メダルの陰で手放したもの

8月9日(火)

熊本地震、そしてエクアドルの地震に際し、
心からお見舞い申し上げます。

『手に入れるには、捧げる勇気が必要。』
実祝プランニング語録

リオのオリンピックでウェイトリフティングの

三宅宏美選手。

見事、銅メダルに輝いた。

しかし、直前まで腰痛と闘っていた。

81キロのスナッチでは、3回の内2回失敗。

柔道の金メダリストの野村忠宏選手でさえ

現役時代に60キロまでしか上げられなかったと。

30歳という女性で、しかも小さな身体なのだ。

「価値あるものを

 手に入れたければ

 それ以外のすべてを捨てることも

 必要かもしれない

 (ベルナデッド・デヴリン)」

f:id:happy-ok3:20160807194126j:image:w360

お父さんは48年前のメキシコシティーオリンピックの

ウェイトリフティングの銅メダリスト。

父娘であるが、お父さんがコーチである以上

親子の関係にも、一線を引いただろう。

多くの事を、捧げて、練習&努力されてきた。

メダルの陰には自分の大事なものも

手放す勇気があってこその偉業。

腰が回復される事を祈ります。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2016実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20160418212518j:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

勝利は努力と忍耐

次の記事

天才は努力の賜物