苦しむ勇気は尊い

6月28日(土)

『苦しむ勇気を持っている人は尊く強い。』実祝プランニング語録

努力しても努力しても、報われるどころか

裏切られたり、相手の欲が暴走して

イジメや理不尽なことをされることは

いくらでもある。

しかし、そのような経験をしている人は強い。

池井戸潤氏が書かれた者が、次次とテレビドラマ化されている。

半沢直樹、花咲舞が黙ってない、

ルーズヴェルトゲーム等々。

実際に起きた内容を小説にしていると思われるが

大なり小なり、社会ではある。

そして本当に苦しんだ経験をしている人たちは、

正しくない事には「正しくない」とはっきり言う。

しかし、言うと、正しいことを推し進めようとする人たちが

周囲に少ないと、保身ばかり考える人たちが居ると、

または、自分の得になる事を優先する人たちが居ると、

どうしても圧力をかけられ、排除されたり、飛ばされたり、

無き者のようにされてしまう現実は否めない。

「涙を恥じることはありません

 その涙は 苦しむ勇気を

 持っていることの

 証なのですから

 (ヴィクトール・フランクル)」

悔し涙を流すこと、どうしようもない圧力にやるせない時、

その涙は、尊い。

なぜなら、自己利欲や保身を優先する人たち、卑怯な人たちには

そのような涙は流せないからだ。

f:id:happy-ok3:20140617161251p:image:w360

苦しむ勇気!それは、とても強く尊い!

私は、そういう勇気を大事にしたい。

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

動機は事を生かす

次の記事

単純だが大切なこと