才能は芯と鍛錬

5月11日(月)

『才能はぶれない芯と努力に支えられる。』 実祝プランニング語録

羽生善治氏と言えば「天才棋士」といっても過言ではない。

1970年9月生まれ。現在44歳。

1995年には、将棋界で初めての7タイトルを独占した。

ベテランのプロ棋士たちも脱帽であった。

「何かに挑戦したら

 確実に報われるのであれば

 誰でも必ず挑戦するだろう

 報われないかもしれないところで

 同じ情熱・気力・モチベーションをもって

 継続しているのは非常に

 大変なことである

 私はそれこそが才能と思っている

 (羽生善治)」

f:id:happy-ok3:20150510131457j:image:w360

将棋の勝負は、忍耐も根気も必要。

そして、成績が良い時もスランプの時も、

将棋への情熱・気力・モチベーションを維持し続けるのは

相当な精神力が要る。

自分の芯がぶれたらできない。

才能は、陰での苦しい汗、思いを乗り越えて

磨かれて維持されていくもの。

能力というものも生き物であり、預けられた才能は、

日々、鍛錬が必要になってくる。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2015実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 5月11日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20141231150722p:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

仕事の偉大さは陰にある

次の記事

良い目標はあたたかい