被災地の報告~金貨の欲と素直な光

2019年 1月25日(金)

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。

 

「素直な光を放つ者に。」

 

日々変化する、復興の事を少し報告。

 

happy-ok3の、日記の記事は被災地の報告の下に。

 

【阪神・淡路大震災後】

 

●震災で大きな被害を受けたあわじ島。

阪神・淡路大震災が起きた1995年1月17日に生まれた、照強関。

 

 

(写真:神戸新聞様)

南あわじ市役所前に設置された

郷土出身力士の星取表に白星を付ける職員

 

大相撲初場所で、兵庫県南あわじ市出身の照強関が23日、十両筆頭での

勝ち越しを決め、来場所での新入幕が確定的となった。

 

 

【西日本豪雨】

 

●豪雨を受けた愛媛県の西予市復興まちづくり計画策定委員会の第2回会合が23日、

市内であり、被災地を視察し計画案(2019~24年)を検討した。

 

 

(写真:愛媛新聞様)

 

 

 

当初は全体計画と、被害が大きい地区の個別計画で構成する予定だったが、

昨年11月から実施した住民座談会の意見をスムーズに反映させるため、

旧町別の5地域で、それぞれ復興方針やロードマップをまとめる方法に

 

被害が少ない地域との温度差を解消し、全市的な取り組みにする工夫が必要との指摘も。
 

市は計画案を修正して2月以降に再び住民座談会を5地域で実施し、委員会に諮る。

 

 

●西日本豪雨の際、被災地の物資輸送に活躍した電気機関車EF64形式と

同形式の車両が、京都市下京区の京都鉄道博物館で特別展示されている。

 

 

(写真:京都新聞様)

 

 

 

豪雨で山陽線が不通だった時に、EF64形式は32日間、岡山県倉敷市から伯備、

山陰両線を通る迂(う)回ルートを使って九州方面に往復2075個

(12フィートコンテナ換算)の物資を届けた。
 

「がんばろう岡山 がんばろう広島」と書いたヘッドマークを付けた青とクリーム色の

重厚な車体に、鉄道ファンらがカメラを向けている。27日まで。入館料が必要。

 

 

●豪雨の多くの地域でボランティアが必要とされている。

平成30年7月豪雨に関する災害ボランティア・支援情報  ←こちらから

 

 

【北海道地震】

 

●北海道付近にある2つの低気圧の影響で、道内は南西部やオホーツク海側の

地方を中心に、大荒れの天気。

 

24日午前11時までの12時間に降った雪の量は上川の下川町で45センチ、

網走の西興部村で30センチ。

 

(写真:北海道ニュース様)

 

 

この雪の影響でJRは特急6本を含む81本が運休し、高速道路は道央道や

札樽道などの一部区間が通行止め。

 

道内の小中、高校など245校で臨時休校や下校時間を繰り上げる。

 

 

●胆振東部地震で自宅が半壊した町穂別地区の女性が「民宿ポレポーレ」の経営を

今月から引き継ぎ、友人らと宿を切り盛りしている。

 

穂別地区では地震の影響で2旅館が閉館しているだけに、新たに代表となった

宮崎さんは「民宿業を通じ、穂別の活性化に貢献したい」と意気込んでいる。

 

宮崎さんは悩んだ末、「町の復興の力になりたい」と民宿を引き継ぐことを決めた。

昨年12月末に民宿に引っ越し、同じ建物で生活しながら今月1日から民宿を営む。

半壊した自宅は解体する予定という。

 

現在、地震の復旧工事の関係者らが滞在しており、全11室のうち半分が埋まる。

 

(写真:北海道新聞様)

 

経営を引き継いだ宮崎さん(右)と
仕事を手伝う友人の西さん

 

町は穂別博物館を中心とした施設整備を計画し、恐竜化石を活用した観光客誘致を

目指している。宮崎さんは観光客に昼食を提供することを検討しており、

「客が増えるチャンスはある。お客さまと距離が近くて、居心地の良い民宿にしたい」

 

 

厚真町へのふるさと納税←こちらから確認を。

電話でも確認を 0145-27-2481(総務課:財政グループ)

北海道庁への災害見舞金の寄附について ←こちらから

 

JALダイナミックパッケージ ←こちらから

「JALで行こう 北海道ふっこう割」

JALダイナミックパッケージ「北海道義援金ツアー」 ←こちらから

 

●酪農家への義援金

口座名義:中酪胆振地震他災害酪農義援金

金融機関:農林中央金庫本店

口座番号:普通 7509890

 

 

【東日本大震災】

 

●いわき市の江名中の生徒たちは22日、東日本大震災の津波などで被害を受けた

同市永崎に整備の進む防災緑地で植樹を体験した。

 

(写真:福島民友様)

 

 

 

同校生徒の体験は本年度2回目。1、2年生約100人が参加し丁寧に植樹した。

県によると、永崎防災緑地は本年度の工事完了を予定。

 

 

●広野町のふたば未来学園高の三年生は23日、2017年8月に亡くなった大熊町の

ナシ農家の故関本信行さん=享年(55)=の思いを受け継ぎ双葉郡の農業再生に

力を尽くそうと、信行さんが育てたナシの苗木を植樹した。

 

これは大熊町の特産であるナシを残そうと力を尽くした信行さんの思いを

受け継ごうと、生徒が信行さんの家族に苗木の提供を依頼し、植樹が実現した。

 

「信行さんのナシ栽培への情熱に心を打たれた。自分も古里で農業に取り組み、

双葉郡の農業再生の力になりたい」と。(福島民報社様)

 

 

●原発事故を想定した大規模な防災訓練が行われた。

国や県のほか自衛隊など120の機関からおよそ2万3000人が参加。

 

 

 

 

(写真:東日本放送様)

今回の訓練では、仙台市や大崎市など4つの自治体で、初めて原発の

30キロ圏内から避難する住民の受け入れ訓練も行った。

 

 

●岩手県大槌町の職員の遺族が、町に被災状況の検証と説明を求めている問題で、

平野公三町長は24日、外郭団体職員などを含めた犠牲者について、

当時在籍していた職員とOB計約100人へのアンケートを行い、

遺族に結果報告と謝罪をする方針だと明らかにした。

 

(写真:共同通信様)

 

 

 

 

 

●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故に伴う地域課題の解決に向け、

広野町は18日、早稲田大環境総合研究センターと連携協定を結んだ。

 

 

(写真:福島民友様)

遠藤町長(右)と松岡センター長

 

遠藤町長は「復興に向けた課題を包括的に捉え、

解決していくための出発の日となる」と。

 

 

●仙台市は22日、新年度から5年間の政策指針「経済成長戦略2023」を固めた。

中小企業の成長促進や競争力の強化などに取り組み、市内の黒字企業の割合を

23年度までに50%超とする目標を設定した。

 

黒字企業は2000年以降、40%台後半で伸び悩んでいる。(河北新報様)

 

 

●東京電力福島第1原発事故の賠償を求め、住民が集団で申し立てた

和解仲介手続き(ADR)が、東電の和解案拒否の末に相次いで打ち切られている。

 

(写真:河北新報様)

 

 

住民側は「賠償の仕組みを崩壊させる」と強く批判。

 

国の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)の次回会合が25日に迫る中、

賠償基準となっている中間指針の見直しを求める声が高まっている。

 

 

【熊本地震】

 

●人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの仲間の像を熊本地震の

被災地に設置する計画で熊本県は県内31市町村から提案のあった計51案を発表した。

 

 

 

(写真:西日本新聞様)

 

 

 

地震で市役所庁舎が使えなくなった宇土市は、

今後建設する新庁舎に船大工「フランキー」を提案。

 

産山村は地震後に医療介護の人材不足が課題で船医「チョッパー」を。

益城町が選んだのは、幼少期に飢えを経験したコック「サンジ

西原村は、第1希望として航海士「ナミ」を提案。

剣道が盛んなことなどを理由に剣士「ゾロ」を希望した大津町。

 

麦わらの一味」の世界観と震災復興をリンクさせ、新しい「熊本の物語」をど

う描くのか。県は4月、設置場所を公表。

 

 

【九州豪雨】

 

●2017年7月の九州豪雨で自宅が全壊するなどした被災者たちが暮らす仮設住宅や

みなし仮設住宅など「応急仮設住宅」の入居期限があと半年余に迫る中、

福岡県は入居者が別の民間賃貸住宅などに転居する場合、引っ越し代や敷金、

礼金などの初期費用を助成する方針を固めた。

 

県内の被災者数は23日現在、仮設住宅が104世帯214人、

行政が民間の賃貸物件などを借り上げ提供するみなし仮設は246世帯627人。

 

入居期限は2年で、期限前の7月上旬に朝倉市で80戸、東峰村で16戸の

災害公営住宅が完成する。入居期限後は災害公営住宅か民間賃貸住宅、

持ち家などへの転居を迫られる。

 

仮設やみなし仮設からの引っ越し費として1世帯当たり10万円を助成。

民間賃貸住宅へ転居の場合は、初期費用として1世帯当たり20万円を上乗の方針。

 

また新規事業として、災害時に被災者の心のケアに当たる災害派遣精神医療チーム

ふくおかDPAT」を。

DPATは精神科医や看護師らで構成し、3月にも県精神科病院協会と協定を締結、

隊員の養成研修などに取り組む。(西日本新聞様)

 

 

【地震】

【yoshihide-sugiura様】← が地震については、詳しく書かれている。

 ●1月24日21時15分頃 震度2 沖縄本島付近

 ●1月24日20時36分頃 震度2 薩摩半島西方沖

 ●1月24日15時44分頃 震度1 富山県西部

 ●1月24日13時48分頃 震度1 宮城県沖

 ●1月24日06時35分頃 震度1 岩手県沿岸南部

 ●1月24日05時04分頃 震度1 福島県沖

 ●1月24日03時59分頃 震度1 西表島付近

 

※下記の災害ボランティア情報で、ボランティアの確認を。

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。

関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

 

ある日、貧しい男が、家から家へと物乞いをしていた。

 

古ぼけた財布を1つ持って、少しで良いから、

「食べ物を買うお金を恵んで下さい」と頼んでいた。

 

男はいつも不思議に思っていた。

「なぜ、人は沢山のお金があっても、もっともっと!と欲しがるのだろう?

 私なら、食べるものと着るものがあれば、それで満足なのだが。」

 

丁度その時、女神が男のほうに歩いて来た。

 

女神は男を見てこう言った。

「お聞きなさい、おまえを助けたいと思っていた。財布を開いてしっかりと

 持っていなさい。その中に金貨を入れていく。

 

 でも、1つだけ約束事がある。

 

 財布の中に入っているものは金貨のままだが、もしも地面にこぼれ落ちたなら

 その金貨は、すべて塵(ちり)になってしまうのだ。

 おまえの財布は古いから、沢山詰め込みすぎないように。」

 

「は、はい!わかりました!」

 

女神は、金貨を入れ出した。

 

財布は、直ぐに膨らんできた。

「これでいいか?」

 

「いいえ、もっと入れてください。」

 

「財布が破れてきていないか?」

 

「いいえ、大丈夫です。」

 

「おまえは、もう世界の中でも、すごいお金を持っているよ。」

 

「もっと、もっと、もう少し入れてください。」

 

「いやいや、もういっぱいだよ。財布が破れるよ。」

 

そう言って、いっぱいの金貨が入った古い財布に、1枚の金貨を入れた時!

 

財布が破れた。

 

金貨は全て地面に落ちてしまった。

金貨は、全て、塵になってしまった。

 

女神は姿を消した・・・・。

男の手には、破れたからっぽの財布が残った。

 

 

「欲を求めると光は

 輝かない

 素直に生き

 自分の光を輝かせる 

 光は豊かな人生を照らす

     (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットやスマホは便利になったが、それによっての弊害も出ている。

 

人の純粋な気持ちを受け取るより、目の前の利益や得に、

心も行動も人間性も奪われている人達がいるらしい・・・。

 

それらにご自分が奪われていくとソフトも物も、人の労や汗も、

人の厚意も、平気で奪い続けていくようになっていくとか…。

 

        そして

 

怖い事に、悪いと言う自覚が麻痺してしまうとか・・・。

 

東日本大震災の後、住民の帰還が制限されている地域で、300件以上の空き巣を

繰り返してきた64歳の男が、先日書類送検されたという。

 

人の苦しみや悲しみなど考える「脳」はなくなってしまったのか、

「人が(見て)いないから好き勝手できた」などと供述していると。

 

多くの宗教を俯瞰した目で見て、訳を超えた言葉で表現する白取春彦氏。

 

白取氏が、Bibleの、世の光をこう表現していた。(抜粋)

「多くの人が…地位、肩書、利益を求めてあくせくし、こびへつらい、

 誰もいなくなれば陰口を叩き、見栄を張り、ごまかし、威張り、

 自分は有能だと見せるのに必死だ。

 

 そういう人々の中にいながら、一点も染まらず、きみだけは素直に

 まっすぐに生きてみよ。消えぬ光になれ。

 どんな影にも遮(さえぎ)られない、強い光そのものになれ。」

 

1月17日の前後3日ほどだけは、阪神・淡路大震災の報道がされる。

被災した者たちには、12月・1月・2月は、思い出してしまう辛い時期でもある。

 

自己中心に過ごすと、自分の目の前の得、利益を、もっと!もっと!と

欲が出てしまう危険がある。

 

自分の財布が破れるだけならいいが、他者の心を破ったり、遮ってしまわないように。

 

素直な希望の光を届ける者であれたら、happyだ!

 

今日も【素直な光を放つ】happyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

被災された方々に応援の心と手を!

どうか、心と魂に癒しの力が、届けられますように!

 

イジメによって、命を絶とうとまで、追い詰められるなら、避難して

別の道・方法を探して、どうか命を大切に新しい、しあわせな道へ。

 

被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

毎日変わる被災地情報、コツコツ書いていますが頑張っている被災地の方々のこと、覚えたいです。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

 

★下記に、ボランティア情報、赤十字社、トラブル回避を。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日1月25日がお誕生日の方、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●北海道ボランティア募集 ←こちらから

災害ボランティア情報 平成30年7月豪雨←こちらから 

●日本赤十字社 義援金募集 ←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

通信制の高校ナビ ←こちらから

(全国の通信制高校もここから探せる)

一人で悩まず相談を。←こちらから

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

       お知らせ

★「ひきこもりピアサポートゼミナール」カレンダー ←こちらから

★ホームETM(人を育む英語の歌あそび)←こちらから

お子さん、お孫さんのいるご家族や、子どもたちとかかわる仕事をしている人には、役立ちます。
ETM=Education Through Music
歌で楽しく遊びながら、個性や自立心、協調性や想像力、コミュニケーション能力等を育てる全人教育です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      過労死110番

各地の110番の電話番号は「過労死110番全国ネットワーク」←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

それから、☆も、読者登録機能というものも、ないようです。ごめんなさい。

コメント欄にお名前が出ない事がございます、お名前を記して頂けると嬉しいです。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

拙い言葉でも、命を守っていくお手伝いができたら幸いです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

被災地の報告からお読み下さり今日しかない、1日を、皆様に感謝いたします。

 

 

ふぁいと~。

 

 

 

 

 

カジカジ~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

命の歌(歌詞つき)素晴らしい歌!↓

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

被災地の報告~金貨の欲と素直な光” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは!
    「もっともっと金貨を下さい!」は分かります。
    そうなってしまうのですよ。
    自分でまっとうに稼いだ金貨であればよいのですが、博打とかで得た金貨は身に付かないと言いますよね。
    私は博打はやりませんが、あまり金貨は身についていないですね。
    まぁ私の場合、入ってくる金貨がないので当たり前なのですが、ここで女神が現れたら同じになります(笑)
    明日もよろしくお願い致します。

    1. happy-ok3 より:

      yoshihide-sugiura様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「自分でまっとうに稼いだ金貨であればよいのですが、博打とかで得た金貨は身に付かないと言いますよね。」
      まっとうに稼ぐと言う事が大事なのですね。
      私は、年末の何とかのクジでも、殆ど当たらないので、そういうものは、しないです。(#^.^#)

      でも、こういう誘惑、気をつけないと、誰にでも起こりうるものですね。
      (#^.^#)
      私も気をつけます。
      いつも本当に有難うございます。

  2. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    破れてしまった財布さんがかわいそうだなぁっておもいました。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)/。

    晴ちゃん、誉くん、たつきくん、よしきくん、
    きょうもえがおをほんとうにありがとう! (#^.^#)
    みんなげんきでいてくれたらうれしいです。

    おからだにきをつけてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、こんにちは。いつも感謝します。

      破れた財布さん、痛かったでしょうね。

      鳥たちの笑顔をいつも励まして頂き、感謝します。

      寒い中、スフレ様もお身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当に有難うございます。

  3. リボン より:

    教訓的なお話ですね、世の中、お金にくるって悪事が多すぎます。そういう人はこういうお話も耳に入らないでしょう。どうしたら聞く耳を持たせられるのでしょうか。

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「そういう人はこういうお話も耳に入らないでしょう。」

      そうかもしれませんね。そうなってしまうと言う事が哀しいですね。
      嘘で固め、欲を出して行くと、良い事の音が、遮断されてしまうのかもしれないですね。

      どうしたら良いのでしょうね・・・・。
      寒いです。
      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  4. ライダーマン。 より:

    こんばんは、happyさん。
    冒頭の淡路島の関取照強。楽しみですよね。
    来場所新入幕間違いなし。となれば石川出身の十二枚目の輝は負け越しだから
    入れ替わりなんだよね~
    厳しい世界ですが郷土のため頑張ってほしいですね^^
    明後日の用意も大体済んだので明日は彼女と映画と
    牡蠣のフルコースでも楽しんで来ます。
    そちらは雪の心配はなさそうですが、インフルエンザ流行ってます。
    十分気を付けて下さいね。
    いつも本当にありがとうございます(^^)/

    1. happy-ok3 より:

      ライダーマンさま、こんばんは!いつも感謝します。

      淡路島の関取照強。身長は169センチらしいのですが、頑張っています!
      あわじの地元の方々は嬉しいでしょうね。
      >「石川出身の十二枚目の輝は負け越しだから
      入れ替わりなんだよね~」

      勝負の世界は厳しいですね。
      >「明日は彼女と映画と
      牡蠣のフルコースでも楽しんで来ます。」

      良い時間になりますように!
      こちらも、明日は、1センチくらいは積もる?かもと天気予報では言われていました。
      雪が降らない地域なので、降ったらみんな、大慌てです。(#^.^#)

      いつも本当に有難うございます。

  5. miyotya より:

    こんばんは。
    「お金」って、魔物ですね。
    宝くじなどで1等を引き当てた人の人生が狂ってしまった。
    という話を聞いたことがあります。
    お金は無くては生きていけないけれど、あり過ぎると欲が出て
    心が汚れてくる。
    誠実に生きることが幸せに繋がるきがします。

  6. happy-ok3 より:

    miyotya さま、こんばんは。

    仰る通り、お金は必要ですが、魔物ですね。

    使い方ですよね。沢山あっても。
    >「誠実に生きることが幸せに繋がるきがします。」

    仰る通りです。(#^.^#)
    いつも本当に有難うございます。

  7. snow36 より:

    happyさん こんばんは。
    happyさんのお話と 神戸新聞の記事を読まなければ、たとえ兵庫県であっても こちら山奥では 話題にすらのぼりません。 同じ県内でありながら、自らに被害がなければ もう関心がないのでしょうか。
    そんな風に思いたくありませんが、
    いなかで 同じ被害が出れば、集落は二度と立ち上がれず 消滅します。
    子どもたちを育んだ懐かしい故郷が なくなるのは 辛いことのはずですが・・・。 想像してみる心を大切にしたいと 自戒いたします。
    happyさん いつも 本当にありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      snow36 さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「たとえ兵庫県であっても こちら山奥では 話題にすらのぼりません。」

      そうなのですね・・・。時間も経っていますから、また、惨状を目の当たりにしていないと、理解が難しいかもしれませんね。
      昨年の災害も、被害の大きかった所と、殆ど被害のなかった地域があります。
      温度差はすごいと・・・・。

      災害で集落が、大変な事になっている所、ございます。
      表立って報道されないだけで。

      復興はこれからの地域が多いです。
      こちらこそ、いつも本当に有難うございます。

  8. 親方 より:

    ほんっと〜に火事場泥棒的な卑劣な犯罪ってその心の貧しさにはもはや哀れとしか言いようがないですよね。
    誰が見てなくても天は見てますし、何より己の心が知っていますね。

    1. happy-ok3 より:

      親方様、こんにちは。いつも感謝します。
      >「火事場泥棒的な卑劣な犯罪ってその心の貧しさにはもはや哀れとしか言いようがないですよね。」
      300件以上ですから、・・・・。哀しいですね。

      ご自分がもし、それをされたらどんな気持ちになるか?ですよね。

      人を大事にさせて頂きたいですね。
      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。