喜びと思いやりのシーズン

12月19日(金)

『喜びと思いやりが大きくなる時期がクリスマス。』実祝プランニング語録


クリスマスは、キリスト教で、神の御子が、降誕された日を

感謝し尊び祝う日である。

だから、クリスマスの喜びというのは、

状況に左右されず、「自分が愛されていること」を喜ぶ日でもある。

思いやりとは、クリスマスの時期であっても、悲しい事、苦しい事

涙にくれる事、様々な重荷を背負っている人がいる事を

想い、配慮することでもある。

電車やバスの中でも、病院でも、自分がそこに存在する場で

何か善いことを提供していく。優しい言葉1つでも。

「クリスマスは喜びと思いやりの日

 神がその両方ともあなたに

 豊かに与えてくださいますように

 (フィリップ・ブルックス)」

f:id:happy-ok3:20141219001427j:image:w360

また、SNSで悩む人が増えているようだが、ネットという相手が見えない場所では

特に良くない事はいくら嘘で固めても見え、善い事もまた伝わっていく。

これらを、天はいつも見ている。

苦しみを体験し、そこを正しく真直ぐに乗り越えた人は

自分の欲も損得勘定もなく、自分が苦しんだ痛みを

その人から取ってあげたい!という優しさがある。

自分を忘れてそれを陰で提供している人たちにも、

喜びというプレゼントが沢山ありますように!

今日も皆様がhappyな気持ちで、

クリスマスを見つけられますように!

GO!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 12月19日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ひとりぼっちじゃない

次の記事

クリスマスシーズン