コロナ関連の支援~人も猫も生かす優しい心

2020年 5月8日(金)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「本当の優しさは、癒し生かす。」

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

【手作りマスク 寄贈】

 

●京都市中京区の梅屋自治連合協議会が、地域の65歳以上の住民に、

手作り布マスクを配布している。

 

女性10人ほどが4月上旬から作り始め、約700枚が完成し、

「先の見えない今だからこそ地域の絆を強めたい」と

 

地域の高齢者に手作りマスクを手渡す

梅屋自治連合協議会の紀平さん(左)

京都市中京区

(写真:京都新聞様)

 

 

80歳以上の住民を優先し、21日から約250人分の配布を進めている。

 

65歳~79歳に配る約450枚もすでに作り終え、発案者は「配布すると、

閉じこもっておられる高齢者の様子も分かる。助け合いのきっかけにしたい」と。

 

 

【マスク・消毒液・フェイスシールド・防護服 支援】

 

●マスクを用意したのは、町内のおよそ50社で作る「安平町誘致企業会」で、

7日、布製マスク500枚を校長会に届けた。緊急事態措置の延長で、外出時の

マスクの着用が呼び掛けられているが、道内も品薄で手に入りにくい状態が続く。

 

 

 

 

 

(写真:北海道放送様)

安平町内の小中学校は、今月31日までの休校延期が決まり、

届けられたマスクは、学校が再開した後、小中学生に配られる。

 

 

●和歌山県印南町西ノ地に本社がある研磨機製造会社アイエムティーは、

同町にサージカルマスク5万枚を寄贈した。

 

マスク5万枚を寄贈したアイエムティーの

森川要社長(中央)=7日、和歌山県印南町印南で

(写真:紀伊民放様)

 

 

マスクは1世帯に10枚ずつ、計約3200世帯に配布する予定で、

7日中にも各区の代表者に渡す。

 

町内の認定こども園、小中学校、学童保育所、特別養護老人ホームなどにも配布。

 

 

●マスクを寄贈するのは、いわき市にある東洋システムなど5つの企業で国内の

メーカーから共同購入するなどして、66万2000枚を確保した。

 

いわき市の企業がマスクを医療機関へ

(写真:福島中央テレビ様)

 

 

 

 

マスクは、医療機関でも使用できる高性能のもので、福島県の他いわき市内の

医師会や妊婦、警察や消防の機関に寄贈される。

 

 

●大阪ピースライオンズクラブは献血への協力を市民に呼びかける運動をしてきたが、

新型コロナウイルスの感染拡大で市街での呼びかけができなくなったため、

医療機関にマスクを寄付することにした。

 

大阪市立総合医療センターにマスクを寄付する

大阪ピースライオンズクラブの豊池重信会長(中央)

7日(大阪ピースライオンズクラブ提供)

(産経新聞様)

 

 

マスクは組織の事業費で購入した。

 

 

●群馬県の生活こども部にマスク6000枚を寄付したのは、日本と韓国を

文化的交流で繋ぐ日韓親善協会。

 

 

 

 

 

(写真:群馬テレビさま)

今回寄付されたマスクは、県内の児童養護施設や児童相談所に順次配布。

 

 

●富山県が県内の全約42万世帯に配る購入券で買えるマスクの販売が18日から、

アルビスと大阪屋ショップ両グループの計76店舗で始まる。

 

 

マスク購入券の利用開始日などを説明する石井知事

 

(写真:北日本新聞様)

 

 

 

 

期間は6月10日までで、購入券1枚で大人用の不織布マスク50枚入り

(1箱2200円)を2箱まで買うことができる。購入券は18日までに順次送付。

 

 

●自動車販売店やレストランなどを経営するヤングガンズグループ

(茨城県つくば市大貫)社長で、インド出身の倉留ラジェシュさんが、市内の

病院を回り、マスクを寄贈する活動を行っている。

 

筑波学園病院に1000枚の医療用マスクを手渡す

倉留ラジェシュさん(左)=つくば市上横場

(写真:NEWSつくば様)

 

 

 

マスク不足のなか、計1万枚のマスクを中国から輸入した。これまでに市内の

市原病院、筑波記念病院、筑波学園病院にそれぞれ1000枚の医療用マスクを

直接手渡したほか、マスクがなかなか手に入らない小規模な民間企業に

100~200枚ずつ寄贈している。

 

2011年の東日本大震災や12年の北条の竜巻、15年の常総水害などで、

被災者に食事を届けるなどボランティア活動に取り組んできた。

 

 

●福知山、京丹後、舞鶴、綾部、宮津5市と与謝野、伊根両町の聴覚言語障害の

当事者や支援団体などでつくる「京都聴覚言語障害者の豊かな暮らしを築く北部

ネットワーク委員会」(古高雅明委員長)が、透明マスクの試作を進めており、

メンバーたちが工夫や作り方を伝え合っている。

 

「聴覚障害者の病院への付き添いなどで、手話通訳者が活用を始めていますが、

息苦しくなったり、透明な部分が曇るなどしてしまい、改良が必要です」と話す。

 

手話には口の形や表情も大切な要素。

伝わるようにと試作したマスクなどを持つ

古高委員長(左)と菅井さん

(写真:両丹日日新聞様)

 

 

手作りには機能性や衛生面に課題が残るため、商品化をしてくれる企業との連携をと。

 

古高委員長は「これまでもずっとあった問題で、多くの人に関心を持って

もらえればありがたい。聴覚障害者や通訳者の悩みを知っていただき、

手話や透明マスクに理解のある環境が広がればうれしいです」と。

 

 

●宮崎県都城市の霧島酒造は地元の保育園などに、除菌効果が期待できる

次亜塩素酸水の無償提供を始めた。

 

 

 

 

 

(写真:宮崎ニュース様)

普段から工場で生成していた次亜塩素酸水を、都城市と三股町の保育園や

社会福祉施設などを対象に、5月1日から提供。

 

霧島酒造では、次亜塩素酸水を5月末まで提供する予定。

 

 

●新潟県の松本福祉保健部長にフェイスシールド5000枚の目録を手渡したのは、

新潟市に本社があるジェイメディカルの阿部社長と、源川医科器械の齋藤社長。

 

不足する医療現場にフェイスシールド寄贈 新潟市

(写真:新潟放送様)

 

 

 

フェイスシールドは、県内の各感染症指定医療機関に贈られる。

 

 

●シリコンゴムや医療部品の製造を手掛けるサンアロー化成が県の要請を受け、

フェイスシールドの製造を開始。

吉田実社長は「シリコンのバンドを使ったのが、社内の一つの技術です」

 

 

 

 

 

(写真:新潟総合テレビ様)

主力製品のゴムをベルトに使うことで簡単にサイズの調整を行え、

県内の企業からスポンジを調達。

 

医療従事者の要望に応え、シールド部分が曇りにくい作りと。

 

 

(写真:新潟総合テレビ様)

 

 

 

サンアロー化成では医療用フェイスシールドを2万個製造する予定。

 

 

●台湾との交流を続ける日台友好和歌山市議会議員連盟を通じて、

防護服300着とフェイスシールド60個が届いた。

 

防護服などを受け取る尾花正啓市長(左から2人目)

和歌山市役所

(写真:産経新聞様)

 

 

さらに台湾の「横山企業有限公司」からも、患者の頭部を覆って飛沫感染を防ぐ

「エアロゾルボックス」30個が届けられた市内の医療機関に配布される予定。

 

 

●静岡県立病院機構は2月、マスクと手術用のガウンを浙江省の2つの病院に

送っていて、7日は医療用マスク5万枚とガウン、そして防護服、

280万円相当が浙江省の4つの病院などから届いた。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ静岡様)

常備している医療用品を優先的に支援に回してくれたと。

届いた医療用品は、県立総合病院など県内3つの医療機関に配られる。

 

 

●ジャパン・メディカル・カンパニーの大野秀晃CEO「たまたま弊社は医療機器を

3Dプリンターで作っていたので、ノウハウはあったし、産業用なのでかなりの数を

一気に作れる。メリットは、やはりスピード感です」

 

一刻も早く医療現場に届けたいと販売ではなく、無償での提供を決断。

 

 

 

 

 

(写真:関西テレビ様)

当初、500個の配布を予定していたが、告知から1週間で、全国の医療機関から

およそ6,000個の申し込みが寄せられた。

大野秀晃CEO「自分たちの会社が生き残れるところまで、製造と提供をし続けよう」

 

 

(写真:関西テレビ様)

 

 

 

1日で作れるのは100個程度。

工場は毎日フル稼働状態だが、当面、無償提供を続けたいという。

 

 

●大分県臼杵市で現在、医療現場で不足しているビニールエプロンを作り、

臼杵市医師会立コスモス病院に届けるボランティア活動が活発化している。

 

 

かっぽう着型エプロンを作る後藤テント

(写真:大分経済新聞様)

 

 

 

 

 

商店主が作り方を紹介する動画を配信したり、テント店が無償で作ったりするなど

後方支援の輪が広がっている。

 

 

●大和高田市立病院では、一日あたり200枚から300枚の医療用ガウンが必要だが、

在庫はひっ迫、必要な場面で不足する恐れがある。

 

 

 

 

 

(写真:奈良テレビ様)

大和高田市では、職員らが市立病院の看護師の指導のもと、先月末から簡易の

ガウン製作を進めている。

 

作成は1万枚を目標にしており、完成したものから順次、市立病院で使用する。

 

 

●新型コロナウイルスとの最前線での戦いや、地域医療を支える医療従事者に、

全国の子ども達から感謝の気持ちが届けられた。

 

 

 

 

 

(写真:九州朝日放送様)

メッセージは今後、県内およそ200の病院や薬局で流れる予定。

 

 

 【マスク 販売】

 

 ●イオングループのリフォームスタジオは、店頭にマスクを買いに行けない

消費者に向け、オンライン上で、洗って繰り返し使えるマスクを販売。

 

 

(写真:東京バーゲンマニア様)

 

 

 

 

洗えるマスク(抗菌生地使用)価格:1枚550円。

 

 

【食事・お菓子 支援】

 

●7日、愛知県豊明市の藤田医科大学病院を訪れたのは、愛知県や岐阜県で飲食店を

展開する会社で、各店舗の料理人がつくった弁当500食が贈られた。

 

 

 

 

 

(写真:東海テレビ様)

弁当は、すき焼きや薬膳料理など7種類が用意され、感染リスクと最前線で向き合う

医療従事者への感謝のメッセージも添えられている。

 

弁当は7日からあわせて4日間で、2000食が贈られるという。

 

 

●川口市でシングルマザーを支援するボランティア団体「ハピママメーカー

プロジェクト」を運営する石川祐一さん・菜摘さん夫妻が、市内の子ども食堂や

弁護士らの協力を得て食材の無償提供を始めた。

 

寄付された食材や生活消耗品は段ボールに詰められ、指定の場所で引き渡されたり

配達されたりして、シングルマザーのもとに届く。(埼玉テレビ様)

 

 

●「一般社団法人DAGASHIで世界を笑顔にする会」は7日、兵庫県看護協会に

だがし2万個を13日に寄付すると発表した。

 

 

子どもたちからの素直な気持ちに、

思わず顔がほころぶ(提供)

(まいどなニュース様)

 

 

「だがし」2万個とともに子どもたちの「笑顔の写真」「応援メッセージ」も

届けられる予定。同会の地元「国府ひまわりクラブ」の子どもたちが書いた

「いつもころなういるすになったひとをたすけてくれてありがとう」など。

 

 

●京都市内を中心に展開する洋菓子店「京都北山マールブランシュ」は、

新型コロナウイルスの感染拡大で観光客の激減で洋菓子の需要が縮小したうえ、

出店している商業施設などの休業を受けた。せっかく作ったお菓子が売れない。

 

それならと4月8日から京都大医学部付属病院や京都府立医科大付属病院など

京都市内の9病院を訪れ、17日まで約20万枚の「茶の菓」を届けた。

 

(写真:まいどなニュース様)

 

 

 

 

 

箱には、社長の「この危機を一緒に乗り切りましょう。私たちの心は皆さまと

ともにあります」というメッセージを添えて。

 

ロマンライフは今後も京都市内の病院にお菓子の配布を続けていくと。

 

 

【経済支援】

 

●大阪府が医療従事者などを支援するために設置した「新型コロナウイルス

助け合い基金」は、4月27日から寄付を集め、10億円を超える申し込みがあった。

 

 

(写真:関西テレビ様)

 

 

 

吉村知事は、5月中に感染者の治療にあたる医師などに20万円、軽症者を受け入れ

ている宿泊施設の従業員やPCR検査に携わる医療スタッフには10万円を支給する方針。

 

大阪府は引き続き基金への寄付を募る。

 

 

大村知事が7日「医療従事者応援金として、患者さん1人当たり100~400万円を

病院に給付して、医師、看護師等の手当てに充ててもらいます。

医療機関の支援に取り組みます」と。

 

大村秀章愛知県知事

(写真:デイリースポーツ様)

 

 

 

 

 

 

●京都生協は「チーム京都生協支援金」と名付けた一時金を、アルバイトや

正規職員の3月分給与に上乗せして支給した。

 

◆平和堂は、店舗で働く従業員2万人に総額1億7600万円の「特別感謝金」を

4月分給与に追加する。

 

◆スーパー「フレスコ」を展開するハートフレンド(京都市下京区)も社員以外の

アルバイトとパート従業員約3500人に一定額を支給する。

 

◆全従業員約2700人に商品券の配布で応えるのは、スーパーマツモト。

 

 

商品券を配布するマツモトの店舗(亀岡市)

 

(写真:京都新聞様)

 

 

 

 

◆全国では、ライフコーポレーションやイオンが一時金を配っている。

 

 

●富山・看護協会などは先月、医療従事者への特殊勤務手当の支給を石井知事に

要望し、患者にかかわる看護師などに1日3000円の支給が決まった。

 

 

 

 

 

(写真:富山テレビ様)

(より密接な対応にあたる場合4000円)

 

 

●神戸市は、飲食店の販路を少しでも拡大して支援しようと、キッチンカーの

無料レンタルをスタート!

 

 

 

 

 

(写真:関西テレビ様)

1食あたり100円を神戸市が負担し、ちょっぴりお得に購入。

 

 

(写真:関西テレビ様)

 

 

 

キッチンカーは、半径500m以内にスーパーやコンビニのない神戸市の土地に

出店し、商品を家で食べてもらうことで住民の外出を抑制する狙いもあると。

 

●経済産業省の支援策(2020年5月1日現在)

 

 

【自粛】

 

連休中は、自粛をと、各自治体が呼びかけている。

 

 

【コロナ詐欺・盗難に注意】

国民生活センターでは、事例を紹介。相談も受け付ける。警察に相談を。

 

また警察庁も同コロナウイルスに関連した不審電話・メールが多くあることを把握。

「絶対に教えない! 渡さない!」
 ・暗証番号・通帳・口座番号・キャッシュカード・マイナンバー

 

不審だと感じた場合には居住している市区町村か近くの警察署に連絡または

(1)警察相談専用電話「#9110」(2)消費者ホットライン「188」

(3)新型コロナウイルス給付金関連 消費者ホットライン「0120-213-188」

 

 

【コロナDV・相談を】

 

●DVで不安を感じたら、一人で悩まず相談をと、政府から。

○全国共通相談ナビダイヤル「0570-0-55210」

○警察相談専用電話「#9110」※緊急の場合はためらわずに110番を

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【病院物資・食材・寄付金・支援】

 

●先月30日、福島大学の寮生の一人に新型コロナウイルス感染が確認。

そのため、大学では感染拡大を防ぐため、約250人の寮生に外出機会を

減らすよう要請している。

 

さらに、食堂を閉鎖し、大学が備蓄している食材を寮生に提供しているが、限界が。

 

福島大学である問題…SNSで支援呼びかけ

(写真:福島中央テレビ様)

 

天野和彦特任教授のSNSから

「備蓄にも限りがあるため、この投稿をご覧になっている企業関係等の皆さま、

 ぜひ食材の提供をお願いします」

 

 

●石川県かほく市は6日から、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が

発生した同市の二ツ屋病院支援のため、医療物資の寄付を募る。

 

防護服や消毒液が不足しており、特に防護服の代替品となる未使用のビニール製

レインコートを求めている。市役所の総合案内窓口で午前9時~午後5時受け付け。

(北國新聞社様) 

 

 

●ひとり親家庭などの食事を支援する県内の子ども食堂の運営者らでつくる

「子どもから地域へ拡[ひろ]がれネットワーク」(熊本市中央区)が、

日持ちする食材の提供、募金、ボランティアでの活動参加を呼び掛けている。

 

食材や寄付金などの申し込みは 13日まで。

ネットワーク事務局TEL070(1941)8008。(熊本日日新聞様)

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

 ●5月7日05時20分頃 震度1 茨城県北部    

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

5月7日は コロナ関連の支援~真摯な支援は感謝と喜び で支援を

 

 

 

 

 

命を尊ぶことが、大切な支援。

 

愛情は、心と身体を生かす力となる。

子猫のマンチーは、現在生後8カ月である。

飼い主のエミリー・トムリンソンさんが、マンチ―との出会ったのは、2019年9月。

 

(photo:minature_munchie Instagram)

(HUFFPOST)

 

 

 

 

 

 

トムリンソンさんは、イギリス中部の都市ウルヴァーハンプトンにある

動物病院に勤務している。

 

マンチーは地元の公園に一匹でいるところを女性に保護されて、

動物病院に連れてこられた。

 

その時、マンチーは生後、約3~4週間とみられた。

「角膜浮腫」という症状のため両目が白かったが、視力に影響はなかったと。

 

       もしかしたら

 

トムリンソンさんは「この症状のために捨てられたのかもしれない」と思った。

 

引き取り手がいなかったため、トムリンソンさんはマンチーを、自宅に連れて帰った。

 

さて、一週間しても飼い主が現れなかったため、正式にトムリンソンさんの

家族の一員にとなった。

 

その年のクリスマスに、トムリンソンさんは婚約した。

 

けれど、クリスマスの翌日、12月26日に、マンチ―は突然倒れてしまう。

 

クリスマス休暇だったため、トムリンソンさんは、

時間外診療をしてくれる病院にマンチーを運んだ。

 

5日間にわたって、超音波検査や血液検査、レントゲンなど様々な検査を受けた

 

その結果、マンチーは、通常なら最低でも1.9あるカルシウム値が、0.52と低い。

「甲状腺機能低下症」という稀な病気であり、この病気のために

体がこれ以上大きくならないという。

 

マンチ―は、しばらくは、危険な状況だったが、トムリンソンさんの献身的な

お世話によって、奇跡的に回復した。

 

       しかし

 

今後もカルシウムやビタミンDなどを与え、検査を続けなければいけないという。

 

「マンチーの病気は、生涯付き合い続けなければいけないものです。

 現在、状態は落ち着いていますが、カルシウムレベルが安定するまでは、

 血液検査を毎月受けなければいけません。その後は2カ月に1度か、

 または3カ月に1度検査を受ける必要があるでしょう。」

 

甲状腺の機能低下症は珍しい病気で、ほとんど情報もなく、

他の猫たちと同じくらいの寿命を生きられるかわからないという。

 

そして、マンチーの検査や世話にはたくさんのお金や時間がかかる。

 

けれど、トムリンソンさんは

「マンチーはとても生意気で可愛い子です。かまってもらったり、抱っこして

 もらうのが大好きです。マンチーが来てくれて、私たちはとても幸せです」

 

一緒に暮らす2匹の先輩猫や犬たちも、マンチーを大事にし、可愛がっている。

 

先住の猫に可愛がられるマンチ―

(photo:minature_munchie Instagram)

(HUFFPOST)

 

 

 

 

 

マンチ―の体重は、1.7キロしかなく、他の猫たちの3分の1の大きさ。

 

おそらく、一生、このまま子猫の大きさのまま生きていくようだ。

 

先住の猫に可愛がられるマンチ―

(photo:minature_munchie Instagram)

(HUFFPOST)

 

 

 

 

 

でも、マンチーは、毎日を自分のペースで過ごし、

家族たちとの毎日の時間を幸せに過ごしている。

マンチ―は優しいトムリンソンさんと出会えて本当に良かった!

公園に一人ぼっちで残されていて、命を落としていたかもしれない。

 

私は、マンチ―の事から、今居る鳥の誉くんや、晴ちゃんが重なり合った。

彼らもまた、生まれつき障がいや病気を抱え、定期治療が欠かせないからである。

 

愛するとは、損得など、関係なく尊ぶものだから…。

 

        ★★★★★★★★

 

さて、上記に「一般社団法人DAGASHIで世界を笑顔にする会」が「だがし」を

病院に贈った事を書いたが「だがし」を受け取った岡山市内の病院で勤務する

看護師さんからは、このような声が…。

 

「先日、病院に駄菓子と素敵なメッセージを送っていただきありがとうございました。

 毎日毎日、感染のリスクに怯えながらも、看護師免許をもつ者の使命として、

 自分自身を奮い立たせて働いています。

 

 しかし、医療従事者への偏見や差別があり、これには私を含め全職員が

 心を痛めております。

 

 正直、こんなに怖いと思いながら頑張っているのに、どうして私たちが‥という

 やるせない気持ちしかありません。

 世間では明るいニュースはほとんどなく、私たち自身、身も心も

 ボロボロになってきています。

 

 そんな中、会のかたからのとても暖かい贈り物には大変心をうたれました。

 涙が出てしまいました。頑張っていて良かったと思えた瞬間でした」

 

この声…私は涙が止まらなかった…。

 

いま、あちこちで、医療従事者の方々への差別や暴言などが増えているという。

 

リスクを背負いながら、毎日、頑張っておられる医療従事者の方々を

心から敬意を払い、応援させて頂きたい。

 

猫たちの優しさ、愛情を見倣わないといけないのでは?

 

「純粋な優しさ&行為は

 人の心を癒し慰め

 立ち上がらせる力となる

       (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく上記の「子どもから地域へ拡[ひろ]がれネットワーク」様に送付を…。

 

ゆでスパゲッティ 6食

レトルトカレー  12食

お粥       1食

缶詰       4缶

お菓子      4袋

ケチャップ    2個

 

 

子どもたちが、電子レンジなどで温めて食べられるもの。

 

そして、伺う所によると、電子レンジで卵焼きなどを作る子どももいるので

ケチャップがあれば、助かると。

 

今、コロナの事で、給食も、子ども食堂もお休みになっている。

小さなことしか出来ないが、お役に立てれば嬉しい。

 

私たち自身が、損得勘定などからではなく、誠実に「自分の出来る支援」を

していく事は、今の厳しい中にも、希望の光を灯すことにつながると思う。

 

今日も、コロナ関連の支援では、沢山の応援・寄贈があった。

 

今、出来る支援を「喜んで!」

 

医療従事者の方々が、今日も、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

今、自分に出来る支援を提供する

 

優しさは言葉を超えて伝わる。

 

今日も【優しさを示すhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

毎日の被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 5月8日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

生きる道を選んで下さい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

今日も、コロナの関連では多くの方から沢山の素晴らしい支援、寄贈があります。

優しい支援の数々をみると、心が励まされ、慰められます。

 

今日は、朝とお昼の気温の差が大きいようです。

お身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

 

コロナ関連の支援~人も猫も生かす優しい心” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな支援や製作、寄贈のおはなしを
    いっしょうけんめいあつめてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    みなさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    まいにちまいにち記事をかいておられる
    happyさんのみなさんをたすけてあげたい
    いっしょうけんめいなきもちがつたわってきます(#^.^#)。

    子猫のマンチーさんのおはなしを
    よませてもらっていて
    すぐにhappyさんちの鳥さんたちを
    おもいだしました。
    マンチーさんもhappyさんちの鳥さんたちも
    やさしいひとにであえてほんとうにしあわせですね(#^.^#)。

    また、支援のしなものをおくられたのですね。
    ほんとうにすごいことだとおもいます。
    (しなものをていねいにえらばれたり、梱包したり
    送る手配もしたり、ほんとうに手間もじかんもかかります)
    happyさんのおくりものはどれもあったかいです(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます。
    いつもコメントを上手にかけなくてごめんなさい。

    なによりもhappyさんや鳥さんたちが
    げんきだとほんとうにうれしいのです(#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてください(#^.^#)。
    メイもげんきでいます(#^.^#)。

    けさは寒かったです。
    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「まいにちまいにち記事をかいておられるhappyさんのみなさんをたすけてあげたい
      いっしょうけんめいなきもちがつたわってきます」

      有難うございます。

      沢山のマスクを寄贈されたり、苦しい中でも、沢山のフェイスシールドを作って寄贈されている方を知ると、本当に、一生懸命、コロナと闘っている方々を支援しよう!
      その気持ちが伝わってきます。

      >「すぐにhappyさんちの鳥さんたちをおもいだしました。」

      マンチーちゃんの事を知って、誉くんや晴ちゃんと重なりました。

      ご縁ですね。きっと。

      支援といっても、ものすごい事ではないでしょうが、心は込めました。

      >「(しなものをていねいにえらばれたり、梱包したり
      送る手配もしたり、ほんとうに手間もじかんもかかります)」

      この事を、ご理解いただけたこと、心から感謝します。

      購入するのも、時間がかかります。

      その先にある、子ども達の笑顔(食べたときの)それを思い浮かべて購入し、送付させていただきます。

      >「いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
      しあわせなきもちになります(#^.^#)」

      今日も、うちの鳥たちに伝えますね。
      いつも喜んでいます。

      今朝は少し冷えます。
      お昼間は、気温が上がる?ようなので、お身体、大事になさってくださいね。

      今日もスフレ様もメイちゃんも、元気に過ごせますように。

      いつも本当に有難うございます。

  2. ribon より:

    マーチン、可愛いですね、幸せにしてくれる方が現れ、嬉しいです。
    ねこにも甲状腺の病気が出ると聞いていました、私は甲状腺亢進症で20年治療しました。
    病名がわかれば大丈夫。私もなかなか病名がわかりませんでした。
    昨日、やっとマスクを見かけました。医療関係者の防具やベットがないのは近代国家の恥、
    ケチケチ政府のつけは国民に回ります、血税は政権が自らのために使いまくってるのですから。
    もっと批判しなくてはころされます。いつもありがとうございます

    1. happy-ok3 より:

      リボンさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「マーチン、可愛いですね、幸せにしてくれる方が現れ、嬉しいです。」
      良かったですね。(#^.^#)

      >「私は甲状腺亢進症で20年治療しました。」
      そうだったのですね・・・。大変でしたね・・・。

      >「昨日、やっとマスクを見かけました。」

      何だか、ドラッグストア以外で、売っているとか・・・。
      でも、マスクを見かけたことは、ほっとしますね。

      今朝は少し寒いです。

      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  3. Unibaba 721 より:

    Happy さんいつも感動的な記事有難うございます。
    優しい心が一杯の行いには胸打たれ涙しますね。
    この危機に際していろんな方達が今出来ることを精一杯されていて
    涙しました。マスクや医療機器が不足している中
    それに乗じてお金儲けを企む人や企業、その危機に際して無料でできるまで
    やってみようとする企業等人間としての明暗が別れますね。
    医療用のシードルを作るジャパンメディカルカンパニーの事は
    忘れないでしょう!人に優しい企業は生き残っていく気がします。
    イギリスの優しい青年に拾われた難病の猫ちゃん良かったですね。
    ホットする優しいニュースですね。
    いつもいつも素敵なお話をアップして頂いて感謝しております。
    どうぞhappyさんもお体に気をつけてお過ごし下さい。
    いつも思いやりのある優しい言葉をいただいて感謝感謝です。

    1. happy-ok3 より:

      Unibaba 721 さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「マスクや医療機器が不足している中
      それに乗じてお金儲けを企む人や企業、その危機に際して無料でできるまで
      やってみようとする企業等人間としての明暗が別れますね。」

      仰る通りです。
      何とか、困っている所に、「自分に出来ることを!」と、精一杯の事をされる方や企業は素晴らしいです。
      こう言う時に、自分の得になることばかりに走ったりする方と、ジャパンメディカルカンパニーさんのように、1日フル稼働して100個を作って、6000個を無償提供しようと言う会社と。

      >「人に優しい企業は生き残っていく気がします。」

      仰る通りです。そして、天が見ていると思います。

      >「イギリスの優しい青年に拾われた難病の猫ちゃん良かったですね。ホットする優しいニュースですね。」

      マーチンちゃんをこれからも育てていくのは、お金もかかります。
      私の所にも障がいがある鳥がいますので、分かります。

      でも、命を慈しむ事を、深く与えてもらって、私は感謝しています。

      こちらこそ、いつも励まして頂き、感謝いたします!

      いつも本当に有難うございます。

  4. miyotya より:

    こんにちは。
    色々な職種の企業がマスクの製造を手掛け、ボランティア、
    個人の方々もマスク作りを頑張って支援しておられて
    本当に頭が下がります。
    何時終息するか分からない状況で「私も楽しみを見つけて我慢しなければ」
    そう思います。
    動物でさえ共存できるのに、人間同士の誹謗中傷は止めてほしいと思います。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya さま、こんばんは!いつも感謝します。

      >「色々な職種の企業がマスクの製造を手掛け、ボランティア、
      個人の方々もマスク作りを頑張って支援しておられて」

      仰る通り、そして、毎日、これだけの支援が違う人たち、企業からあるってすごいですね。

      >「動物でさえ共存できるのに、人間同士の誹謗中傷は止めてほしいと思います。」

      その通りですよね。

      あちらこちらで、医療従事者の方々への、差別のような事があって、多くの方が悲しんでおられます。

      病気や怪我をしたら、お世話になるのに・・・。

      でも、励まし、慰める方々もおられ、私も、医療従事者の方々を応援したいです!!!!

      今のこの時間も、リスクを背負いつつ、頑張っておられる医療従事者の方々が、守られますように。

      お身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  5. ぴーちゃん より:

    こんばんは。

    大阪の吉村知事は頑張っておられますね。コロナの事がなければ、私は吉村知事の事は
    よく知りませんでした。
    手作りマスクの普及のせいか、サージカルマスクが値下げしてたまに見かけるように
    なりましたね。
    50枚入りが4000円近くしていたのが、3500円になり、今日は2750円でした。
    それでも、以前は普通にドラックストアで800円で買っていたので、まだまだ使い捨ては
    高いです。
    今日、鍼の先生にお聞きしたら「マスクはいいけれど消毒液の在庫が心配」と言ってみえました。皆さん、積極的に入店前に消毒液を手につける習慣が身についているので
    店舗によっては在庫が少なくなって来ているのかもしれません。

    ハッピーさんのお宅の鳥ちゃん達は障害を持っていても、大きな病気もなく
    元気ですよね。大事にされているのが分かります。

    1. happy-ok3 より:

      ぴーちゃんさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「50枚入りが4000円近くしていたのが、3500円になり、今日は2750円でした。」

      1枚55円位ですね。

      こちらでは、某スーパーで、5枚入り400円ちょっとというのを見かけましたが・・・。

      コロナの騒ぎがある前は、50枚が700~800円位だっと思います。

      >「マスクはいいけれど消毒液の在庫が心配」

      こちらでは、消毒液は売ってないです。
      先日、アルコール66%の消毒液の代用品をたまたま、見かけ、1本購入しましたが、(高い価格でもなく)
      1日で売り切れたようです。

      自宅で療養されているご家族がおられる方は、消毒液、必要なのに、売ってないから困るとおっしゃっています。

      誉くんも、晴ちゃんも、病院通いしました・・・・。(#^.^#)

      でも、みんな仲良くしてくれるので、嬉しいです。

      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  6. GAEI より:

    東京の検査数の少なさが指摘されていますが、検査できる人の数も諸外国に比べて少ないのだろうと思います。ご自身の感染に対する危険をかえりみず働いていらっしゃる医療従事者の方々はもちろん、宅配便の方もスーパーのレジの方、人と接する仕事に就いてらっしゃる方々すべてに頭が下がる思いです。

    1. happy-ok3 より:

      GAEIさま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「検査できる人の数も諸外国に比べて少ないのだろう」

      人数と体制が整っていない?のかもしれないですね。

      >「医療従事者の方々はもちろん、宅配便の方もスーパーのレジの方、人と接する仕事に就いてらっしゃる方々すべてに頭が下がる思いです。」

      仰る通りです。

      皆さん、疲弊しておられます。

      そういう方々を大切にさせていただかないと。

      あたり前ではないのですから。

      皆さんが守られますように!

      いつも本当に有難うございます。

  7. MT より:

    happy-ok3様

    すみません!先ほど書いたコメントですが、送信できていないかもしれませんが、内容あまり適切でないと思いますので削除でお願いします。
    お手数おかけします。
    いつも本当にありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。削除しました。いつも感謝します。

      お返事も書いたのですが、消えてしまったので、かいつまんで、差し障りのない程度に書かせていただきます。

      障がいがある事は悲しい?かもしれませんが、そのマイナス?に見える所以上の、素晴らしい力も与えられているようにおもいます。

      送付させて頂いた物をご覧になって頂いても、分かると思いますが、1回にすごい金額ではないのです。
      小市民なので、ものすごい高額なお金はかかっていません・・・。

      また、クリスマスに多くの子ども達に送付させていただく物は、1年近くかけて準備していますので、
      1度での出費ではないので、いうならば、分割式な準備です。

      そして最近のものは、「今、必要とされている」
      その事が、心に迫ります。

      このためには、節約しています。

      後でもいいものなら、おそらくしないです。
      でも、「今」困って、必要とされておられるので。

      小市民なので、大きなことはできかねます。(#^.^#)

      1滴の水であっても、お役に立てる事がうれしいです。

      そして、いずれ、わたしも、いつかは天に帰る時がきます。

      その時に後悔が残るらないようにと思います。

      毎日の寄贈の紹介、支援の紹介の中で、皆さん、すごいですし、その足元には及びませんが。

      震災にも遭い、その他、苦しいことも沢山ありましたが、今日、生かされている事に感謝して、
      感謝を、おささげ出来たら幸いです。

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。