感謝は人と自分を活かす

1月4日(日)

『偉業は感謝と人を活かす心が創る。』 実祝プランニング語録

日本の「公園の父」と言えば、本多静六(1866年8月11日~1952年1月29日)。

投資家として多くの富を築いていたが、退官を機に

その富のほとんどを教育、公共の関係機関に寄付したという。

これは、9歳の時に父親を亡くし、貧しい中でも向学心を失わず

苦労しながらも、努力を重ねたからだと思う。

日本で最初の林学博士となった人である。

どんな事にも感謝していく姿勢は、物であれ人であれ

大切にできる。

無駄をしないというのは、ケチではない。

本多静六は、貯めた多くのお金を、人を活かすために使った。

他者のために尽くせる人というのは

自分を活かせる人である。


「まことに感謝の心こそ そのものを大切にし

 無駄をしないこととなり

 他を活かし 自分を活かすゆえんである

 (本多 静六)」

f:id:happy-ok3:20150103212121j:image:w360

他者の人に本当の意味で尽くせないなら

他者をも自分をも、活かせているだろうか?

本多静六は、日本の名の知れた素晴らしい公園の多くを造った人でもある。

日本の多くの公園を造り、その公園は今でも多くの人の憩いの場である。

偉業は、感謝と人を活かす心が、創っていく心の善い業なのかもしれない。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2015実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 1月4日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

f:id:happy-ok3:20141231150722p:image:w360

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

感謝を引き出す