丹波の子ども達の応援&親友への装具作り

2020年 5月24日(日)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「愛を選ぶ道は、命を生かす道

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

 

【抗菌塗装で営業の安全再開を後押し・山形

 

●内装・外装や塗装などを手掛ける山形市内の3社がタッグを組み、

新型コロナウイルス感染防止対策として飲食店などの抗菌塗装を手掛けている。

 

抗菌効果があるコーティング剤を店内に塗装することで感染リスクを低減させ、

安心して営業を再開できる環境づくりを後押しする。

 

飲食店で抗菌塗装が行われた=山形市・マーキガルニ

(写真:山形新聞様)

 

 

 

 

今後、抗菌塗装済みのステッカーも作成し、安全PRを後押しする。

問い合わせはトップアートセクション023(642)3972。

 

 

【印刷物に抗菌加工・医療施設から飲食店まで

 

●ショセキ(金沢市)は25日、印刷物に抗菌加工を施す「抗菌印刷」サービスを開始。

 

業界団体の抗菌製品技術協議会(SIAA)から、抗菌加工製品に求められる品質や

安全性ルールに適合したことを認めるSIAAマークを取得した。

抗菌効果がある。

 

衛生環境の整備が必要な医療・福祉施設での診察カードやお薬手帳、パンフレット、

飲食店のメニューや包装紙、名刺、ノート、雑誌など幅広い分野に展開していく。

(北國新聞様)

 

 

【地域の子どもは地域で守る・弘前青年会議所】

 

●「地域の子どもは、地域で守る」をスローガンに集まった弘前青年会議所の

「たか丸くんマスクプロジェクト」

 

「保育関係者に聞くと、大人用のマスクは手に入りやすくなり始めているが、

子ども向けのマスクは依然、不足していると聞く。メンバーたちが1カ月前位から

全国に呼び掛け、ようやく素材を取り寄せて実現にこぎつけた」と話す。  

 

“菊池勲委員長(右)と比内理佑理事長(左)”

(写真:みんなの経済新聞様)

 

 

 

 

マスクキットは、洗って繰り返し使え、しつけ縫いなど4工程で作れる仕様となり、

作り方の説明書を同封するほか、マスクに貼れるようマスクをした弘前市の

マスコットキャラクター・たか丸くんのシールを入れる。  

 

封入作業には細心の注意を配り、消毒や作業室の換気は徹底。

 

 

【重症病棟の医療者たち・不安や寂しさあるが頑張る】

 

●救命救急センターの自治医科大学付属さいたま医療センター(さいたま市)では、

4月から新型コロナウイルスの重症患者を受け入れている。

 

態勢確保のために一般病棟の二つを閉鎖し、対応にあたる医療従事者の人員を保つ。

従来の集中治療室の一つを重症患者用に充てるなどして24時間態勢で治療にあたる。  

 

新型コロナウイルスの重症患者がいるエリアに入るため

防護服やマスクを着用する医師。鏡を見つめ準備を整えた

5月20日午後、さいたま市の自治医科大学付属

さいたま医療センター

(写真:朝日新聞 池田良様撮影)

 

担当医師の1人は、妻と2人暮らしだが、妊娠中の妻への感染リスクを避けるため、

4月から住まいを分けている。

 

「第1子で、妻に寄り添いたいけれど、今はそうはいかない。妻と生まれてくる

子どものためにも、不安や寂しさがあっても頑張ります」

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

   ●5月23日12時07分頃 震度1 沖縄本島近海

 ●5月23日10時36分頃 震度1 和歌山県南方沖

 ●5月23日04時33分頃 震度4   沖縄本島近海

 ●5月23日00時59分頃 震度1 浦河沖 

   

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

5月23日は なぎさ小学校からのエール&住職の無料配達 で温かい応援を

 

 

 

 

 

心からの言葉と応援は、大きな力になる。

 

人を生かすことに、言葉と脳を使う。

 

長野県佐久市臼田の地域住民から「コロナさん」の愛称で親しまれている老舗の食堂

「味蔵コロナ食堂」が、新型コロナウイルスの感染者が増えてきた3月ごろから

嫌がらせに苦しんでいる。

 

無言電話がかかってくるようになり、インターネット上に心ない書き込みが増加。

3代目店主の須藤仁志さんは「新型コロナと店名は全く関係ない。耐えるしかない」。

 

地域住民に愛される「味蔵コロナ食堂」3代目の

須藤仁志さん=長野県佐久市臼田城下で

2020年5月19日午後8時56分、

(写真:毎日新聞 坂根真理様撮影)

 

 

支えになっているのは、常連客の励ましの言葉。

 

18日には、旧臼田署(現臼田警部交番)の元署長からも励ましのはがきが届いた。

 

冷たい弁当を出す業者が多い中、コロナ食堂は臼田署に長年温かい弁当を届けてきた。

 

「どんなに悪さをした人でも温かいご飯が食べたいだろう」とほかほかのご飯を

届けることにこだわった。

 

仁志さんの母親は「佐久署で白状しなかった人も臼田に来ると白状したんだって。

温かい弁当を食ベられるからって」

 

「味蔵コロナ食堂」は、悪い事は何もしていない。

温かい美味しいお料理で、多くの人を励まし、助けてきたのだ。

 

心無い誹謗中傷は、人の命さえ奪う危険 があるのだが…。

 

             ★★★★★★★★★★

 

さて、女子プロレスラーの、木村花さんが、誹謗中傷を受け、亡くなったことで

女子プロレス「スターダム」の元レスラーの風香さんは

 

風香さん

(写真:デイリースポーツ様)

 

 

 

「見えない敵からの攻撃、その敵がどこにどれだけいるかも分からない

 ネット社会の恐怖。でも、どんな原因があっても人をそこまで追い詰めて

 いい理由にはならないはず。」と。

 

 

また、脳科学者の茂木健一郎氏は、木村花さんの事で、23日、

「ネットで匿名で誹謗中傷を繰り返す人たちは、人間として最低の存在です」と投稿。

 

茂木健一郎氏

(写真:日刊スポーツ様)

 

 

 

自身のブログでも

ネットが生んだ、卑怯者が潜む『匿名』という偽りの隠れ家。

 それは人間としてやってはいけないこと、許されないことだということをもっと

 社会で共有すべきだし、学校もそういうことを教えるべきだ」と。  

 

「せっかくの自分の脳、もっと良いことにつかったらいい。」ともつづった。

 

             ★★★★★★★★★★

 

        その一方で

 

第一線で働く医療従事者に対し、差別的な事象が起きていることが報道されるため、

丹波市ミニバスケットボール連盟の片山則昭会長が、手紙を通じた感謝を企画した。

 

兵庫県丹波市内の医療現場で働く従事者に感謝の気持ちを伝えようと、

 

丹波市内に7つあるミニバスケットボールチームに所属する各チームの

小学生と指導者、保護者、今春卒業したばかりの一部の中学1年生が

感謝と励ましを書いた手紙をしたためた。

 

片山会長の元に医師や看護師達に充てた計150通と2枚の色紙が寄せられた。

中にはかわいらしい絵を添えた手紙も。

 

丹波市内のミニバスケットボールチームのメンバーらが書いた

感謝を伝える手紙

2020年5月14日午前9時3分、兵庫県丹波市柏原町柏原で

(写真:丹波新聞様)

 

 

 

 

「毎日、コロナウイルスと戦ってくださりありがとうございます」

 

「体がしんどい人のためにがんばってくれてうれしい」という感謝や、

 

「自分たちの体も大事にしてください」

 

「今、私にできることは、かからないように気をつけてすごすことです」

 

医療従事者を思いやったり、自分たちも手洗いや消毒、外出せずに自宅で過ごして

感染予防を頑張っていることを伝えることで、共に同ウイルスと戦っていると。

 

地元丹波市内の子どもたちや、保護者からの、温かい励ましは

地元の病院の方々には大きな力である!

 

片山会長は現在69歳だが、手紙を書いた子ども達の保護者たちは、

会長の子どものような年齢である。

 

地域愛が育まれてきた事が伺えて、愛の絆を感じる。

 

         ★★★★★★★★★★

 

また、石川県の北東部にある珠洲市上戸小学校の全児童24人が22日までに、

イラストを作製した。

 

外出の自粛が長いため、親子で有意義な時間を過ごしてもらおうと、上戸公民館と

上戸青年福祉員会が企画。

 

イラストのテーマは

1)感染防止の最前線に立つ医療従事者たちを応援

2)うわさ話を拡めたり、不安をあおる行動を慎む

3)感染者や家族への差別や偏見をやめる

 

児童が作製した、コロナ予防を

啓発するイラストを紹介する関係者

 

珠洲市上戸公民館
(写真:北國・富山新聞)

 

 

 

 

「コロナせいばい」「コロナをのりきろう」「ソノデマホント」などの啓発語も。

町内に掲示して、住民たちにも正しく良い意識を高めてもらうという。

 

全校生徒24人の規模の小学校だが「思いやりの規模は大きい」

ここも、地域の大人たちの優しさが、反映されている!

 

                             ★★★★★★★★★★

 

熊本市中央区の「徳田義肢製作所」で働く山代円さんは、義肢装具士になって7年。

「徳田義肢製作所」の義肢装具士は22人。

 

山代さんは担当する病院に毎日出向き、患者や医師から症状や希望する装具、

生活様式などを丁寧に聞き取り、石こうギプスで取った型を持ち帰り、制作に。

 

足の石こうモデルを同僚に見せて説明する

山代円さん(右)=熊本市中央区

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

 

「症状や必要な装具は一人一人違う。全てオーダーメードだから、患者さんと

 しっかり会話するようにしています」と前向きに使ってもらう工夫も施す。

 

石こうギプスで足形を取る山代さん(左)

患者との会話から生活様式や希望を聞き取り、

装具に反映させる

 

 

 

別府市で生まれ、小学校の同級生に、脳性まひで左足に装具を着けた

「紫帆=しほちゃん」がいた。

 

「最初はどう接していいか分からなかったけど、すぐに仲良くなりました」と。

 

みんなで紫帆ちゃんの生活を支えたが、何キロも歩く遠足では足と装具が擦れて

けがをし、途中で歩けなくなっていた。

 

「それを見て、装具を作ってあげたいと思うようになった」と。

 

義肢の装具を制作するのが山代さんの仕事だ

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

 

 

 

中学生の時に義肢装具士という職業を知り、義肢装具学科のある熊本総合医療

リハビリテーション学院から資料を取り寄せた。

 

高校2年の時、オープンスクールの参加から

「人の役に立ちたい」という気持ちがより強くなったという。

 

この学院で3年間学び、卒業後は大分市の義肢製作所に就職した。

 

昨年、結婚し、義肢装具士の夫が勤める徳田義肢製作所に転職した。  

病気やけが、障がいなど、装具が必要な理由や装着する体の部位は、さまざまだ。

 

悪性腫瘍で足を切断した女性は「中学生の息子の運動会に行きたい」と願い、

山代さんは装具の制作を急いだが間に合わず、亡くなってしまった。

 

また、子どもの装具はその後の成長や人生を左右することもあり「責任重大」と。

「装具が、その人の生活の質が向上し、社会復帰を後押しすることにもつながる」

 

紫帆ちゃんは大分で暮らしていて、今も親友だ。

 

山代さんの「いつか親友に装具を作ってあげたい」

この20年越しの思いが、やっと実を結びそうだという。

 

山代さんに人の役に立ちたいという強い願いを起こさせ、義肢装具士の道に進ませる

きっかけとなったのは、ハンディを持った紫帆ちゃんだった。

 

悪意や誹謗中傷は、命を前向きに生かさないが、

 

人と人の善いつながり、絆は、思いやりが土台となり命を、生活を生かす…。

 

 

「人に喜びと幸せを

 届けると

 周囲にも幸せの

 風が吹き

 自分の喜びと幸せの

 幅も広がる   

         (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ★★★★★★★★★★

 

どんなに上手な言葉を使っても、言葉がなくても、悪意は…伝わる。

 

全く関係のない善いお店が、誹謗中傷の標的になり、医療従事者たちも

差別や誹謗中傷に苦しめられている。

 

コロナと関係なくとも、イジメや誹謗中傷をする人は存在する。

 

トラインは、こうつづった。

【愛は愛を呼び、憎悪は憎悪を 増殖させる

 愛は命を救う生きた力で 憎悪は命を破壊する力】

 

どちらの力を好み、選ぶかは、自分自身の選択である。

 

今日も愛を選ぶ1日でありますように。

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

愛の思いと行為は、人を元気づける

 

心からの思いやりの励ましは、力を届ける。

 

今日も【愛の行為を選ぶhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 5月24日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

一昨日の夜から、誉くんのお鼻が赤いのです。

昨日は、電話をして、夜、病院に連れて行きました。

寒かったり、暑くなったりで、それでなくとも障がいの多い誉くんです。

 

電話に出て下さったのは、院長先生ですが、

担当の先生に聞いてくださり、「今から来てください」と。

検査もしましたが、投薬で様子をみます。

 

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

丹波の子ども達の応援&親友への装具作り” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんの記事をこころをこめてかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます。
    抗菌塗装というのがあるのをはじめてしりました。
    記事にかかれているみなさんのやさしいきもちと
    いっしょうけんめいなきもちにむねがいっぱいになります。

    コロナ食堂さんの

    >「どんなに悪さをした人でも温かいご飯が食べたいだろう」とほかほかのご飯を
     届けることにこだわった。

    ほんとうにこころのそこからやさしいかたなのですね。

    >人を生かすことに、言葉と脳を使う。
    >愛の思いと行為は、人を元気づける。

    たいせつなことばをありがとうございます(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    いつもじょうずにコメントできなくてごめんなさい。

    誉さんのお鼻があかいのですね。
    happyさんにはやくきづいてもらってほんとうによかったです。
    happyさんのしんぱいが痛いほどよくわかります。
    どうかいちにちでもはやくげんきになりますようにと
    いっしょうけんめいおいのりします!
    誉さん、がんばってくださいね!
    (わたしんちのメイもまだこどものころそうなりました。
    お薬と保温でよくなりました)

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ 様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「抗菌塗装というのがあるのをはじめてしりました。」

      これは、お店にとっては朗報ですね。
      最初は、塗装にお金がかかるかもしれませんが、今のコロナ問題がある中、長い目でみると安心でしょうね。お店の方も安心で、お客様も安心な気持ちになりますよね。

      「どんなに悪さをした人でも温かいご飯が食べたいだろう」とほかほかのご飯を
       届けることにこだわった。

      お人を本当に大事に思っている方々ですね。
      中々、出来る事ではないです。なぜ?そんな素晴らしいお店を、誹謗中傷するのか?
      悪い事ではなく、善い事をされているのに・・・。残念です。

      コロナの事がある中、子どもたちが、医療従事者の方々を励ましている素晴らしい事実があります。

      この子どもたちが、素直に、さらに優しい大人になっていってほしいですね。

      >「happyさんのしんぱいが痛いほどよくわかります。」

      心配ですが、大事に思いを注いでいます。
      お薬も飲んでくれているので。

      病気は、早期発見・早期治療ですね。
      スフレ様、ご心配感謝します。

      鳥たちに、スフレ様のお言葉、今日も伝えたら喜んでいました。

      スフレ様もお身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  2. ribon より:

    誉くんのお鼻が赤い!心配です、家族ですからすぐ不調が分かりますね。
    匿名で誹謗中傷、そんな卑怯者の戯れ言は頭の中から追い出してほしい。これからの人生なのに。
    日本はお上には匿名でも抗議しないくせに、同じ弱者をたたくのが許せません。これでは民主主義は育ちません。
    世界初の女性参政権をを実現させたニュージーランドは今39才の女性首相が民主主義の力でコロナに勝利宣言、
    弱者、学生にきめ細かく手厚い支給、国民も政治を信頼。
    HAPPY様のような善意の塊のような方に甘えて役所がなにも出来ないのはおかしいです。
    今日もありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは。いつも感謝します。

      いつも、顔を見ていますから。
      先生が、すぐ診て下さって、ほっとしました。

      >「匿名で誹謗中傷、そんな卑怯者の戯れ言は頭の中から追い出してほしい。」

      SNSで、顔が見えないからといって、ご自分に何かをされたわけではないのに、何かがあると、そのほころびをわざわざ、広げて、人を攻撃して、ご自分がヒーローになるように持っていっては、
      喜んで誹謗中傷をする人がいます。

      哀しいことですね。

      ニュージーランドの女性の首相さんは、人々に寄り添っておられますね。

      >「弱者、学生にきめ細かく手厚い支給、国民も政治を信頼。」
      素晴らしいですね。

      私は、大きな事は出来かねます。
      出来る事があって、それがお役に立つのなら、嬉しいです。

      いつも本当に有難うございます。

  3. ちろ より:

    昨日からツイッターで誹謗中傷についての投稿が多いなと思ってたら、
    そういうことだったんですね。
    人を傷つける気満々の人っていますからね。
    気にしないのが一番なんでしょうが、そういう訳にいかないこともあるし、難しいですね。
    義肢って高いそうなのでもっと普及するといいです。
    誉くん早く良くなるといいですね。お薬効きますように。

    1. happy-ok3 より:

      ちろさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「人を傷つける気満々の人っていますからね。」

      仰る通り、いらっしゃいますね。

      傷つけ続けるのです。
      そして、逃げるのです。

      >「義肢って高いそうなのでもっと普及するといいです。」

      仰る通りですね。
      作るのに、時間もかかるようですし、もっと購入しやすいように、補助が沢山あるといいですね。

      誉くん、お薬は飲んでくれていますので、よくなってほしいです。

      いつも本当に有難うございます。

  4. れん より:

    happyさん
    木村花さん、本当に残念です、私は、テレビを見ないので存じ上げないのですが、ネットでの誹謗中傷、ひどいと思います。
    人間として、未熟な上にやっぱり悪だと思います。

    味蔵コロナ食堂さんのところにも、わざわざ電話など、本当にどうかしていますね。
    常連さんからの励ましの言葉、これは嬉しい!
    元署長さんからの言葉、いいですね。

    熊本の義肢装具士の山代さんの記事について、素晴らしいですね。 

    誉ちゃんのお鼻、心配です。
    今日は良い天気、気持ちいいです。
    happyさん、ゆっくり、お過ごしください。

    1. happy-ok3 より:

      れんさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「ネットでの誹謗中傷、ひどいと思います。人間として、未熟な上にやっぱり悪だと思います。」

      木村花さんへ、誹謗中傷をした人たちは、逃げているとか・・。
      やるせないですね。

      味蔵コロナ食堂さんは、名前にコロナがあり、いい意味での意味があるのに、
      また、多くの人をお食事で、励ましているのに。

      頑張ってほしいです!!!

      熊本の義肢装具士の山代さん、親友に装具を作る日が近いようで、嬉しいですね!!!

      このように、自分の技術や力を、人が喜ぶために使えるって素敵ですね!

      誉くん、お薬、飲んでいますので、良くなってほしいです。

      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    コロナという災厄が人々のイライラを膨らませてしまったのか、悪意もちょっとしたきっかけで果てしなく暴走するように見えます。
    まさに「憎悪は憎悪を増殖させる」なのですね。

    「そんなことをしても、自分も不幸になるだけだった」と気づくまで、繰り返してしまうのでしょうか。
    あらためて、大変な状況でも地道に愛の行為を続けておられる方々の存在をありがたく思います。

    誉君、大丈夫でしょうか?たいしたことでないといいのですが。早く元気になってほしいですね。

    今日もありがとうございました^^何とか通常の生活に近づいていますね。happy-ok3様も落ち着いた日常が取り戻せますように。

    1. happy-ok3 より:

      MT様、こんばんは。いつも感謝します。

      >「悪意もちょっとしたきっかけで果てしなく暴走するように見えます。」
      仰る通りですね。

      「憎悪は憎悪を増殖させる」
      その通りだと思います・・・・。

      >「あらためて、大変な状況でも地道に愛の行為を続けておられる方々の存在をありがたく思います。」
      地道に愛の行為を続けていらっしゃる方々、敬服します。

      >「誉君、大丈夫でしょうか?たいしたことでないといいのですが。」

      ご心配、ありがとうございます。

      元気になって欲しいです。(#^.^#)

      だんだん、暑くなってきました。
      MT様も、お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  6. ちかすぃ より:

    happyさんこんばんは!
    コロナ食堂さんへの嫌がらせ、
    あとニュースでもありましたがSNSの誹謗中傷による悲しい事件。
    とても辛いです。匿名なら何をしても良いと思っている方がいるのが悲しいです・・
    誉くんは大丈夫でしょうか?
    先生に診ていただけたとのことでひとまず安心ですが、早く元気になって欲しいですね!
    誉くん頑張れ!!

    1. happy-ok3 より:

      ちかすぃさま、こんばんは!いつも感謝します。

      コロナ食堂さんは、地域のために尽くしてきた食堂です。

      新型コロナウィルスとは何の関係もないのです!

      哀しい人がいるのですね・・・。

      >「SNSの誹謗中傷による悲しい事件」

      こう言う事は、今までも、若い人へのイジメでも行われて、命が悲しい事になりました。
      今回は、プロレスの関係者や、スポーツ関係者が声を沢山あげています。

      なくなってほしいですね。
      悲しすぎます・・・・。

      >「誉くんは大丈夫でしょうか?」

      ありがとうございます。
      お薬が効いてくると良いのですが。

      障がいのある身体で頑張っています。

      ちかすぃさまの励まし、明日の朝、伝えますね。
      きっと喜んで元気が出ると思います。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。