正直に誠実に謝る

12月26日(金)

『勇気と思いやりは コインの裏と表』 実祝プランニング語録

正直・誠実は、大事なことであるが、

自分の失敗をも正直に認め、誠実に謝ることはもっと大事。

先日、先方のミスだと錯覚した出来事があった。

以前、違う場面でも、別の相手様が同じようなミスをされたからだ。

ところが、こちらの勘違いだったことが後でわかった。

勿論、正直に誠意をもってきちんと謝った。

「あっ、違っていた。」と分かれば、自分のことより相手様の

ことを考えて動くのは、勇気が要る。

しかし、自己保身よりも、心の管が詰まらない

正直・誠実に行動するほうが、真直ぐに進める。

「何にもまして自分に誠実であれ

 それを昼も夜も続けるように

 そうすれば誰も嘘をつかずにすむ

 (シェークス・ピア)」


f:id:happy-ok3:20141225203239j:image:w360

いい加減なままに放置したり、黙っていればわからないとか、

事実と違うことを、本当のように吹聴し、相手のせいにしてはいけない。

誠実に頑張っている相手を陥れることは、ご自分の心に闇を広げていくだけだ。

ネットでの中傷によるイジメも、正直・誠実から

離れているから起きて、暴走という形を取ってしまう。

正直であるというのは、

自分と相手への大きな思いやりなのだ。

勇気と思いやりは、コインの裏と表。

切り離せない、すばらしい「宝」である。


今日は皆様がhappyな気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 12月26日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

クリスマスは与える日

次の記事

優しい相棒