優しい相棒

12月26日(金)

『優しさは言葉を越えて寄り添う。』 実祝プランニング語録

優しい心を持って、優しい行動を伴っていれば、

その想いや行動を、倣っていくようになっていく。

アメリカであった、素敵なお話し。

85歳の男性が、家で急に具合が悪くなり、何とか頑張って

自分で救急車を呼んだ。

男性が救急隊員に運ばれて救急車で搬送される時に、

な・なんと愛犬の「バディ」が一緒に救急車に飛び乗って

付き添いをしていたというのだ。

ところが、バディは、子犬の頃から一緒だったわけではなく

つい4か月ほど前に、保護施設から男性が引き取ったばかり。

男性が引き取らなければ、バディは処分されていただろう。

「やさしく思いやりを持って育てれば

 子どもはやさしい子に育つ

  (ドロシー・ロー・ノルト)」

f:id:happy-ok3:20141226201604j:image:w360

たった4か月間の間でも、男性は深い大きな愛情と

優しさをもって、バディと生活していたのだろう。

飼い主に対するバディの優しさ、献身ぶりはアメリカの

多くの人々に大きな感動を与えた。

さて、バディという名前には「Buddy=相棒」という素敵な意味があった。

優しさとは言葉も生体も越えて、

お互いに通じる素晴らしいもの。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 12月27日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

正直に誠実に謝る