才能プラス愛

5月1日(木)

『愛は才能も心も磨いてくれる。』実祝プランニング語録

ついこの間の出来事であるが、サッカーの試合で、

バルセロナのダニエル・アルヴェス選手に対して

観客席からバナナを投げた人がいたという。

なぜ、バナナを投げたことがここまで問題視されるのか?というと、

「差別&侮辱」という」意味を持つからである。

バナナは猿の大好物。

アフリカやアジア系の人たちに対し、猿と同じだ、ということを

バナナを投げることで表現するからだ。

失礼なことである。

投げた観客は、今後、無期出入り禁止を言い渡されたとか。

スポーツ観戦とは、応援である。

一生懸命プレーしている選手に応援どころか、差別や侮辱、というのは

何とも心も愛も小さすぎる。

「愛なくしては 何人も 

 優れた才能を持っている人でさえ

 幸福ではあり得ない(ヒルティ)」


しかし、ダニエル・アルヴェス選手はこの侮辱に

笑ってバナナを食べることで、応答した。

普通なら怒って喧嘩になっても、文句は言えない。

大きな心を持つことは、愛を広げていく力でもある。

差別はイジメと同じようなもの。

その根底には、嫉妬が渦巻いていることが多い。

嫉妬は、相手の良きものを妬み、権力や力で相手を抑え込もうとする。

相手の良きものを認める心は、愛につながる。

愛を持つことは、幸福につながっていく「道」なのだろう。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ごめんなさいは勇気

次の記事

しかえしはよくない