ごめんなさいは勇気

4月30日(水)

『ごめんなさいが言える人は勇気があり、謙遜な人。』実祝プランニング語録


「ごめんなさい」が言える人は、勇気があり、

周囲を大事にできる人であると私は思う。

「そんなつもりじゃない・・・。」といっても

人を激しく傷つけたら謝るほうが良い。

また、自分が悪くなくても、自分が矢面に立つことで

まるくおさまることもある。

私は人が真剣に命と向き合って看病や介護をしている方々を

嗤うような人が苦手である。


「自分の言ったことを決して取り消さない人は

真理よりおのれを愛する人である。(ジュベール)」


ここで言われている「おのれを愛する」とは、自分を大事にすることとは意味合いが異なる。

必要のない自己プライドや、自分は頭を下げないという驕りをもち

周囲の人たちを愛するどころか、自分の感情や立場しか見えていない。

相手の苦しさを考えられない。

こういう人は、ありがとうも言えないことが多いらしい。

真理という言葉の意味は、奥が深い。

相手を助ける、慰める、励ますということも

真理に含まれると思う。

また、自分を傷つけた人を許す大きさも含まれる。仕返しはいけない。

許したからといっても、その相手は変わらないことが多い。

自分の忍耐の幅を広げていただいたと感謝して、距離を置けば良いのではないか。

「ありがとう・すみません(ごめんなさい)・どうぞ」

この言葉に伴う行いを、大事にしていきたい。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)