*悲しみの後には太陽が

5月27日(火)

『悲しみの後には太陽が昇る。』実祝プランニング語録

誰しも悲しい出来事に遭遇しない人はいないだろう。

悲しみや苦しみを通してこそ、見えてくるものがある。

それは、「何が本物であるか。」だ。

例えば、「友達だ、友達だ」といつも言いつつ、ご自分が損になると思うと

掌を返したようになるような人もわかる。

「大きく人々を愛しましょう」と説きつつ、

ご自分のメンツや損得勘定のためには、平気で人を裏切り

圧力をかけたり、踏みにじったりする人の卑怯さもわかる。

この言葉は、5月24日にも書かせていただいたが、

悲しみや苦しみを正しく乗り越えるとき、

自分に太陽が射し、その光を他者にも分けてあげることが

できるようになる。

「ひとつ ひとつの悲しみには意味がある。

 時には思いもよらない意味が。

 どんな悲しみであろうと、それはこの上もなく大切なもの。

 太陽がいつも朝を連れてきてくれるように

 それは確かなことなのですよ。

 (エラ・ウィーラー・ウィルコックス)」

f:id:happy-ok3:20140525230953j:image:w360

今日も、ひとつひとつ幸せを探そう!

Copyright2014実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ペットロスを乗り越える