自分を愛する その2

8月5日(火)

『自分を愛するとは心身を善き方向に向ける事。』実祝プランニング語録

最近は、不妊治療をされる方が増えたと聞く。

その反面、夏休みなどが終わると、

若い子たちの妊娠が増え、尊い命を葬ることも多いと聞く。

妊娠は一人の行為では出来ない。

命に対して責任が取れない事は、本人の自覚があるかないかに

関係なく、必ず、心の深い部分に傷を残していく。

それでなくとも、妊娠には流産や死産という悲しい

出来事も起きうるのだ。

その行為は、自分のその時だけの快楽なのか?

相手を幸せにしていくのか?そこが

愛であるのか、欲望や欲求なのかという分岐点なのかもしれない。

若い子たちが命を葬ることが増えている要因として

命の尊厳についての、本当の教育に時間が割かれていないと

そういう意見をほとんどの専門家が異口同音言っている。

小さな命を葬ることは、自分だけの問題ではない。

家族や本当に自分を大事に思ってくれる人たちにも

暗い影を落としていくと思う。

「自分を愛せる人間が

 他人をも愛せる。

 (五木寛之)」

f:id:happy-ok3:20140727171004p:image:w360

私たちが、今生きて楽しい事を体験できるのも、

命をこの世に送り出してくれたおかげなのだ。

自分を愛するとは、自己中心ではなく、

自分の心身を健全に善い方向に向け、自分も周囲も喜べる

優しさを自分にも周囲にも届けられる

そういうことだと思う。
Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

自分を愛する その1

次の記事

悲しい戦争