喜んで行う幸い

6月7日(土)

『自分の行いが喜びになる人生は幸い。』実祝プランニング語録

自分の行ったことが、隠れた小さな事でも

自分の喜びなるなら、本当に幸いだ。

何か良いことを行ったとしても、妬みや嫉みから

良い事をした人の行いそのものを、記録から除いたり、

人の存在を無視するようなことをしていく人も

いることは否めない。悲しい人だと思う。

さて、某・子どもたちのボランティアで、何度か私は

子どもたちと一緒に食べるための食事を作っ。た

最近の子どもたちは、から揚げや、ハンバーグなど

ファミレスでのメニューにあるようなものは、喜んで食べる。

しかし、「おから」とか「ひじき」のようなものは

家庭でも料理されないことが多いらしい。

普通の大人なら、オーソドックスな食べ物でも、「こんなの、初めて食べる・・。」と

いうものがあった。

でも、子供たちは、喜んでくれた。

それは、私が明け方から、その日の為に心を込めて作ったという

その事実を察しているからだ。

子どもたちの、その優しさには、胸が熱くなった。

「喜んで行い
 
 そして行ったことを喜べる人は

 幸福である。

 (ゲーテ)」

f:id:happy-ok3:20140530230148p:image:w360

些細なことであっても、自分の行ったことが、誰かの心を幸いにしたり、

喜ばせるなら、自分が嬉しい。

Copyright2014実祝プランニング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

真心を尽くす