クリスマスツリーからの幸い

12月4日(木)

『クリスマスツリーに愛を届けられる幸い。』 実祝プランニング語録

どこを歩いても、クリスマスツリーと飾り付けがされている。

商業地域では11月から、ツリーが出されていた。

さて、私が住んでいる所でも管理人さんが、クリスマスツリーを

出して、エントランスに飾ってくれた。

商業用ではないから、お金が動くわけでもない。

管理人さんの、手間がかかるだけかもしれない。

しかし、毎夜このエントランスを皆が通っていく。

寒い夜に外から帰ると、ツリーの綺麗なイルミネーションが

光っていることに、多くの人たちが、暖かい気持ちにさせられる。

「時代遅れであろうがなかろうか

 私の考えるクリスマスとは 

 とてもシンプルなものだ。

 それはただ他の人たちを愛すること

 考えてみると それをするのに

 クリスマスまで待つことはないね

   (ボブ・ホープ)」

f:id:happy-ok3:20141203224933j:image:w360

人を愛するとは、大きな何かを見える場所でする事とは

限らない。

周囲の人が、ほっと、そして笑顔が出る、そんな一瞬のこと。

そして愛は、見えないが、何かの形になって現れる。

しぐさや言葉、想いやその人を祝福する祈りなどなど・・・。

夜は真っ先に、管理人さんに、管理人さんが

大好きといわれるお菓子をほんの少し持って

「ありがとうございます!」を届けさせてもらった。

クリスマスを待つ時間は、愛の時間でもある。

今日も皆様がhappyな気持ちで、

楽しい笑顔で過ごせますように!
GO!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com 12月4日、少しだけ更新しています。
鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

明るく過ごす力 その3