愛情の法則 その2

8月1日(金)

『愛の力は、自分を相手に差し出す強さがある。』実祝プランニング語録

さて、またまた、今年の6月に本当にあったお話。

5歳の男の子が、おじいちゃんと6歳になる「めごちゃん」という

雄の柴犬とで散歩に出かけた。

河川敷に着くと、男の子は土手を駆け下りていった。

おじいちゃんは、めごちゃんのリードを外した。

するとめごちゃんは、何を思ったのか一気に駆け出し、

普段は出さないような大きな鳴き声ともいうような声で

吠えた。

おじいちゃんは何事が起きたのかと、

大慌てで声のする方向に走っっていった。

すると、男の子の服は破れていて、背中やお尻に軽く

ひっかかれた傷があり、泣きながらおじいちゃんのほうに

戻ってきたという。

河の方向を見ると、クマが山の方向に逃げていくのが見えた。

男の子はすぐに病院に運ばれたが、幸いにも傷は軽く

その日のうちに病院から家に戻れた。

めごちゃんは普段はおとなしくて、臆病なところもあるらしい。

それなのに、自分の何倍もの大きさがあるクマに、物おじせずに

果敢に立ち向かっていった。

この男の子がお母さんのお腹にいるときに迎えられた。

めごちゃんにしたら、男の子は大事な愛する家族なのだ。

「愛情には 

 一つの法則しかない。

 それは愛する人を幸福にすることだ。

 (スタンダール)」

 f:id:happy-ok3:20140726191717p:image:w360

けれど、犬とクマ。ひとつ間違えば、めごちゃんは

大怪我を負い、瀕死の状態になっていたかもしれない。

それでも、愛の力は強かった!

最近は命に関する悲しい事件が多い。

人間は、愛情の法則を学びなおさないといけないのかもしれない。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
実祝プランニングHPはこちら!http://www.minoriplanning.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

愛情の法則 その1

次の記事

愛情の法則 その3