ヘレン・ケラーその4

7月9日(水)

『困難があっても、困難に打ち勝つ力がある。』実祝プランニング語録

1936年、アン・サリヴァンが70歳でこの世を去った。

この2年前の1934年には、日本人の岩橋武夫が、ヘレンの家を訪問していた。

そして岩橋武夫は日本でも、障がいを持った人たちへの働きを呼びかけたい!と

ヘレンに「日本に来てほしい」と要請した。

アン・サリヴァンは、自分が病床にいるからと、日本に行くことをためらっていたヘレンに

「日本にいっておあげなさい。」と遺言を残したという。

翌1937年に、秘書のポリー・トンプソンと来日した。

この来日は、後の「日本ライトハウス」設立のきっかけとなった。

また、日本のヘレン・ケラーとまで言われた中村久子にも会った。


「世の中はつらいことで

 いっぱいですが

 それに打ち勝つことも

 満ち溢れています

 (ヘレン・ケラー)」

f:id:happy-ok3:20140708232813p:image:w360
アン・サリヴァンとは、実に50年も苦楽を共にした。

少し後になるが、1955年にアン・サリヴァンの伝記を出版している。

岩橋武夫が尽力した日本ライトハウスは、視覚障がい者の職業や福祉事業の展開に

現在も大きな貢献を続けている。

また中村久子は、両手、両足の切断という不幸にもめげず

自立した女性として励んだ人である。

1937年にヘレン・ケラーが来日した際に、中村久子は、

口を使って作った日本人形をヘレンに贈った。

ヘレンは中村久子に感動し、「私より不幸な人、私より偉大な人」と心底賞賛した。

彼女も、多くの悲しみや困難に負けることなく、

前向きに、進んだ人である。

誰しも困難があるが、負けずに進む力も与えられていると思う!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ヘレン・ケラーその3

次の記事

ヘレン・ケラーその5