コロナ関連の支援~誉くんの毛が美しく変化

2020年 5月11日(月)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「希望を灯すと、不思議な事が起きる。」

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

【台風19号 2019・10

 

●昨年10月の台風19号による被災からの復興を目指す

「長野アップルライン復興プロジェクト」は、長野市産の規格外のサンふじを使った

リンゴグラノーラ「RINO」を発売した。

 

農家の所得確保につなげ、復興の希望となる商品を目指す。

 

(写真:日本農業新聞様)

 

 

 

 

 

 

 

規格外のリンゴを、ジュースやジャムなど一般的な加工用より高めに

買い取ることで農家の収入につなげる。

 

1箱(100グラム)1280円(税別)。ネットの特設サイトなどで販売している。

問い合わせは同プロジェクト、(電)026(296)9616。

 

 

 

【手作りマスク 寄贈

 

●静岡市葵区瀬名川の子ども食堂「しずおかキッズカフェ」は9日、利用者の

子どもたちに地域住民の善意で寄せられた手作りマスクをプレゼント。

 

子どもたちは「マスクツリー」から、気に入った一つを選び取った。

4月下旬から募集を始め、ポストに入れてもらう方法で呼び掛け、230枚が集まった。

 

「マスクツリー」から気に入った柄のマスクを選ぶ子どもたち

静岡市葵区瀬名川のしずおかキッズカフェ

 

(写真:静岡新聞様)

 

 

 

 

食堂は「今こそ必要としている人がいる」と、感染症対策を徹底し、休まず開放。

原則、毎月第2、4土曜に開いている。

 

 

●相馬市の中村一中3年の佐藤菜々香さん、只野楓桜さんは8日、

手作りした布マスク48枚を相馬市社会福祉協議会に贈った。

 

2人は「自分たちでできることがしたかった」と話す。

 

森センター長に手作りマスクを手渡す

(左から)佐藤さん、只野さん

(写真:福島民友様)

 

 

 

マスクは同社協のデイサービスを利用する1人暮らし高齢者に優先して配布される。

 

 

【マスク・消毒液・フェイスシールド・防護服 ・その他 支援】

 

●横浜市泉区上飯田町、廃品回収業者「TC成功商会」代表のベトナム人の

レー・バン・ルンさんは、マスクの無料配布を始めた。

マスクを生産する母国の友人に連絡し、手始めに2万枚を仕入れた。

 

6日は1袋4枚入りのマスク1万枚超を配布。感謝の言葉や飲み物の

差し入れなどを受けながら、一家で夕暮れまで配り続けた。5万枚を追加注文。

 

無料で配るマスクに日本への感謝の思いを込める

レーさん(左)と長男の竜崎司さん=横浜市泉区

(写真:神奈川新聞様)

 

 

 

30年前に難民として単身来日。大和市の工場で汗を流した。

その時に、日本の同僚や地域の人たちが「親身になって教えてくれた」

 

次回の配布は10日を予定し、レーさんは「苦しいときこそお互いさま。

国籍の違いは関係ない。みんなで助け合って困難を乗り越えたい」

 

 

●休校中の産山学園(熊本県産山村)に、30年以上交流を続けるタイ・バンコクの

姉妹校から布マスク150枚が届いた。

 

18年に引率で産山村を訪れたカセサート校のジャン先生が買い集めたマスクが到着。

「皆さんはずっと大切な存在」とのメッセージも添えられていた。

 

タイの姉妹校から贈られたマスクを着用して

登校する産山学園の児童や生徒たち=産山村

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

全校児童・生徒109人と教職員30人分をまかなえる数で、学園は大型連休中に

実施した家庭訪問で子どもたちに配布した。

現在、生徒会を中心に、お礼の動画を制作中。

 

 

●兵庫県尼崎市は「つなごう“善意のマスク”プロジェクト」として企画。

募るマスクは、不織布、サージカル、ガーゼの3種類で、手作りマスクは対象外。

 

マスクポストへの投函を呼び掛ける職員=尼崎市役所

(写真:神戸新聞様)

 

 

 

 

 

 

未使用で包装されたものに限る。

ポストは8日時点で、市役所本庁や各地域振興センターをはじめ、

57カ所ある郵便局、コープこうべの店舗などに設置。

 

 

●福島市飯坂町の寿楽園茶舗の分店・湯らっとさばこちゃんでは、

次亜塩素酸水を無料配布している。期間は緊急事態宣言の解除まで。

 

ペットボトルに次亜塩素酸水を入れる橋本社長

(写真:福島民友様)

 

 

 

 

 

 

配布は1人1回2リットルまで。容器は持参する必要がある。

橋本社長は「健康に気を付け、何とか乗り切りましょう」と話している。

 

 

●石川県の穴水町の公立穴水総合病院は9日までに、感染予防対策として、

飛沫(ひまつ)を防ぐ「フェースシールド」140個と、

ビニールカーテンで覆った車いすを独自に製作した。

 

感染症対策のため、

手作りしたフェースシールドと車いす

穴水町の公立穴水総合病院

(写真:北國・富山新聞様)

 

 

 

担当者は「医療逼迫(ひっぱく)とならないよう、抜かりない対策を取りたい」と、

病院の安定的な機能維持につなげる。

 

 

●糸魚川市のカネタ建設と縫製会社のアオは、8日に糸魚川市に防護服200着を寄贈。

富山県朝日町の企業が防護服を自治体の間でシェアしようと企画し、2社も参加。

 

糸魚川市と隣り合う朝日町にも防護服200着が贈られ、どちらかが不足した場合は

譲り受けることができる。

 

マレーシアから輸入した防護服は生地が厚く丈夫なのが特徴。洗浄消毒をして

繰り返し利用でき、市内で感染が拡大した際、保健所などに配布する。

(新潟テレビ21様)

 

 

●埼玉県川口市の「野崎真空樹脂工業」が、フェースシールドを独自に開発。

 

馬てい形にしたプラスチック製アームに、透明のプラスチック板を取り付けた構造。

頭部に装着し目の上から顎の下までを板の部分で覆うことで、対面する相手からの

飛沫(ひまつ)を浴びるのを防ぐ。

 

フェースシールドを着用しポラスタンた辻さん(左)と

手に持つ野崎真空樹脂工業の野崎社長(中央)。

右はポラスタンの菅社長

川口市の野崎真空樹脂工業で。

(写真:埼玉新聞様)

 

4月28日には製品が完成し、その日のうちに30セットが栃木の病院に納入された。

病院と同社を取り持ったのが同市仲町に本社を置くIT企業の「ポラスタン」だ。

 

 

 【ハンドルカバー 販売】

 

● 豊岡市のバッグメーカー「ウノフク」

 

4月下旬にオンラインショップで販売を始めたのが、かばんの取っ手に巻く

「ハンドルカバー」で、生地には抗菌効果のある素材が使われている。

 

 

 

 

 

(写真:MBSニュース様)

かばんを持つときに取っ手を直接触ることを避けることができる。

 

 

(写真:MBSニュース様)

 

 

 

また、通勤や通学時などでは、カバーのポケット部分に手を入れて、

電車やバスのつり革を握るという使い方も。

 

 

●埼玉県幸手市の医療法人社団「ワイズレディスクリニック」から

赤ちゃん用手作りのフェイスシールドの作り方

 

 

【食材・食事 支援】

 

●沖縄県南城市つきしろのカフェレストラン「テンクウテラスOOLOO(オールー)

が4月30日から、市佐敷津波古の沖縄メディカル病院に、手作り弁当50個を届ける。

 

ロコモコやパスタなどが入った「オールー」の手作り弁当。

ふたには「医療従事者は私たちのヒーロー」のメッセージ

(写真:沖縄タイムス様)

 

 

 

 

 

「最前線で頑張る地元の医療関係者へ、感謝の気持ちを形にしたい」と

5月いっぱい、平日毎日、弁当を届ける予定だ。

 

 

●銀座ウエスト(洋菓子舗ウエスト)は、日野市の福祉施設や日野市立病院などに

ひとりひとりに行き渡るようクッキーを寄贈している。

 

 

(写真:Jタウンネット様)

 

 

 

 

 

 

●最前線で新型コロナウイルスの治療にあたる京都の医療従事者に善意の

チョコレートを届ける取り組みを、チョコ専門店の

「Dari K(ダリケー)」が始めた。

 

原材料を仕入れるインドネシアのカカオ農家の生活支援にもつなげる。

 

消費者がインターネットで注文した対象商品の金額に応じて同社が在庫のチョコを

医療機関に寄付する仕組みで、購入額が3千円ならプレミアムチョコ15枚を贈る。

 

ダリケーが医療従事者に届けるプレミアムチョコ

(写真:京都新聞様)

 

 

 

チョコは、感染者を受け入れている京都府立医科大付属病院や京都市立病院など

市内4病院にこのほど配った。今後は医療現場の課題解決を図る

NPO法人まもるをまもると連携し、全国の病院に活動を広げていく。

 

 

●三重県鳥羽市社会福祉協議会は、食料品を寄付で集めて困窮者に無償で届ける

「フードバンク」事業に取り組んでいる。

 

市内ではホテルや旅館など観光業に従事する人も多く、感染拡大で観光産業の

業績低迷が続く中、減収による生活相談が3月末から急増している。

 

困窮者の食料支援としてフードバンクを実施。4月下旬から今月上旬にかけて、

社協や市の職員、関係団体などから食品提供の協力を得、個人と団体の約30件から、

コメ約600キロをはじめ、レトルト食品や缶詰、調味料、現金20万円も寄せられた。

 

寄付された食料品の箱詰め作業

鳥羽市大明東町の市保健福祉センターで

(写真:伊勢新聞様)

 

 

 

社協の福祉推進係長は「『先が見通せない』『死にたい』という相談者もいて

深刻な状況。いつ収束するかも分からず、今後も支援が必要」と。

 

 

●地場産品を使った加工品の開発・販売などを手掛ける「響」(宮崎)は、

外出を自粛している子どもたちを励まそうと、市内の児童養護施設など5カ所に

 

 

(写真:宮崎日日新聞様)

 

 

 

 

チョコレート菓子6千袋と炭酸飲料1200本を寄贈した。

 

 

 

【寄付金 支援】

 

●岐阜市は、新型コロナウイルス感染者の対応に当たる医療従事者に、衛生用品を

提供するため購入資金などに充てる寄付金を受け付けている。

 

寄付すると、ふるさと納税として税控除の対象になる。

 

岐阜市新型コロナウイルス医療従事者サポート寄附金

への協力を呼び掛ける柴橋正直岐阜市長=同市役所 

(写真:岐阜新聞様)

 

 

 

寄付は個人、法人ともに可能。

 

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」などから申し込むか、

市のホームページから「寄附申込書」を入手し記入し、

市民協働推進部市民協働推進政策課に郵送かファクス、持参する。

 

 

●経済産業省の支援策(2020年5月1日現在)

 

 

【コロナ詐欺・盗難に注意】

国民生活センターでは、事例を紹介。相談も受け付ける。警察に相談を。

 

また警察庁も同コロナウイルスに関連した不審電話・メールが多くあることを把握。

「絶対に教えない! 渡さない!」
 ・暗証番号・通帳・口座番号・キャッシュカード・マイナンバー

 

不審だと感じた場合には居住している市区町村か近くの警察署に連絡または

(1)警察相談専用電話「#9110」(2)消費者ホットライン「188」

(3)新型コロナウイルス給付金関連 消費者ホットライン「0120-213-188」

 

 

【コロナDV・相談を】

 

●DVで不安を感じたら、一人で悩まず相談をと、政府から。

○全国共通相談ナビダイヤル「0570-0-55210」

○警察相談専用電話「#9110」※緊急の場合はためらわずに110番を

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

 ●5月10日07時42分頃 震度3 茨城県北部    

 ●5月10日04時19分頃 震度1 岩手県沖   

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

5月10日は コロナ関連の支援~飛べない誉くんが飛んだ で誉くんの事を

 

 

 

 

 

全く飛べなかったのに、愛と勇気が飛ぶ力を与えた。

 

不思議な事は続く。

さて、昨日の続きで「誉くん」の事を。

誉くんは、障がいのため、全く飛ぶ事が出来なかった。

 

2012年7月5日

まだ、この頃は、改良した

ハムスター用のケージで過ごしていた

誉くん。

 

 

2012年7月。

 

 

 

 

 

誉くんが来て、2か月を過ぎた7月(生後3か月)私を励まし慰めるために

命がけで飛んだ。

 

それから、少しずつ、少しずつ、飛ぶ回数と距離を増やしていった。

 

そうはいっても、怪我をしないように、飛ぶ時はずっと見守っていた。

 

時々、落ちることもあったので、そんな時は、手で受け留めてあげた。

 

足の指が短く、曲がってもいるため、止まり木に止まるときも、一番端に行き、

カゴの網を片方でつかんでバランスを取っている。

カゴの下は、6重にしたタオルと上に半紙を敷いているので、そこで過ごす事が多い。

 

カーテンレールの上は、平たく安定するので、ピュ~ンと飛んで行くようになった。

 

 

飛べるようにはなったものの、毛は縮れたままで、色もグレー色、お世辞にも

綺麗とは言い難く、周囲からは「鳥獣の赤ちゃんみたい」と言われた。

 

2012年8月

病院で健診。

毛はまだ縮れ、グレー。

 

 

命がけで飛んだのが、2012年7月であるが、その2か月後の9月…。

 

誉くんを手の中に抱いていると、下のくちばしの左右に、ほんの少し青い毛が見えた。

 

その時にやっと「誉くんは、本当は、ブルーのマメルリハだと分かった」

 

先住にブルーの綺麗なマメルリハがすでにいたので、障がいがなければ、

その仔のように、生まれつき綺麗なブルーで生まれてきたのにと…。

(今は天に帰ってしまったが)

 

しかし毎日、放鳥後、カゴに戻す前に、誉くんを抱いては、

2~3ミリ青い毛が出ている所をなでながら

「綺麗な毛になるよ、綺麗な毛になるよ」と励まし続けた。

 

それから、また2か月が経った11月…。

 

な・ん・と!!!

 

誉くんの縮れたグレーの毛は、綺麗なブルーの毛へと、全身、生え変わったのだ!

 

12月に、健診で病院に連れて行ったのだが、先生が

「え?えええええっ~~~????? 誉ちゃん????」

「え?えええええっ~~~????? 本当に????」

 

2012年12月

足のせいで、まだこの頃はどこかに止まった状態では、

写真を撮る事が出来なかったが、先生が驚いた毛の色。

 

 

 

先生は、何度も見ては、先住の他のブルーの仔かと・・・。

 

けれど、障がいのある足をみればすぐ、誉くんだと分かる。

 

私がお世話になっている動物病院の先生は、ベテランで経験も豊かである。

 

日本で、一番最初に、鳥の専門の病院を開院した獣医さんのもとで

修業されてきた方でもある。

 

だから、多くの症例をご存知であるが、その先生が、驚かれた!

「こんな事が、起きる・・・」

 

「先生、飛べるようにはなりましたが、縮れ毛と色までは…と思っていたのですが、

 2~3ミリ、ブルーの毛が生えて、毎日なでながら励ましていたら、

 全身ブルーの綺麗な真直ぐな毛に、生え変わりました!」

 

 

魔法のように、1度で変わったのではなく、換羽(かんう)と言って、先にある毛が

抜けた後に、ブルーの真直ぐな毛が出て、時間をかけて全身が綺麗な毛に。

 

でも、障がいはなくならない…。

 

お腹の骨は湾曲したままで、足の指は短く、その後曲がってしまい、爪もない。

 

身体は、雛の大きさしかないため、体重も軽く、病院で他の方が見ると、

「綺麗な色の『雛』ですね~」と言われてしまう。(#^.^#)

 

誉くんを見ていると、私が元気づけられる。

 

挑戦というのは、現状を受け入れた状態の中で、励ましや愛情に応える

純粋さ、素直さも、含まれるように、私は感じた。

 

奇跡は、まだ続いたが、続きは、長くなるので、また明日…。

 

 

 

「愛は希望の灯をともす

 希望は勇気を育てる

 勇気は真実な道を歩む     

      (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、4月30日、福島大学の寮生の一人に新型コロナウイルス感染が確認された。

 

大学では感染拡大を防ぐため、寮生、約250人に外出機会を減らすよう要請した。

そして、食堂を閉鎖したため、大学が備蓄している食材を寮生に提供している。

 

大学の天野和彦特任教授が、5月6日に

「企業関係等の皆さま、ぜひ食材の提供をお願いします」と呼び掛けておられた。

 

私は福島大学に尋ねてみたが、支援はあるが、アパートなどで一人で暮らしている

生徒もいるので、日持ちのする食材は助かると仰っていた。

 

大きな企業のように大量とはいかないが、送付させて頂いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビストロカレー:16食、欧米ビーフカレー:16食、ゆうげ:20食、缶詰:8缶

 

 

アルバイトもなくなり、授業も普通通りとはいかず、食堂も閉鎖され、食べるものが

調達できないと、不安が大きくなると思う。

 

少しだが、遠い関西から応援しています!という心が伝わり、笑顔になって頂きたい。

 

小さな鳥の誉くんでさえ、励ましを「心で受け留め」「感謝し」

そこから不思議な事が起きて行った。

 

誉くんの障がいはなくならないのと同じく、

何かが起きたとき、困難な状況は続いているかもしれない。

 

けれど、その中で、温かい励ましや助け、支援も届けられる。

 

希望を持ち続ける大切さを、覚えたい。

 

今日も医療従事者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

状況が変わらなくても、希望は進む

 

希望は勇気へと導かれる。

 

今日も【希望を届けるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 5月11日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

涼しかったり、暑くなったり、寒暖の差が大きいです。

お身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

コロナ関連の支援~誉くんの毛が美しく変化” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな製作や支援、寄贈の
    おはなしをいっしょうけんめいあつめてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    まいにちまいにちたいへんだとおもっています。
    そしてみなさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    きょうの誉さんのおはなしもびっくりすることばかりです。
    happyさんのきもちが誉さんにつたわったのですね。
    なんとコメントして良いのかわからないのですが。
    愛のちからをかんじました。

    そしてまたまた福島大学の寮のみなさんへ
    支援をおくられたのですね(#^.^#)。
    happyさんはほんとうにすごいかただなぁって
    こころからおもいました。

    >希望を持ち続ける大切さを、覚えたい。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます。
    いつもコメントを上手にかけなくてごめんなさい。

    なによりもhappyさんや鳥さんたちが
    げんきでいますように(#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてください(#^.^#)。
    メイはみんなの写真をピチュピチュいいながら
    うれしそうにみています(#^.^#)。

    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、おはようございます。いつも感謝します。

      >「きょうもたくさんのいろんな製作や支援、寄贈のおはなしをいっしょうけんめいあつめてくださって」

      確かに、大変でないと言えば嘘になりますが、でも、「毎日」こんなにも、コロナの関連の支援や
      応援があるということ、素晴らしい事だと思います!!!!

      多くの心ある方々の、献身的な支援、すごいです。

      >「愛のちからをかんじました。」

      誉くんをお迎えする時は、足の指が短いので、悩みましたし、獣医さんに診せたら、
      病気はある、お腹の骨まで湾曲している・・・身体は雛の大きさ以上にならない・・・などなど、
      沢山の障がいを抱えている事が分かりましたが

      誉くんは、素直なのです。

      愛情って、損得勘定ではないので、愛情を注がせてもらえることに、感謝しています。

      >「そしてまたまた福島大学の寮のみなさんへ支援をおくられたのですね」

      これ以上感染者を出さないようにと、学生さん達も動かないようにされていますし、食堂が閉鎖されたら、食べるものに、困ります。

      寮におられる方には、支援も、今はあると伺いましたが、一人でアパートを借りている学生さんもいます。
      アルバイトもなくなって、厳しいと思います。

      大きな事は出来ませんが、少しでも・・・。

      有り余る中からではないです。
      随分、自分のことは、倹約しています。(#^.^#)

      今日も、うちの鳥たちんこと、ありがとうございます。
      スフレ様からのお言葉、喜んでいます。(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

  2. よんばば より:

    happyさんと誉くんの愛情物語に感動しています。
    本当に、愛は奇跡を起こすのですね。
    お忙しい毎日の中で、これほどまでに小さなものに愛情を注いでいらっしゃるhappyさんに、
    深い敬意を捧げます。

    1. happy-ok3 より:

      よんばば さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「本当に、愛は奇跡を起こすのですね。」

      奇跡がおこるとは、思いもしませんでした。

      飛べないのなら、そのままでいい、毛が縮れてげいても色も、グレーのままでいい。

      そのままの誉くんを大事にしていこうと思いました。

      でも、奇跡?というか、善いことが起きました。

      鳥たちに、教えられる事ばかりです。

      私の方が、鳥たちに育ててもらっていると思います。

      いつも本当に有難うございます。

  3. カメキチ より:

    おはようございます。
    誉くんのことで、この前から詳しく書いてくださり、あらためてhappyさんはスゴイなあと思っています。ほんとうに愛情のなせるわざですね。

    1. happy-ok3 より:

      カメキチさま、こんにちは。いつも感謝します。

      誉くんが、前向きな気持ちで、頑張ろうとしているからだと思います。

      私も、こういう事が起きてびっくりしています。

      生き物の力のすごさ、神秘を教えられます。

      今日は気温が上がりました。
      カメキチ様、お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  4. miyotya より:

    こんにちは。
    国内に限らず海外からのマスクと等の支援が大きな支えになりますね。
    いつもブログを拝見して善意の方々の行動に励まされます。
    誉ちゃんの快復・・・これはhappy-さんの愛情が
    実を結んだ結果だと思いました。
    愛情があれば皆生きる力をもらえますね。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「国内に限らず海外からのマスクと等の支援が大きな支えになりますね。」

      マスクが不足する中、毎日、こうして、支援や寄贈があること、素晴らしいです。

      私も毎日、違う方々からのこんなにも多くの支援、寄贈に感動しています。

      >「誉ちゃんの快復・・・これはhappy-さんの愛情が
      実を結んだ結果だと思いました。」

      そのままでもいいと思っていたのです。
      沢山のハンディを背負った誉くん・・・。

      誉くんの素直な気持ちが、さらに前に進ませたのだと思いました。

      生き物の神秘と力に、私が感動しています。

      いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんにちは!

    誉君のお話の続き、読みたかったです。
    そんな素晴らしいことが起きたんですね。
    実は私も、若い頃にそうした奇跡を起こす方と少し縁がありましたので、あり得ることだとは知っています。
    でも並みの方ではそういうことにならないですね。
    毎日、心からの愛情を注いだからだと思います。
    本当に綺麗な毛並みになって、happy-ok3様の喜びもいかばかりだったでしょう。

    とてもいいお話、ありがとうございました!

    いい天気です。このまま比較的落ち着いた日々が続くといいですが。
    どうぞhappy-ok3様、誉君や他の鳥さんたちがますます幸せでありますように。

    1. happy-ok3 より:

      MTさま、こんにちは。いつも感謝します。

      仰るように、愛情は注いでいます。

      奇跡を起こそうとしていたわけではございません。

      いつのまにか、こうなっていったという…。

      >「本当に綺麗な毛並みになって、happy-ok3様の喜びもいかばかりだったでしょう。」

      私も嬉しいですが、誉くん自信が、一番嬉しいと思います。

      >「いい天気です。このまま比較的落ち着いた日々が続くといいですが。」

      コロナ、おさまってほしいですね。

      MTさまも、お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

      誉くんのことは、MTさまからのリクエストがあったので、書かせて頂いています。(#^.^#)

  6. りくぼー より:

    こんばんは。

    ニュースを見ているとコロナ患者や受け入れ先への嫌がらせ、営業しているお店などへの嫌がらせなど嫌な気分になるニュースが多いですが、このようなほっこりするニュースもあるのが救いですね。
    本当に一日も早く終息して、飲食業や宿泊業などにも光が差してほしいですね。

    1. happy-ok3 より:

      りくぼー さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「ニュースを見ているとコロナ患者や受け入れ先への嫌がらせ、営業しているお店などへの嫌がらせなど」

      この事は、とても悲しいですね。

      もし、ご自身が病気やコロナにかかったら、病院のお世話になるのに・・・。自粛警察も・・・。
      みんな一生懸命生きている、その事を大切にさせて頂きたいですね。

      いつも本当に有難うございます。

  7. しおん より:

    マスクにまつわる皆さんの温かい心、支援の仕方に感動します。ブログ仲間の方もせっせと作っておられるようで頭が下がります。
    誉君は幸せの「青い鳥」だったんですね。一生懸命飛ぼうとし、happyさまを励ましているようにも感じました。
    この事実を読んだ私たちも・・・happyです!

    まだ世の中は色々不安が渦巻いていますが、誉君のように健やかな魂でありたいと思います。
    今日もありがとうございました。

    1. happy-ok3 より:

      しおん さま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「マスクにまつわる皆さんの温かい心、支援の仕方に感動します。」

      ほんとうに、皆さんの支援、温かいお心に感動します。

      素晴らしいです!!!!

      >「誉君は幸せの「青い鳥」だったんですね。一生懸命飛ぼうとし、happyさまを励ましているようにも感じました。」

      一生懸命、頑張って、感動しています!(#^.^#)

      有り難い事です。

      >「まだ世の中は色々不安が渦巻いていますが、誉君のように健やかな魂でありたいと思います。」

      仰るよう、コロナの事で、みんな不安が大きいです。

      不安の中でも、心をしっかり保ちたいですね。

      いつも励まして頂き、感謝します。
      いつも本当に有難うございます。

  8. ururundo より:

    ururundoです。

    人間も動物もストレスで色々な障害が出て来ます。
    誉ちゃんの羽の状態もそうだったのかも知れないです。
    happyさんのもとで暮らす様になり、小さい体と心で、ここなら安心だとほっとした事でしょう。
    いつもhappyさんに撫でてもらい心が本当に落ち着いたんでしょうね。
    それからの回復は早かった。と、私は思います。
    晴ちゃん、たつきちゃん、よしきちゃん、誉ちゃん。happyさんの愛の元で幸せな日々を思うと私まで幸せな気持ちになります。

    布マスクを作るチャリティーがあちらこちらで実践されています。
    何もしていない私を恥ずかしく感じます。

    happyさん、お体を大切になさって下さいね。
    いつもありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      ururundo さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「人間も動物もストレスで色々な障害が出て来ます。」

      仰る通りですね。

      >「いつもhappyさんに撫でてもらい心が本当に落ち着いたんでしょうね。」
      手の中にいる時間は、ほっとしたのかもしれないです。

      >「晴ちゃん、たつきちゃん、よしきちゃん、誉ちゃん。happyさんの愛の元で幸せな日々を思うと私まで幸せな気持ちになります。」

      ありがとうございます。
      誰かが、幸せでいて、その姿を想像すると、幸せな気持ちになりますね。

      幸せって感染するのですね。(#^.^#)

      私も、布マスクを作る時間は、とれなくて。

      でも、今、出来る事で、応援、支援が出来たら幸いです。

      ururundo さまも、お身体大事になさってくださいね。
      明日も気温が上がるようです。

      いつも本当に有難うございます。

  9. ぴーちゃん より:

    こんばんは。

    誉君、見事に色が綺麗に変わったのですね。
    ハッピーさんが諦める事なく、愛情や願いをこめた甲斐があったのですね。
    また続きを楽しみにしています。

    福島大学の寮でも感染者が出たのですね。
    娘は自宅から通っていて、今はオンライン授業で
    恵まれていますが、寮生はやはり寮生同士の交流が多いと聞くので、親御さんも心配されているようです。

    韓国もまた感染者増えてしまいましたね。
    ウィルスの封じ込みが難しいとニュースを見ながら痛感しています。

    1. happy-ok3 より:

      ぴーちゃんさま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「誉君、見事に色が綺麗に変わったのですね。」
      びっくりしました。こんなことがおきるのだなあ と・・・。

      >「福島大学の寮でも感染者が出たのですね。」

      1人出たので、クラスターが起きないように、大学も神経を遣っておられるでしょうね。

      食堂で、ご飯が提供できなくなったことは、寮生の方には、痛手だと思います。

      また、アルバイトなどもなくなっていることが多いので、出来ることでの支援は必要だと思います。

      感染者が減っても、お薬やワクチンがまだ、ないので、第2波、3波に気をつけないといけないですね。

      急に暑くなりました。

      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  10. ribon より:

    遅くなりました。happy様の暖かいケアで誉れちゃんの羽毛がこんなに綺麗になったのですね。
    これはみんなを励まします、いつものボランティアも素晴らしい。爪の垢でも飲ませたい人たちがいます。
    いつもありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「誉れちゃんの羽毛がこんなに綺麗になったのですね。」

      本人の気持ちが、前向きに頑張ったからだと思います。

      まさか、こんなに綺麗になるとは。

      奇跡ですね。(#^.^#)

      こちらこそ、いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。