発見は希望

6月21日(火)

熊本地震、そしてエクアドルの地震に際し、
心からお見舞い申し上げます。

『発見は平凡な中に潜む希望。』 実祝プランニング語録

アメリカのオレゴン州で、

安楽死寸前で助かった犬がいた。

10歳になる「シェットランド・シープドッグ」

名前は「オリー君」

急に具合が悪くなり、全身に麻痺が起きた。

検査を重ねても原因も治療もわからずじまい。

飼い主の夫婦は、苦しみから解放させようと

安楽死を選んだ。

獣医師が安楽死をさせる準備をしていた。

助手で学生のインターン、ゴールデンさんが

オリー君を安心させるために身体を触っていた。

その時、耳の後ろの塊に気付いた。


「発見とは

 人と同じものを見ながら

 人の気づかないものを

 見つけることである

 (セント・ジェルジ)」

f:id:happy-ok3:20160620223432j:image:w360

この塊は、特定のダニの唾液を通し

血液に強い毒が入り込む「ダニまひ症」だった。

原因が分かり、ダニを駆除するとオリー君は

10時間後には元通り、元気になった。

獣医師も、この症状には出会ったことがなかったとか。

珍しい病気だが、学生の助手のゴールデンさんが

塊を発見したことが幸いした。

発見とは、小さな所に隠れている

大きな癒しであり、希望だと思う。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2016実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20160418212518j:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

明るい面を引き出す

次の記事

今日の一歩