コロナ関連の支援~愛の行動は支え&癒す

2020年 5月5日(火)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスのマスク支援が増えた。

 

「愛の行動は、人を和ませ癒す。」

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

 

【手作りマスクの寄贈】

 

●成田空港(千葉県成田市)で働く日本航空の地上旅客係員が子供用の飛行機の

絵柄のマスク1800枚を手作りし、空港周辺の成田市など9市町の保育園や

こども園に贈った。

 

ミシンを使ってマスクを作る日本航空の地上旅客係員

成田空港で2020年4月27日午後1時19分

(写真:毎日新聞 中村宰和様撮影)

 

 

 

「可愛いマスクをつけ、笑顔になってほしい」との願いを込めて作った。

 

 

●兵庫県小野市王子町の岡田整形外科に勤務する事務員ら7人が、同市内の

保育14施設に手作りマスク約700枚を寄贈した。

 

保育園は小中学校が休校する中でも開いているため。

 

 

マスクを手に喜ぶ園児ら=育ケ丘保育園

(写真:神戸新聞様)

 

 

 

 

 

同市内の保育施設は約1500人が利用。手作りマスクは、使う習慣が定着しやすい

5、6歳児約340人に行き渡り、保育士らにも大人用が届けられた。

 

 

●マスク不足の中、京都府亀岡市の中学生と小学生の姉妹とその祖母、母が

マスクを70枚手作りした。

 

神先教育長にマスクを寄贈する中江さん姉妹

(亀岡市安町・市役所)

(写真:京都新聞様)

 

 

 

女性家族4人で協力して作ったことから、4姉妹の物語「若草物語」にかけて

「若草マスク」と名付け、このほど、市教育委員会に寄贈した。

 

 

【マスク・フェイスシールド・消毒液 支援】

 

●和歌山県串本町は3日、町内15カ所で町民に1人30枚ずつ不織布マスクを無料配布。

 

ドライブスルー方式でマスクを配布する町職員

(3日、和歌山県串本町串本の町文化センターで)

(写真:紀伊民放様)

 

 

マスクの配布に参加した田嶋町長は「やっと町民にマスクを配布することができて

本当にうれしい。緊急事態宣言が延長され、コロナとの戦いは持久戦になると言う。

 

町民の皆さんには、自分を守るとともに他人も守らなければならないということを、

マスクを通じて心掛けてもらいたい」と。

 

 

●三島市は、ハンカチと輪ゴムを使って縫わずに作れる

「ハンカチマスク」の作り方を紹介している。

 

日本語や外国語のチラシで紹介しているハンカチマスク

三島市役所中央町別館

 

(写真:静岡新聞様)

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、特に情報を得にくい外国人向けには

4カ国語で作り方を書いたチラシの配布を始めた。

 

 

●多治見市社会福祉協議会は、市民から未使用のマスクの寄贈を受け付けるポストを

岐阜県同市太平町の事務所窓口脇に設置した。

 

多治見市社会福祉協議会が設置したマスクポスト

同市太平町

(写真:岐阜新聞様)

 

 

 

寄せられたマスクは、新型コロナウイルス感染を防ぐため必要とする現場に届ける。

県社会福祉協議会によると、県内の社福協で同様の取り組みの例は他にないという。

 

 

●古河市出身で俳優の渡辺徹さんが、市に不織布マスク2千枚を寄贈した。

(茨城新聞様)

 

 

●北九州工業高等専門学校5年の川畑岬さんは、フェイスシールドについて

「(母親は)介護施設の中の歯科医院で働いていて、日常的に高齢者の口を

触っている。実際使ってもらったところ、飛まつが顔に飛ばなくていいという。

ほかの機関の方にも使ってもらえるのではないかと思い量産した」と。

 

 

 

 

 

(写真:九州朝日放送様)

現在、厚意で集まった材料で、“フェイスシールド”400個分を製作しているという。

 

 

●気仙沼市の町おこし団体「気仙沼つばき会」は東京都港区の済生会中央病院から

要請を受けて、先月から簡易防護服を手作り。

 

業務用のビニール袋2枚をカッターナイフで切り、テープで張り付けて作る。

1着作るのにかかる時間は約15分で、これまでにおよそ1300着を製作。

 

 

 

 

 

(写真:東日本放送様)

済生会中央病院は震災の際、気仙沼市内の病院や老人ホームで医療支援にあたり、

団体ではその恩返しにと。

 

気仙沼つばき会では今後300着ずつ病院に送る。

 

 

●ジャニーズ事務所は医療機関を支援。

 

 

(写真:読売新聞様)

 

 

 

既に防護服やマスクなどを届けており、4日時点で、

防護服など8万3000枚、マスクなど73万枚に上る。

 

 

●福島県土地家屋調査士協会は3日、福島市民を対象に、消毒効果があるとされる

次亜塩素酸水の配布を始めた。5日まで市内2カ所で行い、約2万リットルを配布。
 

ドライブスルー方式で行われた

次亜塩素酸水の無料配布

(写真:福島民友様)

 

 

 

活動に協賛する市内外13企業が生成した次亜塩素酸水を1人1リットル配る。

 

配布場所は同市の福島トヨタクラウンアリーナ(国体記念体育館)と十六沼公園の屋根

付き運動場。感染防止の観点からドライブスルー方式でも配布し、ノズルは毎回除菌。

 

 

●七尾市竹町のノトアフィットネスクラブで3日までに、児童11人が、

縄ばしご状の運動用具「ラダー」50個を作った。

 

ラダーのマス目に合わせて足を開閉したり、前後や左右にステップを踏んだりする

運動に活用する。

ラダーをつくる児童

七尾市竹町のノトアフィットネスクラブ

(写真:北國・富山新聞様)

 

地元の町内会に贈り、コロナの影響で家にこもりがちな高齢者の運動不足解消に。

同施設では3月上旬から医療従事者の子どもを預かる。

 

 

●北海道札幌市に本社がある石屋製菓の「白い恋人」などの詰め合わせセットが

5月4日から半額以下で販売され、売り上げの一部は道内の医療機関などに寄付。

 

 

 

 

 

(写真:北海道ニュース様)

「白い恋人で北海道にエール!BOX」

購入は石屋製菓のホームページから4日の正午から受け付ける予定。

 

 

●ハウステンボス佐世保ロータリークラブは1日、新型コロナウイルス感染者

への対応に当たる医療従事者を激励しようと、ハウステンボス(HTB)の

一流料理人が手掛けた弁当を佐世保市内の感染症指定医療機関に無償で提供した。
 

現場で働く医師や看護師らの緊張緩和と栄養補給を目的に企画。

 

4月21日から配り始め、6月まで週2回のペースで続ける予定。

 

HTBのホテルヨーロッパにある日本料理「吉翠亭」と鉄板焼き「戎座」の

松元孝喜料理長が毎回献立を考えている。
 

感染症指定医療機関の職員に弁当を手渡す

道添会長(右から3人目)=佐世保市

(写真:長崎新聞様)

 

 

 

1日はクラブの会員が15人分の弁当を届けた。受け取った病院職員は

「医療従事者の励みになっている」とお礼。道添会長は「医療現場は厳しい

状況にある。食事の時だけでも緊迫した雰囲気が和らげばうれしい」と。

 

 

●鹿児島県沖永良部島の若者が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける

地元の花き生産者を応援しようと、全国に花を贈る企画「えらぶの花を届けよう!」

を始めた。主催者が買い取った花をSNSを通じて申し込んだ人に、無料でプレゼント。

 

「永良部百合の花」を歌い、企画への賛同を

呼び掛ける吉田さん(左)ら(提供写真)

(南海日日新聞様)

 

 

花を買い取り、配送する資金は吉田さんの自腹。「予算は10万円までと決めている。

ありがたいことに賛同者から寄付もあった」と言う。

問い合わせ先は電話080(9140)2510吉田さん。

 

 

【マスク・消毒液 販売】

 

●美濃市では、市内の企業の協力を受けマスクを独自に調達したうえで、

全8000世帯に向け2500円で50枚入り1箱を購入できるチケットを配布していて、

1日に販売がスタート。

 

 

 

 

 

(写真:東海テレビ様)

 

 

●若者向けに着物を展開するブランド「巧流」(コール、東京)が絹マスクを発売。

着物を手縫いで仕立てる和裁士の技術を活用し、柔らかく肌にフィットする

付け心地と繰り返し使える耐久性にこだわった。

 

 

 

 

 

 

(写真:オルタナ様) 着物職人が開発した肌に優しく、洗える立体マスク

 

サイズは性別や年齢に応じて5種類の大きさに対応し、価格は生地素材や色の違い

などにより1980円から2980円(税込)巧流のオンラインショップで販売。

 

 

 

【経済支援】

 

●燕市では、緊急事態宣言が出された後、対象地域からの帰省や出張の自粛を

要請したところ、町工場の社長らが「コメだけでも届けたい」と発案し、

官民連携で送ることに。緊急事態宣言の拡大とともに、発送範囲も全国へ変更。

 

第1弾の送り先は、燕市出身で18~30歳の学生約470人。地元産コシヒカリ5キロ、

キュウリ2本、みそ500グラム、布製マスク1枚などを送り「おいしいご飯を

モリモリ食べて、少しでも元気を出してほしい」と記された鈴木力市長の手紙も同封。

 

市は送料とマスク代を負担し、食材は市民からの寄付でまかなっている。

4月28日からは第2弾として、燕三条地域の郷土食の背脂ラーメンも発送している。

 

 

●南魚沼市の木材製品開発販売会社「文陽堂NiiMo事業部」は地元農家や企業の

協力を得て、県外に住む同市出身の18~30歳の学生にコメやみそ、乾麺、マスクや

ハンドクリームなどを発送。応募者から「アルバイトもできなかったので助かる」と。
 

帰省を自粛している南魚沼市出身の

学生に届けられる箱詰め

(写真:読売新聞様)

 

 

 

●柏崎市は、特産の菓子の詰め合わせを希望者に無料送付する。

 

同市出身で県外在住の大学生や専門学校生ら先着1000人が対象。市内27の菓子店

などでつくる県菓子工業組合柏崎支部と柏崎観光協会が協力し、笹(ささ)団子や

クッキーなど5品ほど(約2000円相当)を届ける。

 

帰省自粛中の柏崎市出身の学生らに発送する

お菓子の詰め合わせ

(写真:読売新聞様)

 

 

 

 

 

同支部の支部長は「感染拡大防止に協力いただく感謝を込めた。柏崎の菓子を食べ、

つらさを癒やしてほしい」と語った。

 

 

●神奈川県横須賀市は7日から、新型コロナウイルスの影響で

アルバイト収入などが減った学生に対し、公益社団法人フードバンクかながわと

NPO法人神奈川フードバンク・プラスと協力して食糧支援を行う。

 

親元を離れて市内の大学・短大に通い、収入減少で生活が苦しい学生を

対象に計約千食を無償提供する。

同市消防局庁舎1階で、午前9~11時と午後1~4時。学生証と持ち帰り用の

バッグを持参。問い合わせは、市地域福祉課電話046(822)8570。

(神奈川新聞様)

 

 

●暮らしに影響を受けるひとり親家庭を支援しようと、伊勢市小俣町湯田の

焼き肉店「たまちゃん」が5、6の両日、無償で弁当を提供する。

 

ひとり親家庭が対象で、各日限定10食。1世帯2食まで、1回限定としている。

 

5、6両日に無償で弁当を配布する「たまちゃん」と

無償提供される「黒毛和牛伊勢どり弁当」(同店提供)

飲食店としても新型ウイルスの影響で、売上がないのに

しんどい部分はあるが、きょう、あすのご飯に

困っている人がいる。そういう人たちの力になれればと。

(伊勢新聞様)

 

 

前日までの申し込みが必要で、希望者には当日の午前11時半―午後0時半

までの間に取りに来てもらう。

 

申し込みや問い合わせは、同店=電話0596(63)9757=へ。

 

 

●「住居確保給付金」は、離職や廃業が原因で家賃が払えない恐れがある人に対して、

就職活動をするという条件のもと、行政が家賃を給付する仕組み。

 

4月20日からは新型コロナウイルスによる経済活動の自粛が原因で収入が減少し、

仕事があっても家賃が払えない人も給付の対象。

 

 

(写真:中国放送様)

 

 

 

広島市は、5月1日、コールセンターを設置。ゴールデンウィーク中も受け付ける。

 ◇ 住居確保給付金相談ダイヤル(広島市)
   080-4552-2955
   080-9793-2662
   080-9792-4537
   平日午前9時~午後4時(GW期間中は祝日も受け付け)

 

昨年度、72件給付されているが、今年度は、寄せられた相談だけで500件超。

 

 

●「静弁エイド」と名付けられた取り組みは、静岡トヨペットなど3社が、

県内の企業に呼び掛け、現在、30社が参加。

 

企業が、県内産の食材を扱う飲食店8店舗に、社員の昼ごはんを注文し、

届けてもらうシステム。

 

静岡トヨペット部長は「日頃、地域の方に支えてもらっているので、今度は恩返し」

 

 

 

 

 

(写真:静岡放送様)

飲食店は、まとまった注文があることで、その日の食材の仕入れ量が決められ、

食品ロスも減るという。

 

今後も参加企業の輪を広げ飲食店の支援につなげたいと。

 

 

●佐賀県伊万里市黒川町の肉牛農家で飲食店も営む松尾勝馬さん(72)が

1日、市に1千万円を寄付した。同額の寄付は3回目。

 

伊万里市に1000万円を寄付した

松尾勝馬さん(右)。

深浦弘信市長から感謝状を受け取った

市役所

(写真:佐賀新聞様)

 

新型コロナウイルスの影響で経営が痛手を負っているにもかかわらず、

「ここで踏ん張れば状況は良くなると信じて、今年も寄付することを決めた」と。

 

深浦弘信市長は「本業が大変な中での寄付に感謝します。農家の人が諦めず

営農してもらうために、市の方でも支えていきたい」と。

 

 

【自粛】

 

連休中は、自粛をと、各自治体が呼びかけている。

 

 

【コロナ詐欺・盗難に注意】

国民生活センターでは、事例を紹介。相談も受け付ける。警察に相談を。

 

また警察庁も同コロナウイルスに関連した不審電話・メールが多くあることを把握。

「絶対に教えない! 渡さない!」
 ・暗証番号・通帳・口座番号・キャッシュカード・マイナンバー

 

不審だと感じた場合には居住している市区町村か近くの警察署に連絡または

(1)警察相談専用電話「#9110」(2)消費者ホットライン「188」

(3)新型コロナウイルス給付金関連 消費者ホットライン「0120-213-188」

 

 

【コロナDV・相談を】

 

●DVで不安を感じたら、一人で悩まず相談をと、政府から。

○全国共通相談ナビダイヤル「0570-0-55210」

○警察相談専用電話「#9110」※緊急の場合はためらわずに110番を

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

 ●5月4日21時01分頃 震度1 根室半島南東沖    

 ●5月4日22時34分頃 震度3 茨城県 

 ●5月4日22時07分頃 震度4 茨城県北東部     

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

5月4日は コロナ関連の支援~2本足で走る犬の癒し で愛の奇跡を

 

 

 

 

 

愛情は、お互いを支え、力づける!

 

置かれた場所で、咲く幸せを。

コロナウィルスの影響で、多くの人たちが、苦しい中にある。

その中で「自分に今、出来る事」を提供されている方々は、周囲に力を与えている。

 

秋田市楢山本町にある、国際タクシー(TEL 018-833-5931)は、

約80人のドライバーを含む100人の社員を抱える会社。

 

現在は、稼働車両を通常時の半分ほどに抑えたり、ドライバーを交代勤務制に

したりするなどして営業を続けるが、売り上げは前年比で半減した。

 

そんな中、5月1日、高田和明社長が

「(乗客減で)ストレスを抱えながら頑張る社員をねぎらいたい」

と昼食時間に合わせ、手作りカレーライスの振る舞いを同社駐車場で始めたという。

 

社員にカレーライスを振る舞う国際タクシー

(秋田市)の高田和明社長(左)

(写真:みんなの経済新聞様)

 

 

 

男性社員は

「社長からねぎらいの言葉をかけられながら食べる

 カレーライスの味は格別。家計も助かる」と喜ぶ。

 

高田社長は

「こんなことぐらいしかできないが、社員から感謝の言葉をもらうことは私の励み。

 社員と共にコロナ禍を乗り越えたい」と。

 

今後もメニューを変えながら、社員向けランチの振る舞いを続けるという。

 

この厳しい状況の中、100人の社員を抱え、社長の気苦労は大きいはず。

その社長が、社員を思って作ってくれるランチは、心が励まされる。

温かい愛情ランチ!は、前に進む力になると思う。

 

        ★★★★★★★★

 

佐賀県唐津市熊原町の花店「はなまい」は市内の病院と老人ホームに、

4月から、フラワーアレンジメントを無償で贈る取り組みをしている。

 

すでに市内の約30施設に届けたという。

 

はなまいでは3~5月までで結婚式での発注がすべてキャンセルや延期になった。

4月の売り上げは落ち込んでいるという。

 

      しかし

 

「売れないと嘆くよりも、できることをしたいと思った」と。

 

      そこで

 

新型コロナウイルスの影響で家族と面会禁止となっている老人ホームの

お年寄りや感染防止に取り組む医療従事者を励ます目的で始めた。

 

老人ホームや病院に向けたフラワーアレンジメントを

つくるはなまいの2代目瀧本咲太郎さん

唐津市熊原町

(写真:佐賀新聞様)

 

 

入所するお年寄りからは「癒やしになった。ありがとう」とお礼の電話もあったと。

 

自粛のため、家族と面会できないお年寄りは、寂しいと思う。

お店も厳しい中、美しいお花のアレンジを届けられ、目にすると、癒される。

嘆くより、出来る事をと言う前向きな気持ちの奉仕!素晴らしい。

 

        ★★★★★★★★

 

東京都内在住の小学3年生、松崎瑞穂さん(8歳)は、マスク不足の報道を見て

布マスクの寄贈をしようと思いついた。

 

そして、ひいお祖母さんが入所する市内の介護施設に約180枚寄贈したという。

 

また、千葉県館山市に瑞穂さんのお母さんの実家があるため、手作りマスク192枚が

千葉県館山市に寄贈された。

 

マスクには「館山のみなさんへ」という手紙が同封されていて、

「ざいりょうがなかなか手に入らなくて不ぞろいですが、一生けんめい作っています」

そう書かれていた。

 

館山市は、船形こども園など市内のこども園・保育園などに配布した。

 

船形こども園では、早速園児たちがマスクを着け

「みずほちゃん マスクをありがとう」と書いたメッセージを掲げていた。

 

松崎瑞穂さんから贈られたマスクをさっそく着け、

「ありがとう」のメッセージを掲げる船形こども園の

園児たち=館山市船形の船形こども園で4月30日午前

(写真:毎日新聞 平井桂月様撮影)

 

 

ひいお祖母さんの入所する施設でも、家族との面会が難しいだろう。

8歳の少女からの、手作りのマスクのプレゼントは、喜びになっただろう。

 

船形こども園の子ども達は、お姉さんのような、瑞穂さんから贈られたマスクで

自分達も、人のために役立とうと言う気持を持ったのでは?

 

 

「支援とは行動にうつされた

 愛と思いやり

 その場所には

 喜びと癒しが美しく咲く     

       (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の「静弁エイド」では、静岡のトヨペットの人が、

「 行動を持って、普段の感謝、恩返しをする!」と仰っていた。

 

佐賀県伊万里市に1千万を寄付した72歳の松尾さんは、コロナの影響は厳しく

先が見通せず「今年の寄付はパスしようかな」と言ったところ、

 

70歳の奥様から

「3年目で(寄付を)挫折するとね?一度決めたことを曲げたらいかん」と言われ

寄付を決心したという。

 

今日、掲載した支援は、ご自分たちも厳しい中にあるのに、周囲への思いやりや

誠意を行動にうつされていた・・・。

 

渡辺和子氏が「置かれた場所で咲きなさい」と言われたが、

今、自分にできる行動で、周囲への支援が、美しく咲くと言う事につながる…。

 

有り余る中から支援をするのではない、思いやりと愛が

支援と応援への「行動」にかりたてていく。

 

小さくても地味なようでも、置かれた場所で、精一杯咲く。

その美しさは、周囲を知らないうちに和ませ、癒していく。

 

地味に見えても、愛の行動は本物の力。

 

医療従事者の方々が、今日も、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

愛のある行動は、本物の輝きをはなつ

 

美しさは、内面の愛が物語る。

 

今日も【愛を行動にうつすhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

毎日の被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 5月5日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

生きる道を選んで下さい!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

申し訳ございません、読者登録の機能がございません。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

今日も、多くの方から沢山の素晴らしい支援、寄贈があります。

医療従事者の方々への、食事の支援は心強い支えだと思います。

 

学生たちへの支援は、温かいです。

 

皆様、今日も、お身体大切になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

 

コロナ関連の支援~愛の行動は支え&癒す” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな支援や製作、寄贈のおはなしを
    いっしょうけんめいにあつめてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    みなさんの前向ききもちにげんきがもらえます(#^.^#)。

    国際タクシーさん、花店「はなまい」さん
    そして8さいの松崎瑞穂さんのおはなしも
    ほんとうによかったです(#^.^#)。
    みなさんほんとうにえらいなぁってすなおにおもいました(#^.^#)。
    わたしはなんにもできませんがえがおをわすれず
    いようとあらためておもいました(#^.^#)。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます。
    いつもコメントを上手にかけなくてごめんなさい。

    なによりもhappyさんや鳥さんたちが
    元気でいてくれるのがうれしいです(#^.^#)。

    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてください(#^.^#)。
    メイはいま、羽のお手入れをしています(#^.^#)。

    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレさま、おはようございます。いつも感謝します。

      >「きょうもたくさんのいろんな支援や製作、寄贈のおはなしを
      いっしょうけんめいにあつめてくださって」

      毎日、多くの方が、色んな人達を支えよう、助けようと頑張っておられ、素晴らしいですね。
      心も、行動も、温かいです。(#^.^#)

      >「国際タクシーさん、花店「はなまい」さんそして8さいの松崎瑞穂さんのおはなしもほんとうによかったです」
      どの方も、置かれた場所で、愛を持って一生懸命ですね。

      温かい気持ちからの行動が、人を支え、癒しておられますね。(#^.^#)

      そこに、損得勘定がないからでしょうね。

      素直な気持ちで笑顔って素晴らしい事だと思います。

      >「晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさんきょうもかわいいえがおとすがたをほんとうにありがとう!」
      スフレ様からのお言葉、いつも伝えていますが、喜んでいます。

      >「メイはいま、羽のお手入れをしています」
      メイちゃん、可愛いですね。

      暑くなってきましたので、スフレ様も、お身体大事になさってくださいね。
      今日の1日も素敵な日でありますように。

      いつも本当に有難うございます。

  2. ribon より:

    園児の笑顔が可愛いですね。
    ミシンを使ってマスクを作る日本航空の地上旅客係員、あちこちで奉仕されていますね、
    今日もありがとうございます!
    国際タクシーさん、花店「はなまい」さんそして8さいの松崎瑞穂さん、官僚の作った作文を間違えて読む、空虚で心がない、痛みだけ押しつけ、税金で暮らしてるのに、外国や米国はじめとする外国にはばらまきに行き、庶民にはどこまでだし渋るあれは見習うべき人ばかりです。勿論happy様に対しても。
    わかっていても滅入ります、いつまで続くのか、検査もけちるからだらだら。

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは!いつも感謝します。

      正義感が強いです。(#^.^#)

      政治と関係ない多くの方たちが、このコロナの厳しい中にあっても、「自分が出来ることを」と
      自分を捧げて頑張っておられます。

      毎日、こんなに多くの支援、応援がある事自体、素晴らしい事だと思います。

      立場がある方ほど、謙遜にそして人に寄り添ってほしいですね…。

      今日も暑いです。
      お身体大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  3. ちかすぃ より:

    happyさんこんにちは!
    布マスクですが、色んな企業や個人の方々の取り組みで
    様々な個性があふれて面白いですね。
    私の家でも祖父母のもとに子供を連れて遊びに行くのを自粛していますが、
    ネット環境がないので電話で声のみのやりとりで、とても寂しがっています。
    介護施設や、老人ホームも身内や色んな世代の方との面会はできない状態でしょうし、
    そんな中でお花や子ども世代からのプレゼント、励みになる事だと思います!
    お花のプレゼント、今だからまた更に嬉しい癒しです^^

  4. happy-ok3 より:

    ちかすぃ 様、こんにちは。いつも感謝します。

    >「布マスクですが、色んな企業や個人の方々の取り組みで様々な個性があふれて面白いですね。」

    特に寄贈は喜ばれると思います。

    >「介護施設や、老人ホームも身内や色んな世代の方との面会はできない状態」
    皆さん、寂しいと思います。

    >「そんな中でお花や子ども世代からのプレゼント、励みになる事だと思います!」
    お花さんも、厳しい中なのに、有難いですね。

    >「お花のプレゼント、今だからまた更に嬉しい癒しです」
    素晴らしいですね。

    いつも本当に有難うございます。

  5. MT より:

    happy-ok3様、こんにちは!

    いろいろな善意の支援、素晴らしいですが松尾さんの1000万円3回にはちょっと驚きますね、奥さんも肝が太いというか、すごいものです。

    仕事の合間のためコメント短くなりましたが、今日もありがとうございました😄
    明日もよろしくお願いします。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「松尾さんの1000万円3回にはちょっと驚きますね」

      72歳の松尾さん、今までも牛の病気で、焼き肉屋さんが、大変になった時期も、リーマンショックも乗り越えてきておられますが、今回のコロナ過は、先が見えないので、きついと仰っています。

      そんな中、奥様・・・すごいです。

      ご商売は、世のため、人のためと言う事をしっかり据えておられるのでしょうね。

      お忙しい中、コメント、感謝します。

      お身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。