クマのメッセージで笑顔に&コートの思い出

2020年 5月20日(水)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「純粋な支援は、周囲にも喜びを届ける

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

【拍手より医療用マスク・防護服不足、深刻な医療現場・沖縄

 

●拍手よりマスクを-。重症化リスクの高い高齢者が多く利用する介護療養型病院では

マスクや防護具不足が解決していない。

 

本島の療養型病院で働く50代の男性医療従事者は本紙取材に対し「身を守る道具が

ないのに頑張れと言われたり、拍手されたりするつらさを知ってほしい」と訴えた。

 

男性が勤務する病院で職員に支給されるサージカルマスクは3~5月、月に5枚だけ。

 

本来は外すたびに交換が必要で1日2~3枚消費するが、今は支給マスクを干して

1カ月に5枚を使い回す。

 

沖縄県から地区医師会を通し病院側に月1度マスクが支給されるが、その量は1日の

出勤職員の半分以下の枚数。「桁違いで足りない」と口にする。   

 

この3カ月で精神的に追い詰められ、休職する同僚も出た。  

 

男性は「もっと耳を傾けてほしい。拍手する前に、行政は現場の実情を具体的に

知ってほしい」と。(沖縄タイムス様)

 

 

【マスクの供給へ・愛媛県の障がい者たちが活躍】

 

●知的障害者らが通う松山市志津川町の福祉施設「ポッポ苑」は、生活介護事業の

一環として布マスクを作っている。

 

縫製はパート職員が行うが、型取りした生地を重ね合わせたり、耳掛けのゴムひもを

通したりするのは利用者の仕事。

 

ポッポ苑では利用者の勤労意欲を養おうと10年前からマスク作りを開始。

 

いよてつ高島屋や近隣の明屋書店などで販売しており、以前は月5枚ほどの

売れ行きだったが、3月以降は即日完売する状況となった。

 

手作りの布マスク作りに精を出す「ポッポ苑」の

利用者=14日、松山市志津川町

(写真:愛媛新聞様)

 

 

 

◆新居浜市垣生3丁目の就労継続支援A型事業所「しいたけの里」は施設外就労の

一環として知的、精神障害者ら15~20人が毎日、市内の企業が製造販売する

マスク内側シートの袋詰め作業に出向く。

 

作業中の集中力は高く、一度例を見せれば小さな汚れにも気付いてくれる」という。  

 

県内26施設が加入する県社会就労センター協議会の会長・渡辺さんは

「把握しているだけでも3施設が新たにマスク作りを始めた。各施設がコロナ対策を

しつつ、社会に役立とうと前向きに努力していることを知ってほしい」と。

 

 

【愛媛県松山市で、誹謗中傷・やめてほしい

 

●愛媛県松山市の精神科病院で新型コロナウイルスの集団感染が

起きる中、松山市で暮らす精神障害者が通う市内の事業所に、

障害者を誹謗(ひぼう)中傷し活動を自粛するよう求めるビラが郵便受けに

入れられていたことが16日に分かった。

 

事業所を運営するNPO法人(松山市)の理事長は「集団感染が起きている病院を含め、

精神障害者への誹謗中傷はやめてほしい」と呼び掛けている。(愛媛新聞様)

 

 

【寄付金で量産、フェイスシールド・全国の病院に無料提供

 

●新型コロナウイルス感染者の治療に当たる医療従事者に使ってもらおうと、

大阪大の中島清一特任教授(消化器外科学)らのチームが、安価なクリアファイルを

使った顔面用の防護具「フェースシールド」の量産を始めた。

 

「フェースシールド」を着ける阪大の

中島清一特任教授=12日、大阪府吹田市

(写真:共同通信様)

 

 

 

 

 

18日までにクラウドファンディングで約2600人から3200万円を超える寄付を集め、

全国の病院に無償提供している。

6月までに3500万円を集め、フレーム20万個を量産する。

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

   ●5月19日20時15分頃 震度1 岐阜県飛騨地方 02時01分頃から震度1~3が31回   

 ●5月19日18時45分頃 震度3 奄美大島近海  

 ●5月19日18時18分頃 震度1 熊本県熊本地方 

 ●5月19日17時54分頃 震度1 山梨県東部・富士五湖  

 ●5月19日17時06分頃 震度1 長野県中部

 ●5月19日16時07分頃 震度1 長野県中部

 ●5月19日15時20分頃 震度1 長野県中部

 ●5月19日14時59分頃 震度1 長野県中部 

 ●5月19日13時29分頃 震度1 長野県中部

 ●5月19日12時17分頃 震度4 福島県沖 

 ●5月19日09時46分頃 震度1 岩手県沖

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

5月19日は 癌の妻を支える夫の愛&親切は励ましを運ぶ で励ましの力を

 

 

 

 

 

親切な行動には、愛が満ち、周囲に広がる。

 

思いやりは、素晴らしいアイディアと行為になる。

 

米国FOXニュース(5月16日付)の報道から。

 

新型コロナウイルスに感染すると、患者は隔離され、誰とも会えなくなってしまう。

孤独感にさいなまれることが多くなる。

 

米国のバージニア州のリッチモンドのボン・セコース・セント・メアリーズ病院の

ICUで働くミシェル・ボーンさんが、そんな患者さんのためにと、

ミシェルさんと病院職員は、小型オーディオ機器を組み込んだテディベアを作成した。

 

患者さんの家族に電話し、患者さんへの20秒間のメッセージを録音。

 

そのメッセージをコピーし、テディベアから家族のメッセージが聞こえるようにした

「おしゃべりテディベア」を患者さんにプレゼントしている。

 

        すると

 

この「おしゃべりテディベア構想」は大成功!「真のヒーローだ」と絶賛されている。 

 

ミシェルさんは

「このアイデアで、患者さんも、ご家族も、そして病院関係者の気分も

 勇気づけられ、力を頂きました。

 小さなクマで患者さんの心に触れることができたのは、信じられない体験でした」  

 

 

ボン・セコース・セント・メアリーズ病院のICUで働く

ミシェル・ボーンさん

(NASCARのレーシングドライバー、

デニー・ハムリンさんのフェイスブックから)

(日刊ゲンダイ)

 

 

 

さて、米国モータースポーツ統括団体NASCARは、新型コロナとの戦いに大きな

働きをした人びとを表彰した。ミシェルさんもそのひとりに選ばれた。

 

5月17日には、サウスカロライナ州のダーリントン・レースウェイに招待され、

レースのスタートの合図をしたという。

 

「びっくりしました。自分にこんなことをしていただく価値があるとは思えません。

 こんなに注目されるなんて。ただただ驚きです」

 

患者さんに喜んで頂きたい!励ましたい!

その一心からの「おしゃべりテディベア」の作成だった。

 

純粋に、人に喜んで頂く目的は、素晴らしいし、多くの人にも喜びを届ける。

 

       ★★★★★★★★★★

 

 

「励ましの行為は

 素敵なプレゼント

 勇気と力と笑顔が

 お互いの中に広がる 

       (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
        ★★★★★★★★★★

 

さて、地元の「婦人服」を扱っているお店が、今週、閉店する事になった。

店長は「もう、長い間やってきたし・・・」と仰る。

 

本当の閉店の事情は分かりかねるが、閉店にあたり「励ます事」というのは

お店の品を購入する事だと思った。

 

自分の物ではなく、何人かのお友達にと、それぞれのストールを購入した。

 

実は、2011年の東日本大震災の時の事であるが…。

 

私の住む地域は、阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けていたので、

東日本大震災は、他人事とは思えなかった。

 

こちらの自治体も、被災の痛みを体験しているので支援を!と、東北はまだ、

寒いだろうからと、新しいコートを送付するための協力を呼びかけた。

 

新しいコートなど持っていないので、このお店に購入に行った。

しかし、冬物のコートは1枚もない…。

 

3月半ばであるし、店長に倉庫に残っていないか?と聞くと

「東北にコートを送ろうと自治体が言うので、きりのいい数字で20着、送ったの」

「えっ~~~。私も送ろうと思って、買いにきたのに…無いのですか?」

「20着送ったし、倉庫に1着くらい残っていたらいいのだけど、見てくるね」

 

しばらくすると、1着だけ残っていたというコートを持って来た。

 

確か、黒地に綺麗な色で、刺繍だったか?絵?だったかが施してあり、

軽くて暖かく、粋なコートでありつつ、年齢を問わず着れるコートだった。

 

価格も、私が購入できるような価格に値札を下げてくれていて…。

 

「これ(体育館に)送るの?」(送付先は大きな体育館だったので)

「はい、送付先も控えてきたので、送ります」

郵便局が近くにあるので、すぐ送れるように梱包までしてくれた。

 

なぜ?なのかは分からないが、この時の

店長の優しさ、温かさと素敵なコートを送付出来た事が、忘れられないのだ。

 

多分、一生忘れないと思う。

 

私は1着しか送付出来ないが、寒い中、暖かいコートを被災された方に着て頂きたかったから。

 

お店の閉店の事情も説明した上で、ストールを送付したお友達は、喜んでくれた。

(そのお友達は、悲しい事が続いて、体調も崩されていたので喜んで頂けたら、私が嬉しい)

 

ミシェルさんは、患者さんを励まそうと「おしゃべりテディベア」を作り

プレゼントしている。

 

励ますには、色んな形があるだろうが、上記の沖縄タイムス様の記事のように

医療従事者たちは「拍手より、言葉より、ライトアップより医療物資を!」と…。

 

沖縄県もレインコートが欲しいと言っていたので、私も送付させてもらったが、

必要がもっとゆき渡るようにと、祈ります。

 

毎日、多くのマスクやフェイスシールド、防護服の寄贈があるが、

医療物資が、ゆきわたらず、困っている医療機関もまだまだ多いようだ…。

 

また、心から励ますために成した行為を、相手が喜んで、用いて頂ける事は、

嬉しい限りであり、喜びの輪が広がっていく。

 

なぜなら、喜んで受け取って頂ける事は、大きなプレゼントなのだから…。

 

今日も喜びが広がる1日でありますように。

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

励ましは、実際の必要を届ける

 

心のこもった支援物資は、大きな力になる。

 

今日も【喜びを広げるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 5月20日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

岐阜で地震が多いです。気をつけて下さいね。

今日は少し、気温が低いようです。

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

クマのメッセージで笑顔に&コートの思い出” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんの記事を
    こころをこめてかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    きょうのミシェル・ボーンさんおはなしも
    とってもよかったです(#^.^#)。
    入院だけでもつらいのに
    隔離病棟での入院はほんとうにつらいだろうと
    おもいます。
    そんなとき、おしゃべりしてくれるテディベアさんがいてくれたら
    どんなにこころづよくうれしいでしょう!
    ほんとうにやさしいこころづかいですね。

    happyさんのコートのおはなし、
    おぼえています(#^.^#)。
    閉店なさるのですね。さみしくなりますね。
    happyさんはお店へのはげましにと
    おともだちにショールを買われて
    お店にもおともだちにもやさしいお買い物に
    なってすばらしいなぁっておもいました(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    きょうもじょうずにコメントできなくてごめんなさい。

    happyさんや鳥さんたちが
    げんきでいてくれてうれしいです(#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「隔離病棟での入院はほんとうにつらいだろうとおもいます。
      そんなとき、おしゃべりしてくれるテディベアさんがいてくれたらどんなにこころづよくうれしいでしょう!」

      仰る通り、誰とも、会えないとなると、病気だけでも辛いのに、寂しい思いが大きくなります。
      このテディベアは、喜ばれますよね。
      患者さん達の喜びが、また看護師さんたちの喜びになるって素敵です!

      コートのお話は、何度か書いていますので、覚えて下さっていたのですね。(#^.^#)

      この時の店長さんの対応は、今でも、心にあたたかい思い出として残っています。

      今日も鳥たちのこと、有難うございます。
      伝えましたら、喜んでいました。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  2. miyotya より:

    こんにちは。
    相変わらず医療現場は医療用マスクやフェイスシールド・防護服が
    不足していて大変なことですね。
    国の対策は現場と大きな温度差があるように思います。
    各地で皆さんが様々な知恵を出して助け合っているのが
    本当に嬉しく、励みになります。

    こちらでも最近地震が増えていて、一抹の不安を感じます。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「国の対策は現場と大きな温度差があるように思います。」

      現場の声、大事だと思います。
      現場の声を、今、大変なので、吸い上げること、頑張って頂きたいですね。

      >「各地で皆さんが様々な知恵を出して助け合っているのが本当に嬉しく、励みになります。」

      多くの心ある方々が、すごく協力され、努力されています。

      応援させて頂きたいです。

      いつも本当に有難うございます。

  3. ribon より:

    「身を守る道具がないのに頑張れと言われたり、拍手されたりするつらさを知ってほしい」まったく!
    もうすでに限界超えて頑張ってる人に、
    テディベアは昔から子供のお友達、感染病は哀しいですね。
    毎日ありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんにちは。いつも感謝します。

      「身を守る道具がないのに頑張れと言われたり、拍手されたりするつらさを知ってほしい」

      この切羽詰まった声、届いて、必要な医療物資が届けられますように。

      以前、イタリアでも、頑張っている医療従事者の方が差別され、拍手、いらないって言われていたこと、思い出します。

      医療物資も必要ですが、差別や偏見もなくさないと、辛いと思います・・・。

      >「テディベアは昔から子供のお友達」

      この声のメッセージは励みになるでしょうね!

      いつも本当に有難うございます。

  4. riboni より:

    コートやストールもプレゼントされたのですね、本当に頭が下がります、恥ずかしいです。
    贈られた方は大喜びですね。
    原発やコロナでやむなく廃業、胸が痛み舞ます、そしてこれからが不安になります、政府があまりにも冷酷なので。

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは。ありがとうございます。

      2011年の東日本大震災の時、こちらも甚大な被害を受けた被災地なので、多くの心ある方は
      東日本の被災地に心を寄せました。

      大きな体育館に送付し、そこでボランティアの方々が梱包を解き、被災地ですぐ使えるよう、手間がいらないようにされました。

      その時、コートを買いに行ったお店が、閉店されるのです。

      自分のものより、どなたかのものをと。

      喜んで頂けたら、私も嬉しいですし、お店にそれを伝えるとお店の方も喜ばれると思います。

      喜びを広げていきたいです。(#^.^#)

      お店を閉店される所が増えました・・・。

      寂しいです。お店の方はもっと哀しいと思います・・・。

      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!

    今日のミシェルさんのお話。
    こちらのブログでは、善い行いをなさった方々の顔写真を載せておられますが、ミシェルさんもとてもさわやかな顔をしておられますね。
    他人が喜ぶことをすることを心がけている方は、自分もその分大きな喜びを得ているのだと感じました。

    それから、お知り合いの店長さんのお話。
    東日本大震災は確かに大変な衝撃でしたが、それでも20着を送られるという行動にはたまげます。
    やっぱり自分のところで扱っている商品、できれば大事に着てくれるとわかる人に・・・と考えるのが普通かなと思うのですが、happy-ok3様の周りにはやはり同じ感覚の方が集まるのですね。
    なかなかそのような方にお目にかかれません^^;

    なのでいろんな素晴らしい方々のお話を毎日読ませていただいて本当にうれしいです。

    今日もありがとうございました^^日常にちょっとずつでも戻れたらとは思います。どうぞ今年はこれ以上大きな災害がないよう祈ります。それでは、また。

    1. happy-ok3 より:

      MTさま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「ミシェルさんもとてもさわやかな顔をしておられますね。」

      仰る通り、素敵な爽やかなお顔だと思います。

      >「他人が喜ぶことをすることを心がけている方は、自分もその分大きな喜びを得ているのだと感じました。」
      その通りだと思います。
      相手様が喜ぶと、自分も嬉しいですよね!

      >「それでも20着を送られるという行動にはたまげます。」

      そうなのです。コートって高いですから、20着というと、すごい金額になりますよね。

      この店長さん、しっかりしておられますし、素敵な方です。

      なので、閉店は寂しいです。

      >「どうぞ今年はこれ以上大きな災害がないよう祈ります。」
      仰る通りです。

      緊急事態宣言がたとえ解けても、今の数字は、連休の自粛の成果なので、
      気をつけたいですね。

      いつも本当に有難うございます。

  6. 夕菅 より:

    沖縄の医療従事者の悲痛な叫び、
    「身を守る道具がないのに頑張れと言われたり、拍手されたりするつらさを知ってほしい」
    本当にそう思います。
    「月5枚のマスク」本来なら1人1月最低でも50枚は要るでしょう。
    不評のアベノマスクさえ、未だに配布されていません。
    しかし、何よりも医療従事者には優先的に身を守る道具を届けて欲しい!

    1. happy-ok3 より:

      夕菅 さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「月5枚のマスク」本来なら1人1月最低でも50枚は要るでしょう。」
       
      本当なら、最低でも1日、2~3枚は必要だと思います。

      医療現場に、多くの物資が未だ、足りない現状・・・。
      その中、頑張っておられる医療従事者の皆様。

      こちらも、政府のマスクはまだ、配布されていません。

      >「しかし、何よりも医療従事者には優先的に身を守る道具を届けて欲しい!」

      仰る通りですね。

      いつも本当に有難うございます。

  7. トビー より:

    happyさん、こんにちは!トビーです。
    いつもたくさんの情報ありがとうございます。先程は私のブログにもコメントありがとうございました😊
    最近だと緊急事態宣言解除の話題などで医療関係者の方々のご苦労が報道されることも減っていますが、未だ現場は物不足・医療関係者の方々の労働環境やメンタルで問題は山積みですね。
    はてな関係の知り合いブロガーさんでお医者さまがいらっしゃるのですが、家に妊娠中の奥様と小さい坊やがいるのでホテル住まいで頑張っていらっしゃいます。本当に頭が下がります。
    今回の疫病問題は医療だけでなく、様々な人々に深刻な影響を与えてしまいました。
    仕事もそうですし、このことによって様々な差別や心ない行動など、追い詰められた人間の心の脆さなども露呈した感があります。
    しかし、手作りマスクを作って寄付したり、こんな時だからこそと協力し合う温かい人々の行動もたくさんあるのが救いです。
    happyさんのようにずっと変わらず発信し、支援し続けるのは大変なことだと感じます。
    いただいたコメントでの文章ボリュームのお話ですが、私の取り留めのない世間話のような内容と、たくさんの有益な情報を載せていらっしゃるhappyさんのブログでは、長文でも重要度が全く違うので、もし何か気にされたのでしたら申し訳ありません。
    長文の件については誰のことでもなく、纏まりに欠ける自分の文章についての話ですので、お気にされないでくださいね。
    いつも多方面に気を配り、実際に行動されているhappyさんのブログは世の中の役に立っています。
    どうぞこのまま、これからも多くの方々の為に情報発信をお願いいたします。
    お忙しいと思いますが、happyさんもお身体に充分お気をつけてお過ごしくださいね♪
    それではまた( ´ ▽ ` )

    1. happy-ok3 より:

      トビーさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「はてな関係の知り合いブロガーさんでお医者さまがいらっしゃるのですが、家に妊娠中の奥様と小さい坊やがいるのでホテル住まいで頑張っていらっしゃいます。本当に頭が下がります。」

      大変ですね・・・。

      コロナの事では、人の心の底に隠れていた、本音の姿が・・・出てきているように思います。

      厳しい中にいても、その中で、例えば、お菓子やお料理やその他、出来る事で、多くの人たちを励まそうと頑張っている方や、鬱憤を誹謗中傷やイジメで発散させたり。

      私のブログは、どうしてもボリュームが出てしまうので、
      温かいお言葉、感謝いたします。

      トビー様も、お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。