

 

【お米とはがき、高齢者に・いきいき訪問再開】

 

●金沢市の三馬校下のボランティア団体「ボランティアみんま」は18日、春と秋の

彼岸に合わせ、校下に住む1人暮らしの77歳以上のお年寄りに米2合と、

切り絵で季節の花を描いたはがきを届ける「いきいき訪問」を再開する。

 

3月と9月の恒例イベントは今春、新型コロナウイルス感染防止のため延期。

 

5月の緊急事態宣言解除、今月の公民館再開を受け、対象の高齢者275人を訪問に。

 

18日、当日は感染防止対策として、高齢者宅を訪問する各町会の会員がインターホン

越しに高齢者と会話し、玄関先に米とはがきを置いて、直接の接触は避ける。

 

「活動を再開できてうれしい。高齢者の方の元気な声を早く聞きたい」と。

(北國新聞様)

 

 

【おうちで防犯エクササイズ・神奈川県警】

 

●神奈川県警が自宅で気軽にできる体操と防犯対策を組み合わせて紹介する動画

「おうちで防犯エクササイズ」を制作、

11日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた。

 

動画「おうちで防犯エクササイズ」の一場面

(写真:神奈川新聞様)

 

 

 

県警犯罪抑止対策室は「健康と防犯を両立するツールとして活用してほしい」と。  

第1弾は、侵入盗や性犯罪被害の防止、留守番中の子どもの安全確保に不可欠な

「カギをかけよう編」。

 

 

【会津綿の人気、ひんやりマスク】

 

●福島県の伝統工芸品の会津木綿で作られたマスク。 熱がこもらないよう通気性の

良い木綿の特徴を生かし、保冷剤を入れるポケットが付いている。

(保冷剤付1200円・税込)

 

 

 

 

 

 

商品を手掛けるのは福島県会津若松市の老舗織元。

夏を涼しく過ごしてもらおうと試作を重ね保冷剤で肌が冷えすぎないように

裏生地を厚くするなど工夫を凝らした。

 

<山田木綿織元(福島県会津若松市)> tel:0242-22-1632

※布オーダーでも料金変わらず。早くても1週間はかかる

 

 

【心の無料健康相談室開設・北海道】

 

●北海道臨床心理士会所属の私設相談室開設者のボランティアが現在、

オンラインミーティングツール「Zoom」を使った「心の無料健康相談室」を開設。 

 

北海道臨床心理士会

(写真:札幌経済新聞様)

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響でストレスを抱えている人を対象に、

Zoomを使い面談を行う。1回目のみ無料で、チケット購入時、希望の時間の

チケットを選択し申し込む。1回の相談時間は30分。

 

支え合い、励まし合いが、孤独と不安、不信と怒りを和らげてくれると話す。  

前日19時までの予約申し込みが必要。

 

 

【面会制限でも子ども達に笑顔を、クリニクラウン】

 

●今も新型コロナウイルスの影響を大きく受けているのが、入院中の子どもたち。

 

 

 

 

 

(写真:ABCテレビ様)

面会が制限されるなど、つらい毎日が続く子どもたちを笑顔にしたい・・・

 

 

 

 

 

(写真:ABCテレビ様)

病院を訪れ子どもたちと遊ぶ臨床道化師「クリニクラウン」たちが、

画面越しにつながる取り組みをはじめた。

また、会える日を信じて。

 

 

【途上国へマスク寄付・神戸国際支援機構がマスク募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

マスクの寄付は誰でも可能で、既製品や郵送代金の支援も受け付けている。

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●6月14日22時33分頃 震度1 宮城県沖

●6月14日05時19分頃 震度2 与那国島近海

●6月14日00時51分頃 震度4 奄美大島北西沖

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

6月14日は 株式会社コロナの広告&財布を届けた少年 で 正直、信実を

 

 

 

 

 

正直、誠実、信実な行動は笑顔を増やす。

 

命を大切に思い、支える行動は素晴らしい。

 

産経新聞様が報じたが、新型コロナウイルスの影響で、日本もペットブームに。

理由は「コロナで自宅にいる時間が増えたから」「自粛生活の癒やしがほしくて」と。

 

シェルターで飼育されている保護犬。

審査を重ねた上で、適切な里親に譲渡される

大阪府能勢町

(写真:産経新聞様)

 

 

関西のある自治体の動物愛護センターは現在のペットブームついて

「その場の感情で安易に飼育を決めるのではなく、動物の命を預かることを、

 きちんと理解して行動してほしい」と呼びかける。

 

「覚悟を持って飼っているのか」という声もあがっているらしい。

 

飼う以上、毎日のお世話、病院への検診、10年~15年位生きるペットを

最期まで面倒を見る献身的な行動が必要になる。途中放棄はいけない…。

 

        ★★★★★★★★★★

 

The Dodoの報道から。

 

米国カリフォルニア州カーン郡テハチャピに住むアンジェラ・アダンさんは、

22歳の時から犬の保護活動に尽力し、飼い主の都合で捨てられたり障がいがあって

引き取り手がない犬を自宅でケアをしてきた。

 

2018年11月、アンジェラさんは「引き取りが見つかりそうもない」という連絡を

受けて、車で4時間もかけて保護シェルターに向かった。

 

小さな犬は重度の障がいを持っていたが「この子を救うのは自分しかいない」

一目惚れし引き受ける事にした。

 

とても痩せたその犬に「フレディ・マーキュリー」と名前をつけた。

 

2018年11月にフレディと初めて会った

(画像は『Ready Freddie 2019年5月30日付Facebook

「Here’s a #tbt to the very first time Angela and I met in November 2018.」』

(TechinsightJapan様)

 

 

アンジェラさんは、

「フレディは怪我をしたままダッフルバッグに詰め込まれ、

 車の下に捨てられていたそうです。

 

 過剰歯(歯が正常な数より多くなる)で引き取る前にすでに17本も抜歯しており、

 眼球が突出していました。

 

 また生まれつき前足が横に広がるなど重度の奇形を抱えており、

 歩くことさえできませんでした。」

 

歯が通常よりも多いフレディ

(画像は『Ready Freddie 2019年5月29日付Facebook』)

(TechinsightJapan様)

 

 

 

 

「面会の日、私がブランケットにくるまれたフレディを優しく撫でると、

 小さな顏を上げて『助けてくれてありがとう』とでも言っているかのように

 私のことを舐め始めたのです。

 フレディが私のことを信頼し、安心しているようにも見えました」

 

「自宅に戻ってから、私はフレディを床に置いて身体の状態を

 じっくりと観察してみたのです。

 

 私は今まで保護した犬を見て泣いたことなどなかったのですが、

 いびつに曲がった足、歩けずにもがく姿、そして痩せて力もない小さな身体に

 『これまでどんな人生を送ってきたのだろう』と悲しくて心が震え、

 涙が溢れて止まりませんでした。」

 

フレディはその後、ゆっくりと忍耐強くケアを続けるアンジェラさんの愛情に

応えるかのように、強く、健康で『ハッピー』な犬へと変身を遂げた。

 

保護から1年半あまりが経過した現在は、学校を訪問し子供たちに笑顔を届けていて、

アンジェラさんは

 

「障がいを持つ犬でも愛情を持って育てれば、明るい未来が開けるということを

 子供たちに知ってもらいたいと思っています。

 

 より多くの人々にフレディのように障がいを持つ犬を引き取ってもらいたいのです」

と活動を続ける意義を話す。

 

フレディは、後ろ足だけで立ちながらダンスをしたり、可愛い姿を見せる。

 

踊るのが好きなフレディ

(画像は『Ready Freddie 2019年6月30日付Facebook

「Spread love and vote for me.」』

(TechinsightJapan様)

 

 

 

アンジェラさんは、フレディをはじめとする多くの犬との関わりについてこう話す。

 

「フレディの素晴らしいことは『自分が他の犬と違う』と思っていないことです。

 飼い主にどんな虐待を受けたのかはわかりませんが、過去に人間がしたことを

 恨んでいるような素振りも見せません。

 

 これまでに私が自宅に迎えた犬たちは十分につらい思いをしています。

 だから私は、犬たちに悲しい思いをさせないように、できる限りの愛情を注いで

 抱きしめてあげるのです。

 

 フレディは健康上の問題も抱え、あとどのくらい生きられるかはわかりません。

 でもフレディの前向きで力強い姿は、多くの人を激励していると確信しています。

 

 フレディをはじめとする犬たちのケアをすることで、私の人生はより

 意義のあるものにあるものに変わりました。

 いつか全ての犬たちに、この恩返しができればと思っています。」

 

 

沢山の障がいを持つ「フレディ」

フレディは、心が純粋で愛に満ちている。

 

だから、愛に満ちたアンジェラさんの所に導かれた。

「素晴らしいご縁」である。

 

フレディの学校などへの訪問は、子ども達に命の尊さと生きる素晴らしさ、

そして、支えていく愛のある行動を教えていると思う!

 

素晴らしいフレディ!そしてアンジェラさん!

 

      ★★★★★★★★★★

 

仙台市太白区の住宅街で11日、側溝から出られなくなったカルガモのひな11羽が

仙台南署員らに助け出されたが、周囲の人だかりに驚いたのか親ガモはその場を

立ち去ってしまった。

 

(写真:東北放送様)

 

 

 

 

対応を引き継いだ県の職員が11日午後4時すぎ、

現場から600メートルほど離れたこの沼に子ガモを放した。 

 

 

 

 

 

(写真:東北放送様)

12日、太白区にある天沼公園の沼で、親ガモのすぐ後ろにぴったりとついて泳ぐ

11羽の子ガモを見つけた。

 

(写真:東北放送様)

 

 

 

 

野鳥に詳しい「青葉の森管理センター」の黒川周子さんによると、

親ガモは一見その場を離れてしまったように見えても小ガモの場所が分かる範囲で

様子を見ていて、最終的に子ガモの声を頼りに合流できた可能性があるという。

 

11日の午前8時前、犬の散歩をしていた高橋さんと言う男性が側溝の

ふたの上をうろつく親とみられるカルガモ1羽を見つけた。

 

 

 

 

 

(写真:東北放送様)

下からひなの鳴き声がしたため、近隣住民と手分けし消防や交番に連絡し

署員らが側溝に入り、ひなをすくい上げた。

 

優しい高橋さんの発見と連絡によって、子ガモの命が助け出された。

命を愛する人の「行動」は尊い!

 

            ★★★★★★★★★

            

「命を大切に扱う

 愛を宿す心は

 命を日々尊ぶ

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

 私の所にも、9日、やっと政府からのマスクが届いた。

同じマンションの2家族の方も、マスクを有効に…と私に寄付して下さった。

 

上記のホームレスの支援団体「認定NPO 法人 Homedoor」様に

第2弾の支援物資と一緒に、送付させて頂いた。

 

レトルトカレー  10袋

鯖缶詰      8個
うめ塩飴     2袋
台所用洗剤    2本
歯磨き粉     5本
今治タオル 白    6枚
政府マスク  3個(6枚)

 

右下の薄茶色のものは、マンションの方からのお手紙。

 

洗剤や歯磨き粉、タオルは必要とのこと。

飴は、熱中症の予防用のためにである。

 

マスクを寄付して下さった2家族の方には、いくら無償で送付されてきたマスクでも

頂いて当然とは思っていないので、ささやかな「物」をお礼に届けた。

 

誤解のないように…私は、自分が何かさせて頂いても、お礼やお返しは無用だと

いつもお願いしているが、人様への感謝は、届けたいと願っている。

 

沢山の支援物資ではないが、心と身体への励ましの物資になる事を祈りつつ。

 

動物の命も大切、そして人の命も、尊く大切だから。

 

今日も、私は、福島大学の学生さん達が、支えられるよう、お祈りさせていただく。

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

命を引き受けるには、愛と覚悟が必要

 

命を大切に思い、出来る行動を。

 

今日も【命を大切にするhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 6月15日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

昨日は、窓を少し開けていたら、急に強い風が吹いて、

おそらくカーテンに払われたのでしょう。

 

ガシャン!という音がし、見にいくと、よしき君のカゴが、

高さ30センチくらいのテーブルから、下に落ちてしまっていました。

 

こんな事は初めてです。風のパワーはすごいです。

 

カゴの中で、安全な場所に身体を移して、とまっていましたので、

怪我もなかったです。

 

「よしき君、窓を開ける時は気をつけるから、ごめんね。」

あまりそう言うことに、動じない性格なので、にこ~~と笑ってくれ、

ほっとしました。

 

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

障がいを持つ犬からの励まし&子ガモの救出” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    >臨床道化師「クリニクラウン」たちが、
     画面越しにつながる取り組みをはじめた。
     また、会える日を信じて。

    クリニクラウンという方たちがいらっしゃることを
    はじめてしりました(#^.^#)。
    こどもさんたち、よろこばれるだろうなぁって
    おもいました(#^.^#)。

    フレディさんのおはなしに
    むねがいっぱいになりました。
    いっしょうけんめいにいきているフレディさん、
    やさしいアンジェラさんにであえて
    ほんとうによかったです。

    カルガモさんのおやこのふたつのおはなしも
    ほんとうによかったです(#^.^#)。
    どちらもぶじにたすかってホッとしました。
    やさしいひとたちにみつかって
    ほんとうによかったです(#^.^#)。

    happyさんはまた、ホームドアさんへ
    支援のしなものをおくられたのですね(#^.^#)。
    ほんとうにすごいです! (#^.^#)。
    happyさんにマスクを託された人たちにまで
    おれいをなさってほんとうに、どこまでも
    気づかいをなさるかたなんだなぁっておもいました。
    わたしにはとてもできないです(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもじょうずにコメントできなくてごめんなさい。

    よしきくんがぶじでよかったです(#^.^#)。
    happyさんもびっくりなさったとおもいます。
    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    きょうもは晴れるようです。
    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、おはようございます。いつも感謝します。

      臨床道化師「クリニクラウン」さんは、世界の色んな病院や施設でも活躍されていますが、
      今はコロナのことで、子どもたちと接する事ができないです。

      限られた中で、少数の子ども達にでも、こうして、笑顔が届けられるって素晴らしいですね。

      >「いっしょうけんめいにいきているフレディさん、やさしいアンジェラさんにであえて
      ほんとうによかったです。」

      仰る通りですね。

      あと、何年生きられるか?わからなくても、フレディの姿を見て、生きていく事の大切さを感じた多くの人たちに、素晴らしい宝を届けていると思います。

      私は、フレディ、可愛いと思います。
      うちには、障がいのある誉くんがいますから、分かります。

      11日に、11羽の雛を助け、12日には、親鳥のもとに戻って本当に良かったです。

      優しい高橋さんが見つけたからですね。

      ホームドア様には、マスクが届いたら、支援物資をと思っていましたが、マスク、やっと届きました。
      すごい沢山の量ではないのですが、必要な物を伺いつつ、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

      >「よしきくんがぶじでよかったです」
      びっくりしました。(#^.^#)

      鳥たちのこと、今日も有難うございます。

      スフレ様もお身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  2. リボン より:

    よしき君、笑ってましたか、happy様を信頼してますから。
    生き物は人間より上等なことありますね。
    「フレディの素晴らしいことは『自分が他の犬と違う』と思っていないこと、
    素晴らしい方に引き取られて幸いです、うちの母猫は自分の毛を舐めまくりひどいことになっています、医者にも通いますがへこみます。いつもありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんばんは。いつも感謝します。
      お返事が遅くなってごめんなさい。

      >「よしき君、笑ってましたか、happy様を信頼してますから。」

      鳥たちの部屋から、ガシャン!という音がしたのでびっくりしました。

      笑っていました。(#^.^#) ほっとしました。

      >「フレディの素晴らしいことは『自分が他の犬と違う』と思っていないこと」
      良いかたに引き取られましたね。

      すごく、気持が純粋なフレディなのですね。

      生かされている間、幸せな時間を毎日おくれると言う事が、幸せですね!

      母ネコちゃん、心配ですね・・・。
      大事になさってください・・・。

      いつも本当に有難うございます。

  3. 夕菅 より:

    アンジェラ・アダンさんの記事は途中で涙で読めなくなりました。
    この世界には何と優しい人が………………..!
    ………………………………………………………………………………………………………
    いろんな思いが交錯します。
    ごめんなさい。

    1. happy-ok3 より:

      夕菅 さま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「この世界には何と優しい人が」

      でも、日本にも、沢山、優しい方は多いです。
      動物を大事に大事にされる方は、多いです。

      愛の本質を魂出ご存知なのだと思います。

      いつも本当に有難うございます。

  4. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    フレディ君のお話、何というつらい生、それでも心までは壊れてしまわずに、アンジェラさんの元へ導かれてきたのですね。
    命を分け隔てなく愛するということ、言葉では簡単に聞こえますが極めて難しいことと思います。
    アンジェラさんから強い愛情のエネルギーが感じられたから、フレディ君も安心して心を開いたのでしょう。
    本当に、この出会いがあってよかったです。

    カルガモのひなも助け出されてよかったです。
    こういった行動ができる人は、きっと命に対する尊敬の念があるのですね。
    どんな種類の命であっても大事で、無駄に死なせてはならないという気持ち、持っていたいと思います。

    happy-ok3様のhomedoorへの支援、食料だけでなく歯磨き粉や洗剤、これはなるほどと思いました!
    いつも相手がどんなものを必要としているかを思いやって物資を選んでおられるのですね。

    私は物資を選ぶのは苦手でして、寄付の方でhomedoorも選択肢に考えさせていただきます。

    今日もありがとうございました^^どんな命でも造物主が作られたと思って大事にすることなのですね。どうぞ、6月後半もご無事であられますように。それでは、また。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「フレディ君のお話、何というつらい生、それでも心までは壊れてしまわずに」

      すごいです。フレディ君、強いです。そして、本当に愛してくれる人を引き寄せたのでしょうね。

      そして今は、多くの子ども達に、生の尊さを教えています。
      子ども達も、フレディ君から、教えられる事は、一生残るとおもいます。

      >「本当に、この出会いがあってよかったです。」

      良かったですね!!!フレディ君、幸せな毎日ですから!

      >「どんな種類の命であっても大事で、無駄に死なせてはならないという気持ち、持っていたいと思います。」
      仰る通りですね。

      カルガモの11羽の雛、助かって良かったです。

      >「happy-ok3様のhomedoorへの支援、食料だけでなく歯磨き粉や洗剤、これはなるほどと思いました!」

      実際にhomedoorさまに、今、必要な物を伺ったのです。
      歯ブラシは、メーカーさんから支援があったけど、歯磨き粉がないと。
      台所洗剤もです。
      タオルも、以前も送付したのですが、あると助かるようです。

      >「寄付の方でhomedoorも選択肢に考えさせていただきます。」
      有難うございます!よろこばれます!

      >「どんな命でも造物主が作られたと思って大事にすることなのですね。」

      仰る通りですね。(#^.^#)

      いつも本当にありがとうございます。

  5. 白魔女 より:

    happy-ok3さん、こんばんは☆
    フレディ君と天使さんのお話し、まるで誉君と貴女のことみたいですね。人間でも動物でも、出会いで大きく人生(犬生?鳥生?)は変わりますね。
    換気は大事だと言われてますし、暑くなってくると風は気持ちいいですけど、まさか鳥かごまで飛ばしてしまうとは、びっくりされたでしょう!よしき君や他の鳥さん達が無事でよかったです。

    1. happy-ok3 より:

      白魔女 さま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「人間でも動物でも、出会いで大きく人生(犬生?鳥生?)は変わりますね。」

      仰るとおりです。

      弱さを抱えた仔は、大事にしてくれる人がわかると、獣医さんは仰っていました。

      >「まさか鳥かごまで飛ばしてしまうとは、びっくりされたでしょう!」
      日曜なので、窓を開けていましたが、カーテンで払われたようです。

      窓を開けても、こんなこと、初めてで、びっくりしました。

      よしき君もみんなも無事でよかったです。(#^.^#)

      いつも本当にありがとうございます。

  6. ちかすぃ より:

    こんばんは!
    コロナの影響で、病院や施設の訪問が制限されてしまうのが悲しいです。
    今は、オンラインで会うことも出来るのが便利になったと思いますが、
    早く生で会える時が来て欲しいものですね!
    そして不安やストレスの多い生活の中で癒しを求めペットを飼いたい人たちが増えているのですね。
    でも、ペットに惜しみなく愛情を与える事で、そのペットと共に過ごせる事に喜びを感じられるのが大事で
    まず第一に癒されることを目的にするのはどうなのかなと思ってしまいます。
    たしかに実際、ただ動物と触れ合鵜だけでもとても心が和むのですが😅
    よしきくん、にこ〜っと笑ってくれたなんて可愛いなあ・・♪
    天気の急変、いきなり強い風が吹き出したりでびっくりしますよね💦

    1. happy-ok3 より:

      ちかすぃさま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「コロナの影響で、病院や施設の訪問が制限されてしまうのが悲しいです。」

      そうですね。特に、高齢者や、子どもたちは、辛いと思います。

      オンラインも良いですが、やっぱり実際に会って、交流というのが一番ですから。

      >「不安やストレスの多い生活の中で癒しを求めペットを飼いたい人たちが増えているのですね。」

      日本だけではないですね・・・。

      >「まず第一に癒されることを目的にするのはどうなのかなと思ってしまいます。」

      好きだから、愛しているから、という事が第一にきてほしいですね。(#^.^#)

      >「よしきくん、にこ〜っと笑ってくれたなんて可愛いなあ・・♪」
      よしき君は、おおらかです。(#^.^#)

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。